暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

母との時間、娘の成長。


母と海を眺めながら
珈琲とケーキを食べていたら

「 いつもいろんなところに連れて行ってくれてありがとう 」

って言われたhaco+ののりです。


b0345376_22302148.jpg


高速を運転するわたし

昔なら行けなかった場所へ行けるわたし

そんなわたしを見ながら
いちいち喜んでいるようでした。



デパートでは
モノが多すぎて選びにくいって言いながら

1番大切な
孫の書を観るという目的が果たせただけで十分だって言ってくれました。



b0345376_22332630.jpg

わたしの母は小さい母です。

その小さい母が
孫の作品を観ている後ろ姿が
うれしそうでした。


わたしは
小さかったはずの娘が
こんなに大きな紙に書いたことに
どうしたらいいかわからないほど胸がいっぱいになり
泣いてしまいました。



この展覧会の作品を出品できるとわかった日
娘は胸がいっぱいだと泣きました。

出品したかった人のことを想い
まさか自分が‼︎と不安になり
でも、やってみたい!という気持ちがわいて
泣きました。


その時のことが蘇り
いつも目立たないように
普通に
普通にって生きてるように思えた娘が

高校生になって
書道に深く魅かれていくにつれて
変化したように思えたわたしは

字が上手だから…ではなく
何か彼女にとって
大きな壁を乗り越えた気がして

おめでとう
とか
ありがとう
とか
大好きだよ
とかが溢れたように想います。



母はわたしが泣いたことを
娘に電話で報告していました。




b0345376_22362547.jpg

娘の作品が展示されている美術館は
森の中にあるような
そんな景色がいっぱいで
ベンチに座ってみたりして
ふたりの時間を楽しみました。



美味しいものを食べさせたかったのに
ちょっと残念だったランチも

大きくカットされてびっくりしたロールケーキも

ふたりなら楽しいね。



母を送って行って

父のお仏壇に手を合わせました。



父さん

何事もなく母を連れて帰れました。

娘のがんばり、観ましたか?


父さん

ありがと。


母さんを頼んだよ。




娘は日曜日に
部活の仲間と美術館へ足を運びます。



また
いろんな気持ちになるんだろうな。




業務連絡です‼︎
Mちゃん♪今年もむうとのお菓子のご注文
ありがとうね😊
大切にお届けします!って
むうとから連絡ありました。
引っ越してもご贔屓に
ありがとう😊





[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-14 22:28 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

母のこと。


「 高速運転するの?」

母に言われてハッとしたhaco+ののりです。



今日は、母を乗せて高速運転して
娘の書が展示されている美術館に行って来ます。

わたしは
免許持っているのに、自分ではどこへも行けなかった期間が長くあって。

仕事で行動範囲が広がったけど
母を乗せて高速運転したことはなかったんですね。


母は
わたしが高速運転できるの知っているのに…
自分が乗るとなると
昔のわたしを知っているから
なんだか信じられない気持ちになったんでしょうね。



少し前
わたしの仕事の忙しさがピークの時
珍しく母が風邪をひきました。

連日帰りが遅くなるわたしは
規則正しい母のごはんの時間に
夕飯のおすそ分けが出来ずにいました。

だから
出張帰りにスーパーに寄って
母の大好きなお寿司とお肉を買って届けたことがありました。


あとから母が

「 あの日に食べてから力がわいてきた」

って言ってくれて

なんだか申し訳なくて哀しくなりました。


ごめんねって。


母は本心で言ってくれてたんだけど
わたしは…

いつも黙って見守ってくれている人を
しあわせにできているのかな?って
不安になってしまいました。


最近のわたしの様子を
電話で確認してくれたり

野菜を届けてくれたり

おかずのおすそ分けを置いといてくれたり

してもらってばかりの
なんとも頼りない娘をやっています。



だから
今は

母に少しおすそ分けができたり

母とのお茶が
時間を気にせずできたり

とっても穏やかでうれしい日々です。



仕事の延期や
ちょっと余裕がある今週
母とたくさん一緒にいたいと思いました。

ウチでお茶をしたり

母が食べたいものを食べに連れ出したり

買い物に行ったり。



母は

待っててくれたんだと思いました。


母はわたしに
なんの期待もしてないけれど
ゆっくり
わたしと過ごせる日を。

たいしたことのないわたしとの時間が
うれしそうな母を見て
そう思いました。
 




今日の美術館へのお出かけでは

チャンスがあれば

母と写真を撮ろうと思います。



初めて高速運転してふたりで出かけた記念に。




行ってきます🚙





b0345376_08413103.jpg

キキも小さいけど
娘も幼い。

この子が
大きな大きな紙の上で表現したものを
母と観れるなんて…
母もわたしも幸せです。





業務連絡です!

Jちゃん、むうとへのお菓子の御注文ありがとうね🍪
大切な方への贈り物
心を込めてお届けしますからね!って
わたしは何にもできないんだけど☺️

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-14 08:18 | ■わたしの暮らし | Comments(1)

今日はカウンセリングのご予約が延期になり

新しい本を読み始めることと
触れたことがない音楽の世界へ行ってみることを決めたhaco+ののりです。

庭の落ち葉かきもして
お客様に支度するはずだったおやつを
自分につくってみたりして…なんだか楽しい一日となりそうです。

b0345376_12182477.jpg


昨日、お便り書いた中に
一通だけ
とっても勇気が必要だったものがありました。

お便りしたい
でも
どう思われるだろうか?って。


伝えたい感謝の気持ちがありました。
お客様でもある彼女との時間や言葉が
わたしの暮らしを更に楽しくするキッカケとなったから。

そして
優し過ぎるほど優しい彼女は
自分を置き去りにしてしまうことがあるから
お便りすることで
いっぱい話したあの時間を思い出してもらえたらなって。



これだけわたしの気持ちがあるのに
怖くて書けなかったのは…

この夏に
大切に紡いできたご縁を
わたしから断つという経験をしました。

彼女は
そのご縁を断った人からのご紹介で出会え
彼女にとって
わたしの事情でご縁を断った人は
大切な友だちだからです。


ご縁を断つという決断をした時
それを本人に伝えた時に

彼女とのご縁もなくなることを覚悟していました。


大切にしてきたこと
大切に向き合ってきたこと
わたしの想い

それが脅かされる出来事に
勇気を出して
哀しみと怒りにも似た感情にフタをせず
お伝えして
さよならしました。


もしかしたら
彼女も傷ついたかもしれないって
心のどこかで気になっていました。



お便りするのに
何か言い訳をしたり
理解を求めたいのではなく

ただ
彼女の存在が
わたしを幸せにしてくれたって伝えたいだけでしょ‼︎


そんな風に
自分の気持ちがハッキリしたから

お便りが届けられた先のことではなく
お便りで伝えたいって気持ちだけ見て
やっと
ありがとうのお便りが綴れ
ポストに投函できました。



彼女にどう思われるか?
ではなく
今、感じているありがとうを伝えること


大切なことは
それだけなんだと思いました。




キセキの葉書という映画の中で

「 気持ちで人を助けられますか?」

っていう主人公の質問に

「それ以外に何があるの?」

っておばあさんが答えたシーンがありました。



ご縁を断つとき

わたしは気持ちで仕事したいって
何度も
何度も
自分に確認したんだったなって。



だから
後ろめたいことも
なんにもいらないんだけど

そう強く想った日のことは
忘れたくないなって思いました。



縁を断つより
縁を断たれた人が傷つくことも承知していて

でもちゃんと
その人のまわりには
その人を見守り、支えてくれる人たちが居てくれてます。



ずいぶん苦手だった
哀しみや
違和感を伝えること。

相手によって自分を変えるのではなく
感じたことをお話するという努力を続けているところです。



お便りすることは
わたしに沢山の気づきをくれる。


字はへんちくりんだけど
今日も
浮かんだあの人に書いてみようとおもいます。





[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-12 12:15 | ■わたしのコト | Comments(0)

今日は仕事前にお便り書いて
スワッグづくりをしたhaco+ののりです。

b0345376_22314916.jpg



制作途中に母が来て
「 また何かつくりよるね〜」
って笑ってました。


植物に触れるとき
それぞれの手触りとか香りがたまりませんでした。

そして
ある材料で仕上げていく過程が
楽しくてしかたがありませんでした。


b0345376_20552828.jpg

材料には制限があるけれど

どこで買うよりも
わたし好みのスワッグが出来ました。


リボンもプレゼントに付いていたものだけど
色味を抑えた植物に
花を添えてくれています。




なんだか
こういうことが
わたし
上手になってきたように思います。


スワッグが上手っていう意味ではなくて…

あるものや
無理なく手に入るもので
夢中で遊ぶのが上手になったと思います。


あるものや
無理なく手に入るもので
十分満足できるようになったと思います。



雑誌の中のものと同じもの

素敵な誰かと同じもの


どちらにも
心ときめく時もあるけれど


自分の今の暮らしに置き換えて考えてみると


躍起になってお取り寄せしたものより

手をかけて
心をかけて
くふうして

そんな過程から生まれたものが
愛おしくて
うれしい。


わたしから生まれたよ!って。



「 でも、それができるのはセンスがあるからよ〜〜 」

ってよく言われるけれど

自分好みのものを生み出したいって素直に願っただけだと思います。



だから
誰かのセンスと比べてる時間があるくらいなら
好きな雑誌や本の好みのページを
穴が空くほど眺めていました。




わたしが
わたしの欲しいものをつくりだす
という作業から生まれる喜びは

そのものに愛着がわくことに繋がっています。


いびつでも
アラが見えても
それもありな気がしたりします。



b0345376_21185599.jpg
ヒンメリだって買えたのに

クッキー吊るすモミの木だって買えたのに、

教えてもらって作ったり

庭の木を利用したからか

毎日、何度眺めてもうれしい。




センスは育てていけるから…

いっぱい好きなものを見たり、触れたりするといい。




センスがないとガッカリする気持ちの裏面は

センスがあったらなぁっていう素直な気持ちなのではないですか?


ホントは
センスを育てていきたいけれど
育て方がわからないだけではないですか?


センスを育てるって
興味を持つことだと感じます。

センスを育てたいという心のアンテナが立つと
発見も増えると思います。



スワッグ、どうやってつくるんですか?
って聞かれたら

好みの植物を束ねるだけって答えるわたしは

自分の好きな植物や
好みの色や
作りたいイメージが頼りです。


あなたの好きな植物
好みの色
作りたいイメージ

探すところから始めてみませんか?


見つかったら
あとは
試行錯誤しながら
束ねるだけ。


束ねたスワッグを

人ではなく

あなたがどう感じるか?

が1番大切だと思います😌


回を重ねる毎に
楽しめてる自分にも出会えると思います。



もう一度言いますね😌


センスを育てたいと素直に思うことがスタートですよ!





今日もお便りが届きました。
お便りするのも、届くのも
うれしかったな。

去年より
今年のスワッグが自分好みにできたこともうれしかったな。

今夜のシチューも美味しかったな。



最後までおつきあいくださり
ありがとうございました。















[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-11 20:51 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

週末は、天領住宅さんのモデルハウスにて
暮らしのアドバイザーのお仕事だったhaco+ののりです。


暮らしのアドバイザーと言っても
わたしの大切な役割は
家を建てたいと思って訪れてくださるお客様に
家づくりに集中していただくことだったり
遠慮なく質問してもらえるような存在で在ることだったりと

時と場合で動きが違います。



今日のお客様にとってのわたしの役割は

パパとママが
設計士さんに想いを全て伝えられる環境づくりだと思いました。

以前、一度お会いしたかわいい姉妹は
来たらすぐ
わたしと遊ぼうってにっこりしてくれました。
「お姉ちゃん」って呼ばれるのは
くすぐったかったです。


お客様のかわいい娘さんと一緒に遊んでいたら

「 どうしてドレスを着てるの?」

って質問されました。

ドレスって☺️…エプロンがそう見えたようでした。

それからわたしの耳を指差して

「 それはなあに?」

ってパールのピアスについて質問してきました。

ピアスに触れてもらうと

「 白くてかわいいね」

って言ってくれました。



お気に入りのエプロンをつけ
お気に入りのピアスをして
モデルハウスに居ることは

わたしにとっての「 くふう 」

心地よく働くくふうです。



b0345376_15465675.jpg

お昼ごはんの時間

寒さのせいか…いつも気にならなかった事が味気なく感じていました。

水筒の蓋で飲むお茶だとか
冷めたお弁当だとか。

あたたかい部屋で食べているのに
なんだかわびしい気持ちになるのです。


だから今日は

朝から竹かごに
昨日はなかったお味噌汁や
お茶やコーヒーのための器やコースター
箸置きまで入れて
抱えて行きました。

こんなことも
わたしにとっては「くふう」です。

大切な休憩時間
家じゃないから仕方がないって諦める前に
出先でも手に入る心地よさがあるはずだって考えて
カタチにしてみる。

一週間のうちのわずか6時間から12時間ほど過ごす場所でも、心地よさを大切にしたいなって思います。



家づくりについても…

くふうしながら暮らすって
あり!だと思います。


なんでも
かんでも便利にするのではなく

住みながら
くふうして
自分の暮らし、自分の家にしていくって
わたしは素敵だなって思います。


わたしたちのライフスタイルは
変化していくのだから

変化に対応できる
おおらかな家であったらなって思います。


心地よさに向かうくふうは
暮らしや家への愛おしさを生む。






我が家を設計してくださった建築士さんが言ってくれました。


「最初からなんでも備えない方がいい。

後からでも大丈夫なものはその時に」って。



造り付けを希望していた家事机も
対面式キッチンカウンターも

造り付けなかったおかげで

古道具を選んだり

必要なかったなって感じたり

すごく自由に

自分の色を足していけてる心地よさに包まれています。



家づくりは

お腹いっぱいになる手前がいい気がします。


少し未完成で
くふうしたり
育てていく喜びのある家って
いいなって思います。


haco+の家づくりへの想いでした😌


明日も家づくりについての打ち合わせです。
わたしができる事が
少しずつ見えてきたから
すっごく楽しみです。


家づくりカウンセリングへのお申し込みも
ありがとうございます。



工務店さんや住宅メーカーさんが主役ではなく
あなたが主役であれて

その上
あなたと
あなたが選んだ工務店さんやメーカーさんが
両思いで
心地よい家づくりができるお手伝いがしたいってhaco+は思っています。


haco+は
縁結びのような
仲人のような
そんな存在であれたらなって思っています。



天領住宅さんにて
家づくりのお勉強ができていることは
とっても幸せなことだと今日も感じました。


週末、日田天領住宅のモデルハウスにて
お待ちしてますね🏠








haco+12月、もう少し空きがございます。

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

来年の受付も始まりましたよ😊



b0345376_22315684.gif

小さい人たちから
絵をプレゼントしてもらえることも
増えました☺️

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-10 15:33 | ■家づくり | Comments(0)