暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

お客様を知る。


haco+は、お片づけを軸とした
暮らしと自分との向き合い方をお伝えしているのですが…

わたしの発想や
わたしのしつらえがほしい!と言っていただくことがあります。


今、店舗のリニューアルの仕上げに入っている
大分県中津市のむうとさん。


今日は1日、わたしもむうとの一員となり
お手伝いさせていただきました。


1日いさせていただくことで知りたかった動線や、お客様との距離や、仕事内容。

什器が揃った時に
今よりもっと
働くことが楽しくなるように整えたくて。

b0345376_21180664.jpg


雨で中止になった今日の青空カフェ。

残念💦ではあるけれど、雨だからこそ楽しめることは?とイメージがわいたのは

キャンドルを灯した空間でした。

我が家からいろいろ持ち込ませていただき
いつもとは違う空間にしつらえてみました。


b0345376_21180613.jpg


b0345376_21180786.jpg


照明も落としてみたりして。




11時の開店を待っていてくださった親子さん。

b0345376_21180872.jpg


まるで親戚か?と思うような
お客様のことを良く知っている接客が繰り広げられていました。

お客様も
お菓子を買いに来たんだと思うんだけど…
姉妹に会いに来てるようにも思える会話と表情。


b0345376_21180903.jpg


あっという間に売り切れてしまうパンの香りに包まれました。



入れ替わり立ち替わりいらっしゃるお客様は

自分の近況や
悩みを話していかれます。

みんな帰りは笑顔。


とても印象深かったのは

「 話すだけでもおいで 」

って、帰り際のお客様に声をかけてたむうと姉妹。


来た時よりも
ホッとした表情で帰って行く大切なお客様へのまっすぐな気持ちに
なんだか
胸を打たれた感じがしました。


もしかしたら

ちょっと元気になりたい時に
ここに来る方がいるのでは?


お菓子と一緒に持ち帰るのは
大丈夫だよっていう姉妹の気持ちなのではないのかな😌



お店屋さんになりたかった私は

この小さな焼き菓子屋さんが紡いでいる
人との繋がりを
少しうらやましく思いました。




お引っ越しをされるお客様のお子さんから
姉妹に手渡されたクローバー。

b0345376_21181092.jpg


大事そうに私に見せてくれた後に

水に浮かべていました。




いただいたら美味しかったから贈り物にしたい…って初めていらしたお客様。

身体に優しいお菓子のバトンが
遠い関東に繋がれる姿も
嬉しかったな。



人が働いている姿って
本当に綺麗で

本当に
誰かに手渡したいものがある仕事って
尊いなって。

毎日、毎日繰り返される作業を
毎日、毎日積み重ねていくことにも
尊敬の気持ちがわきました。



私も仕事させていただく上で
お客様のことを知ることは
より良い成果に繋がる気がしました。


むうとさんと
むうとさんのお客様が喜んでくださる提案を
最後までしていきたいなって
改めて思いました。



むうとさん
むうとさんのお客様
1日、お邪魔させていただき
ありがとうございました😌









ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-03-31 20:21 | ■店舗のコーディネート | Comments(0)