暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

旅のおかげで知った…わたしの暮らし。


しばらく家を空けたけど
散らかっているわけではなく…だけど、今朝目が覚めてやったことは
ごはんを作ることではなく
窓を開けて
掃除と洗濯だったhaco+ののりです。


ごはんを作るにも食べるにも
清々しい空気の中がいいというのもあるけれど

自分の手を入れる

というか

しばらく触れてなかった家と触れ合うというか

頭の中も
カラダも

非日常から日常へ
シフトチェンジする儀式のようなものだと思います。わたしにとっての。



食べたかったきんぴらを作り始めたのは
起きてから2時間以上たってから。

鍋でごはんを炊くことも
味噌汁の出汁の香りも
蒸した青菜も

全てが
いつもの暮らしへの入り口でした。

b0345376_23312647.jpg


掃除して
洗濯も全て終えてのごはん。

帰って来たら咲いてた桜とごはん。


あと一つ、恋しくてたまらなかったのは

b0345376_23312713.jpg


珈琲を淹れること。

ホテルで目が覚めるたびに
珈琲が恋しくなり

珈琲が飲めたら満たされるのか?と思ったら

ヤカンでお湯を沸かすところから始まる
珈琲を淹れて飲む
ということが恋しかったとわかりました。


昨夜帰って来て

すぐにお湯を沸かし
珈琲を淹れました。



何にも家事をしなくてよかった4日間は

わたしに

暮らす…という日々の営みについて考えるきっかけをくれました。



淹れてもらった珈琲も好きだけど

いつの間にか

自分で淹れるという工程すら好きになっていて


イヤイヤ仕方なく掃除をしていたのではなく
気持ちよく過ごしたいから
掃除していたことを再認識して


ひたすら台所に立ち

派手さはないけど
何度食べても食べ飽きない家庭の味に戻る自分を感じました。



暮らし…が日々営まれているからこそ
わたしは
旅を楽しめたのかもしれないなって。


毎日が非日常ではない
何でもない日々に
わたしの好きがいっぱい詰まってることに
改めて
しあわせを感じています。




こんな風に盛り付けよう。

この器を使おう。

この場所で食べよう。


日常の中で描くわたしの絵。


b0345376_23312852.jpg


明日の朝を迎える準備もしたくなるほど

暮らしに戻ってきたことがうれしいな。


b0345376_23312881.jpg


合羽橋で、娘が欲しがった小さな鍋やフライパン🍳

どんな風に描いて
娘を喜ばせようかな?

b0345376_23312952.jpg


どんな器を組み合わせようかな?



もうしばらく
暮らしていけるありがたさを感じていたいと思います。





今日も最後まで読んでくださり
本当にありがとうございました😊





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村




[PR]
by coharubiyori529 | 2017-04-07 22:52 | Comments(0)