暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

本当は好きなのに
わたしなんて…とか
何かや
誰かや
年齢を気にして
言えなかったこと
出来なかったことはありますか?


わたしにはあります。


それを一つ
やってみることにしたhaco+ののりです。



小さい頃から
唄うことが大好きでした。

鼻唄ばっかり歌っていました。

合唱も大好きだったのに
ピアノ伴奏の役割が回ってきて
なんだかなぁってこともありました。


いつの間にか
好きなことすら忘れていたように思います。



そんなわたしが去年から
お客様の一言がきっかけとなり
歌うようになりました。

一人カラオケとかね。


だけど最近
マイクとか
マイクのエコーとか
沢山の音が混じる伴奏ではなく

自分の声だけで歌ってみたいって思うようになった自分の気持ちと
歌ってみたい曲を受けとめて

唄を教えて頂こうって思うようになりました。


自分の声を
好きになり始めたんだなって思いました。



44歳のわたしの夢。



この人に教えてもらえたら…って
お会いしたこともない方にメッセージを送ってしまいました。

なんの知識も技術も持たないけど
唄うことが好きっていう気持ちを正直に書いて。


先生とのやりとりでうれしかったのは
見知らぬ私の想いを
勇気が必要だったことを察してくださった上に
先生自身も
素直に飾ることなくお話ししますって
想いを綴って返信くださったこと。

そして

唄うことが好き
という共通の想いを持った友に出会えだったようでうれしい

と言ってくださいました。



唄うことが好き

ただそれだけで
わたしを受け入れてくれ

わたしにとっての最善を探してくださいました。


他の先生もご紹介くださったのですが

「 先生の声が好きです」

というわたしのシンプルな感想から
レッスンしていただけることになりました。



b0345376_10062083.jpg

この人の声が好きで会いに行ったら
この人が好き…に変化して

そしたら
この人の唄を聴いていたら
涙が出るから恥ずかしくなって。


歌詞の前に
歌声がわたしに届いて涙が出たのは
初めてでした。

確かに
声に涙が出ました。

そして
少しホッとしたんだと思います。
もう、唄うことが好きって堂々としてていいんだって。



声楽という世界を知らないし
イタリア歌曲を聴いて感動したこともない私が

この小柄で優しい歳下の先生の唄を聴いて
歌ってみたい!って
思わず言ってしまいました。



いつか
どこかで歌いたい唄は
先生も大好きな唄で
一緒に歌ったりもしました。


b0345376_10125984.jpg

音符の読み方も忘れているし
イタリア語なんて学んだこともないけど

先生の前でもカッコつけることなく
素直に
声を出していきたいなって思いました。



唄を教えて頂くんだけど

わたしはこの可愛らしい先生から
いろんなことを学んでいくんだろうなって思いました。



唄うことも好きだけど
聴くこともすごく好き…そんな気づきもありました😌



コツコツ
コツコツ

レッスンを積み重ねながら
唄うおばあちゃんを目指します👵

[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-20 09:39 | ■わたしのコト | Comments(0)

カウンセリングの前日
用事の帰り道に寄った夜のスーパーで
淡いピンク色のチューリップに魅かれて買って帰ったhaco+ののりです。


b0345376_08352028.jpg

きっと明日出会えるのは
ピンク色のイメージの人なんだなってピンときました。



遠くかや来てくださった人は
とっても忙しくお仕事されてる人でした。

そんな日々に疑問を持ちながら
haco+のblogを読み
暮らしを楽しむことについて意識するようになり
会いに来てくれたようでした。


仕事がキツイ=辞める 

その選択もできる状況ではあったのですが

仕事がキツイって思うのはどうしてか?
を知ることが大切で。

それを知ることは
裏を返せば
自分は何を大切にしているか?
に気づけるタイミングだから。


厳しい上司がいる

仕事が出来る同僚に無視される

残業でボロボロになる


友だちとして話を聞いていたら
「そんなとこ辞めちゃいなよ‼︎ 」
って言ってしまいそうだけど


わたしにはワクワクする光が見えたから
それを
わかりやすく
お伝えするのに一生懸命になりました。


そこで働くことになったのも
その上司も同僚も

どれが欠けても
彼女が持つ光に向かえなかったんだって
わたしが先に気づいてしまったから

そのことをお伝えしたら

彼女の顔が
やっと
苦しみから解放されました。


辞めるんじゃなくて
光を育てながら
光を育ててる自分で
今の仕事を見てみませんか?

という提案をしてみました。


苦しくて嫌でたまらない仕事が
光を育てることを支えてくれると感じれたり
上司や同僚ばかりに向いてて落ちてた気持ちが
自分の得意なことへの研究の場になるというワクワクの気持ちに変化したり

コツコツ積み重ねてきた仕事を辞める前に
まだまだ
やれることがある気がしたし
やってみないともったいない気がしました。



だけど
いつも
誰でもそうですが

どうするか?を選ぶのは
わたしではなく
その人自身です。

当たり前のことだけど
これを忘れている人がいっぱいいる。

一生懸命、誰かや何かに尽くしてきた人ほど。



だからいつもちゃんとお尋ねするのは

「 あなたはどうしたい? 」

ということ。



そんなカウンセリングの日の夜に
メールを送ってくださっていました。

仕事が苦しくて…っていう方が、ここを訪れてくださる方にもいらっしゃるかもだから
苦しかった彼女の気持ちの変化というか
気持ちの軽やかさを感じてみてください。

シェアしますね。




のりさん

今日はカウンセリングをありがとうございました😊
時間をオーバーしてしまって申し訳なかったです。
のりさんが私のことを考えて一生懸命話してくれるのがうれしくて、聞き入ってしまいました。
初めて聞いたのりさんの声も話し方も柔らかくて、とても居心地がいい空間でした。
ちょっと変わったカウンセリングになってしまったけど、私にとってはとても有意義なカウンセリングでした。
のりさんは悩みを全く否定しない考え方で、その考え方も新鮮でした。
これからも自分の心の声をきいていきたいです。
そしてブログの真似っこもさせてもらいます。

それから‼️
興味があった講座をさっそく申し込みました。
明後日に熊本市でちょうどあるのを知って、少し悩んだけど、申し込みました。
私はこのように突っ走ってしまうところもあるのだけど、ワクワクすることを楽しみたいです。

私ものりさんみたいに小さな幸せを少しずつでも、積み重ねていきたいです。

では、のりさんに聞いてもらいたいことがあれば、すぐにメールしますね💕

今日は本当にありがとうございました⭐️






彼女が言うちょっと変わったカウンセリングというのは
この日突然思いつき、やりたくなった初めての質問の仕方のこと。
おかげで沢山のキーワードが見つかりましたよ😊


それから
彼女がわからなかった
好きなことや、得意なこと。
彼女にとっての光。
そこが腑に落ちたから行動したみたいです。
今頃、学びの時間でしょうか?



その光がある自分を感じながら
今を感じてみる。

自分はダメな人間で
何もない自分だと決めつけてから見てた世界と
光があると気づいた自分から見える世界は
同じように映るだろうか?

そこを昨日も感じてくださり
同じ仕事
同じ上司なのに
見える景色や感じることが違うって
報告してくださいました。



上司から性格変えろと言われても
出来る人から出来ない人というレッテルを貼られても

あなたの命の価値は変わらないことを
覚えておいてくださいね。


バックの中の小物たちが
大好きなピンクばかりでいいんでしょうか?
って質問してくれたけど

いいに決まってるし
やっぱりピンクの人だ!って思いました。



blogを読んで
曲げわっぱのお弁当箱を買い
お弁当を持って行くようになった
とか

欲しいと思った間接照明を
造っているところまで出向き
オーダーして迎えた
とか

暮らしを楽しむことが
もう既に始まっているようでした。



自分ひとりでは見えなかったことが
一緒に話す中で見えてくる時間が
「わたしと暮らしのカウンセリング 」
です。



見えなくなったら
また来てください。


今度は気づきというより
思い出すことをお手伝いしますから😌


可愛すぎるお手土産
ありがとうございました😋

b0345376_09241116.jpg





2月のご予約ありがとうございます!
もう少し空きがございます。

haco+の扉、ノックしてみてくださいね🚪

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-20 08:31 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

今日はとってもいい日でした。

カプちゃんと目覚め
忘れずに娘にモーニングコールをし
昨日のカウンセリングのお客様からのメールを受け取らせていただき
新しいお稽古事をスタートさせ
歌声に涙し
友に会い
大切な人のためのワインを買い
夕陽を見ながら家路に着く。


しみじみ幸せを感じながら家に入ると
ポストにお便りが。


b0345376_22592638.jpg

先日、一緒にお片づけした優しい母ちゃんからでした。

も〜〜
4人もちびっ子がいるのに
大事な自分の時間を
わたしへのお便りに使ってくれちゃって…

ごはん作らなきゃなのに
胸がつまって
泣けてきて
包丁が握れない。


優しい母ちゃんの
お便りの中に

b0345376_23041345.jpg

お片づけした日、シチューを食べるテーブルに添えられた赤い実が入っていました。


のりさん
あの日楽しかったね。
のりさん
あの日を忘れないよ。


この赤い実に込められたメッセージは
こんな感じじゃないのかな。



優しい母ちゃんは
いつもわたしに
日々を重ねていくことを教えてくれる。

日々の暮らしは
綺麗事ではないんだよ。
かっこつけてなんかいられないんだよ。
だけど
すごく愛おしいんだよって
教えてくれる。


お片づけの日に
炊飯器が置かれた場所や高さの意味を教えてくれた優しい母ちゃん。

お手伝いしたがる小さい人のために
低い位置に置いたって。



優しい母ちゃんはね
子どものためにしてあげてる‼︎ってわたしに言いたいんじゃないんだよ。

母ちゃん自身が
子どもがやりたいことをやれてる姿を
少し離れた所から眺めるのが好きなんだって事を伝えてくれたんだと感じました。

母ちゃんは
とっても忙しい。

だけど
泣いたり
笑ったり
怒ったりしながら

毎日
毎日
子どもを感じながら生きている。


すごく人間らしく生きている姿が
わたしの心を奪います。


お便りの中に

「まだまだ未完成なお家づくりも、楽しいからずっと未完成でもいいなぁ」って思えるほど
今しあわせです

とありました。


答えを探していたし
完成させなきゃって思っていた事が

答えが見つかったり
完成しちゃうより

どうする?
どうしたい?
って考えたりする時間が楽しいことに気づいてくれたんだと思います。



完結しないから楽しいんだよね‼︎
暮らしのくふうって。


わたしは優しい母ちゃんが大好きで

その大好きな優しい母ちゃんから
大好きですってお便りに綴られているしあわせ。


彼女の前でも
わたしはわたしでしかいれないのだけれど

わたしのままがいいと言ってくださる人と出会えたことに

涙が出るのは仕方ないと思うのです。



だって
うれしすぎると
涙が出ます。
わたし。


うれしくて泣くことが
やっぱり
増えていることにも
また泣きたくなります。




ありがとう
優しい母ちゃん。

メールという手段があるのに
ペンをとってくれて…本当にありがとう。

あなたらしい
手と気持ちが込められたお便りを
ありがとう。

のりさん
しあわせです。


もう大丈夫だから
その羽
大きく広げて
羽ばたいてください。


準備はもう整ったから。

[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-19 22:53 | ■お客さまの 声 | Comments(0)

カプちゃん記念日。


先日すっかり忘れていた娘へのモーニングコールを、今朝は忘れずにできたhaco+ののりです。


今朝はいい目覚めでした。


わたしの隣に
カプちゃんがいてくれたから。


b0345376_09070058.jpg

カプちゃんは
お外育ちで
少し大きくなってから迎えた三毛猫ちゃん。


抱っこも諦めてたくらい
なかなか人になれない子でした。

今では抱っこもできるようになったけど
寝る時はなぜかひとり。

真っ暗なリビングや押入れの中。


去年の夏に
わたしのお布団に来てくれた時は
本当にうれしくて。
でも
いつの間にか
いなくなっちゃうんだよね。

そんなカプちゃんとの暮らしも4年が経ちました。




昨夜、わたしのお布団にきてくれて
ぎゅーってくっついたまま
朝が来ました。

わたしは何度も何度も
カプちゃんがいてくれるのを確認してたら
朝が来ました。


カプちゃんが
初めて
わたしが目覚めるまで
一緒に寝ててくれました。


ぷくぷくさんのカプちゃんと
わたしはあったかくて幸せな夜を過ごせました。



いてくれるだけでいいんだけど…

夢みたいなご褒美がきました。



赤ちゃんの添い寝をするように
カプちゃんが寒くないように布団をかける幸せ

カプちゃんがぐっすり眠れているか
確認する幸せ

時々、撫で撫でしちゃう幸せ



きっと寝不足なんだけど
目覚めた時の幸せは
言葉にならないほど。



カプちゃんは
いつも

ゆっくり
ゆっくりだよ

って教えてくれる。



しんじて
ゆっくり
だいじょうぶ

って教えてくれる。





お母さんは
こんなにあったかくて幸せな夜を忘れないよ。

また
気が向いたら
一緒に寝ようね。

また
気が向いたらでいいからね。


b0345376_09202735.jpg




[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-19 09:03 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

昨日は久しぶりのお片づけのお手伝いだったhaco+ののりです。


カウンセリング
お片づけプライベートレッスン
引っ越しのお手伝い

去年から
haco+との時間を過ごす度に
コツコツ
コツコツ
自分や暮らしについて
真面目過ぎるほど
真っ直ぐに向き合ってきた方の
新居でのお片づけサポートでした。



お片づけがどうして出来ないんだろう
って泣きべそさんだった彼女が整えた
引っ越して間もない部屋は
なんとも言えないあたたかさで
暮らしてるっていう気配がある部屋でした。


暮らしてるっていう気配とは

今朝もここでごはんをよそい
今朝もここで賑やかにごはんを食べ
今朝もここから「行ってきます」を言って出かけて行ったんだろうなって
わたしがイメージできるということ。


その暮らしてる気配がする部屋の中には
いっぱいの工夫があって

どの工夫も
試行錯誤を重ねたことがよくわかる
彼女オリジナルな工夫でした。



だから
片づけ出来ないわたし
って落ち込まなくていいんだけど
いくつかのダンボールを前に
途方に暮れていたようでした。


引っ越しして
小さな子どもがいるのに
一人で片づけて…
そりゃぁ
途方に暮れるはず。


途方に暮れたのは
お片づけが出来ないわたしだからじゃないよ。

いっぱいがんばったから
疲れ果ててただけだよ。


だから
一緒にやったら
出来たよね。

楽しくて
いつの間にか夕方になっていたよね。



休憩時間も惜しいくらいに
彼女とのお片づけが楽しかったんです。

一緒に暮らしていくモノへの気持ちを確認し
そのモノへの部屋をどこにするか考え
枠をつくり納めていく…の繰り返しの中で

ダンボールの中に入っていて見えなかったからこそ生まれた不安が

全てを把握できたことへの清々しさへと変化していきました。



こわかったよね。

不安だったよね。

見えないって
把握できてないって
なんだか
ドキドキするもんね。


でも
もう大丈夫だよね。





彼女の暮らしの中で
シチューをご馳走になったわたしは
小さな子どもたちの母ちゃんらしく
小さく丁寧に切られたシチューの中の野菜たちが愛おしくてたまりませんでした。


b0345376_11055174.jpg

シチューがテーブルに運ばれる前に
ささっとしつらえてくれたキャンドルやオブジェや植物の奥には

小さい人たちの
小さい人たちがそれぞれにシールを貼った椅子が並んでいて

また、その風景が愛おしく感じました。



ここにあったのは

オトナも
小さい人たちも
両方たのしい暮らしでした。


オトナだけでもなく
小さい人たちだけでもなく。


とっても愛おしい暮らしが
そこにありました。


その愛おしい暮らしを生んだ母ちゃんから
昨夜
メッセージをいただきました。








のりさん、夜分にすみません。

今日は
本当に
本当に
ありがとうございました。

あの部屋を通るたびに
ふわぁっと軽い気持ちになるから
不思議で
なんだか全身の力というか
重さが流れていったような
私にとって大きな一歩になりました。

あの部屋をまた私なりに作っていくのが
わくわくします(*´꒳`*)

そして
のりさんに会えてよかったです。
のりさんの笑った顔も声も
大好きです(*´꒳`*)
なんだろう、
うまく言えないんですが、
のりさんに会うと
そのときもうれしいけど、
後からじわじわジーンと
しあわせな気持ちになって
また、会いたくなります。
やみつきスープみたいな?(笑)
例えが可愛くない(笑)
あ、でも可愛いカップに注がれたあったかいスープです❤︎

またあの部屋や居場所のないコたちの
整理が落ち着いたら
資料整理も一緒にお願いします(*´꒳`*)





ダンボールが片づいた部屋で
わたしがスケートの真似をしたら
彼女らしい
顔をくしゃっとした笑顔で笑ってくれました。

スイ〜〜
スイ〜〜ってやってみたのは
一緒にお片づけした喜びを
カラダも使って表現したかったから。

こんなお片づけの人は
日本で一人だけだと思います☺️




haco+の始まりはお片づけでした。
最近はカウンセリングが増えているけど
お客様のこれまでを愛おしく感じるお片づけのお手伝いも大好きです。

お母様から受け継がれたお料理レシピを見つける瞬間が大好きです。



どうぞ
haco+のお片づけ部門⁇も
よろしくお願いいたします😊





[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-17 10:43 | ■お片づけサービス | Comments(0)