暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■haco+の歩み( 20 )


娘からもらった気持ち。


娘たちは

わたしより大人というか

娘たちから見たら

一体お母さんは

何を仕事としてるのか?

頭の中はメルヘンか?

そんなにすぐ人を信じていいのか?

などなど

不思議がいっぱいなんだと思っていたhaco+ののりです。




今日も仕事が楽しくてたまらなかった。
再会がたまらなくうれしかった。

昨日も
お客様からそっと差し出されたキウイのジャムがうれしくてたまらなかった。
ジャムをわたしに…って想ってもらえたことが
うれしくてたまらなかった。

b0345376_22355144.jpg


さっきも
明日のお客様からのメールが優しくてうれしかった。
甘えるのが苦手だけど
なぜかわたしには…って、明日のお昼ごはんのことを喜んでくれたことが。
おにぎりくらいなのにね。



そんなことがわたしの中から溢れるからか?

日頃、わたしの仕事に
何一つ口を出さない二女が

「 ママに向いてると思う 」

って、聴き逃すかもしれなかった声で
呟いてくれました。


今やってること
そういうのが向いてるって思ってたよって。

ママ、イキイキしてるって。



今やってること…
ざっくりと表現してるように思ったけれど

きっと
今やらせていただいている
お片づけも
カウンセリングも
家づくりも

人と関わらせてもらえること全て

そんな風に見てくれているんだと
感じました。




「 ママは、ある意味天才よ。生み出してるから」

って
どちらかと言えば口下手な娘に言われた時は
泣きそうになりました。


娘に進路の相談をされても
なんとも頼りない母さんだし

資格を名乗れないから
肩書きもないし
カウンセラーや
セラピストの学びもないのに
カウンセリングをさせていただき
図面も細かく読めないのに
大好きな家づくりに関わらせていただいてる。


何一つ
キラキラした名札も付けずにここまで来たわたしに

生み出してるからって言ってもらえたこと。




本当だ。




何にも先の見通しがないところから
ポコ
ポコって
何かが生まれて
それを必要としてくださる方々が
育ててくれて

どこかにありそうで
どこにもないような

そんな
仕事名ではまとめられないような
わたしが居させてもらえてる。



それをね
最近
本当にそばに居てくれる人たちが

ずいぶん前から見ててくれてる人たちが

認めてくれているのを感じるようになりました。



先日も
お父さんのような存在の人から

のりちゃん、カウンセリングして

って言ってもらえました。



お父さんのような
どちらかと言えば助けていただいたり
教えていただくことが多い人から
わたしのカウンセリングの可能性を
大切に認めていただいていることに
びっくりしました。





なんて言ったらいいのかな…


お父さんみたいな人
お母さんみたいな人
母さん
大好きな人


この人たちからの気持ちは

資格取得の賞状よりも
わたしの背中を押してくれます。



ありがとうございます。




今夜はうれしくてたまらないので
あと一杯
ビール呑んで寝ようと思います。


そして
明日の新しい出会いも
自分以上に見せることなく
いつものわたしで居たいと思います。



b0345376_22331559.jpg

立春。

いいスタートを切れました。





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-04 21:53 | ■haco+の歩み | Comments(0)

お客様とのやりとりから
とっても懐かしい気持ちになったり
自分自身に
「 本当はどうしたいの?」
って問いかけることができたhaco+ののりです。



小さなお子さんのママが
慣れない土地での子育て中に
haco+を見つけてくださいました。


受けたいお片づけレッスンは
動き回るし
甘えん坊盛りのお子さんを預けなければならず

託児施設は
いつも予約でいっぱい。

慣れない土地での行動範囲は限られていて
運転も練習中。

レッスン受けたいのに
どうしたらいいのだろう。





小さい子のママと
何度かのメールのやり取りをしていて
ずいぶん昔の自分を思い出しました。


慣れない土地で母になり
すごく孤独だった日々。
ペーパードライバーみたいな私が
なんとか運転して行けたのは
小児科とスーパーでした。



小さい子のママとのやり取りは
最初
haco+の中のきまりみたいなものを軸にしてやっていたのだけれど

わたし
ハッとしたんです。


この小さい子のママが
昔の私や
もしかしたら未来の娘たちかもしれないって。


そう思った時に
わたしはどうしたいかな?って。



同じ街に住み
ご縁あって出会えるのだから
わたしは
この街に住めてよかったって思ってもらえるお手伝いがしたいなって思いました。

まだママ友も少なくて…
って話してくれた小さい子のママの
何かホッとできる場所になれたらなって。



メールのやり取りで
お会いしたこともない彼女に
わたしは昔話をしたり
ハっと気づいたことを素直に綴って送りました。


彼女の張り詰めていたものが
ふわっと緩んだことを
彼女も素直に綴ってくれました。



きまりに従っているか?
損か?得か?


モヤモヤしてたのは
そこを頭で考えたからで…
心がもう動いているのに
頭で考えて行動しようとしたからでした。



いつものわたしに戻ろうよ。


映画を観たあと
ハッととした自分の気持ちに従って
駐車場の車中で
小さい子のママが
気持ちよく学べる提案をさせていただきました。


「彼女がその名を知らない鳥たち」

これを観終わった時に
ハッとしたんです。





彼女に合わせて
やってあげるんじゃなくて

よかったらわたしに
やらせていただけないかな?
っていう気持ち。



わたしの気持ちは彼女に通じて
早速、託児の予約ができる最短の日に
出会えるようになりました。



この街を好きになってもらえるために出来ることは
まだ思いつかないけれど

わたしは
いつものようにレッスンして
いつものわたしでいることしかできないけれど

出会えた喜びは
精一杯お伝えしようと思います。



子育て支援⁈

不安で
孤独を感じていた
あの時のわたしにやってあげたいなって
思うことを

これから
haco+のわたしなりに
やってみようと思います。


不安で孤独だと感じていた昔も
わたしは1人では生きてなかったし
いろんな人に支えられていたなって
今ならわかるから。


その時のご恩返し
少しずつやっていきたいと思います。




小さい子のママ
お片づけレッスン受けたい時は
ご相談くださいね。

気持ちよく今学べる方法を
一緒に考えたいと思います。


💌  haconori529@yahoo.co.jp

b0345376_10514323.jpg



[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-02 10:17 | ■haco+の歩み | Comments(0)

blogはわたし。


ずっとblogを読んでくださっている人

毎日、更新されているか?とここを訪れてくださる人

blogを読んで会いに来てくださる人

誰かにblogを紹介してくださる人

読んで泣いてしまう人

響いたページをコピーして持ち歩いて下さる人


blogの向こうは見えないけれど
いつもありがとうございます。




わたしがどんな人か聞かれるたびに
「blog読んでみて!どんな人かわかるから!」
って答えるのって話してくれた人がいました。


blogを読んでいたら
のりは本当にこんな人だから‼︎
って誰かに言いたくなったって話してくれた人もいます。


blog読んでの想いが募りすぎて
実際に会うと泣いてしまう人もいるし


blogのままですねって
安心してくれる人もいる。


こんなに綴ったら
みんな幸せになっちゃって
仕事が減るんじゃないか?と心配してくれる人もいてくれて…


本当にありがとうございます。



blogはわたしです。

そう言えることが
とってもうれしいです。

ありのままを綴れているという実感がある今が
本当にうれしいです。




気持ちも言葉も溢れる時だけ綴るblog。


最近は
毎日のように綴れています。



昨日も2通届いた感想に


日々の当たり前だと思っていたことに
今は喜びを感じ満たされていることとか

ミルクを鍋で温めてココアを作り
子どもに手渡せることがうれしかったとか


どちらも
日常の中に幸せ見つけられた感動が綴られていました。



わたしの想いが届いてるんだって感じれる瞬間をありがとうございました。



b0345376_09504263.jpg

昨日、雪が降った庭から連れて来た椿です。

この椿
年末に剪定に来てくれた大好きな植木屋さんが
蕾がついていたのを残してくれていたのです。

それがうれしくて
毎日観察していました。

雪が重そうで寒そうだったから
家の中に迎えました。

雪がとけて
水滴がついた姿が
とっても女性らしく思えてうれしい朝でした。



旅行も素敵だし
買い物もわくわくするし
プレゼントもうれしいけれど

なんてことない日常の中にも
素敵
わくわく
うれしい
もあるんだと思っています。


それを見つけられる自分であれたら…

その先の豊かさは無限大。



わたしが綴るわたしの日々
真似したかったら真似してみて下さい。

必要ないことは取り入れないで下さい。

わたしを好きになっても☺️
嫌いになっても
それも自由ですからね。




少しお話しておきたいこと…
いろんなblogを訪れてコメントしたり
instagramでもフォローして下さる方への細やかな気配りなど全くできていません。
たくさんの情報の波が苦しくなるので
フォローのお返しもほとんどしてません。
なのに
いつも見守り続けてくださる方々がいてくれることに
いっぱい感謝しています。ありがとうございます。
お会いしたことがない方に
コメントするのもあまり得意ではありません。
いいね!を押させて頂く時は
とってもいいね!って思って押しています。
こんなわたしを知っておいていただけたら
うれしいです。



晴れてきました☀️


今日も
それぞれのいい一日をお過ごしくださいね。





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-12 09:29 | ■haco+の歩み | Comments(0)

なぜか去年は
福岡でのお片づけレッスンのご依頼に
一歩が踏み出せなかったhaco+ののりです。


初めて福岡でお片づけレッスンのお声かけて頂いた時
わたしは怖くなってお断りしました。

お断りした後
何が怖かったのか?
しっかり自分と向き合ってみて
怖かった理由を
ひとつずつ解決していきました。

福岡だけでなく
どこでもやれるって思った頃
もう一度お声かけてくださいました。

怖さは
緊張へと姿を変えたけれど
その緊張からも
沢山の学びがありました。

b0345376_20141266.jpg



大きな荷物を抱えて向かう福岡でのお片づけレッスンに
去年もお声かけて頂いたのに
やんわりとお断りしたわたしがいました。


もう怖くないし
お声かけてくださる方は
わたしが50代になった時の目標みたいな大好きな女性。


なのに
どうしても心が動かず…でした。



そんな私に今朝
今年また新たに
福岡でのお片づけレッスンのお声かけを頂きました。

去年は心がどうしても動かなかったのに
今日はすーっと

「 やらせていただきたい 」

という言葉が出て来ました。


お声かけ頂いたからやります
ではなく
やらせてください
という気持ち。

似てるようで
全く違う気持ちのように
私には思えました。



人生の先輩でもあり
本当に奇跡みたいなご縁から繋がった人は

私を説得しようとか
そんなことを一切しません。


その時
その時のわたしの気持ちを
あれこれ詮索することなく

また
ふとした時に
何事もなかったように
「のりちゃんのこと忘れてないからね」
って気持ちを込めてお声かけてくださる。


どこまでも憧れる人生の先輩です。


わたしの知らない華やかな世界にいらっしゃる方だと思うのだけれど
人と人との繋がりを
とても自然に大切にしてくださる姿を

今回
再び
わたしの中に焼きつけてくださいました。



去年、お断りしたことから見えた今日の景色。



きっと神様は

福岡でやれるか?やれないか?
ではなく

人生の先輩の人となりを
わたしに教えたかったんだなって思いました。



さりげなくいただいた学び。


わたしも50代になる頃

さりげなく
とても自然に
誰かに寄り添うことができたらなって思いました。



そっとしておく

とか

声をかける

とか

気にかける

とか


そのさじ加減は
すごく微妙で難しくもあるけれど


先輩のさじ加減を思い出しながら
試行錯誤しながら

歳と経験を積んでいけたらって思いました。



福岡でのお片づけレッスン
詳細が決まりましたら
こちらでお知らせしたいと思います。





ここを訪れてくださる方が増えているように感じています。
沢山あるblogの中から
繋がれることに感謝しています。


今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊















1月の予約枠はわずか(12、18、19日)
2月のご予約も入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-04 18:58 | ■haco+の歩み | Comments(0)

年賀状をありがとう。


haco+をやってなかったら出会えなかった人たちから届く年賀状。

b0345376_20302128.jpg


一通
一通読ませていただきながら
いつ
どんな風に出逢って
どんな話しをして
どんな表情をしていたか

ひとつ
ひとつのやりとりが思い浮かぶhaco+ののりです。



歳を重ねると
涙腺が緩むのかなぁ?


年賀状の手書きのメッセージには
haco+との出会いについてや
楽しくなった暮らしや
今年の抱負が綴られていて

どうしても
涙がこぼれてしまいます。


どのメッセージも
とっても純粋で素直で

社交辞令などなく

ただ
真っ直ぐに
今の気持ちを届けてくれる。


「 大好きです 」

って書かれていた年賀状たちに

こんなに表現する人たちだったかな?って。


大好きを受け取るより前に

大好きと自然に表現している可愛らしさに
胸がキュンとして
できることなら
今すぐありがとうって
抱きしめたいくらいです。



あのね

私がお尋ねしたいことがあるの。



どうして
そんなに
可愛いく変化していかれるの?


どうして
そんなに
真っ直ぐで素直なの?


一通
一通の年賀状が
私に教えてくれたのは

純粋って言葉の意味。




お手本にさせていただきますね。



自分の気持ちを届けたいっていう想いだけで
書いてくれた年賀状。



こんなに私の心を動かす年賀状が多かった年ははじめて。


大好きって書かれた年賀状をいただける日が来るなんて

何ひとつ上手くやれない私が
誰かの笑顔のきっかけになったなんて

こんな日は
泣いていい日だと思います。



ありがとうございました。




誰かの真っ直ぐな気持ちは
誰かの心を動かすんだって
教えていただきました。


ゆっくり
お返事させていただきますね。


こんなに年賀状いただくなんて
想像してなかったから。


大事にお返事させていただきますね。


待っていてください。

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-03 20:15 | ■haco+の歩み | Comments(0)

仕事納めに想うこと。


ずっと
今か?
今か?と待ち望んでいた大切な夢は
今ではないけど
叶うということが腑に落ちた瞬間から
心もどっしりした気がしているhaco+ののりです。



早く叶えたいと思っていたけど
まだ先のことだと
わたしは
心の奥底で知っていたんだと思います。

やっと受け入れることができて

焦りや不安は姿を消し
安心して今を生きることができる清々しさを
味わっています。


きっかけをくれた人との時間は
今年最大のギフトでした。
ありがとう。



心がどっしり座ったら
先を
先を見つめることに必死だった視点が
ちゃんと今に還ってきて

今を生きるってことについて
改めて想うきっかけとなりました。



今を生きる…とか大袈裟な表現をしたけれど

b0345376_15155768.jpg

わたしにとっての今を生きるとは

母からもらった
母の庭の金柑を眺めながら

母が一つ一つ収穫してくれたことに想いを馳せたり


b0345376_15173098.jpg

金柑のヘタをとりながら

手や指先のありがたさを感じたり


b0345376_15183394.jpg


友だちからのお便りは

彼女が大切にしていた葉書を
届けてくれた気持ちに気づいたりすること。




b0345376_15213552.jpg

ひとりの休憩時間に
朝詰めてきたお味噌汁の
温かさと美味しさに感謝があふれること。



わたしの「今を生きる」は
そういうこと。


b0345376_15235660.jpg

今あるもので
暮らしを愉しむことも

わたしの今を生きること。


頂きものの「博多の女」が
わたしには切り株に思えて
サンタを出動させました😊



b0345376_15264509.jpg

あるもので
喫茶店に行ったつもりごっこを愉しむことも

わたしには
今を生きることなんだと思います。


先を見据えてやることでもなくて。

足りないものを見つける時間でもなくて。





今年のhaco+は
沢山のカウンセリングさせて頂きました。

新しい年も
カウンセリングからのスタートです。


わたしは何を伝えたかったのかな?
って
ここのところ考えていました。


暮らしを愉しむことも
今を生きることも

誰にだってできて
難しいことではないんだよってことを
心とカラダで感じてほしくて

誰にでもわかる表現で届けることに
自分の命を使わせてもらった気がしています。



みんながよく笑ってくれました。
わたしの表現が
突拍子もなかったり 
ジェスチャーがリアル過ぎたりで
泣いてた人も笑いました。


わたし
笑ってもらえることが
こんなにも幸せなんだって
今年は特に感じました。


馬鹿にされないように
しっかり生きなきゃって思っていた私が

馬鹿と思われようが
滑稽に見えようが
目の前の人の心が緩んで
思わず笑ってくれることが
本当にうれしくてたまらない一年でした。



また一緒に笑いましょ。

難しくないよって
身振り手振りでお伝えします。


だって
私にはその方法がしっくりくるから。




haco+
本日が仕事納めとなりました。


出会ってくださる方がいて
初めてお伝えできていることを
ひしひしと感じた一年でした。


わたし
めっちゃ幸せでした!


みなさん
ありがとうございます😊




1月、2月のご予約が入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊




[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-24 15:44 | ■haco+の歩み | Comments(2)

昨夜は
絵本とピアノがつくりだす空間へ出かけていったhaco+ののりです。


絵本が大好きなわたしの友だちが開く
夜の絵本の会で

好きな絵本も見つかったけど

いっぱい教わったなって
思った時間でした。



絵本が大好きな友だちは
自分がやりたい方法で
絵本との出会いの場をつくっています。

「 自分がやりたい方法で 」

だから
彼女は彼女のままだし

だから
彼女がつくりだす絵本との出会いの場は
彼女らしくて心地よい。




絵本を小学校に読み聞かせに行く方もいれば

家で我が子に読む方もいて

読んでもらうのが好きな方もいれば

興味のない方もいる。



どんな人がいてもいいわけで

絵本が好き=素敵な人

なわけでも

絵本に興味がない=素敵じゃない人

なわけでもなくて


大切なことは

あなたは何が好きですか?

っていうことなんだと
わたしは思います。



友だちは
絵本が好きだけれど

絵本が好きか?好きじゃないか?で
人を見たりしない。

絵本会から持ち帰るものは
絵本でも
おいしかったパンや珈琲のことでも
あったかい空間のことでも
ピアノの音でも

なんでもいいんだよって思っていてくれてるのが伝わってきました。


それがわたしには
すごくしっくりきたし

ハッとしました。

haco+としての歩みを始めた頃のわたしは
お片づけの先生になろうとして

正しいお片づけを伝えようとしていました。


マニュアル通りとでも表現したらわかるかな?


だから
受講者の方の心の声が聞こえてなかったと思います。

お片づけもね
自由なんだよって手放せずに

わたしはこっちがいいの!って言われると
なんでそんなこと言うんだろうって
腹立たしくなったこともありました。



だけど
今ならわかります。

収納用品の色が白やクリアーなもので揃えてある気持ち良さをお伝えしても

ピンクやグリーンが好きっていう人がいてもいいことを。



友だちの絵本会で

小学校の読み聞かせグループに入るのが嫌だった自分も思い出しました。

わたしは家で子どもに読むのが好きっていう気持ちと
読み聞かせグループに属することはいいこと!という気持ちで揺れたことを。

読み聞かせのやり方
みたいなお教室にも通ってみたけど
わたしには窮屈でした。

我が子に読むように読みたいなって。



絵本の愛し方も

暮らしの愛し方も

人それぞれでいいんだってわかった時に

友だちの絵本会の在り方も

わたしのお片づけレッスンの在り方も

心地よくて

分野は違えど

おんなじとこで繋がっているような
そんな気がしました。



こうしなきゃ

こうじゃなきゃ

もなくて

やっぱり
全ては自分なんだなって
改めて確認できた時間でした。



会の最後に読んでもらった絵本は
誰かの分も一緒に予約しました。



昨夜、会に足を運ばなかったら出会えなかった絵本、人、空間、食べもの。


自分の
行きたいな
を叶えてあげて
本当によかった。


すごく素敵な夜だったから
帰ったらお酒がすすみました。


b0345376_14284815.jpg

このワイン、一升瓶だよ🍾😆





12月、もう少し空きがございます。

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

来年の受付も始まりましたよ😊



b0345376_23590400.jpg



[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-09 13:45 | ■haco+の歩み | Comments(0)

お便りすること…

どうしていつも躊躇するのかな?から始まったhaco+の葉書づくり。

出来上がった葉書を手にした時

やっと準備が整ったって思ったhaco+ののりです。


b0345376_22141291.jpg

お便りや贈り物をいただくことが増えた時

本当はお便りしたいのに

メールで済ませてしまうことが

心のどこかで引っかかっていました。


その人のイメージの便箋を探すことから始まるわたしのお便り書きは
便箋が見つからなくて難航することも。


字が上手ではないってことも
お便り難航の原因。


でも
いろいろあっても
やっぱりお便りしたいんだって
自分の気持ちに気づいたから…

わたしだけの葉書を
1種類だけつくっていただきました。

いろいろいらないの。

1種類だけでいい。

相手を喜ばせることより前に

届けたい気持ちを
旬のウチに届ける…

これがわたしの最大の目的だから。


「 キセキの葉書 」という映画を観た時

郵便局にある官製葉書を100枚買う主人公がいました。

毎日、飾り気のない葉書に
その日のことを綴り
すぐポストへ投函する姿に

素敵な便箋がないからって
お便りあきらめてた自分が
すごく恥ずかしくなりました。

いったい
届けたかったものは何だったんだろうって。


字が上手とか
便箋が素敵とかじゃない

ありがとう
とか
出会えてよかった
とか
うれしかったよ
でしょって。


b0345376_22263772.jpg

300枚お願いした葉書の
切手を貼ると見えなくなる部分には

わたしが長女につくった春のお弁当がデザインされていて。


送りたい相手を想い

送る側のわたしの気持ちも素直に表現できる

わたしが大切に綴りたくなる葉書ができました。



かわいい切手をくださいって 
郵便局に2回行きました。

歩いてポストに投函しに行きました。

思いついたら書けるように
葉書と切手とお気に入りのボールペンをセットにしました。



今日、第1便が
大切な人たちに届いているようです。



気ままなお便り生活

はじめています。

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-01 22:12 | ■haco+の歩み | Comments(0)

手渡しするとか

握手とか…

手ってすごいなって思うhaco+ののりです。



haco+のリーフレットは
3つ折りになっていて

その折る作業は
わたしがすることにしています。

折るって作業にもお金がかかることを知り
それなら自分でって
最初は節約のつもりだったけど

わたし
わかったことがあります。


折る時

約一年かけて創り上げたリーフレットの一枚、一枚が愛おしく感じます。

それを渡す時
わたしからの手紙を届けるような
そんな気持ちになります。


先日の地元での講演会を目標に仕上げていただいたから
一枚、一枚、祈るように折り
会場へ持参しました。

帰りに、必要な方はお持ち帰りくださいね

そんな気持ちだったのが
お一人
お一人に
大事に手渡したくなったものだから
長い列が出来てしまって。


だけど
目を見て手渡す瞬間の幸せな気持ちと
手渡す時に
何かも一緒に手渡せているような
そんな不思議な気持ちになったから
途中でやめたくありませんでした。

赤ちゃんを抱っこしてたママ

時間がなくて並べなかった方

本当にごめんなさいね。


お一人
お一人にリーフレットをお渡ししながら
気持ちというギフトを受けとる時

「 握手してください 」

って言ってくださる方々がいました。



すごく
すごく照れてしまったけど
どうしようもなくうれしかったんです。

わたしは手にも祈りを込めることができるから。



手渡し

握手

haco+の祈り。


言葉よりも
何か尊いような

そこに全てが込められるような

不思議で
あったかい時間を味あわせていただきました。



手渡しできた小柄な娘のような人から
後日いただいた気持ち。

b0345376_23114634.jpg

演台で話しただけでは

このお気持ちはいただけなかったかもしれません。

彼女が並んでくれて
リーフレットを受け取ってくれたわずかの時間のやりとりからも
沢山、haco+の想いを持ち帰ってくださっていました。



お片づけレッスンも
カウンセリングも

終わった後の時間も大切にしています。


ゆっくりお茶を飲みながら
ふりかえりをしたり
わたしに触れてもらったり。


大きな会場では無理だと思っていたそんな時間を
リーフレットがつくってくれました。



リーフレットは
haco+を知っていただくためって思っていたけど

あなたのそばで
わたしを感じていただくためのものでもあったんだって思いました。



リーフレットが
みなさんとわたしの距離を縮めてくれた。


握手ってうれしいねって教えてくれた。



これからもリーフレット
わたしの手から受けとってもらえたら
すごく幸せです。


b0345376_23250498.jpg



                                    haco+  のり





[PR]
by coharubiyori529 | 2017-11-24 22:54 | ■haco+の歩み | Comments(0)

無事に終えたhaco+ののりです。

無事に終えたのは
ちょうど2年前に
もうやらない!って決めた講演会。

広い会場
多くの人。

わたしには無理で
わたしには合わないって思ってたこと。



2年の月日って
わたしの中に
小さな何かを積み重ねてくれたようで

やりたいなって思える自分が生まれていました。





だけど

1人ではできなかったなって
ひしひしと
しみじみと
感じる機会になりました。




今日を準備してくれた人たち。

今日までわたしを手伝ってくれた人たち。

今日を応援してくれた人たち。

今日、逢いに来てくれた人たち。

今日までに出逢ってくれた人たち。

わたしを産んでくれた母さん…。



ずっと地元の人たちに届けたいと思っていて

遠くに呼んでいただくたびに

いつかは

日田の人たちを楽ちんにするんだって

そう思って歩んで来て。

その日はちゃんとわたしの目の前に。



だけど
その目の前の今日は

わたし1人では手にできなかった1日。



ありがとうって言葉があってよかった。


感謝って言葉があってよかった。


大好きって言葉があってよかった。



それをいっぱい伝えたい日にしてくださり

本当にありがとうございました。



b0345376_20545869.jpg

まだまだ

いっぱい綴りたいのだけど

少し興奮がおさまってからにいたします。


今夜、眠れるかな😌








只今募集中 年内最後です  

haco+に会いに来てください😊

「 わたしに還る、お片づけ」レッスン

★ 日時        11月21日    28日  
                    10時から(2時間半)

★定員         各4名 (21日残1席 28日残3席)

★場所          haco+自宅(大分県日田市)

★受講料      4000円


よろしくお願いします✨



注)必ず希望日をご記入くださいませ。


その他のメニュー、お問合せもHPからお願いいたします。




[PR]
by coharubiyori529 | 2017-11-19 20:14 | ■haco+の歩み | Comments(4)