暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■暮らしのカウンセリング( 33 )



カウンセリングの前日
用事の帰り道に寄った夜のスーパーで
淡いピンク色のチューリップに魅かれて買って帰ったhaco+ののりです。


b0345376_08352028.jpg

きっと明日出会えるのは
ピンク色のイメージの人なんだなってピンときました。



遠くかや来てくださった人は
とっても忙しくお仕事されてる人でした。

そんな日々に疑問を持ちながら
haco+のblogを読み
暮らしを楽しむことについて意識するようになり
会いに来てくれたようでした。


仕事がキツイ=辞める 

その選択もできる状況ではあったのですが

仕事がキツイって思うのはどうしてか?
を知ることが大切で。

それを知ることは
裏を返せば
自分は何を大切にしているか?
に気づけるタイミングだから。


厳しい上司がいる

仕事が出来る同僚に無視される

残業でボロボロになる


友だちとして話を聞いていたら
「そんなとこ辞めちゃいなよ‼︎ 」
って言ってしまいそうだけど


わたしにはワクワクする光が見えたから
それを
わかりやすく
お伝えするのに一生懸命になりました。


そこで働くことになったのも
その上司も同僚も

どれが欠けても
彼女が持つ光に向かえなかったんだって
わたしが先に気づいてしまったから

そのことをお伝えしたら

彼女の顔が
やっと
苦しみから解放されました。


辞めるんじゃなくて
光を育てながら
光を育ててる自分で
今の仕事を見てみませんか?

という提案をしてみました。


苦しくて嫌でたまらない仕事が
光を育てることを支えてくれると感じれたり
上司や同僚ばかりに向いてて落ちてた気持ちが
自分の得意なことへの研究の場になるというワクワクの気持ちに変化したり

コツコツ積み重ねてきた仕事を辞める前に
まだまだ
やれることがある気がしたし
やってみないともったいない気がしました。



だけど
いつも
誰でもそうですが

どうするか?を選ぶのは
わたしではなく
その人自身です。

当たり前のことだけど
これを忘れている人がいっぱいいる。

一生懸命、誰かや何かに尽くしてきた人ほど。



だからいつもちゃんとお尋ねするのは

「 あなたはどうしたい? 」

ということ。



そんなカウンセリングの日の夜に
メールを送ってくださっていました。

仕事が苦しくて…っていう方が、ここを訪れてくださる方にもいらっしゃるかもだから
苦しかった彼女の気持ちの変化というか
気持ちの軽やかさを感じてみてください。

シェアしますね。




のりさん

今日はカウンセリングをありがとうございました😊
時間をオーバーしてしまって申し訳なかったです。
のりさんが私のことを考えて一生懸命話してくれるのがうれしくて、聞き入ってしまいました。
初めて聞いたのりさんの声も話し方も柔らかくて、とても居心地がいい空間でした。
ちょっと変わったカウンセリングになってしまったけど、私にとってはとても有意義なカウンセリングでした。
のりさんは悩みを全く否定しない考え方で、その考え方も新鮮でした。
これからも自分の心の声をきいていきたいです。
そしてブログの真似っこもさせてもらいます。

それから‼️
興味があった講座をさっそく申し込みました。
明後日に熊本市でちょうどあるのを知って、少し悩んだけど、申し込みました。
私はこのように突っ走ってしまうところもあるのだけど、ワクワクすることを楽しみたいです。

私ものりさんみたいに小さな幸せを少しずつでも、積み重ねていきたいです。

では、のりさんに聞いてもらいたいことがあれば、すぐにメールしますね💕

今日は本当にありがとうございました⭐️






彼女が言うちょっと変わったカウンセリングというのは
この日突然思いつき、やりたくなった初めての質問の仕方のこと。
おかげで沢山のキーワードが見つかりましたよ😊


それから
彼女がわからなかった
好きなことや、得意なこと。
彼女にとっての光。
そこが腑に落ちたから行動したみたいです。
今頃、学びの時間でしょうか?



その光がある自分を感じながら
今を感じてみる。

自分はダメな人間で
何もない自分だと決めつけてから見てた世界と
光があると気づいた自分から見える世界は
同じように映るだろうか?

そこを昨日も感じてくださり
同じ仕事
同じ上司なのに
見える景色や感じることが違うって
報告してくださいました。



上司から性格変えろと言われても
出来る人から出来ない人というレッテルを貼られても

あなたの命の価値は変わらないことを
覚えておいてくださいね。


バックの中の小物たちが
大好きなピンクばかりでいいんでしょうか?
って質問してくれたけど

いいに決まってるし
やっぱりピンクの人だ!って思いました。



blogを読んで
曲げわっぱのお弁当箱を買い
お弁当を持って行くようになった
とか

欲しいと思った間接照明を
造っているところまで出向き
オーダーして迎えた
とか

暮らしを楽しむことが
もう既に始まっているようでした。



自分ひとりでは見えなかったことが
一緒に話す中で見えてくる時間が
「わたしと暮らしのカウンセリング 」
です。



見えなくなったら
また来てください。


今度は気づきというより
思い出すことをお手伝いしますから😌


可愛すぎるお手土産
ありがとうございました😋

b0345376_09241116.jpg





2月のご予約ありがとうございます!
もう少し空きがございます。

haco+の扉、ノックしてみてくださいね🚪

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-20 08:31 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

大きなことではなくてね
もっとささやかなことに
自分が満たされること知ってもらえたらなって思うhaco+ののりです。



b0345376_19354640.jpg

これは造花でデコレーションされたポケットティッシュを収めるBoxです。
カウンセリングを受けて下さっているお客様の作品です。




だんだん暮らしを楽しめるようになってきたお客様の12月のカウンセリング時に
何をしてると楽しいですか?
って聴いてみました。



そしたら恥ずかしそうに

お家用のティッシュBoxに
造花をデコレーションするのが楽しくてって話してくださいました。


以前は答えられなかった質問でした。
だから
聴いてるわたしがうれしくてたまりませんでした。



でもその直ぐ後
「100均の造花なの」
とか
「ただ付けただけなんだけど」
とか
「センスのいいのりこさんには見せられない」
などなどの言葉たちが続きました。



わたしは
彼女が楽しい‼︎と思うことをお尋ねしたのです。


だから
材料がいくらとか
作業の難易度とか
センスうんぬんなんて
一切関係なくて


あなたが楽しいと思うことが
1番大切なんだということを
じっくりお伝えしました。



デコレーションが楽しいの!

ただ
それだけで十分素晴らしい事なのに
その後の言葉たちは

人にどう見られるか?
を恐れているから出る表現たち。



花の配置
花の色
花の組み合わせ

それを想像して
カタチにしていくことが楽しかったんですよね?



高く見られないとうれしくないですか?

難しい作業じゃないと価値がないのですか?

自分のセンスじゃダメなのですか?



おそらく
いろんな場面で
思わず口にしているだろう卑下する表現。

わたしはそのひとつ、ひとつの表現から
お客様の本当の想いを見つけていきます。



そしたらね
自分が楽しいってことが大事なんだって気づいてくださいました。


「のりこさんの家には似合わないけど…」

っていうから
そんなこと関係なく

出来たのよ‼︎

って見せてくださいってお願いしました。



わたしはお客様が
楽しくてたまらないの!
っていう気持ちがのったティッシュBoxを見たいんですってお伝えしたら
うれしそうに微笑んでくださいました。

わたしが感じたいのは
わたしの趣味嗜好に合うか?より
うれしそうに作る姿が想像できるか?
なのですから。



そして
趣味嗜好がわかる近しい人のために
その人に合ったティッシュBoxをつくってプレゼントしてみては?って
提案してみました。



その提案を
実行してくれたようです。


写真のティッシュBoxは
今年に入って
お客様のお友達に見せていただいたものです。


集まった長年のお友達に
それぞれ違うデコレーションのモノをプレゼントしていたそうです。

それも
恥ずかしそうに
うれしそうに。


ティッシュBoxを受け取ったお友達は

「彼女、なんだかすごく変わりました!」

って話してくれました。



お友達に差し上げてどう思われるか?
ではなく

「 わたしね、今これ作る時が幸せなの!」

って言葉の代わりに表現できるモノが
このティッシュBoxなんじゃないのかな。


その彼女の喜びがのったティッシュBoxは
お友達へ
モノをもらった喜び以上に
彼女が幸せそうでうれしいなっていう気持ちが生まれるきっかけになったはず。



金額でも
プロか素人かでも
他人のセンスとの比較でもなく


あなたの喜びがのったティッシュBoxは
あなたからしか生まれないことを
もっと
大事に
愛おしく感じてほしいなって思います。



わたしからの提案を

やってみたい!って思ってくれて

その自分の気持ちに蓋をせず
実行された姿を
間接的に見せていただいた時

また
お客様に教えられた気がしました。



今月、カウンセリングにいらした時
どんな言葉で
ありがとうをお伝えしようかな。

きっとわたしのことだから
お顔見たら
自然に表現できるのかも😌



b0345376_20273842.jpg








初めてここを訪れてくださる方が増えているような気がするので、少しだけ自己紹介を。

暮らしのくふう工房 haco+です。
haco+は、一緒に暮らしていきたいモノを選んでいくお片づけを通して
それぞれのオリジナルな心地よさを手に入れていただけたらって思っています。

blogにも沢山出てくる「わたしと暮らしのカウンセリング」は
暮らしとわたしたちは繋がっているという考えをもとに
あなたの暮らし
あなたの言葉
あなたの表情から
今、必要なメッセージを受け取り
お伝えすることをしています。


詳しくは
ホームページに綴っています。

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠


注)1月はご予約でいっぱいになりました。
     ありがとうございます😊

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-09 19:11 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(2)

仕事始めの日のカウンセリングについて
綴ってみたいと思うhaco+ののりです。


1年半ぶりの帰国だと話してくださるその女性は

一年半前の帰国の際も
わたしに会ってみたかったけど
その時
カウンセリングというメニューがなかったからって…。

彼女が異国の地から
逢いたいなって思い続けてくれた気持ちが
カウンセリングを生んだのかもって思うほどに
わたしは
お顔も見たことがないひとりの美しい女性に
想ってもらっていたことがうれしくて
一緒に過ごす時間が
夢ではないことに
なんとも言えない安堵感に包まれました。


イギリスへお花の勉強に行き
そこで結婚し母になる…。

生まれ育った国を離れ
文化も言葉も違う地で暮らしていくことは
楽しくもある反面
歯をくいしばってがんばって来た面も多々あったと思います。


フラワースタイリストでもある彼女から生まれるブーケやリースたちを見たら

ちょっと花を摘んでくるわね

って庭に出たり
山に行ったりしながら

時にはリスやうさぎに遭遇した喜びすらエッセンスになるような

暮らしているイギリスの地の空気まで取り込む
すごくおおらかな美しさがあるように思います。


やっぱり
忘れてるだけだ!って思いました。


本当の自分を忘れていくごとに
彼女の心がかたくなっていったんだって
お話していてわかりました。


びっくりするような才能があるのに気づいたからお伝えしました。

その才能、どんな風に使いたいですか?って。


身体のラインが美しいグリーンのニットのワンピースの彼女の耳には
彼女がつくった
彼女にぴったりの揺れるピアスが…そんな美しさに見惚れるわたしに

イギリスでの田舎暮らしに
スカートが履けなかった時が長くあった話をしてくれました。

そこに馴染むように
目立たないように
普通でいられるように

無意識にやってきた我慢を

好きなスカートを我慢してきたんだってことを
言葉にしながら
自分の本当の気持ちを受け入れているように見えました。


イギリスの田舎暮らし
みんなはジーンズ履いている中で
あなたが
あなたの好きなスカート履いても
誰からも責められないことを知らなくて

好きを我慢していくたびに
心の鍵も固くなっていったのではって思いました。


たかがスカート?

ではないのです。

スカートを履いたスタイルの話ではなくて

スカートを履いている気持ちの話がしたいのです。


好きなスカートを履いて
スカートが揺れるたびにうれしくて
家事をする時は
汚れないようにエプロンしたり…
そんなことが
彼女を笑顔にするし
所作から柔かさが溢れ
それが周りの人たちを幸せにするのです。



だから
一緒に
スカート以外にも
本当は好きでたまらないことを思い出していきましたよ。


ワガママだと思っていましたって言うから
ワガママではないことも
お伝えしました。

そんな健気に生きてきた彼女から
帰国前にメッセージをいただきました。

Yさん
シェアさせてね。
とっても素直なお気持ちが
誰かに届く気がするから。








のりこさん

昨日はのりこさんにお会いできて嬉しかったです。ドキドキ緊張してしまって、「初めまして。お久しぶりです。」なんて、へんなご挨拶してしまいました😆
懐かしい喫茶店でのカウンセリング・・・2人でコーヒーとイチゴのショートケーキを食べながら、不思議な雰囲気の中・・・のりこさんからのふとした問いかけは、私の知らない本当の自分が出てきたようでびっくりしました!
そして自分自身をねぎらってあげるということ。今までの人生でそういうことは全く考えたことがなかったので・・・ちょっと照れくさいような気持ちもありますが、私にはそれが必要なんだと強く感じました。のりこさんの数々のお言葉を心に留めて、私らしく今を生きたいと思います✨
ブログの中ののりこさんから実際ののりこさんにお会いできて、私の想像から現実に変わりました。昨日お会いしたばかりなのに気持ちが変化しているような、動いているような気がしています。 のりこさん、ありがとうございました!そしてこのご縁に心から感謝いたします。

のりこさんから頂いた宝石のようなお菓子箱、開けた瞬間キラキラ輝いてました!素敵なお土産をどうもありがとうございました。イギリスで家族、友人と一緒に繊細で美しい日本のお菓子を楽しませていただきます。

また向こうに戻ってからもブログののりこさんに会いに行きます!





彼女ともし再び会えるとしたら
一年半後。

そう思ったらお伝えしたいことに溢れてしまって
きっとこの日もお節っかいおばちゃんっぽかったはず💦

だけど
恐る恐る自分を語り始めた人の口元が
だんだん緩んでいくと共に
苦しいこともあったけど
幸せなこともいっぱいあったの!
って思い出したことから湧き上がる気持ちと言葉と表情を
彼女自身が忘れないように
彼女の中に刻みたくて。


そんなわたしを見て
笑ってくれた彼女の笑顔は
わたしの大切な母子像の母のようでした。


b0345376_11322242.jpg




blogのわたしと
実際に会ったわたしはおんなじだって言ってくださり

いつも読んでいて
正直に綴られているのがわかりますって
話してくれました。




Yさん
離れている距離は遠いけど
こうして繋がれることを教えてくれてありがとうございました。
そして願えば叶うこと
叶えるために行動することを教えてくれてありがとう。
スカートが大好きなのに履けなかったわたしを思い出させてくれてありがとう。


また、必ず会いましょう。
またあの喫茶店で☕️




長くなりました。
だけど
どの言葉も削れませんでした。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。






[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-08 10:32 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

今日が仕事始めだったhaco+ののりです。

仕事始めって
お仕事があるから存在する日で…
今年も、わたしを必要としてくださる方が居てくれたから

わたしにも
「 仕事始め 」という日があることがうれしくて

今朝は早起きして
気持ちを整えました。

b0345376_19052569.jpg

今日のことは
胸がいっぱいの気持ちを落ち着かせてから
書かせていただきますね。




年が明けてから
お申し込みや変化の報告が続いています。

11月に藁をも掴む想いでカウンセリングに来てくれた方から届いたメッセージ。
このメッセージのやりとりの後に
彼女が大好きな人と笑ってるツーショットの写真を見せていただきました。

彼女が
カウンセリング時に
溢れる涙の先にあるって信じて疑わなかった姿がそこにありました。

信じて疑わない夢を叶えるためにって

無理してた自分
我慢してた自分と向き合い

愛されるためではなく
自分自身のために
幸せになっていくことの大切さを
一緒にじっくり確認していきました。


カウンセリング後の彼女は
小さな
小さな幸せ見つけを
暮らしの中で実践し

自分が自分を愛おしく感じる瞬間を増やしていきました。

これでいいの?
って思う日もあったかもだけど

愛されることを
ちょっと置いておいて

相手ではなく
自分の幸せについて真っ直ぐに向き合ってくれました。

そんな彼女からのメッセージ
シェアさせてくださいね。




のり先生

明けましておめでとうございます🎍

昨年も、のり先生から
温かさと無邪気さ、そして
沢山の気づきを頂けました🌈

心からありがとうございました。

わたしは昨年、
のり先生のもとにいき、
なんかですね
あれから
生まれ変わったような
感覚がしています。

あの日から少しずつ行動し
いまでは、
家族がわたしの心に寄り添ってくれ
わたしの行動を
支えてくれています。

少しずつ、一歩ずつですが
前に向かって進んでいる感覚です


今年も、また、ゆっくり〜
のり先生のもとに伺いたいです。


今年も
のり先生が
笑顔に満ちた1年となりますように☀️




カウンセリング中に止められないほど溢れた涙と、本当の気持ちを出した後には

ちょっと待って‼︎
鏡見て‼︎

って、自分自身の表情を確認してもらいました。

そんな表情の人なんだよ!ホントは!
って。

つくり笑顔なんかいらないよ。
ちゃんと持ってるからって。


まるでおせっかいおばさんみたいに
鏡に案内するわたしがいました。



その時の
あどけない笑顔が
彼女の大切な人の隣で存在していたことに
心から祝福を贈りたくなりました。

よくここまで来たねって。

あの時
大切な人と自分の未来を疑わなかったあなたは
本当に優しく強い人。


その優しさを
自分に向ける時が来たよっていう合図に
しばらく気づかなかったから

神様は
わたしとのご縁を繋いでくれたんだと思います。


我慢も上手で
なかなか気づかないから

我慢じゃなくて
あなたのままで愛されることを知りなさいってメッセージを
伝える役割を
わたしにくださったんだと思います。



未来を疑わなかった彼女の強さ
相手を信じた彼女の優しさ

自分に目を向けることを意識した彼女のがんばり。
自分に毎日
「 何が好き? 今、幸せ?」
ってお尋ねしてきた優しさ。



どれも
真似なんかできないほどに
愛で溢れていました。



誰が何と言おうが
自分が見たり、聞いたりしてきたことを信じ続けるって

すごく難しいことだと思います。


気持ちよく暮らせている時は大丈夫でも
迷う時
元気ない時は
誰かのアドバイスや言葉を信じてしまうことがあるように思います。



だけど
彼女はぶれなかった。


こんな素敵な女性と出逢わせてくれて
本当にありがとうございます。



新しい年は
復習したり
新たに気づいたりしようねって言ってみたけれど…

彼女の軸はしっかりあって

それも動かない軸だから

少しずつ
少しずつ
太くしていくだけなんだろうなって思いました。






あなたは私をのり先生って呼ぶけれど

人を愛すること…

を、私はあなたに学びました。



教えてくれてありがとう。

また、逢いたいです。
















[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-06 19:01 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

昨夜は大きな大きな満月がうれしくて
外に出て
月明かりを浴びて
願い事をしたhaco+ののりです。


6日の仕事始めはカウンセリングです。
今月は、カウンセリングの予約がいっぱいです。

夢みたいです。



目の前の人が
自分のことを
ポツリ
ポツリとお話してくれる。

こんなこと言っても大丈夫かな?

最低ではないかな?

びっくりされないかな?

なんてドキドキしているのがわかります。



そんなこと言っても大丈夫だし
最低なんかじゃないし
びっくりなんかしませんよ。



少し遠慮がちに生きていたり

自分の良さより
自分の足りなさを感じることが上手になっていたり

褒められても受け取れなかったり。



私は
そんなあなたが大好きです。





昨夜も
ゆっくり耳を傾けていたら(カウンセリングではありませんでした)

その方が思う自分と
私が思うその方は違いました。


その方から見た自分の至らなさは
私から見たら、その方にしかない良さでした。



真似したくても真似できない良さでした。



でも
なんだか
それを
うまく伝えられなかった気がしました。


うまくなんて伝えなくていいんだけど
うまく伝えようとすると
更に私はトンチンカンになってしまうんだけど

もっと
私に言葉があったらなって思いました。



素敵
とか
素晴らしい
とかいう言葉ではなく

もっと深みのある
その時にしか生まれない言葉を届けられたらなって
眠る前お布団の中で思いました。



また会えばいいってことではなくて
その時に
目の前の人が話してくれた言葉と表情は
その時だけのものだから

その瞬間の大切さを感じるからこそ

私が受け取ったことを
その人のための言葉であらわしたかったな。




私は言葉から
情景が浮かんできて
その人の周りの人の想いのイメージがわいてきます。


話しをしている方より前に

すごく大丈夫なことや

その方が知りたかった周りの人の気持ちが
手に取るようにわかってしまいます。


その方の生き方が
とっても尊いことも。



飾り立てた言葉ではなく
溢れるように思わず口から出る言葉が
私が届けたいメッセージ。




溢れる想いを
言葉で届けられる私になります。

待っていてください。



どうやったらそんな私になれるのか
まだわからないんだけど

今日から使う真っ白な布巾を
大事に使っていく
とか

b0345376_11313494.jpg


すこしゆっくりペースでごはんを作るとか

b0345376_11320665.jpg


暮らしの中に花をたやさない
とか

お便りを書く
とか

そんな日々の積み重ねをやりながら
見つけられたらって思います。



もちろん
6日からのカウンセリングも
今の私にあるもの全部
総動員させてのぞみます。





ずっと
ずっと逢いたかった方に
やっと逢える6日です。
場所は喫茶店。
お土産も準備完了です。





1月の予約枠はわずか(12、18、19日)
2月のご予約も入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg


















[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-03 10:48 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

今日は
家づくりカウンセリングだったhaco+ののりです。

家は買うというより
生みだし
育てていくものだと思うから

これから家づくりにのぞむお客様には
家が完成するまでの期間にもすでに
家への愛おしさが生まれるような
そんな気持ちへ繋がるカウンセリングを心がけています。



家は
あたたかくもなるし
冷たくもなる…。

これは断熱とかそういう話ではありません。



今日いただいたメッセージに
2枚の写真が添付されていました。

窓辺を飾ってもしっくりこなかったリビング。

雑貨は選んでるはずだったのに。
綺麗に並べているのになぜ?って。



大好きで
一緒に暮らしたいもので
1日に何度も思わず目をやりたくなるような
そんなモノを置いてみる事を提案したお客様からでした。



b0345376_21351580.jpg

見てください。

枝を置きたいって言ってたら
本当に実現され

そしたら
娘さんが松ぼっくりを持ち帰って来たから
それも大事に見ていたくて
花瓶の中へ。

枝には
華美ではなく
枝と共に在るような
そんなオーナメントを。

b0345376_21380760.jpg

beforの写真では
窓の幅に雑貨が飾られていたのが

自然の枝を置いて
眺めてみて
感じてみたら

引いて
引いて
引き算が起こり

木製のトナカイさんだけを選択されたんだと思います。

きっと
トナカイさんの居る場所も
いろいろ試して
眺めてみて
決めたんじゃないかな?


雑貨の数は
すごく減ったのに

殺風景に見えますか?

寒々していますか?



わたしには

愛おしさとか
あたたかさが伝わって来ました。


そこにあるモノも
空間も
愛されてるなって感じました。



「 この窓辺、どうですか? 」

ってお尋ねしてみたら

「 あったかくて、ほっこりします。」

ってお返事が来ました。



カウンセリングの時間に
お客様自身がすでにあたたかく温められたという報告と

その温められたお客様から
いつもの家を見渡した時

自分の好き!も
好き!のための工夫も
どんどん浮かんできたんでしょうね。



あったかい気持ち
安心した気持ちは

思考や行動すら変えてくれる。



カウンセリングを受けて
窓辺を整えるって順番
サイコーでしたね。


「 センス 」という言葉で片づけないでほしいんです。

気持ちよく暮らしたいって
本気で思ったら

こうして
あなたオリジナルのあったかい暮らしが生まれるのだから。



月曜日にお会いして
水曜日にはこの変化。


化粧をしても
化粧が落ちるの繰り返しのわたしでしたが💦

うれしくて
あったかくて
愛おしくて涙が出るって
いいものです。


Yちゃん
ありがとうね。

その窓辺
いつか訪れてみたいです。



今日は大事な箱も開けてみたら

b0345376_21524596.jpg

大好きなバターサンドクッキーが
世界で一つのhaco+クッキーになっていて
また泣けて。


月一でカウンセリング受けます!って
優しい決意のご依頼もいただき
また泣けて。



最近
そんなことばっかり。



b0345376_21551953.jpg

12月1日に飾ったアドベントクッキーも
残りわずかです。


会いに来てくれてありがとう。





1月、2月のご予約が入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg



今日も最後まで
ありがとうございました😊

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-20 21:25 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

今日も遠くから
お片づけカウンセリングに足を運んでくださいました。

お片づけのbefor  afterの写真を見せていただき
お悩みを聞いていたら
大事なことは
収納法でも
センスの問題でもないのでは…と感じたhaco+ののりです。



お片づけレッスンを受けて下さってから
コツコツ
コツコツ
家中をお片づけして

写真や
その時の自分の気持ちを
アルバムのようにまとめ

それを一枚、一枚
自分の歩みを確認するかのように
ページをめくりながら
説明してくれました。



モノも選ばれていたし
自分の暮らしやすさを考えて収納もされていました。


ありのままのbeforと
自分と暮らしと向き合ったafterに
アドバイスが必要ないのも感じました。


だって
お客様から感じたのは
お片づけに関することは
これからも少しずつ
自分で工夫して行けそう‼︎
という
自信みたいな
清々しい気持ち。



お片づけ、収納は
もうやれますね。


では今日の質問は何でしょう?

とお尋ねすると


リビングの殺風景に見える壁や

出窓のディスプレイのことでした。



雑貨が好きで
好きなモノを買って飾っているはずなのに
なんだかスッキリしないし
心地よく思えないんです

って話してくれました。


気になっている部分の写真を見せていただくと

確かに
綺麗に雑貨が並べられているし

壁には空間があるけれど


センスがないから?

壁に空間があるから殺風景で寂しい雰囲気?


わたしの中で
⁇が浮かんで来たので

もう一度
写真をよく見てみたら…


窓辺の雑貨から感じたのは

「 ディスプレイするために選ばれた 」

っていうこと。



出窓=ディスプレイスペース

ディスプレイスペース=雑貨を飾る

飾る雑貨=素敵なディスプレイに見えるはずの雑貨



こんな方程式がわたしに浮かんで来たので 
わかりやすくお伝えしてみました。


出窓に雑貨がなかったら
素敵なスペースではないのですか?

出窓にディスプレイしなきゃって思っていませんか?

出窓のディスプレイが素敵になるはず‼︎で
お買い物してませんか?


そんな質問をしていくうちに

あ〜〜って
そうだったなって気づかれました。



あのね

出窓が素敵になるはずの雑貨を飾るのではなく

そこに居てくれたら
一緒に暮らせたら
1日に何度もそこに目をやって
ホッとしたり
やっぱりかわいいなって自己満足したりするものを置いたらどんな気持ちですか?


一つがすごく愛おしく思えたら
きっと
出窓の幅全部をディスプレイしようって思うかな?


たくさんの雑貨の中に埋もれるような置き方をするだろうか?



大切なのは
センスではなくて

飾るためではない
一緒に暮らしていきたいものを選ぶことで



殺風景だったり
温かみを感じなかったのは

モノを想う自分の気持ちの温度が反映されていただけではないでしょうか?



好きなモノを選んだつもりだったけど
「 見栄えの素敵さ」
「これを飾れば大丈夫」
みたいなものが大きな基準だったのかも。



雑貨じゃないとダメですか?


我が家の枝のディスプレイを見て

b0345376_23141129.jpg

すごく喜ぶから
自然派の彼女に

「雑貨より 枝なんかどうですか?」
って提案しました。

枝を花瓶に挿したら
枝に何か下げたくなって
そこには
自然素材が好きな彼女なら
木のオーナーメントを選んだりするのかな?

そしたら
それを眺めてたら
松ぼっくりをそばに置きたくなったりしてね‼︎


そんな風に話してたら

好きなモノを思い出したり
これまで縛られていた「飾らなきゃ」が解けていったり

もう
本当にかわいいピンクのほっぺが笑ってくれました。



壁が殺風景だから
さみしかったんじゃなくて

モノへの愛おしさがわからなくなっていて
眺めるたびに
好きじゃない窓辺、好きじゃない窓辺って思ってたから

家がさみしくなってしまって
少し冷たくなってしまっていたんだと思います。


だって
家は生きているから。



窓辺のディスプレイの相談をきっかけに
自分のことに気づかれていき

沢山がんばってきたし
沢山ガマンもしてきたし…

自分に労いの言葉をいっぱいかけて欲しい方でした。


年内に会いたくて
やっぱり会いに来てよかった‼︎
って泣いたり、笑ったり。

わたしも会えて本当によかったです。




暮らしの中に
わたしたちは表れていて

だから
暮らしから気づくことがいっぱいある。


だから…

わたしは

暮らしから自分を見つめていく

「 わたしと暮らしのカウンセリング 」

が大好きだし

沢山の人に届けたいと思ってしまうのです。



ドキドキするかもだけど
大丈夫。

会いに来てね。

会いたいです。



今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊






1月、2月のご予約が入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-18 21:20 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

一歩進んだと思ったのに

一歩戻ったなって気持ちになることがありませんか?


一歩進んだのに

一歩戻ったら

0なのか?というと

0ではないと思うhaco+ののりです。



昨日のカウンセリングのお客様は
月一で受けられている方でした。

先月は、事情によりキャンセルだったので
2カ月ぶりの時間でした。


玄関を入って来た時の顔が
とっても疲れていました。


お話を聞いていると

出会った頃の内容に似ていました。



そのことを
また元に戻ったと
ご本人は思ったように感じました。




これまで
何度となく気持ちよく暮らせるようになった体験をしている心と身体の記憶。

疲れによって
気持ちよく暮らせるようになってきたことに意識を向ける余裕がなくなっていただけ。

気持ち良い体験という引き出しが
身体にも心にもあることを思い出す余裕がなかっただけ。


戻ったのではなく
一瞬忘れただけでした。


疲れていて忘れていた感覚は
一諸に話していてほぐれていくと
すぐによみがえりました。


気持ちよく暮らせるようになった感覚にすぐ戻れる今日は

0に戻ったというより

忘れた時は思い出せばいい…思い出せる経験を積んできたことに気づけた今日は

1歩進んだ先に

もう一歩踏み出したことのように

わたしには感じました。



初めてお会いした時には
思い出したくても
思い出す経験がなかったのだから。



ただ忙しくて
周りの状況に翻弄されて
自分の身体や心の声も聴く余裕がなかったのだから

意識して疲れを取る。



何をしたいですか?って尋ねたら

読書ってにっこりしてくれました。



休んじゃいけない
ダラダラした時間は無駄な時間


そんな考え方も顔を出していたので

休まずに、テキパキした日々の疲れから見える風景と

少し休んで、ゆったりすることで満たされた日々から見える風景は

同じですか?

どちらの風景を見たいですか?


と質問させていただきました。



「 もちろん、後者です! 」

って、ホッとして
おやつが美味しいって
クリスマスの飾りがかわいいって
わたしもこんなことやりたいって

どんどん
力がわいてきて
目の輝きが違って来ました。




積み重ねてきたことは
決して0にはならない。


積み重ねてきた分だけ
わたしたちの中に引き出しが生まれて
それを時々
開けてみたりしながら
また新たな引き出しに出会うのだと思います。



歩みに例えると
進んだり
戻ったりって表現されるけど

積み重ねと捉えたら

積み木が一つずつ重ねられたり
横に並べられたりと
積み木の数は確実に増えてます。



疲れてしまって

何ひとつ成長していない自分を責めはじめたら…

ゆっくり休むことと
体験という引き出しや
積み木を増やしてきたことを

思い出してもらえたらなって思います。




さ〜〜

今夜は楽しみにしていた忘年会とお泊まり。

b0345376_12170182.jpg


ずっと手を通せなかったコートに
やっと手が通せる気持ちになったから
お泊まりセット持って
星になった友だちのコートを着て
行ってきます。



寒さ厳しくなってきましたよ。

皆さんもあったかくしてお過ごしくださいね😌



いつもここを訪れてくださり
本当にありがとうございます。






1月のご予約が入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-16 12:55 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

今日、はじめて出会った女性は
このblogを
全て読んでくださっていた上に
自分にとって大切だと感じた文章を
コピーして
職場の机のデスクマットに挟んでくれているとのことでした。


はじめて出会ったのだけど
わたしがblogをはじめたばかりの時の
なんとも言えない
恥ずかしくなるような
かっこつけた文章も読んでいただいていて

わたし自身も
もう最初から裸んぼ状態でのはじまりでした。




とにかく会ってみたくて…

はじめて出会ったその人は
手先まで行き届いた美しさで
素敵でした。



お片づけのことが
ずいぶん長いこと悩みのたねになっていて
ネットでお片づけを一緒にしてくれる人を探していたとのことでした。



最初は
お片づけのお悩みをお聞きしていたのだけど
同じタイミングで涙する瞬間がありました。


わたしが思わず泣きそうになったのは
命が哀しんでいたから。

ずっとほめてもらいたかったんだよって
泣いてるように感じたから。

がんばったねって
あなたに認めてほしかったんだよって。


命というか魂っていうのかな
その存在は
わたしでもなく
その方の家族でもなく
職場の上司や同僚でもなく

彼女自身に声かけてもらえるのを
ずっと
すーっと待っていたんだって感じた時

涙とともに

どうか 
それを伝えらるわたしにしてくださいって祈りました。



はじめて聞く言葉たちに
たくさん戸惑っていらっしゃいました。

がんばってきたなんて
思ったこともなかったって。

だから常に
努力、成長、段取り、いい人
やって
やって
やり抜いて来ていました。


50代に足を踏み入れる頃に
ふっと
このままじゃいけないって思って
もっと頑張ろうと思って
お片づけもしなきゃって思って…。


お片づけなんて
今、しなくていいですってお伝えしました。

部屋が雑然としていても
死なないから。


お片づけの前に
自分に声をかけることや

時には醜く思える自分の気持ちすら
蓋をせずに聴いてあげることや

今、大切にしている大好きな人たちの中に身を置くことや

ファッションのことばっかり考える時間を持つこと

ネイルやマツエクが大事なことを伝えました。



お片づけなんとかしなきゃ‼︎

お片づけできないから、こんな人生‼︎

だけど動けない…。



そんな時は
身体も心も疲れ切っているサイン。



お片づけがやりたくなるまで

やりたくなる自分に整えていくことが先。



やりたくなる自分とは

身体の中から力がわいてくるような

したい暮らしが見えてきた目の輝きがあるような

そんな感じではないでしょうか?



片づけられなかったのではなく

気持ちよく暮らす
ということより

「モノをどうにかする 」ことを見つめてきただけだと感じました。



大好きな人たちのことを話してくれた時

こんなにかわいく笑うんだって思ったまんま伝えてしまいました。

綺麗で、スタイリッシュなイメージの方が
少女のように笑うから

その方の本来の姿を見つけてしまった気がしました。

ここにいましたねって。



その本来の自分でいられる時間を
これから
1分でも多く見つけてみてほしいのです。

その瞬間の心緩められた感覚を
覚えていてほしいのです。


その
心緩められた感覚を
家の中にも増やしていきたくなった時
お片づけ始めましょう。




20代、30代であなたと出会えた人は幸せですねって言ってくださいました。

わたしももっと早く出会いたかったって。



今だから
54歳の今だから出会えたんですよね。



なんだか
明日の自分の気持ちが楽しみになりましたって
帰り際
言ってくださいました。



20代、30代で出会ってくださる人

40代、50代の人

そしてね、なんと70代のお申し込みもありました。


早い
遅いの話ではない気がします。


全て
その方のベストなタイミングで
出会わせていただいています。


今だから届けられることがあって

今だから
それを受け取れる。


全ては
準備が整った今だから。

b0345376_23552011.jpg

いつも隠れてるキキが
カウンセリングの間ずっと一緒に居ました。

キキも
美しい涙と笑顔を感じてたと思います。






12月、もう少し空きがございます。

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

来年の受付も始まりましたよ😊


b0345376_23590400.jpg


[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-06 21:54 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

今朝は雪が降っていました。

b0345376_09145337.jpg

窓辺のふたりが
真っ白な屋根を愉しんでいるように見えたhaco+ののりです。



今日も午後から
「わたしと暮らしのカウンセリング」です。



先日のカウンセリング後の気持ちが
昨夜届いて

ゆっくり
自分のペースで
気づきを自分の暮らしに取り入れていく彼女の姿は
わたしも見習いたいところ。

わたしが言ってるから正しいはず!
ではなく
彼女は正直に

今はわからない

とか

今聞いてびっくりしてます

とか

ちゃんと
自分が今
どう感じたか?を大切にしてくれるようになりました。

すごいな。


彼女の気持ち
一緒に分かち合えたらって思います。






こんばんは☺

haco+のカウンセリングは、気づきの時間になりました
帰る途中、自分の好きを隠したり、諦めたりしなくていいんだ!
もっと目の前のことに目を向けようって。

そうすると、寝室やお部屋のことも、もっと家族と話せる気がしてます
小さなお盆でのお茶の時間、ちょっとイメージをしたら、なんとなく幸せに💕

ありがとうございます


カウンセリングの刺激✨
はゆるやかにやさしくて、
なんだか、これからの自分がしたいことが現実になっていくようなワクワクのカウンセリングとなりました。
ほっとしました。

ゆっくり休みます。




ずっと心と向き合ってきた彼女が
次のステージに立ったんだって思ったのは

心から暮らしへ
相談の内容が変化したから。


自分の気持ちに耳を澄ますことをやってきたら

自分の暮らしにも寄り添いたくなったんだよね。


これは
悩みが増えたのではなく
自分を大切にしてもいいんだって許可する場面が増えたってことなんだと思います。



蓋をしていた自分の想いを
まず自分が受け入れて
それから
大切な人たちに伝える勇気を持ち

その先に待っていた
「暮らしを愉しむ」
というご褒美。


悩みではなく
ご褒美だからね。




文字にしたら数行で表せてしまうけど
このご褒美までの道のりは
決してたやすくなんかない。


びっくりしたり
泣いたり
笑ったりしながら

これからは
受けとるってことを練習していこうね。


ご褒美を受けとる…

かわいい笑顔で
受けとろうね。




今ある環境の中で
暮らしを愉しむくふうをしてみる。



今ある環境の中で
最大限の愉しみを見つけていく過程は
試行錯誤がいっぱいで

きっと
どんなとこでも愉しめる自信をつけてくれると思います。




忙しそうだから…とか
雪が降るかもだから…とか

わたしを気遣って
問い合わせを遠慮してくださってた方々がいました。


12月、まだ空きがあります😌

haco+に会いたい気持ちは
雪をもとかす

そんな気もしています。



あなたのタイミングを大切に。



b0345376_09441318.jpg








haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

来年の受付も始まりましたよ😊


b0345376_09495690.jpg





[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-06 09:09 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)