<   2016年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

3年前の夏の記憶がよみがえる機会をいただいたhaco+ののりです。



自分のために学んだお片づけから

人に伝えるための学びに変化した頃

お友達の家をお片づけするという経験をさせていただきました。


b0345376_06201348.jpg


台所を一緒にお片づけしました。

大切な友だちの、大切な家。


b0345376_06201491.jpg




下記が、3年前の友だちの記録です。




夏休みのはじめ。
幸せになるお片づけを学んでいるお友達に教えていただきながら 一番気になっていたお台所のお片づけをしました

お片づけはほぼ一日で終わったけれど、家具の移動や 机の脚に棚板を付けたり…とやり残していたことが この暑さでなかなかできないでいましたが、汗だくになりながらもリビングとの仕切りにカーテンも縫いあげ ついに完成\(^o^)/

物と向き合うことは
自分と向き合うこと。

改めて自分のことにたくさんの気づきがありました

暑い中 一日中お付き合いしてくれ、こんな素敵なお片づけを教えてくれた 彼女に本当に感謝の気持ちでいっぱいです♡




この日のわたしは

お片づけの手順は頭に入っているんだけど…限られた時間内で、台所を片づけるという緊張感からドキドキしていました。

日頃のわたしではないテキパキさだって言われたのも覚えています。

人の家をお片づけする時

時間は無限ではありません。

寄り添いながら

楽しみながら

しっかりとお片づけしていく難しさも感じた日でした。


b0345376_06201432.jpg


でも、彼女の大切なグラスが喜んでいるような表情で食器棚に収まったとき

カトラリーや、箸置きがうっとりするくらい美しく収まったとき

何かを隠すための布が必要なくなったとき

胸がいっぱいになりました。



3年前と今

変わらないのは

モノと自分とじっくり向き合うお片づけだという軸。



機能的も大事だけど、美しさにもこだわること。




3年前と変化したのは

お片づけのお手伝いが楽しくて仕方がないこと。

この仕事が大好きで仕方ないこと。



3年前の今日のことを

今の彼女が綴ってくれてました。


3年前。

わたしに
おうちに
家族に

新しい 心地いい風が吹き込んだ日♪

お手伝いしてくれた彼女と
その時のわたしの覚悟に
ありがとう




そう、そう。

友達のわたしに全てをさらけ出す覚悟は、相当のものだったはず。

ありがとう。



お片づけは

心地よさという風

生きやすさという風

自分に生まれてよかったという風を

送り込んでくれるって

わたしは信じています。



これからもお片づけ、届けていきたいな。









[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-21 22:17 | Comments(0)

ひとり遊ぶこと。

焼き鳥屋さん

ラーメン屋さんをはしごして

娘からウォーキングに誘われないように部屋に閉じこもってるhaco+ののりです💦


今日は、次女とお友達をプールへ。

2人の少女がうれしそうに後部座席でおしゃべりしてる姿が可愛かったな。

思わず、会話に割り込む42歳(笑)


娘たちをプールへ降ろすと…わたし時間。

しばらく訪れていなかった場所へ向かうことに迷いはありませんでした。

b0345376_21363864.jpg


自然の中に1人身を置くこと。

大きな木があること。

わたしが大好きなこと。


木のトンネルの奥には

b0345376_21363802.jpg


一枚の絵のような風景を楽しめる茶房が。

b0345376_21363993.jpg


照明も、ステンドグラスも、接客までも気持ちいい。

冷たい飲み物をいただいて

こちらの方に案内された散歩道へ。

b0345376_21363951.jpg


小道を歩きながら滝を見つけたとき

なぜか胸がいっぱいになったのは

大自然に包まれたせい?


b0345376_21364027.jpg


足湯もあって、ひとりあそび。

気持ちよくて

足だけなのが残念でした。



娘達を待つほんの2時間

頭が空っぽになり

蝉の鳴き声すら愛おしい気持ち。



また、来ようって思いました。




昨夜も、このBlogに癒され、勇気をもらってるって…Messageをありがとうございました✨

綴りたいときに綴る
気まぐれなBlogだけど
これからもよろしくお願いします♡



ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-17 20:53 | Comments(0)
昨日、今日と映画館へ足を運んだhaco+ののりです。


昨日は《かなしい過去》

人は

これまでの経験から物事を見ることが多い。

いい変えれば

過去を判断基準にする。


今、起きていることに対して

過去の自分のデータを引っ張りだし

「きっとうまくいかない」

とか

「ムリ」

とか判断してしまう。

でも

今は

今度は

わからないじゃない?

あなたの見てるのは過去なんじゃない?

って言われた気がしました。

なるほどなって。



人間臭い演技ができる

二階堂ふみと小泉今日子がステキでした。




今日は《ファブリックの女王》

b0345376_15340006.jpg



マリメッコの創始者の話。

いつか着てみたいマリメッコのワンピース。

華やかにしか思えなかったマリメッコの世界に

わたしと同じ気持ちがありました。

映画が終わった後

映画館リベルテの原さんと

ひとりで何かを始めるって…って想いを話したりしました。

映画を観てる間中

ある方が届けてくれた本の一節がよぎりました。

b0345376_15340071.jpg


自分ひとりでできることなんて小さいって。

だからって

人と力を合わせればできると思うのも安直だって。

できることをやっていたら

いつの間にか叶うのが

ほんとうの夢なのね。



ひとりで映画館を切り盛りしてきたオーナーと

ひとりでhaco+を立ち上げて、今に至るわたし。

積み重ねた年数も、重みも違うけど

なんだか…このいただいたメッセージを映画と共に共感、共有した気がしました。


もちろん、沢山の人に支えられているんだけど

やっぱり

覚悟して孤独と向き合ってきてるよねって。

だけど、喜んでくれる人がいるから

ゆっくり、こつこつと続けていけるんだよねって。

続けていきたいんだよねって。





映画っていいなって

改めて想いました。


今回の2本は

とても人間臭くて

真正面から

わたしの中に入って来てくれました。



充電完了しました♡




haco+ インスタやってます⇨Instagram





ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-17 15:03 | Comments(0)
Blogを読んでくれて

ありがとうございます✨

まずは、お礼が言いたくなったhaco+ののりです。


昨夜も、娘とのウォーキングから帰ると…Blogの感想が届いてて、うれしくて眠れませんでした。何度も読み直しました。

ありがとう♡

わたしの知らない神社にて、haco+の繁栄を祈ってくださった方もいたりで…まだまだ自分のことで精一杯な自分をふりかえってみたり、あがたかったり。


お片づけからのご褒美は数えきれないほどです。


誰かからいただくご褒美は

思いがけないことばかりで

毎日がサプライズのようで、ドキドキします。

ちらっと今だに顔を見せるのは

「 わたしに? わたしなんかに?」

みたいな気持ち。

そんな昔からの自分が顔を出してもフタをせず

まだいたんだね!って受けとめることを忘れません。


毎日、そんな繰り返し。


ドキドキ、もじもじしながらの歩み。



そんなわたしだけど

皆さんからのお気持ちに加え

こんな暮らしの1ページがあるから

前を向くことができるんだと思います。


b0345376_17450406.jpg


床にゴロンとして見上げる空窓。


b0345376_17450538.jpg


窓辺に置いた古い机と椅子と緑たち。


b0345376_17450507.jpg


ハンモックが揺れるリビング。


b0345376_17450598.jpg


自分が喜ぶ収納。


b0345376_17450662.jpg


大好きな次女がつくったオブジェ。


b0345376_17450653.jpg


ささやかな我が家のギャラリー。



こんな暮らしの1ページは

毎日変化するものではないけれど

毎日、同じものを眺めていての心地よさは

お片づけが

わたしにくれた暮らしの1ページ。

目新しいモノではなく

ずっとそこにある…というゆったりした空間からの気の流れは

心はやる日のわたしですら

落ち着かせてくれる気がします。


あっ、もう1ページ。

b0345376_17450613.jpg


わたしの宝箱。

毎日見ても、触れても飽きない食器たち。


何かの扉を開けた時

自分の気持ちがきゅんとするような

そんな暮らし

そんなお片づけ

そんな収納を心がけたいな。


どこかの扉を開けた時

きゅんとしてますか?☺️




秋にかけて、お片づけを始めるのに

いろんな意味でベストシーズンです。

お片づけサービス

暮らしカウンセリング

9月からの予約をスタートいたします。

お申し込み、お問い合わせは⇨❤️



haco+ インスタやってます⇨Instagram

フォロー大歓迎です♡



ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-16 17:17 | Comments(2)
以前は、安いから…と100均で欲しいモノに似たモノを見つけると

ガッツリ(笑)買ってたhaco+ののりです。





キッチンのお片づけに伺うと

100均で買った食器に出会うことが多いです。


100均の食器…わたしは、お客様の家にある食器の値段がわかるわけではありません。


お客様との会話からわかるんです。


不思議と、

これ100均なんです

ってお知らせしてくださる方が多いのです。


それも…

大好きなんですよ!

ではなく

買い替えたいんですけどね💦

とか

好きではないんですよ💦

とか

ちょっと納得いってない感じの表現が多い。


理想の暮らしができていないのは

この食器のせい

そんな気持ちも見えたりします。





ちょっと考えてみてくださいね。

今のあなたの暮らしに

100均で買ったコップであろうが

必要ではないですか?

毎日の食卓に

大事な役割をしてくれていませんか?



100均のコップだから幸せじゃない!と思う前に

今の暮らしに必要なモノが揃っている幸せに目を向けていますか?



そのコップを買って来たのはあなたであり

そのコップと暮らす選択をしたのはあなたです。


お片づけをしていて

じっくりモノや、自分と向き合うことで

理想の暮らしや、理想のモノにも変化が生まれるかもしれないけれど…


お片づけをしていくことで気づいていただきたいのは

あれも足りない!

これも足りない!

ではなくて

すでに十分足りて暮らしてきたこと。


モノに振り回されることもあったけど

ごはんを食べる食器が

ちゃんと家族の分あったことに

気づいてほしいなって思うのです。



しかめっ面で見つめるより

日々を支えてくれてる感謝の眼差しで見つめていただけたらって思うのです。



次に買い替える機会がくるまでは

やっぱりわたしたちの暮らしを支えてくれる大切なモノであることを

忘れないでくださいね。



我が家の100均の食器。

b0345376_15015933.jpg


有田焼の白い小鉢を大切に使っています。

100円だから買ったのではなく

色、形、大きさ共に

わたしの暮らしにぴったりだったから。


100円だから、まぁいっか!

ではなく

値段に関係なく

本気の買い物をしよう♪



haco+ インスタやってます⇨Instagram






ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-15 14:27 | Comments(0)
久しぶりに実家で過ごしているhaco+ののりです。

母の本棚から見つけた雑誌。

b0345376_15274675.jpg


しまつのよい人…

しまつ という言葉に魅かれます。

ページを開くと

大切なMessageを受けとることになりました。

なんだか

気持ちがどっしりした感じのわたしです。


そんなわたしに

すてきなBlogが舞い込みました。



お片づけ講座で出会い

一緒にお片づけをしたお客様のBlogを紹介したいと思います。


お客様のBlog⇨⇨⇨💟


こうして

お片づけと向き合うと決めたこと

決めた自分の気持ち

家族の理解や変化

haco+との時間

その後の胸のうち。



言葉にすることは、決して容易いことではありません。

だって

もう一度、自分のこれまでと向き合うことになるのだから。

これまでの自分って

いいことばかりじゃないから。


でも、それをやろうと思ってくださった気持ち

綴られた素直な表現を

是非、たくさんの方に届けたいと思いました。


彼女との出会い

彼女との対話

彼女の姿勢

わたしが感じた彼女がそのままあらわれている愛おしい言葉たち。



これから綴られるたびに

お届けしますね。



そして…Fちゃん♪ FちゃんのBlog、haco+へのエールであることもわかったよ♡ これからもわたし、がんばるからね。


ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-14 15:11 | Comments(0)

愛おしい人。

朝眼が覚めると

わたし、次女、長女…と川の字に寝てたことがうれしかったhaco+ののりです。



昨夜から、わたしのウォーキングの仲間になった長女。

離れてる間に経験したことを

歩きながら聴いてたら…

わたしの大学時代や、最近のわたしの経験と重なりました。


同じような気持ちになってたんだねって、不思議で笑えました。

楽しいことも

悲しいことも

安心感も

恐怖も

いろいろあっても

「 今が一番楽しい〜」

という娘。

「 ママも〜」

というわたし。





娘が大好きなゴーヤのつくだ煮

b0345376_10280051.jpg


食べさせたかった

鍋炊きごはんに、お味噌汁。

b0345376_10280165.jpg



なんだか

顔を見て話せるって

落ち着くなって思いました。



b0345376_12293312.jpg


娘の帰りを待っていたのは

キキも一緒。

早速、娘から離れません。



帰りを待ちわびる人がいること

安心して帰って来る人がいること

一緒に過ごせる時間があること



どれもありがたく感じています。



急な帰省で、交通費もかかる時期。
帰りたいのに迷ってる娘に

キキが待ってるよ!

って言ったんだけど…

わたしも待っていたこと

早く顔見たかったことは

まだ、内緒です(笑)




ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-13 10:16 | Comments(0)
先日

大学が決まって上京するまでの間
友だちとアルバイトをしていたお店に誘ってもらって
すごく、すごくうれしかったhaco+ののりです。

三日月や川の流れを眺めながらの食事は、最高でした。

美味しかったな〜。



b0345376_22301404.jpg


蔵を改装した店内は、当時と雰囲気は変わらず…ここで初めてのバイトができた小さな誇りのようなものを胸に、働かせていただいてたことを思い出しました。

もう25年程前のお話。



大学生になって初めてバイトした喫茶店もこの雰囲気でした。

音楽家のオーナーから
洋食器の美しさを教わり
アンティーク家具やジャズに触れさせていただき

やっぱり、そこで働ける誇りみたいなものがあったなって思い出しました。


バイト代で、洋食器を集めるようになったのも
西洋アンティークに魅せられたきっかけも
そこにありました。

b0345376_22301496.jpg


キリム、いいな〜。




幼い頃に育った環境には
アンティークも
洋食器も
特にはなかったけど…



こうやって
出会いや
機会が
わたしに
いろいろなことを教えてくれ

その中から
スキなものが見つかっていったのでした。



与えられた環境から見つかることもあれば

自分で見つけにいくこともできるスキなもの。



18歳のわたしと

42歳のわたしは

スキなものも

生き方も

変わったこともあれば

変わらないこともあり。





ずっとスキなもの

これからスキになるもの


ずっと変わらない生き方

新しく取り入れる生き方



どれも


自分で選んでいきたいなって思った夏の夜でした🌙














ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-12 22:17 | Comments(0)
横浜から娘が帰省してきました。

b0345376_11112560.jpg


その髪の色は、何かの間違いだと思いたかったhaco+ののりです💦

あ〜あ😔



子どもがお片づけできなくて💦
っていう悩みを聞くことが多いのですが

お子さんをよく観察してますか?



美しく詰め込まれた箱の中…これ、ママがお片づけした?って突っ込むわたし。

大きく深いおもちゃ収納…ママから見えないけど、子どもちゃんは出しやすい?とわたし。


キッチリ蓋付きの箱…子どもちゃん、いつも蓋できてる?とむわたし。



隙間がないくらい美しく詰めたれた箱は

大人から見たら素晴らしい収納かもしれない。

でも…子どもはどう?

ママと同じようにできなくて
叱られてる子はいないかな?



深くて大きなおもちゃ収納は

お片づけしやすいかもだけど

子どもが一番取り出したいものを

すぐ取り出せてる?

全部ひっくり返して

こんなに散らかして〜‼︎って叱られてないかな?



キッチリ蓋の収納用品

蓋は開けるけど

閉めるのはママになってない?

どうしてできないの〜?って言いたくなったりしてない?



子どものお片づけって

親から子どもへの押し付けではないんじゃないのかなって思います。


一緒に家族として暮らしていく上で

お互い気持ちよい空間は大切。


お互い気持ちよく…

そこを忘れないでほしいなって思います。



だから

子どものお片づけで大切なことは

子どもの目線におりるということ。

自分の子どもの目線にね。


雑誌の中の素敵親子という基準でも

◯歳という基準でもなく

他に同じ人は存在しない、自分の子どもという目線におりる。



子ども部屋が片づかないのは

子どもの目線におりることを忘れてるだけかも。


ランドセルが放り出されてるのは

ランドセル置き場や、置き方にムリがあるのかも。


おままごとをしてるのに
他のものもいっぱい出てるのは
おもちゃを探すのに苦労してるのかも。


散らかってる❗️

お片づけできてない❗️

そう感じる時こそ

子どもを観察してみてね。



しつけだと力を入れる前に

子どもにとっても気持ちよくて、楽しくなるお片づけの方法

ママが見つけてあげてほしいなって思います。


最初はハードルぐんと下げて

徐々に上げいくのはどうでしょうか?


最初から高いハードルは

大人でもツラくなるんじゃないのかな?



理想より現実。

今を感じて工夫する。

その先には

家族オリジナルな理想の暮らしがあるはずだから。



これは、お片づけの話なんだけど

お片づけだけのことではなくて

子育て全般に繋がっています。


わたしは

このお片づけの視点で

子育てがラクになりました♪


b0345376_11401730.jpg


娘と一緒に帰ってきたスーツケース。

12歳から娘の旅を支えてくれてます。

傷だらけだけど

今回も、中は美しく整えられていました。

ひとり暮らしのマンションも

散らかることがあるらしいけど…

空間の気持ちよさの影響は、しっかりカラダが覚えているから

自分で整えてるようです。




ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-12 11:02 | Comments(0)
お片づけって

やっぱり

モノを減らす!だけでも

キッチリ収納する!だけでもなく

生き方に繋がる大切なツールであることを感じてるhaco+ののりです。


昨日は、ちょっと遠くまで
お片づけサービスに行って参りました。

b0345376_22411039.jpg


カゴには、お客様と一緒に食べたいスープを入れて。


少し早めに伺うのは

大切なことを

お客様とわたしで一緒に確認しあいたいから。


お片づけという地図を持って

あなたは

どこへ行きたいの?


今は

どんな気持ちなの?


そんな会話の中から

お客様と一緒に育てていく家のイメージができるのです。


お客様のことば

表情

今の家からのメッセージ

全てとはいかないかもしれないけれど

わたしが感じれるものは全て

お片づけ…としてお客様と表現していきたいからです。

メールや写真では見えないものを

顔を見て

声を聞いて

空間に耳を澄まして

感じていくからです。


楽しくて仕方ないお片づけがおわって

更に

とってもうれしかったことがありました。

haco+のお片づけサービスは、1時間4500円という料金を頂いています。

決してお安くはありません。


作業が終わり

計算を済ませ

お客様から料金をいただく時に…

お金では買えないものをいただきましたって。

安いくらいですって言っていただけました。


お客様の大切なお金をいただく…ということに、まだまだドキドキしてしまうのだけれど

こんなにあったかい言葉と共に

美しい封筒に入れてくださったお金を受け取る時

◯◯円…という価値だけではないものを

一緒に受け取らせていただきました。


今日も

その封筒からお金を出せずにいます。

ありがたくて、何度も触れて眺めてしまいます。

前職の時には感じられなかったこと

毎回、感じさせていただいてます。



それにね…

haco+のお片づけを
皆さんに大切に伝えていきたいから
まずは、ご自身が
もっともっとお片づけのチカラを感じたいって話してくださいました。


ありがとうございます😢


とても
とても
穏やかにがんばってくださったお客様を

帰りに抱きしめたかったけど…

b0345376_22411015.jpg


新しく生まれたキッズスペースにおやつを用意してくれた娘ちゃんを
ぎゅっと抱きしめたかったけど…

汗まみれだったのであきらめました💦


家に体温があるとしたら

家に顔があるとしたら

わたしたちがうれしくてカラダが火照り

ほっぺが赤くなるような

そんな表情をしてるように感じました。


b0345376_22411033.jpg


旦那さまがスキな本と

奥さまがスキな本を並べたり

娘さんのおままごとの様子がわかるリビングに仕上げたのは(写真、いつも撮らずに終わります💦)

家の温度を上げるため。

この家の家族が

幸せ感じるたびに

家の温度が上がるから。

この家の人が

笑うたびに

家はあたたかくなるから。


そして

そんなあたたかな家での暮らしの中で

益々あたたかく穏やかな…お客様の笑顔が見たいから。



何度も伺いたいくらい大好きなお客様と

お客様の家だけど…

もう、haco+がやることはなさそうですってお伝えして帰ってきました。


ご自身で家を育てられるってわかった笑顔が見れたから。


でも…また会いたいです♡

Blog読んでくれたらいいな☺️




ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2016-08-11 21:49 | Comments(0)

くらすこと研究家のhaco+のnoriです。暮らすこと、住まうこと…モノと向き合う、自分を大切にするをコンセプトに活動するhaco+の日々を綴っています。


by haconori