暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧



抱きしめるように手を握る…。



ベスのお父さんの手を握りたい。

昨夜、突然溢れる気持ちを

叶えられなくてもいいから

近しい方に伝えてみました。



お父さんと出会ったのも2カ月前。

お父さんとゆっくり話しをしたのは

初めてベスのお散歩に伺った日だけ。


あとは、どんどん辛くなるお父さんと

声だけのやりとりからの

入院してからは

それすらなくなってしまいました。


だから

ベスのことだけを全うしようって思っていました。


辛そうなお父さんにかける言葉なんか浮かばなかったから。



だけど言わなきゃって。

今、伝えなきゃって。


言葉じゃなくて

手を握るということから

全部お伝えできる気がしたから。



今朝、突然にその夢は叶い

約束を延期させていただき

すぐにお父さんのもとへ行きました。


5分の面会。


目でお互いを確認したら

お父さんの手がわたしに伸びてきて。


初めて触れるお父さんの手。

初めて握り返されるあたたかさ。


お互いに

ありがとうの交換会。



こぼれるの。

止めたくても

気持ちも涙もこぼれてきて。


だけど

もうこぼれていいし

話さなくていい。



お父さんの手が

あたたかくて

それが一番うれしかった。


b0345376_22324049.jpg

ベスとずっと一緒にいれるようにって

ぬいぐるみができあがっていました。

これをつくってくれた人は

わたしが以前差し上げた赤いリボンを

ベスの首につけてくれていました。



お父さんに渡すまで

抱っこさせてもらい

祈りと感謝を込めました。


お父さん

ベスだって気づいて微笑んでくれました。



b0345376_22370878.jpg

夕方、ベスに会いに行き

今日は唄いながら里山を歩きました。


歩こう〜〜

歩こう〜〜

わたしは元気〜〜♪



最近、お散歩後になかなかベスから離れられないわたしだけど

いいの。

いいの。


一緒にいるとあったかいから。



お父さんのあたたかさと同じものはないけれど

新しいあたたかさもあるよって

ベスにも触れて伝えたい。



ベスは本当にいい子。


b0345376_22431050.jpg

お父さんの山も

秋風が吹いています。

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-19 22:20 | 新しい友だち | Comments(3)

新しいともだち⑦


大切なともだちのベスと出会って2ヵ月が過ぎました。

b0345376_21125101.jpg

この子の気持ちがわかるといいなって

おでことおでこをくっつけてみたり

b0345376_21143815.jpg

一緒に寝っころがってみたり。

同じ目線
同じ姿勢だと
わたしまで落ち着きました。


b0345376_21155077.jpg

一緒に過ごせば過ごすほど愛おしい存在。


b0345376_21183926.jpg

夕方行くと、ごはんを食べてないことが増え
いつの頃からか
手からあげるようになりました。

不思議だけど
手からだと
モリモリ食べてくれて…

ベス、お父さんがいない毎日がさみしいんだよね。



お父さんも
ベスと一緒にいれなくてさみしいよね。



2人がもう一度逢えますように。



神さま
もう少しだけ
時間をください。

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-18 21:12 | 新しい友だち | Comments(2)

今日はわたしが生まれた日。

母からお赤飯が届き

b0345376_13225988.jpg

去年も一昨年も炊いてもらったのに

なぜか今日は

いつもより心に沁みました。



朝から掃除、洗濯、いつもの家事。

いや

いつもの家事じゃなくて

何かに

「 これからもよろしくね 」

ってご挨拶するような気持ちだったような。



朝からずっと動いてる洗濯機の音。


何度も何度も洗って絞る雑巾の感触。


家の中を通る風。



なんだか全てが愛おしい。



プレゼントもケーキもほしいけど☺️


もう十分なことも知っている

そんな今日です。




母のお赤飯を眺めていたら

お母さんのことを

「 かあさん」

って呼ぶ友だちのことを思い出しました。


「 かあさん 」

っていいな。



わたしも言ってみたいな。




かあさん

産んでくれてありがとう

44歳の娘にお赤飯炊いてくれて

ありがとう  

かあさん







[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-18 13:21 | ■わたしのコト | Comments(4)

苦手なわたしのままで。


また、blogに綴りたいことがあり過ぎて
何から書いたらいいのか?少し頭が混乱しているhaco+ののりです☺️


わたしには
とっても苦手なことがあります。

それは自分を撮られること。




お片づけを依頼する時

顔がわかった方が安心してもらえると思います。


わたしがお客様の立場だったら

どんな人か?すごく気になると思います。


だって


家に入れたり


心を開いたりすることになるのだから。



なのに

なかなか正面から写真を撮られるのが苦手で勇気が出ないわたしです。



ある日


「 のりさんは、正面の顔じゃなくても

のりさんからつくりだされる暮らしや、つくりだす手もとで、どんな人か伝わると思います 」

って、リュックからさっとカメラを取り出しわたしを撮ってくれた人がいました。




お片づけを学びに来てくれたその美しい人は


撮影のためのわたしではなく

いつものhaco+のnoriを撮ってくれました。


わたしの苦手を克服させるのではなく

苦手なままでいいじゃないって言ってもらえた気がして

突然で恥ずかしかったのに…

すごくうれしかったです。


彼女がわたしに施したのは

髪を耳にかけることだけ。





お茶もおやつも

そしてわたしも


撮影用に準備されたものではなく


いつものまま。




b0345376_08312003.jpg

そう言えば
手先をほめてくれたり
手先を見つめてくれる人がいたな。


b0345376_08325624.jpg


そう言えば
この写真を撮ってくれた人も
わたしに何も施さず…だったな。

この写真を見て
わたしに逢いたくなったって言ってくれたのが…

b0345376_08364331.jpg

この写真を生み出してくれた人。





これでいいんだ。


苦手なことはあるままだけど

そこも含めてのわたしで


正面から撮る顔もわたしだけど


顔じゃなく


手や

暮らしの風景も

わたし。



すてきなフォトグラファーさんのおかげで

もう少ししたら歳を重ねる自分を

また少しだけすきになれた気がします。



出会いにも

タイミングにも

いつも

恵まれ過ぎていて…。



本当にありがとうございます。









haco+へのお問い合わせを沢山
ありがとうございます😌
10月の予約可能枠も少なくなって参りました💦
ご検討中の方がいらっしゃいましたら
早めに遠慮なくお問い合わせくださいませ。
11月の予約もスタートします!



haco+のメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠









ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ


[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-14 08:20 | ■わたしのコト | Comments(0)

わたしが喜ぶ物の量。


今日はうれしいことがいっぱいあったので
仕事終わって一人カラオケに行ったら
満室で諦めて
お昼寝をしたhaco+ののりです。


今朝

今日のお客様のお茶の準備をしていたら

b0345376_22382624.jpg

急須が2つあること
お盆が2枚あることが

私の暮らしを楽しくしてくれてるんだなって思いました。


お片づけにも
いろいろな考え方があって

同じ用途の物は1つでいい

なんてことも一理あるけど


「 お好きな時にお茶のおかわりを」

なんていうおもてなしが考えられることは
胸が高鳴ったり
この上ない快感でした。


ただ

お客様用に…なんて区切りも買い方もしていない急須たちは、家族も使う日常の物。


だけど

1人に1つ急須が添えられたおもてなしは

家ではなく

何処かにお出かけしたような

そんな特別な気持ちになれる気がします。


私が外に出かけないのは
私が1番好きなおもてなしについて考えて
カタチにする行程が大好きだからかな。

私が大好きな物たちで表現できた時
日常の変わりない家の中でも
十分に楽しめて
十分においしく感じます。



大切なのは

物の数でも

人と比べることでもなく


どんな暮らしがしたくて

そこにいて欲しい物はどんな物で

どれくらいあるとうれしいのか。



片づけ本を読んで

減らすことに気をとられる前に

あなたがしたい暮らしについて考えてみてほしいなって思います。



誰かにとって急須は1つで十分でも

わたしにとってはあと1つ欲しい。


この家での暮らしを楽しむのは

わたしだから。





たくさんのお問い合わせ
本当にありがとうございます😊

haco+9月の予約可能日は
27日、28日、29日のみとなりました。
10月の予約枠も少なくなって参りました。
ご検討中の方がいらっしゃいましたら
遠慮なくお問い合わせくださいね💕

haco+のメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠









ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-11 22:33 | ■わたしの暮らし | Comments(3)

母さんとhaco+。


大分県日田市で

一緒に暮らしていきたいモノを選ぶお片づけ

あなたが主役の家づくりをお伝えしている

暮らしのくふう工房 haco+ののりです。




昨日のblogは、おばあちゃんとhaco+。

今日は、お母さんとhaco+です☺️



家全体のお片づけをさせていただき
その後もお引越し時にも呼んでくださったお客様とのこれまでのことを綴ってみたいと思います。


先日もお会いした時に
「 のりちゃん、やっと見つけたの!」
って、もう目をキラキラさせて報告してくださいました。

Sさんの見つけたものは
「お気に入りのふきん」
です。

台拭きと、茶碗拭き。


いつもこんな風に報告してくださる時に
Sさんが言ってくれる言葉があります。

「 のりちゃんがいたから、好きなものと暮らせるようになったんよ」

「 のりちゃんはいつも、母さんを思い出させてくれるね 」



お片づけのレッスンを受けてくださり

まだまだ駆けだしの私に
お家全てのお片づけを依頼してくださったSさんとの初めてのお片づけの日から

Sさんは
自分に許してこなかった
「 好きなものとの暮らし 」
を、少しずつ許可していきました。

一緒に行った器屋さん
一緒に行ったクラフトショップ
一緒に行った暮らしの道具屋さん
一緒に行ったごはん屋さん
一緒に楽しんだ我が家でのお茶会

b0345376_10491879.jpg

b0345376_10492854.jpg

こんな暮らしはどうですか?

こんな風にお茶会をしませんか?

少しおしゃれしてごはんに行きませんか?


ふとSさんが浮んで提案したり、お誘いしたり、私の暮らしに招いたりする中で

「 あっ、母さんがしてくれてた!」

と思い出していかれました。


七輪で焼いた方が美味しいの!って魚を焼く母さん。

塗り物のお重におせちを詰めてくれていた母さん

買い物には市場かごで行ってた母さん

ふきんに花の刺繍をしていた母さん

骨董市に連れて行ってくれた母さん



あっ!

あっ!

って、懐かしそうにうれしそうに思い出しては
ご自身の暮らしの中に、昔の記憶を自分のカタチにして取り入れてくださっています。



母さんを思い出す…


そう言ってくださるSさんから

お母様が亡くなられた時に

お母様が花の刺繍をしたふきんをいただきました。



母さんがSさんに遺してくれたもの

それは

暮らしの記憶と

食卓の風景。



モノではなく

カラダに染み込んだ「 シアワセ 」



母さんが
Sさんと私を出会わせてくれたのかもしれません。


「 Sちゃん  したい暮らしを今しなさい😌」

を伝えたかったのかもしれませんね。



母さんは

いつも

見守ってくれている…



b0345376_11044108.jpg


去年の今日つくってたかぼちゃのスープ。

かぼちゃの皮を木の葉に見立てて。


今朝、この写真を見てて

「 わたしらしさ 」

がそこにあって

ない!

ない!

と探していた答えが

このかぼちゃのスープにありました。



わ〜〜い💕

見つかったぞ〜〜💕


Sさんとのやりとりを
今日、ゆっくり思い出している中にも

「 わたしらしさ 」

がいっぱいありました。


あとは
見つけた答えを
わたしらしく表現していくだけ。


Sさんにも
母さんにも
去年のわたしにも支えられている
今日のわたしです。




ありがとう。

ありがとう。

ありがとう😊





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました⭐︎






haco+9月の予約可能日は
27日、28日、29日のみとなりました。
10月の予約も受け付けています。

haco+のメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠









ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-10 10:32 | ■お客様の暮らし | Comments(0)

おばあちゃんとhaco+。


大分県日田市で

一緒に暮らしていきたいモノを選ぶお片づけ

あなたが主役の家づくりをお伝えしている

暮らしのくふう工房 haco+ののりです。





今夜、懐かしい方からカウンセリングのお申し込みをいただきました。

ご友人からオススメしてもらったhaco+のblogを読んでくださり、まさか私だったとはって…声まで聴かせてくださいました。

前職で、私の日誌の文章をいつも褒めてくださっていた人で
このblogも私らしいって言ってくださいました。

こんな再会があるなんて!
本当にうれしくて、カウンセリングの日を落ち着いて待てるだろうか?って思うほどでした。

10月、楽しみにしてますね😊





最近、「 わたしと暮らしのカウンセリング 」のお申し込みが増えています。

今日も朝から3名の方とのご縁をいただき
カウンセリングさせていただきました。



その中のおひとりが

「 大好きだったおばあちゃんのことを思い浮かべた時、ハコさんに逢いたくなって申し込みました」

と話してくださいました。



そのおばあちゃんとは
彼女の全てを受け入れてくれ
彼女の行いをジャッジすることなく
うれしいときも
そうでないときも
そのままの姿や気持ちを優しく包んでくれた大切な人だったそうです。

もう、ずいぶん前に亡くなったおばあちゃんを思い出すことはできても逢うことはできないけれど

その包まれた感覚を
haco+と初めて出会った時に感じてくれたことが

「今、また逢いたい 」

に繋がったようでした。



なんでだろう

涙が勝手に流れて来てしまって

うれしい気持ちももちろんあるし

おばあちゃんみたいな私じゃないって気持ちもあったんだと思うけど

1番は

彼女におばあちゃんがいてくれたことがうれしかったんだって、家に帰ってから気づきました。



大切な人生の節目に
歩みを進めて行くことが怖い時

自分が安心に包まれていた時を思い出すと
そこにはおばあちゃんがいてくれた。


毎晩、落ち着くからと眠る前に読む絵本の中には

静けさや
あたたかさや
見守らている安心感

おばあちゃんがいてくれた時に味わっていたものがありました。




本当に手に入れたい暮らしに気づいた時

これから咲きますよって膨らみだしたまあるいピンク色の花のつぼみのような

柔らかくて
繊細で
愛らしい表情で笑ってくれました。


きっと
おばあちゃんもこの表情が好きだったんじゃないかな?😌



頑張りすぎて
疲れすぎて
自分の気持ちがわからなくなってしまったけれど

本来の自分に還るといいよっていうサインは
去年から何度も来てたんだと気づけたことは

不幸せにしか思えなかった時間を

「 幸せな時間、ありがたい出会いでもあったんだ 」

と思えるきっかけとなりました。



羽があるのに
ぐちゃぐちゃに折りたたんで
飛んじゃいけない
飛べるわけがないと言い聞かせてきた苦しさは

羽を飛ぶために使いたい自分に気づくチャンスでした。



羽があることを忘れないでね。


羽があるのは
飛びたいからなんだってことも忘れないでね。



まだまだ書きたいことはいっぱいだけど

今日はこのへんで😊

b0345376_23131490.jpg




最後まで読んでくださり
ありがとうございました⭐︎




haco+9月の予約可能日は
27日、28日、29日のみとなりました。
10月の予約も受け付けています。

haco+のメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠









ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ


















[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-09 21:08 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

大分県日田市にある天領住宅さんにて
暮らしのアドバイザーとして家づくりに関わらせていただいています。

天領住宅さんは
日田市と
中津市にモデルハウスがあり

わたしは日田モデルハウスの担当です😊



9月9日、10日、16日、17日の週末4日間

天領住宅  中津モデルハウスにて
雑貨を販売いたします。

今回、新入荷分のセレクトを
お手伝いさせていただきました。

b0345376_21344510.jpg


大切にしたくなる

暮らしが楽しくなる

お家が愛おしくなる


そんなイメージで選ばせていただきました。



どうぞ期間限定の雑貨屋さんへお越しくださいませ。



詳しい内容や場所は

天領住宅さんのblogをのぞいてみてくださいね。







[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-08 21:29 | Comments(0)

じっくり

腰を据えて

暮らしを見直したかった…



激しい雨と雷の昨日は

予定を延期して

10年以上のお付き合いのメイクBoxを磨いたり

b0345376_19030346.jpg


バッグの中のモノを整理したり

b0345376_19072909.jpg


必要な小物をつくったりしました。

b0345376_19074107.jpg

娘からのプレゼントについていたリボンを使う機会になりました。



今日は、一歩も外に出ないぞって決めることからスタートしました。

ずっと
ずっと
そんな日がほしかった自分の気持ちを大事にして

クローゼットと

仕事道具と

本の見直しをしました。



本の見直しをしていたら

いつか読む!

とか

新しい本だから!

という選択肢ではなく

今読みたいか?

何度も読みたいか?

でどんどん選んでいる自分がいました。


昨日のメイクBoxの中も

本棚も

クローゼットも

仕事道具も



あれこれ悩むことが

本当に少なくなりました。



お片づけが楽になるって

迷わなくなるってことかもしれないなって思いました。



迷わなくなるって

一緒に暮らしたい物がわかる

とか

十分足りていることを知っている

とか

自分が大切にしていける物の量を認識している

とか

そういうことが合わさって


「 迷い 」

が減っていったんだと思います。



わたしは

お片づけで

自分のことを知っていったんだなって…

今日のスムーズなお片づけで

改めて知ることとなりました。



お片づけしながら

迷っていたことへの答えも出ました。


お片づけ中に

大切なお返事もいただきました。


そうなったらいいなって思っていたお仕事のご依頼もいただきました。



どこにも行かず

誰にも会わなかったけど

お片づけしながら

じっくり自分と対話する時間は


自分を

自分自身で整えていきたいわたしには

なくてはならない大切な時間です。



夕方も予定を入れずに

こんな日のために大切にとっておいた

大事なお酒を。

b0345376_19595062.jpg

これをいただいた時のこと

うれしかったことを思い出しながら。

友人の大切な人が好きだったお酒。

お会いしたことはないし

お会いすることは出来ないけれど

これからも友人とお子さんを見守っててくださいって思いを込めながら

箱を開け、栓を抜き

牛蒡のかき揚げと共に

ゆっくりいただきました。




腰を据えて…

そんな日を自分に用意してあげることは

とても贅沢だけど

わたしには必要です。

腰を据えるって決めないと

ずるずると時に、事に翻弄されるわたしです。






明日は3件のカウンセリングです!

大切な人生の節目を、ドキドキハラハラしている方もいらっしゃいます。

大丈夫👌

きっといい一日になるはずです😊

わたしの準備は整いました😊






haco+9月の予約可能日は
26日〜29日です。
10月の予約も受け付けています。

haco+のメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠









ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ


[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-08 18:58 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

昨日、葡萄を買いに行きました。

いっぱい食べさせたくて

いっぱい食べたくて。


帰りには

袋2つ抱えて

いつもより大きめのバッグを抱えて

お店を出ようとしたら

ソフトクリームの看板がありました。



食べたい!

でも時間があまりない!

手荷物いっぱい!

運転しなきゃ!


でもソフトクリーム屋さんの前にいました。

わたし☺️



お金を払って

ソフトクリームを受け取ると

両手がふさがりました。


でも

お釣りの40円を受け取らなくてはいけなくて。



ハッと思いついたのは

両手が空いてる店員さんに

お財布に入れてもらうこと。



恥ずかしいけど

お願いしてみました。


「 お釣り、ここに入れてもらえませんか?」

って。



40過ぎのわたしが

葡萄もソフトクリームも食べたくて

両手いっぱいになって

お釣りを受け取れないでいる姿とお願いに

店員さんがほほえんでくださり

「こちらでいいですか?」

て、お財布の小銭入れに丁寧に入れてくれました。


店員さんと笑い合えたやりとりがうれしくてたまらなくて

車までをスキップしたいくらいでした。



笑われるかも…より

お願いしてみる勇気が出たこともうれしかったな。


知らない人に手伝っていただくことで

優しさにふれることもでき

急いで食べたソフトクリームが世界一美味しく感じました。



ソフトクリームを食べちゃったから

待ち合わせに少し遅れてしまって。


でも、待ってくれてた人は


わたしのソフトクリームの話と

両手に抱えた葡萄を見て

また、ほほえんでくれました。




<<
b0345376_09043023.png
r>

ひとりじめしてみたかった葡萄。


ひとり食べながら

また、昨日を思い出し

なんとも言えないあったかい気持ちになりました。





[PR]
by coharubiyori529 | 2017-09-05 08:51 | ■わたしの暮らし | Comments(0)