暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

大分県日田市で

一緒に暮らしていきたいモノを選ぶお片づけ

あなたが主役の家づくりをお伝えしている

暮らしのくふう工房 haco+ののりです。




先日の出張カウンセリング

お客様が
朝の判断でいいですからって
最新の天気予報で決められるよう
待ってくださいました。



行かせていただく!
と決めたのは7時半。
10時のお約束に、迷子になって少し遅刻したんだけど

伺ってみてわかったことは

朝の7時半まで判断がつかなかったのに
幼いお子さんたちの延長保育や学童の手配をしてくださっていたこと。

きっと
何日も前から
段取りしてくださってたんだろうなって。

そんなこと感じさせることなく
わたしへの最大限の配慮をしてくださり
本当にありがたく思いました。




行きの高速の反対車線には
災害派遣の自衛隊さんの車がずらり。

もう、一台一台に頭を下げてしまうほど
ありがたくて…
そして
ハッとしたのは

今は
運転に集中して
着いたら
お客様の心の声に集中して
私の仕事をしっかりやろうってことでした。





モデルさんのように美しい人との時間は
今のタイミングだったんだなって想えるほど
大切な節目のカウンセリングでした。



ずいぶん長い間忘れていた
大切な
本来の自分

静かな森の中で
大好きな本と
時間を忘れて過ごす
白いワンピースの女の子…

そんなイメージをお伝えしながら

暮らしのリズムはご自身のリズムで大丈夫なこと

叶えたい夢は、すでに応援されていることに

涙流したり

もう見てるこっちが愛おしくなるほどの
かわいい笑顔で笑ってくれたりしながら

気づいてくださいました。




初めてお会いしたのに

ずいぶん前から知っているような
そんな感覚になりながら

普段は
美しいと言われる彼女を

私が
可愛い!可愛い!
って言うものだから
綺麗なお顔が照れていたけど

心が緩んだ時に見せる「 あどけない 」表情の中に、大切なメッセージがある気がしました。






お片づけが苦手なんじゃなかった。


できないんだって
これまでの経験から答えを出していただけ。



できるよ!
大丈夫だよ!って

本当は、いっぱい
そう言ってほしかったんじゃないのかな。


できないの!
わからないの!
優しく教えて!って

言ってみたかったんんじゃないのかな。



この日のわたしと暮らしのカウンセリングでは
お片づけのやり方に触れたのは
ほんの少し。

だけど
まだお片づけしてないけど
わくわくするって
また可愛いく笑ってくれました。


最近、少し手を加えたという台所を見せてくださり
好きなモノ
好きなこと
したい暮らしが
しっかりある姿を感じさせていただきました。



お片づけって

なんだかやれそう!

とか

やりたくなってきた!

そんな気持ちがとっても大切😌



カウンセリングの間
彼女の大切なキャンドルを灯していてくれたこと。

私のお腹具合を気遣ってくださり
美味しいランチを準備しててくれたこと。




それから帰りには
素敵な想いが込められてつくられるキャンドルをプレゼントしてくださったこと。

b0345376_08232781.jpg


優しい香りのソイキャンドル。


こんなに
こんなに
わたしを迎える準備をしてくださっていたことに
もうね
胸がいっぱいで
なんてわたしは幸せ者なんだって。






この日の
あどけない緩んだ笑顔と
ホッとした気持ちの感覚だけは
覚えておいてほしいな。


お片づけはやりたくなったらやればいい。


しかめっ面でお片づけするより
散らかってても笑っていてほしい。


がんばらないを
がんばってね。



また会いましょうね。



あどけない笑顔で。






haco+の
「 わたしと暮らしのカウンセリング 」では
ゆっくり
じっくり
暮らしへの想いから
心へアクセスしていきます。
暮らしと心は繋がっているから。


気になる方はお問い合わせくださいね。

ラクに気持ち穏やかに過ごせますように。

7、8月の予約枠が少なくなっています。


haco+へのお問い合わせはHPから→→→





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊





ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-07-14 08:08 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

長靴買ったのは

どうしてもお手伝いしたい人がいたから。

でも

今日は長靴履かないって決めた私。

b0345376_19090325.jpg


大切な約束もしてたけど

喜ばせたかった友人は

私のことが離れていても感じる人で

また先での楽しみが増えた〜〜って

私に

ゆっくり1人になる時間をプレゼントしてくれて。



仕事以外の時は

何かできないかな?って無意識に考える。


昨日の出張の帰り道に立ち寄った本屋さんでも

気になる本を何気なく開いたページは

b0345376_19090413.jpg


今、このときを大切に

でした。


ごはん食べてても

お風呂に入ってても

お布団の中でも

気になるのは

被災地、被災した方々のこと。



仕事以外の時はって言った方がいいかな。



でも気づきました。



今を大切にできたら

今にいただくパワーで

誰かを気持ちよくパワフルにお手伝いできるのかもって。


四六時中考えて

勝手に疲れた私には

いい考えも

優しい行動も生まれない。



だから

今日は

長靴履かないって決めて

気持ちよく眠れるように

シーツを洗って

お布団干して

考えごとせず

洗濯、掃除して

植物に水をやり

珈琲を飲みました。



それから

夕方には

美容院に行って

髪を綺麗に整えていただきました。



明日はね

長靴履こうと思います。



麦わら帽子かぶって。



気持ちよく

長靴履けると思います。




もしかしたら

私みたいな人がいらっしゃるかもしれないなって。


祈るだけでは

申し訳ない気がして

心が苦しい人がいらっしゃるかもしれないなって。



だから

わたしがホッとした文を載せさせていただきますね。



b0345376_19090559.jpg






今日

友人がくれたわたしの時間に

わたしの台所の

わたしの窓に

自分のための一輪を飾りました。

b0345376_19090597.jpg


なんだか

すごく

ホッとしました。




ごめんね
とか
ありがとう
とか
心が忙しい一日でした。



でも

ごめんね
より
ありがとうがいっぱいの一日だったと思います。



こんな時だからこそ
あいたい人がいる。



あいたい人にあうことは

誰かへの優しさへと変化していくんだと思うから。



あいたい人にあえる時間は

そこに集中できるわたしでありますように。





今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-07-13 18:35 | Comments(0)

哀しくて泣けたこと。


今日は

被災した方に

お届けしたいものが浮かんで

行ってきました。



そこには

宅急便屋さんが次から次へと

沢山のダンボールを置いていき、

全国からの

支援したいという気持ちの電話が鳴りっぱなし。


ダンボールの中身は

浸水被害にあった家屋を吹き上げるためのタオルたち。


ダンボールを開けると

お手紙が添えられていたりと

知らない街

知らない人たちからの気持ちと

行動の速さに驚きながら


必要な方々へ

お渡しするお手伝いを

ほんの少しだけ

させていただきました。



自転車で取りに来てくださる母世代の方々や

仕事の合間なのか?ネクタイ姿で走り回ってる方や

友人に届けたいという若いママたち…。

あったかい気持ちを間近で感じることができました。






そんな中

あるダンボールを開けた時

胸が痛くなって

涙が出てきて。




送ってくださった善意を受け取ろうと
自分に言い聞かせてみるんだけれど


沢山の我慢や苦痛や不安を強いられている被災者の方々に

手渡せるものではなくて。





ダンボールの中身を確認したのが

元気な私でよかった。


友人の元にも置いておけない気がして

持ち帰らせていただきました。



自身も被災した上に

被災された方のお手伝いをしている友人も

この状況に

泣けるねって。



家に帰りつくと

大きな学びだったねって

メールが来てました。




明日もお手伝いすることを申し出たら

ありがとう!じゅうぶんだよって。


絶対に弱いとこ見せない人なんですよね。



でも、最後につけくわえるかのように


ふらっと寄りたくなったときは
どうぞって。



彼女の優しさと
張り詰めた強さと
いっぱいいっぱいの疲れを知る私にできること…


明日の朝

どんな風にふらっと立ち寄るか?

決めたいと思います。



お聞き苦しいお話だったらごめんなさい。


私が目にしたのは
沢山のダンボールの中の
ほんの少しのことだけど


支援物資について

何を必要とされているのか?

使い古しでいいのか?
新しいものがいいのか?

賞味期限や
自分が頂いてうれしいか?

など

調べたり
考えたりする必要があることを
改めて感じました。




大切な人たちへ届ける気持ちで

私も準備したいと思います。




最後まで読んでくださり

ありがとうございました。





これはあくまでも

私の視点で

私が感じたことです。


私にとっても

大きな学びでした。



[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-07-10 18:18 | Comments(3)

大分県日田市で

一緒に暮らしていきたいモノを選ぶお片づけ

あなたが主役の家づくりをお伝えしている

暮らしのくふう工房 haco+ののりです。



お片づけレッスンや

わたしと暮らしのカウンセリングや

お片づけサービスをしていると


ない!
持ってない!
してくれない!

だから…しあわせになれない!

の方程式を持っていらっしゃる方に出会います。



あなたにとって
心地よい暮らしを想像してみましょう

という質問に答えていただくと


◯◯がない暮らし

とか

誰々が散らかさない暮らし

とか

否定語が並ぶことがよくあります。



そういう時には

少し深く質問してみることにしています。



例えば

「 人工的な音がない暮らし 」

を違う視点から見ていただき

ない

より

ある

に目を向けていただきます。


あるといい音は何?

とお尋ねすると

「 鳥のさえずりや、子どもの声 」

と答えが返ってきたりするんです。



人工的な音がない暮らし



鳥のさえずりや、子どもの声がある暮らし



どちらに
安らぎや
楽しさを感じるでしょうか?



わたしは
後者に
気持ちいい暮らしをイメージできます😌



プラスチックは嫌い

より

天然素材が好き

という表現の方が
あったかく
楽しく感じます。



例えば家にしても…


賃貸や

自分が建てた家ではないことが

心地よく暮らせない理由にはならないと思っています。


狭い

古い

好みが違う



嫌い
嫌い
嫌い

からは

好きは生まれなくて。



だけど

好きになれるのだろうか?

と信じられない気持ちから始まった方から

一緒にお片づけしたことで

こんなメッセージが来ると

↓ ↓ ↓




徳子さん、こんにちは~~^^

ご無沙汰しています。
あれから2週間近く経とうとしています・・・。
それなのに、リバウンドなしで・・・。
しかも、洗濯機の部屋と、脱衣所に行くのが、
何だか楽しみで・・・(笑)

その位、暮らし楽しんでます。




自分が建てた家ではないから
愛せないと思っていたし、手をかけることも諦めていたけれど


家があることに感謝できたり

家を好きになることに繋がっていく。



ない



ある

に変化したんだと感じました。



ない



ある

に変換するには

家を建て替えなくても

引っ越さなくてもできるから。



どんなに
散らかった環境で育ったとしても

それが
心地よい暮らしが出来ない理由にはならない。

心地よい暮らしが出来ないのは
お母さんのせいでも
誰のせいでもないんだと思います。



お一人

お一人

気持ちからだったり

家からだったり

haco+からのアクセスは違いますが


気持ちよく暮らしたい!

と思ったら

それは叶うんだと思います。



あきらめないでくださいね。



これから
何十年も気持ちよく暮らしていけることをイメージしたら



自分と暮らしと

じっくり向き合う時間も、お金も

決して無駄ではないと思うから。





今朝、トンボが生まれていました。

b0345376_10270453.jpg


メダカがいる火鉢の中の水草に。


心が曇りそうになる中

新しい命が誕生した姿は

なんだか

とっても私を癒してくれました。



私も

「ある」を見つけていきたいです。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊

なんだかびっくりするくらい
沢山の方々にblogを読んでいただいてること
とってもうれしいです。





haco+の詳しいメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠







ランキングに参加中です✨
haco+を応援していただけたら
とってもうれしいです😊
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-07-10 09:50 | Comments(0)

大分県日田市で

一緒に暮らしていきたいモノを選ぶお片づけ

あなたが主役の家づくりをお伝えしている

暮らしのくふう工房 haco+ののりです。



今日、仕事を再開できました。
なぜか
少し緊張していて
仕事させていただけるって
すごく私にとってありがたいことなんだって感じました。



出張でのBIRTHDAYカウンセリング。

BIRTHDAYカウンセリングとは
お誕生日の月に利用していただける
少しだけお得なカウンセリングです。


我が家でなら
デザートを用意したりできるのですが
お客様のお家に伺うということで

ささやかなプレゼントとして
いつも
いつも
haco+と一緒に歩んでくれている絵本を読ませていただこうと決めました。

b0345376_21330811.jpg




車を運転していたら
どうしても花を買いたくなりお店へ。
お店の中は、今まで見たこともないほど
花が少しだけで…豪雨の影響だと思うのですが、少しだけでも花があって本当によかった。

なんとも言えないピンク色のトルコキキョウを
プレゼントに選びました。


カウンセリング前に
ささやかなお花をお渡しし

カウンセリングが終わって
絵本を聴いていただきました。




カウンセリングさせていただいたのは
綺麗に整えられた仏間で

始まる前にご挨拶させていただき

カウンセリング中には

あっ、

お花が好きだった方がいらっしゃると感じました。


私が感じたのは

お客様の亡くなられたお母様で

プレゼントさせていただいたお花を
お供えしていただきたいってお願いしました。



お花、買ってきてよかった。


お客様だけではなく
お母様まで喜んでくださってる気がしたから。




そして
大切な絵本を読んでいる時

ある絵本と迷っての
「 たいせつなあなたへ 」
だったわけがわかりました。



亡くなられたお母様から

娘さんに届けたかったメッセージが

この絵本に詰まっていたんだと思います。


今もずっと見守ってくださっているんだけど

声が届けられないもどかしさがあったのか?

私と私の声を使ってくださったんだと感じました。




オシャレなお友達

有名な人

憧れの世界



そことつながることも
うれしかったり
幸せだったり
ワクワクしたり

時には自分の支えに思えることもあるかもしれないけれど



もし

大切なお守りを心の中に持てるとしたら


こうして

無償の愛で

いつも

包まれていることを

お守りにできたなら


誰かと比べて自分が嫌になったり

自分ではない人になろうとしたり

何か足りないものを埋めるために
埋めてくれそうな話や人を探し回ることが


少しずつ
少しずつ
減っていくのかなって思います。




今日のお客様は
haco+のことを人から聞いてくださっての出会いでした。

「なんか不思議なのよ」って💦



haco+がどんな風に噂されているかは
なかなか知る由もないんだけれど


「なんか不思議 」

って、haco+らしくて笑えました。




オシャレに見えるお家への答えを知りたかったお客様へ

ディスプレイのやり方でも

色の揃え方でもない答えが出たのだから

やっぱり

不思議なhaco+なのかもしれません。



だって

人から見た素敵さを提案するのではなく

暮らす人の好きと心地よさが詰まった空間を提案するのが

私の大切なお役目だと思うから。



始まりに書いていただいたワークを

終わりにもう一度見直してみると


言葉に柔らかさが顔を見せたり

自分を主語として
楽しいイメージができたりして

とってもうれしかったな。



あったかくて

柔らかくて

まあるい自分…

思い出してくださり

本当にありがとうございました😊


どんどん

どんどん

可愛らしい笑顔になっていく姿は

今日一番の私のパワーとなりました。

それからそれから

お誕生日おめでとうございました🎂






今日の最後まで読んでくださり
本当にありがとうございました😌

今夜は満月です。
私も月を見ながら歩いてきました。

まだの方がいらっしゃいましたら
よかったら
窓から空、見上げてみてくださいね。

少し静かな気持ちになれるかもです





haco+の詳しいメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠







ランキングに参加中です✨
haco+を応援していただけたら
とってもうれしいです😊
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-07-09 17:40 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)