今日はシャボン玉をして遊んだhaco+ののりです。

b0345376_22375858.jpg


桜、光、シャボン玉

やっと

やっと

わたしにも春が来たように感じた時間となりました。



そんな春のはじまりを感じた帰り道
うれしいメールと写真が送られて来ました。

送り主さんは

お片づけを学んでくださり
お片づけを一緒にして
家づくりの相談もしてくれた人。


彼女からの許可もいただいたので

彼女の実体験からの

『 どうして家を建てる前にお片づけ⁇』

の答えを感じてみていただけたらって思います。






のりちゃんお久しぶりです

お家づくり進んでいます
のりちゃんと一緒に考えた
キッチンの背面家具と食器棚が入りました

一緒に考えてもらって本当によかった
どこに何を収納するか

洗面所へ行くドアは2つも必要なのか
なくしてよかった!!
収納は増えとてもかわいくなったと思います。

引っ越し前にお片付けを依頼したおかげで
どんな暮らしをしたいか
どんな雰囲気が好きか
自分の中でしっかりと見えてきたので
たくさん選ぶ作業も
好きなもの選びでとても楽しかったよ

建築士さんとの打ち合わせもとてもスムーズで
どんな家にしたいか
きちんと伝えられて
形になっていく

そんなお家づくり本当に楽しくて楽しくて(o^-^o)

のりちゃん本当にありがとう

お家づくりはまだまだ続きますが
迷ったり、悩んだ時はまた相談にのってくださいね


のりちゃんのブログ
楽しみに何度も見ているよ

家の居心地が悪くなっているけどなんだかお片付けする気になれない時は
のりちゃんのブログを見返しているよ

建築前にのりちゃんに相談にのってもらうことを
オススメしたい

一緒に図面とにらめっこして考えてくれてありがとう!!

主人ものりちゃんに相談してよかったと感謝しています。





彼女の家づくり体験記が綴られていってるblogはこちら→→→💗


建築家さんと建ててる楽しい様子も
是非、参考になさってくださいね!


b0345376_22375984.jpg


彼女のお城でもあるキッチン。

収納が多ければいいのではなく

自分のしたい暮らしにぴったりの収納という視点を忘れなかったYさん。

b0345376_22375908.jpg


育てていきたくなる家が出来上がるのも
もうすぐです。



Yさん家族が住みはじめたら

もっと素敵になっていくのがわかります。



自分たちを知り

ありのままで暮らせる家を手に入れられるからこそ

家育てを楽しめるんだと思うのです。





家を建てるのに

背伸びや無理は必要ない。


自分を知ることで

身の丈の中の最上の暮らしを

手に入れてくださいね。





久々の更新となりました。
いつもblogを気にかけてくださり
本当にありがとうございます😊

読んでくださり
ありがとうございました。





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村




[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-14 21:35 | 家づくり | Comments(0)
しばらく家を空けたけど
散らかっているわけではなく…だけど、今朝目が覚めてやったことは
ごはんを作ることではなく
窓を開けて
掃除と洗濯だったhaco+ののりです。


ごはんを作るにも食べるにも
清々しい空気の中がいいというのもあるけれど

自分の手を入れる

というか

しばらく触れてなかった家と触れ合うというか

頭の中も
カラダも

非日常から日常へ
シフトチェンジする儀式のようなものだと思います。わたしにとっての。



食べたかったきんぴらを作り始めたのは
起きてから2時間以上たってから。

鍋でごはんを炊くことも
味噌汁の出汁の香りも
蒸した青菜も

全てが
いつもの暮らしへの入り口でした。

b0345376_23312647.jpg


掃除して
洗濯も全て終えてのごはん。

帰って来たら咲いてた桜とごはん。


あと一つ、恋しくてたまらなかったのは

b0345376_23312713.jpg


珈琲を淹れること。

ホテルで目が覚めるたびに
珈琲が恋しくなり

珈琲が飲めたら満たされるのか?と思ったら

ヤカンでお湯を沸かすところから始まる
珈琲を淹れて飲む
ということが恋しかったとわかりました。


昨夜帰って来て

すぐにお湯を沸かし
珈琲を淹れました。



何にも家事をしなくてよかった4日間は

わたしに

暮らす…という日々の営みについて考えるきっかけをくれました。



淹れてもらった珈琲も好きだけど

いつの間にか

自分で淹れるという工程すら好きになっていて


イヤイヤ仕方なく掃除をしていたのではなく
気持ちよく過ごしたいから
掃除していたことを再認識して


ひたすら台所に立ち

派手さはないけど
何度食べても食べ飽きない家庭の味に戻る自分を感じました。



暮らし…が日々営まれているからこそ
わたしは
旅を楽しめたのかもしれないなって。


毎日が非日常ではない
何でもない日々に
わたしの好きがいっぱい詰まってることに
改めて
しあわせを感じています。




こんな風に盛り付けよう。

この器を使おう。

この場所で食べよう。


日常の中で描くわたしの絵。


b0345376_23312852.jpg


明日の朝を迎える準備もしたくなるほど

暮らしに戻ってきたことがうれしいな。


b0345376_23312881.jpg


合羽橋で、娘が欲しがった小さな鍋やフライパン🍳

どんな風に描いて
娘を喜ばせようかな?

b0345376_23312952.jpg


どんな器を組み合わせようかな?



もうしばらく
暮らしていけるありがたさを感じていたいと思います。





今日も最後まで読んでくださり
本当にありがとうございました😊





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村




[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-07 22:52 |   ├ 暮らし | Comments(0)
東京の旅の気づき
もう少し綴っていきたいなって思います。


旅の準備

みなさんはどうな感じですか?

わたしは、ずいぶんシンプルになり
いつでも身軽になりました。

お子さんの荷物は
お子さんが準備しますか?



今回、初めて東京に行く娘の行動を見ていました。


初めての東京
3泊4日の旅の準備。


娘は
前もって買い揃えるものもなく
出発当日の朝にささっと済ませ
その荷物の少なさに
私が驚いてしまいました💦


と同時に


選ぶ力がついているって

とってもうれしくなりました。



何を準備したか?など聞く必要もないので
旅先での娘のことを観察してみました。

毎日、お気に入りのおしゃれをしてる!

あっ、忘れた!なんてことは一切なし。



あれも必要かも?

これも必要かも?

の、「 かも 」が娘にはないようでした。



東京に行くから!と
洋服を買わなきゃって気持ちも一切ない潔さ。

昔の自分が恥ずかしい💦
そういえば、ずいぶん前に友人の結婚式に行くことになった私がとった行動は
東京行きの洋服や靴を買うことでした。

今は
地元だろうが
東京だろうが
同じお気に入りを着てるけど…

だから昔は
物が多かったし
まだ足りないっていつも思っていたし
人がうらやましかったな。



15歳の娘は
どこに行こうが
いつものままでいいことを知っていて

なんだか
とってもうらやましいな。


色違いで持っていたボトムスも
本当に役に立ってたし。

好きなカタチ
好きな色

本当によく選べてる。


洋服を買いに行く前は
クローゼットの中の確認をしてから…

それだけは
娘に声かけを続けながら
私自身も意識していることです。



余談ですが…

先日、福岡へ仕事に行った帰り
すごく
すごく好みの洋服に出会いました。


全部まとめて買いたいほどの可愛さ😍


だけど…何1つ買いませんでした。


一旦、売り場を離れてから

洋服は十分お気に入りを持ってるな〜〜って冷静になれたから。

十分とは
たくさんという意味ではなく
毎日着たいほどの
わたしらしいお気に入りを持っているってこと。


その日も
大好きな洋服と出かけていたから

足りない!という気持ちは湧かず

売ってる洋服も素敵だけど

十分満たされていることにハッとし

すごく冷静になれました。



その日に出会った服は

わたしの欲しいものリストにはありませんでした。

リストにあったものだったら

迷わず出会いを楽しんだと思います。



最後に自分に猶予を与えたのは

帰ってからも欲しかったら

買おうねって。



でも、いつの間にか
あの欲しかったドキドキは落ち着き
忘れてしまっていました。


やっぱり
今、お気に入りと暮らしているってことだと思いました。



娘は、東京で
ものではなく
思い出を積み重ねていました。

それにも感心しました。



一枚だけ
かわいい刺繍のブラウスを買いました。
毎日着てほしいくらいに似合っていて
着てる本人がうれしそうでした。

お気に入りのボトムスにも好相性。


b0345376_22091475.jpg




お片づけで伝えている選ぶチカラって
こういうことなんだなって思いました。


自分にとって
本当に必要なモノを選ぶチカラ。

自分を豊かな気持ちにしてくれるモノを選ぶチカラ。


わたしたちの日々は選択の連続だから。



そこには
人の基準はいらない。


わたしも今回、旅先で
大切な選択をしました。

全く後悔していません😊




15歳の娘
43歳の母。

これからも少しずつ
一緒に
選ぶチカラを育てていきたいなって思いました。



もっと
もっと

シンプルに生きたい✨




最後までお付き合いくださり
ありがとうございました😊







ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-06 21:26 |   ├ 片付け | Comments(0)
3泊4日の次女との旅から戻って来たhaco+ののりです✈️


なんだかね
いろんなことに気づいた4日間でした。

b0345376_15543093.jpg





よかったら
おつきあいください。




次女は、ずっと私と2人旅がしたかったんです。
何度も約束しては、約束を守れてなかった私でした。

何度もがっかりさせちゃった。



娘が行きたかったのは東京。
昔はそこで暮らしていたのに
ずいぶん苦手になってしまった人混み。
そして、いろいろ調べて計画を立てる旅というのもすごく苦手だし
スケジュールがびっしり欲ばるのも苦手💦


2人旅となると
わたしがしっかりしなければって思ってしまう。
特に次女とは。



ひとりだと気ままに動くのだけれど
こんな私が娘を満足させられるかな?って不安がすごくあったんだと思います。


裏を返せば
娘をいっぱい楽しませたい!という気持ちが裏目に出て、自分にプレッシャーをかけて行動できずにいたようです。


自分の気持ちをよ〜く見つめてみると
どうして実行できてなかったか?
見たくなかった気持ちに気づきました。






この春を逃せない!
気になることは、気にしない!
って、ある日
日にちも飛行機とホテルの予約も一気に決めた時、ほっとする自分がいました。


予約したから
絶対行くんです😊



ごめんね。

ごめんね。

ごめんね。


ずっと心の中で呟いていたんだなって気づきました。


連れて行けなくてごめんね。
夢を叶えてあげらてなくてごめんね。
経験させてあげられなくてごめんね。
喜ばせてあげられなくてごめんねって。




ずいぶん自分を責めていたようです。



旅の中でも

娘を喜ばせたくて
娘が行きたかった場所に全て行きました。


もう、足が痛くなるまで歩きました。


娘の笑顔に
足の痛みを忘れてたのに…
だんだんね
忘れるどころか
おんぶしてほしい気持ちになりました(笑)


その時

ついついがんばりすぎてしまう自分に気づき
そのことを
ポツポツ歩きながら娘に話してみました。



ごめんねって気持ちがいっぱいあって

だから
いっぱい喜ばせたくて

次はこの電車、ここは徒歩、何時に到着って
すごく苦手なリズムでがんばってしまったみたいで

もう歩けないって。



ごめんねも

がんばりすぎることも

娘は私に求めてなかったことを知りました😢



正直になった昨日の夕暮れ時

なかなか最寄駅が見つからず途方に暮れたわたしだったけど

タクシーに乗りたい!って娘に言うと

そうしようって

一生懸命タクシーを探して

タクシーに乗りました。

目的地にらくに運んでもらえました。もう、タクシーが神様に見えました。

帰りは最寄駅までタクシーに乗るはずが

運転手さんが
ホテルのそばまで行っても1500円くらいですよって
都内の距離感がわからない私に優しく教えてくれました。

あったかくてうれしくなって
いっぱいお金をお支払いしたい気持ちになりました。



最後の夜だから!ではなく

最後の夜だけど…美味しいお店を探しまわるより、ホテルの中で夕食をとろうって提案したら
ますますラクになって
ビールがテーブルに届いたときには

ママ、いつもの表情に戻ったね

って娘に言われました。

娘もうれしそうで

旅行っていいねって
全て楽しかったなって話してくれたので

うれしくてビールをおかわりして
少しふんわりして部屋に戻りました。



今日の帰りの飛行機までのスケジュールも

とてもゆったりしていました。



ギリギリまで観光しなくても
娘は
空港のデッキからの眺めに
とっても喜んでくれました。


おしゃれなご馳走が続いた私たちは
空港でお蕎麦をいただき
なんだかホッとしました。



ついつい

がんばりすぎてしまうこと。

それを

お母さんだから!って理由で当然だと思い込ませ

その結果

私自身が不機嫌になるくらいなら



もう歩けない〜〜

たすけて〜〜

って素直に言って

じゃあどうする?って考えた方が楽しいなって思いました。




美しいものも
娘が行きたいと言ってくれたからこそ楽しめた場所も
長女との合流した幸せな時間もいっぱいありました。


そのことは
次に書きたいと思います。



自分に正直になるって
まだまだ難しいけれど
自分に正直なっていきたいから

気づきのこの旅は
娘からのプレゼントだと感じました。



最後まで
読んでくださり
本当にありがとうございました😊






ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村











[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-06 14:55 | ├ 旅 | Comments(0)
今朝…
いえいえ
昨夜からうずうずしていたhaco+ののりです。


今日は、大分県中津市の小さな焼き菓子屋「むうと」さんの青空カフェの日。

昨日が雨で中止になったから
初めての青空カフェの日。


まだ寒い日のむうとさんとのミーティングで
昨年末、焼き菓子の通販に忙しくて
お店のお菓子が品薄状態になったことや
営業日が減ったことによるお客様とのやりとりが減ったことに対して
何か出来ないかな?って話し合いました。


経験したことのない忙しさの昨年末に
さみしい想いをさせてしまったことで
5年という歳月を支えてくださった地元のお客様の存在について、考える機会となったから。

ハッとしたからこそ
日頃の感謝を込めて
地元のお客様に喜んでもらえる機会を…と、お庭での青空カフェをやることにしました。

昨日のblogでも書いたんですが…
お菓子だけを買いに来てるのではなく
店主である姉妹にも会いに来てくださっているのだから

お客様も姉妹も一緒に笑える機会が
青空カフェだと感じました。


いつもと違うメニュー
いつもと違う雰囲気で。



やっぱり
見届けたくて。

青空の下で
どんな時間が流れていくのか?

お客様と姉妹は
どんなやりとりをするんだろうか?って。



もう行くしかないのでした💦

朝ごはんも食べずに
車に乗っていました。


行ってすぐに
テーブルのセッティングやお花を生けをさせてもらって、うれしくて。

b0345376_22433658.jpg


b0345376_22433775.jpg


お外だからか?

小さなお子様連れが多かったのもうれしくて。


b0345376_22433857.jpg


b0345376_22433942.jpg



かわいいパフェを運ぶたびに
わたしがワクワクしてしまい。

b0345376_22434080.jpg



最終のお客様のお子さんからは

b0345376_22434033.jpg


れんげの花のプレゼント贈呈式が行われました🌸


皆さんを送り出して

カフェオレをいただきながら

店主姉妹を眺めていたら…

楽しくて
幸せでたまらなかったようでした。


もう来月の青空カフェのメニュー候補が上がっていました。


お客様がね

みんな優しかったです😌


お客様を見送る姉妹が

とっても可愛かったです。



ありがたいの気持ちを
こんな風に表現できたことを
その中の一員となり
見届けられたことが嬉しかったです。


わたしが1番幸せだったかもです。



また
来月もお手伝いしたいなって思いました。



是非、いらしてくださいね😋






ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村





[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-01 22:13 | 小さな焼き菓子屋さんとの歩み | Comments(0)

くらすこと研究家のhaco+のnoriです。暮らすこと、住まうこと…モノと向き合う、自分を大切にするをコンセプトに活動するhaco+の日々を綴っています。


by haconori