暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

薄暗い1日のこと。


お知らせ。
haco+1月のご予約可能枠はいっぱいになりました。
ありがとうございます。
もし、ご検討してくださる方がいらっしゃいましたら…2月以降でお願いいたします😌





部屋が暗かったから
居ないのかと思ったよって
母に言われたhaco+ののりです。


今朝起きたら
屋根が真っ白でした。

早めに起きてた娘に

「 カフェオレ飲む?」

って聴くのが最近のわたしのお気に入りです。
娘用の甘いカフェオレを手渡す時も
なんだか
こんな感じの朝をいっぱい重ねたいなって思ったりして。

カフェオレごときで
相変わらず大袈裟なわたしだけど

もしわたしが娘で
朝、母さんが甘くてあったかいカフェオレつくってくれたら
1日あったかい気持ちで過ごせる気がしてしまうから…

やりたがりな母親やってるわたしです💧


久しぶりの1人の時間が手に入り
みんなが出かけたら
蛍光灯を消して
白熱灯の灯りで過ごしました。


b0345376_22105270.jpg

掃除も洗濯もお便り書きも
1人の時間にやりたいことは山ほどあるけれど

その前に1番やりたかったことは

時間に追われず
ゆっくり過ごすということ。


薄暗くして
スローテンポの音楽を流すと

あれもやらなきゃ
これもやらなきゃ

っていう心のざわめきがおさまって

何をするにも
静かに
ゆっくり
丁寧に動けます。



ちょっとお茶に寄ってみてくれた母にも
そんなことを説明したりして

薄暗がりの中で
珈琲とお菓子を楽しんでもらいました。



わたしがゆっくりペースだからか?

テキパキさんの母も
いつもよりゆったりして
ゆっくり話している気がして

あまりお天気が良くない日の薄暗さも

わたしにとっては
わくわくしてしまうのです。


洗濯物が乾かない
とか
窓が開けられない
とか

こんな時雨れる日を
大事に思えなかったことがあるわたしだけど


今は

ぼ〜〜っとしたり
寝転んだり
いつもよりゆっくり洗濯物を干したり
洗い物をしたりすることは


何一つ生み出せなかったわたしの1日ではなく

ちゃんと
明日から生み出していけるわたしのための充電だということを知れたことは

わたしの心地よい暮らしへ向かう中での
大きな発見でした。



スケジュール帳が
ご予約で埋まることがすごい事に感じていた時は
こんな時雨れる1人時間は
焦りを助長するだけだった気がするけれど


きっと今日綴った20人の方へのお便りは

こんな時雨れるゆったりした日だったからこそ
素直に気持ちが綴れたんだと思います。


郵便局で
切手を買うのにも時間をかけるから
窓口の人が笑っていたけど

どうでもいいことではないからこそ
時間があって
ゆっくり切手を選べたことも
すごくうれしかったです。



b0345376_22292378.jpg

毎年この時期に買いに行く水仙を

リビングのあっちに置いてみたり
こっちに置いてみたりして
暮らしの中で遊ぶ時間も

わたしから溢れる何かに繋がっているのかもしれないけれど

黄色い水仙が
今年も
そこに居てくれることが
ただ
うれしいのです。



夕方も
白熱灯の灯りで過ごしてたら
呑みたくなりまして☺️
早めにひとりでワインをあけましたよ。

不良母ちゃんです笑笑




ゆっくり洗濯物を干せることの気持ちよさ

ゆっくり静かに歩く心地よさ

丁寧に洗い物を終えた余韻


どれも
特別なことはないけれど

バタバタしたり
大急ぎだったり
ガチャガチャやることもあるからこそ

わたしには
ご褒美のような1日に思えてなりませんでした。



そして

今日もまた
「 のりさんに会いたいです 」
っていうお申し込みをいただきました。

会いたいですっていう言葉が
大好きです。

ありがとうございました😌





haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠















[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-10 22:01 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

帰省していた娘が
横浜へと戻ったhaco+ののりです。


冬休みは短いし
そんな中
友だちの誘いは多し。

呑み会の送迎係もやりました😊



戻る日は朝からしっかり食べさせ

お昼は外食するはずが
家でコロッケ食べたいって言い出すので
買い出しに行き
大きなコロッケを食べさせました。

b0345376_22275744.jpg

寸前までレポート書いてるのは
遊び過ぎのツケですね。


b0345376_22284426.jpg

煮込みハンバーグかペンネアラビアータが食べたいって言う時は

どちらも食べたほうがいいよ!って
どちらもおかわりできるくらい作りました。


b0345376_22321183.jpg

焼肉食べに行きたいのに
行く時間がないから
お膳のメインはステーキでした😋


ずっと食べさせることばっかり考えていました。



今回の帰省最後のコロッケをつくった時

「 満たされた〜〜」

ってわたしが言うから

「ママが満たされたの?」

って不思議そうな顔をした娘。



そうなのです。

不思議な感じがするけど

作らせてもらってありがとう
って気持ちと

なんだか楽しかったからありがとう
って気持ちと

食べてくれることで
わたしにも出来ることがあるんだなっていう喜びの気持ちと

全てが入り混じって

すごく満たされました。



それに
仕事をセーブさせてもらったり
突然のキャンセルがあったりと

娘との時間というプレゼントをいただいたおかげで

穏やかに
心地よく
お母さんさせてもらえました。



b0345376_22393641.jpg

ねぇ

お母さん

うれしかったよ。

すごく楽しかったよ。

それから

見送る時

綺麗で眩しかったよ。


ありがとうね。




今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊




[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-09 22:23 | ■子育て | Comments(2)

大きなことではなくてね
もっとささやかなことに
自分が満たされること知ってもらえたらなって思うhaco+ののりです。



b0345376_19354640.jpg

これは造花でデコレーションされたポケットティッシュを収めるBoxです。
カウンセリングを受けて下さっているお客様の作品です。




だんだん暮らしを楽しめるようになってきたお客様の12月のカウンセリング時に
何をしてると楽しいですか?
って聴いてみました。



そしたら恥ずかしそうに

お家用のティッシュBoxに
造花をデコレーションするのが楽しくてって話してくださいました。


以前は答えられなかった質問でした。
だから
聴いてるわたしがうれしくてたまりませんでした。



でもその直ぐ後
「100均の造花なの」
とか
「ただ付けただけなんだけど」
とか
「センスのいいのりこさんには見せられない」
などなどの言葉たちが続きました。



わたしは
彼女が楽しい‼︎と思うことをお尋ねしたのです。


だから
材料がいくらとか
作業の難易度とか
センスうんぬんなんて
一切関係なくて


あなたが楽しいと思うことが
1番大切なんだということを
じっくりお伝えしました。



デコレーションが楽しいの!

ただ
それだけで十分素晴らしい事なのに
その後の言葉たちは

人にどう見られるか?
を恐れているから出る表現たち。



花の配置
花の色
花の組み合わせ

それを想像して
カタチにしていくことが楽しかったんですよね?



高く見られないとうれしくないですか?

難しい作業じゃないと価値がないのですか?

自分のセンスじゃダメなのですか?



おそらく
いろんな場面で
思わず口にしているだろう卑下する表現。

わたしはそのひとつ、ひとつの表現から
お客様の本当の想いを見つけていきます。



そしたらね
自分が楽しいってことが大事なんだって気づいてくださいました。


「のりこさんの家には似合わないけど…」

っていうから
そんなこと関係なく

出来たのよ‼︎

って見せてくださいってお願いしました。



わたしはお客様が
楽しくてたまらないの!
っていう気持ちがのったティッシュBoxを見たいんですってお伝えしたら
うれしそうに微笑んでくださいました。

わたしが感じたいのは
わたしの趣味嗜好に合うか?より
うれしそうに作る姿が想像できるか?
なのですから。



そして
趣味嗜好がわかる近しい人のために
その人に合ったティッシュBoxをつくってプレゼントしてみては?って
提案してみました。



その提案を
実行してくれたようです。


写真のティッシュBoxは
今年に入って
お客様のお友達に見せていただいたものです。


集まった長年のお友達に
それぞれ違うデコレーションのモノをプレゼントしていたそうです。

それも
恥ずかしそうに
うれしそうに。


ティッシュBoxを受け取ったお友達は

「彼女、なんだかすごく変わりました!」

って話してくれました。



お友達に差し上げてどう思われるか?
ではなく

「 わたしね、今これ作る時が幸せなの!」

って言葉の代わりに表現できるモノが
このティッシュBoxなんじゃないのかな。


その彼女の喜びがのったティッシュBoxは
お友達へ
モノをもらった喜び以上に
彼女が幸せそうでうれしいなっていう気持ちが生まれるきっかけになったはず。



金額でも
プロか素人かでも
他人のセンスとの比較でもなく


あなたの喜びがのったティッシュBoxは
あなたからしか生まれないことを
もっと
大事に
愛おしく感じてほしいなって思います。



わたしからの提案を

やってみたい!って思ってくれて

その自分の気持ちに蓋をせず
実行された姿を
間接的に見せていただいた時

また
お客様に教えられた気がしました。



今月、カウンセリングにいらした時
どんな言葉で
ありがとうをお伝えしようかな。

きっとわたしのことだから
お顔見たら
自然に表現できるのかも😌



b0345376_20273842.jpg








初めてここを訪れてくださる方が増えているような気がするので、少しだけ自己紹介を。

暮らしのくふう工房 haco+です。
haco+は、一緒に暮らしていきたいモノを選んでいくお片づけを通して
それぞれのオリジナルな心地よさを手に入れていただけたらって思っています。

blogにも沢山出てくる「わたしと暮らしのカウンセリング」は
暮らしとわたしたちは繋がっているという考えをもとに
あなたの暮らし
あなたの言葉
あなたの表情から
今、必要なメッセージを受け取り
お伝えすることをしています。


詳しくは
ホームページに綴っています。

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠


注)1月はご予約でいっぱいになりました。
     ありがとうございます😊

[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-09 19:11 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(2)

仕事始めの日のカウンセリングについて
綴ってみたいと思うhaco+ののりです。


1年半ぶりの帰国だと話してくださるその女性は

一年半前の帰国の際も
わたしに会ってみたかったけど
その時
カウンセリングというメニューがなかったからって…。

彼女が異国の地から
逢いたいなって思い続けてくれた気持ちが
カウンセリングを生んだのかもって思うほどに
わたしは
お顔も見たことがないひとりの美しい女性に
想ってもらっていたことがうれしくて
一緒に過ごす時間が
夢ではないことに
なんとも言えない安堵感に包まれました。


イギリスへお花の勉強に行き
そこで結婚し母になる…。

生まれ育った国を離れ
文化も言葉も違う地で暮らしていくことは
楽しくもある反面
歯をくいしばってがんばって来た面も多々あったと思います。


フラワースタイリストでもある彼女から生まれるブーケやリースたちを見たら

ちょっと花を摘んでくるわね

って庭に出たり
山に行ったりしながら

時にはリスやうさぎに遭遇した喜びすらエッセンスになるような

暮らしているイギリスの地の空気まで取り込む
すごくおおらかな美しさがあるように思います。


やっぱり
忘れてるだけだ!って思いました。


本当の自分を忘れていくごとに
彼女の心がかたくなっていったんだって
お話していてわかりました。


びっくりするような才能があるのに気づいたからお伝えしました。

その才能、どんな風に使いたいですか?って。


身体のラインが美しいグリーンのニットのワンピースの彼女の耳には
彼女がつくった
彼女にぴったりの揺れるピアスが…そんな美しさに見惚れるわたしに

イギリスでの田舎暮らしに
スカートが履けなかった時が長くあった話をしてくれました。

そこに馴染むように
目立たないように
普通でいられるように

無意識にやってきた我慢を

好きなスカートを我慢してきたんだってことを
言葉にしながら
自分の本当の気持ちを受け入れているように見えました。


イギリスの田舎暮らし
みんなはジーンズ履いている中で
あなたが
あなたの好きなスカート履いても
誰からも責められないことを知らなくて

好きを我慢していくたびに
心の鍵も固くなっていったのではって思いました。


たかがスカート?

ではないのです。

スカートを履いたスタイルの話ではなくて

スカートを履いている気持ちの話がしたいのです。


好きなスカートを履いて
スカートが揺れるたびにうれしくて
家事をする時は
汚れないようにエプロンしたり…
そんなことが
彼女を笑顔にするし
所作から柔かさが溢れ
それが周りの人たちを幸せにするのです。



だから
一緒に
スカート以外にも
本当は好きでたまらないことを思い出していきましたよ。


ワガママだと思っていましたって言うから
ワガママではないことも
お伝えしました。

そんな健気に生きてきた彼女から
帰国前にメッセージをいただきました。

Yさん
シェアさせてね。
とっても素直なお気持ちが
誰かに届く気がするから。








のりこさん

昨日はのりこさんにお会いできて嬉しかったです。ドキドキ緊張してしまって、「初めまして。お久しぶりです。」なんて、へんなご挨拶してしまいました😆
懐かしい喫茶店でのカウンセリング・・・2人でコーヒーとイチゴのショートケーキを食べながら、不思議な雰囲気の中・・・のりこさんからのふとした問いかけは、私の知らない本当の自分が出てきたようでびっくりしました!
そして自分自身をねぎらってあげるということ。今までの人生でそういうことは全く考えたことがなかったので・・・ちょっと照れくさいような気持ちもありますが、私にはそれが必要なんだと強く感じました。のりこさんの数々のお言葉を心に留めて、私らしく今を生きたいと思います✨
ブログの中ののりこさんから実際ののりこさんにお会いできて、私の想像から現実に変わりました。昨日お会いしたばかりなのに気持ちが変化しているような、動いているような気がしています。 のりこさん、ありがとうございました!そしてこのご縁に心から感謝いたします。

のりこさんから頂いた宝石のようなお菓子箱、開けた瞬間キラキラ輝いてました!素敵なお土産をどうもありがとうございました。イギリスで家族、友人と一緒に繊細で美しい日本のお菓子を楽しませていただきます。

また向こうに戻ってからもブログののりこさんに会いに行きます!





彼女ともし再び会えるとしたら
一年半後。

そう思ったらお伝えしたいことに溢れてしまって
きっとこの日もお節っかいおばちゃんっぽかったはず💦

だけど
恐る恐る自分を語り始めた人の口元が
だんだん緩んでいくと共に
苦しいこともあったけど
幸せなこともいっぱいあったの!
って思い出したことから湧き上がる気持ちと言葉と表情を
彼女自身が忘れないように
彼女の中に刻みたくて。


そんなわたしを見て
笑ってくれた彼女の笑顔は
わたしの大切な母子像の母のようでした。


b0345376_11322242.jpg




blogのわたしと
実際に会ったわたしはおんなじだって言ってくださり

いつも読んでいて
正直に綴られているのがわかりますって
話してくれました。




Yさん
離れている距離は遠いけど
こうして繋がれることを教えてくれてありがとうございました。
そして願えば叶うこと
叶えるために行動することを教えてくれてありがとう。
スカートが大好きなのに履けなかったわたしを思い出させてくれてありがとう。


また、必ず会いましょう。
またあの喫茶店で☕️




長くなりました。
だけど
どの言葉も削れませんでした。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。






[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-08 10:32 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

娘を眩しく思う時。


今日は娘の成人式だったhaco+ののりです。


今回の娘の帰省のメインでもある成人式。

わたしは成人式当日
お店を予約するのではなく
家でお祝いをしようと
いくつか食器を買ったりして
娘の帰りを待ちました。

b0345376_20505132.jpg

何かのイベントの為に食器を買うなんてこと
ずいぶんやらなかったけど…
ずっと欲しかった白い器を
いつか‼︎ではなく
長女の成人式の時に買ったよねっていう記憶に残すのもありかもって
なんだかわくわくして迎えました。

白って
わたしには大切な色で
20歳の門出にもぴったりな気がしました。




年末ギリギリに帰って来た娘は
わたしを見るなり両手を広げ
抱きしめてくれました☺️

娘に抱きしめられるって
うれしいものでした。




夏に帰って来た時より
なんだか落ち着いていたし
穏やかで美しくなったようにも感じました。




わたしは娘を眩しいなって思うことがあります。




食いしん坊なところは変わってないけれど

日々
いろんな経験を積んで
磨かれているんだろうなって
今回も
いろんな瞬間に感じました。



もう子どもじゃないなって。




どんどんオトナになっていく娘に
わたしは何ができるかな?
って考えてみるんだけど

特別なことは思いつかず

毎度のごとく
ごはんを食べさせる
とか
ごはんを食べさせる
とか
ごはんを食べさせる



b0345376_21113684.jpg

友だちと遊びに出たら
いつ帰って来るのかわからないけれど
娘が言ってた食べたいものを作ってしまうし。



だけど
それでいい気がして。

また横浜に帰って行く時に

「 お腹いっぱいになった〜〜」

そんな気持ちでいてくれたら
それで十分な気がしました。





成人式当日は
早朝から着付けに行く車の中も
なんだか楽しくて

わたしが着た振袖を娘が着た姿がうれしくて。


そんな娘との時間がうれしいって気持ちが
娘が一緒に撮ろうって言ってくれた写真にあらわれていました。



b0345376_21174988.jpg

わたし

幸せそう😌



b0345376_21183417.jpg

この笑顔を見たいがために

娘の大好物をお膳の上に準備しました。


お膳を準備するわたしが
お母さんらしい姿だったらどうかな?って
母に頼んで
着物を着せてもらったりもしました。


b0345376_21204611.jpg

娘を喜ばせたい!とか言いながら
わたしまで楽しくなってしまって。



お母さんらしいと思った着物姿も
娘には
女将って言われたけれど

母の着物を
母に着付けてもらった時間は
母とわたしの幸せ時間だったから
いいの。




今、娘はわたしの隣で眠っています。


連日忙しくしていたし
今朝は早朝からハードだったしで
深い眠りの世界にいるようです。



精一杯…

生きてるんだなって
寝顔を見て思います。




先日
なんだか穏やかになったよねって
言ったら

「 忙しいけど充実してるからかな 」

って答えてくれた娘は

精一杯

今を楽しんだり
がんばったりしてるんだと思います。



そんな娘を

わたしは眩しく感じます。




振袖姿も綺麗だけど
振袖を着ていない時も
内側から溢れるような輝きが増しているように思え

20歳っていいなって思う母ちゃんです。



b0345376_21340480.jpg

娘がメイクをしてくれて
いつもより赤い口紅を塗られて
恥ずかしかったけど

娘と一緒の自分の表情が
嫌いではないなって思いました。



眩しいほどの輝きは
きっと
わたしを照らしてくれているんだと思います。



楽しかったな。

今回の娘の帰省も成人式も。




おかげさま。












[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-07 20:38 | ■子育て | Comments(0)