家づくりのアドバイスをさせていただきながら
あ〜〜
私が建てる時に、こんなアドバイスがほしかったなって思ったhaco+ののりです。


台所は女性のお城…そんな風に表現されることがあるほど
家を建てる時に、女性が1番気になるスペースでもあります。


そして、いつの頃からか『パントリー』というスペースにも女性が魅了されています。

パントリー…なんだか素敵な響きですよね✨

パントリーがあるだけで
素敵な暮らしができる気がしたり

一生に一度なんだから
後悔しないようにつくっておきたくなるような

そんな響き。



ご相談いただいたのは

パントリーは必要ないと決まったんだけど
パントリーがほしかったなって気持ちが
ずっと胸の奥にあるとのこと。


みんなパントリー作ってるし

パントリーってよく聞くしって。



暮らしをお尋ねした後に

パントリーが必要な人と
必要ではない人の具体例を出してみると


やっぱりいらないですって😊

胸の奥がすっきりしましたって笑顔になられました。



いろいろ話し合って、パントリーなしの設計にするとはなったものの
ママは、納得してなかったみたいで。

一緒にお話していたら
パントリーがほしかったというより

みんなが持っているものがほしかったようでした😌


みんなと同じでなくていいことも
ラクに感じたようでした。



もし、このまま家づくりを終えていたら

入居時や
暮らしながら

『 最高に心地よい暮らし』

ではなく

『パントリーがない暮らし』

に気持ちが向く家になっていたかもしれないなって思いました。



パントリーが必要か?必要ではないか?を
自分の暮らしに置き換えて
自分が主役で答えが出せた時

パントリーがほしかったのに叶わなかった暮らし

という目の向け方が消えていくのではないかな?と思いました。



すっきり
にこにこされて帰る姿に

家づくりにおいてのhaco+の役割が
しっかり存在することを確信しました。



後悔のない家づくり

自分が主役の家づくり

育てたくなる家づくり

ムリなく暮らせる家づくり



一生に一度の大きなお買い物を

誰を主役にしてすすめていきますか?



なんだかモヤモヤするぞ〜って時には

どうぞ、ご相談くださいね😌





b0345376_14320397.jpg


我が家の台所には
お弁当箱はいっぱいあるけど

パントリーはありません(笑)


お弁当箱の数も

パントリーのある、なしも

わたしの基準。





今日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました😊


明日はじっくり
自分の暮らしと向き合う日にする予定です。
なんだか
家がザワザワする💦😅





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村











[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-30 13:49 | 家づくり | Comments(0)
b0345376_22103961.jpg


この食パンを食べたとき

この食パンが食べられるモーニングセットが

一日中食べられる喫茶店をしたいなって思ったhaco+ののりです。


朝、家事を終わらせた人とか

お昼ごはんを食べそこなった人とか

甘いものが苦手な人のおやつに…とか。


わたしはこの食パンに負けないくらい

人を癒すような珈琲を淹れる。

静かに

静かに。



と、パンを一口食べてから妄想が止まりません💦


b0345376_22104047.jpg


mutoさんの青空カフェの新しいメニューのパンランチ。

お手伝いした日は、まかないとして食べさせていただきました🍞

muto姉が焼いたパンを

ランチにしたためるのは

b0345376_22104134.jpg


muto妹。


食パンにも
パンランチにも
食べてみた人にしかわからないものが詰まっていました。



青空カフェのお手伝いって

muto姉妹から生まれたものや

muto姉妹から繋がるご縁ややりとりから

得るものが多すぎて。


b0345376_22104288.jpg



その場にも

そのものにも

人柄があらわれる。



食パンも

パンランチも

姉妹そのもの。


店内も

お客様とのやりとりも

姉妹そのもの。



b0345376_22104369.jpg



こうして集う人たちは

みんな姉妹が大好き。



焼き菓子屋さんは

みんなの近況を把握していて

心配も励ましも安心もある

まるでお母さんみたい。



何を食べてもおいしく感じない
病に苦しむお客様が
mutoのお菓子だけは、おいしいって食べてくれることを話してくれる姿は

お菓子を焼き続けてきてよかった

正直なものづくりをしてきてよかった



これまでの迷いや葛藤すら消え去るような
清々しいものでした。



小さな焼き菓子屋さんに

小さなhaco+は学ぶことがいっぱい。


自分の軸に立ち還れる場所であり

人であり

お菓子であります。




月に一度のmutoの青空カフェは

わたしがわたしに還れる時間。



また、お手伝いしたいな🌿☕️🍪🍞




b0345376_22104387.jpg


苺バナナシェイク🍓🍌サイコー😋





今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました🍞😊






ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-29 21:19 | 小さな焼き菓子屋さんとの歩み | Comments(0)

朝、仕事に出る前に
帰って来た時の自分のために家を整える。

朝、身支度をするように
『 家支度 』をする。


b0345376_12393220.jpg




大きな環境の変化の中で
お片づけと向き合ってきた日々に支えられている様子のご報告をいただきましたよ。



お片づけって…

やっぱり
苦しいものではなく

わたしたちをラクにしてくれて、

わたしたちを癒してくれる暮らしが手に入ることなんだと思いました。



わたしに届けてくださった
かわいい生徒さんからのメッセージ
皆さんにもお届けします。





のりこさんへ。

ただ今ブログを拝見して
あぁと思って。
気持ちがリンクしてたことが嬉しくて。

おとといは
家庭訪問でした。

以前なら
慌ててお部屋を取り繕って
先生を迎えるまで殺気だって支度してたわたしでした。

おとといは
午前中 仕事をして
昼から家に帰って ゆっくり掃除機をかけ
雑巾掛けをしました。

可愛い花でお出迎えしたいなと思って
庭の木香薔薇と クリスマスローズをいけました。

花を生けながら思いました。
前なら きっと お花わざわざ買いに行ってたな、、って。

わたしの新しい毎日は
お片づけに助けられています。
本当に驚くほどに。
働き出して さらに そう思うのです。
片付けることが 苦ではなく、
むしろ 楽をしたくて 片付けてます。
一生懸命 働いて帰って来たら
おうちが癒してくれるんです。

そのために
朝 身支度するように 家支度?しているような気がします。

昨日も パパと
仕事で疲れて帰って来て
おうちが 片付いてると
ほんとに気持ちがいいねって
話しました。
連休中 パパは自分の部屋(物置化)を片付けたいそうです。


暮らしの中に のりこさんが撒いてくれた種が たくさん芽を出しています🌱🌱🌱

ありがとうございます。





ありがとうね💗Sちゃん♪




もしhaco+が
お片づけレッスンやカウンセリングで種を蒔けたとしたら

種を蒔く作業は
ほんの一瞬でも

蒔かれた種に
水や光や栄養を与えながら育てていくという過程は
時間がかかるし、
お客様がコツコツと積み重ねていく作業です。



あっという間に手に入る幸せか?と言われたら

お片づけで感じる幸せは

一段
一段
ゆっくり階段を登る作業のように表現されるのかもしれないけれど…

登りついた先に見える景色は

育ててきた人や時間を決して裏切らない。



Sちゃんもね

ずっと
ずっと

続けてくれているんです。

『 暮らしを整えること 』を。

それもね、今では楽しみながら😊




お片づけは
時間がある人がするものと思われがちですが…

忙しい人ほど
お片づけでラクに暮らしてほしいなって思っています。


モノに振り回されず
自らが癒される時間がある暮らしを
お片づけで手に入れていただきたいです🏡





今日も気持ちよい風が吹いています。

風が通る暮らし

ご提案したいhaco+です🌿




お片づけサービス特別価格→→blog

残2枠です






ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村








[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-29 12:17 |   ├ 声 | Comments(0)
うまく書けるかな…

今日は、可愛らしい2人の女性をお迎えしてのお片づけレッスンだったhaco+ののりです。

b0345376_16293530.jpg


庭の木香薔薇をウェルカムフラワーにして
待ちました。



胸がいっぱいで

1人泣いてしまう私がいます。

彼女たちが帰った今

木香薔薇がいけてあったジョーロが空っぽになっていることがうれしくて。

b0345376_16544363.jpg




レッスン後のおやつに添えた花も
今、我が家にはありません。




帰り際に

おやつに添えた小さな木香薔薇を

持って帰ってもいいですか?

って1人の方が尋ねてくださいました。


そしたらね

お花が大好きで

だけど…大好きなことを見ないようにしてきたもう1人の方が

わたしもって言ってくれました。


添えた花だけでなく
いけてる花も持って帰っていただきました。



haco+の+(プラス)は

思わず花を飾りたくなるような気持ちを
日々の暮らしの中にプラスするお手伝いがしたいという気持ちが入っています。

屋号がついた時から
一度も変わらない気持ちです。



今日、出会ってくださった2人の女性の暮らしの中に花が飾られること。

自分にために花を飾りたくなったこと。

家族にも花の美しさをおすそ分けしたい気持ちになったこと。



本当に

本当にうれしくて。



雑誌の中のような収納をお伝えしたいんじゃなくて

思わず花を飾りたくなるような

特別なことなど何もない日常からも
小さな幸せを見つけることができる暮らしをお伝えしたい。



目くじら立てて
自分や家族を見張るのではなく

少々散らかっていても

大丈夫♪大丈夫♪

と大らかな気持ちで見守れるお片づけをお伝えしたいんだ!わたしはって

改めて気づかされた時間でした。




わたしのぶっ飛んだ日常に

沢山笑ってくれたお2人。



笑うって大事ですねって話す表情や

思い出し笑いをする無邪気な表情に

わたしのこれまでの滑稽にも思える生き方も
この方たちの笑顔に繋がっていたんだと思うと
とってもうれしかったです。



心から笑ってくれたことが

本当にうれしかったです。




添えられた小さな花に想いを寄せられるって

思わず暮らしの中に花を飾りたくなるって

心が少しほぐれた証だと感じました。



可愛い2人の女の子へ


花を見るたびに
いっぱい笑ったことを思い出してください。

本当は花のある暮らしを楽しみたかったのに
我慢していた自分の頭を
よしよしってしてあげてくださいね。

初めて出会った2人なのに
お互いの気持ちを大切に受け止めていく姿も
私を幸せな気持ちにしてくれました。

ありがとう。




木香薔薇が咲いていてよかった。

木香薔薇を飾ろうと思いついてよかった。

木香薔薇を持ち帰りたくなる時間を過ごせてよかった。



全てに意味があった…

そう思えた時間でした。




うまく書けるかなって思いながらも

今、表現したくて…


読んでくださり

ありがとうございました😊





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村






[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-27 15:59 | 暮らしのレッスン | Comments(2)
ピンク色

レースにリボン

ゴロンと横になって食べるアイス



グレーや黒で長いことオシャレをしていて

も〜〜みんなキチンと片づけてよ〜〜って長いこと思っていた方が

カウンセリングの中で
思い出していった本当の自分。



本当の自分に蓋をしてきたのは…

ひとつ
ひとつ
ひもといていく中で

無邪気な表情や言葉が顔を出す。



キチンとしてる人だと思っていたのではなく

キチンとした人としてでないと
自分を守れなかった日々。


本当は

ごろごろアイスだって大好きなのに😌

ごろごろアイスを大好きでいていいのに😌




お片づけレッスンよりも

カウンセリングを先に希望された彼女は



お片づけレッスンを学ぶ目的が
全く違うものになりました。


カウンセリングの始めに書いていただいた理想の暮らしは

カウンセリング後には
ほとんど書き換えていました。




カウンセリングで見つけていくのは


あなた本来から望む暮らし。





家を建てるとき

お片づけが苦手なのに
全て見せる収納にしたわたしの暮らしは

わたしのことを無視して描いた
絵の中の理想の暮らし。



なんとなく伝わるかな?



わたしが
わたしの理想の暮らしを描く時に

お片づけが苦手でもいいんだよってことから受け入れていくことが大切だったのに

そこをすっ飛ばしての

誰かになれたらやれるかもしれない暮らしを
理想の暮らしと思い込んでいました。


だから
キツくなるんですよね。







お片づけを学ぶことは

キチンとした自分になることではなく

自分のまんまで
モノや片づけに振り回されない暮らし方。


お片づけのスキルの前に

わたしはどんな人だろう?と考える時間は外せません。




ピンク色が好きな彼女からの報告は

苦手なことは苦手と伝えられたり

朝寝坊してみれたり

行きたいところがあることを
ちゃんと言えたりと


今まで
してはいけないと決めつけていたことで
こんがらがっていた自分の気持ちという糸を
ゆっくり
ゆっくり
ほどいていってくれています。


から結びの糸は硬いけれど

ほどけていく糸は柔らかい。



硬くなっていたハートが
少しずつ
柔らかくなっていく。




子どもの頃

ほどけない糸を

『 ねぇ、ほどけないから手伝って 』

って言えていたように


硬くなったハートを柔らかくするのに

『 手伝ってほしい 』

って言ってもらえるhaco+でありたいと

彼女の日々の報告から想うのでした。





まだまだ、書きたいことがあるのですが😆

今日はこのへんで…🌝


b0345376_22102293.jpg







読んでくださり
ありがとうございました。





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-04-26 21:42 | 暮らしのカウンセリング | Comments(0)

くらすこと研究家のhaco+のnoriです。暮らすこと、住まうこと…モノと向き合う、自分を大切にするをコンセプトに活動するhaco+の日々を綴っています。


by haconori