暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

今朝は布団の中から出ることができなかったhaco+ののりです。


久しぶりの不調でした。


身体からサインが来たんだから
素直に受けとる。


こういう時は
心まで沈みがちになるから

まずは身体を温めることをやって
ひたすら眠りました。


気になる仕事もあるけれど

今日は身体の日としました。



夏からずっと逢いたいなって思っていた人がいて。

いろんな夢を見た昼寝から目が覚めた時

逢いに行こうって電話をかけました。



その人は…

70歳の整体の先生。


先生にしばらく逢えてなかったのは

わたしが元気だったってことだから

とってもうれしいことなんだけど


花が好きなわたしに

「 あなたはね、いつか花の妖精に逢えるよ」

って言ってくれる先生が大好きで、

仏さまみたいな優しい顔が大好きで、

よくおしゃべりされるところも大好きで、

大切な人です。




なんにも話さなくても

わたしのことが見えるかのような話をしてくださり


今日も身体をほぐしていただきながら
心もほぐしていただきました。



しばらく逢わない間に…って

帰り際に先生からいただいた言葉を
大切に抱きしめながら帰って来ました。




あなたにはね…って

いつも神さまの話をしてくれる不思議な人で

わたしが部屋に入って来た時から
わたしを感じてくださっているのがわかります。


そんな人になりたいなって言うわたしに



そんな自分である為に
僕はね
大自然を師と仰ぎ

自然の中に身を置き
美味しいものを食べ

無理をしないんだよって
笑って話してくれました。



先生はいつも
自分が投げかけた言葉を
わたしに委ねてくださいます。

受けとっても
受けとらなくても
いいんだよって。




あの日のわたしは
そんな気持ちが足りなかったんだなって
思い当たることがあるから

今日
先生は
ご自身の在り方で
わたしに教えてくれたんだって

じんわりくる
何とも言えない気持ちになりました。




押しつけがましいお節介を焼いたように感じた日から

自分を責めていた時間も多かったけど

明日から

先生の在り方を思い出しながら

少しずつ成長できたらいいな。



わたしも70歳の時に

あんな優しい顔をしてたいなって思いました。



b0345376_21514456.jpg

先生の庭の銀杏の木と青空は

整体中に夕焼け空にかわり

整体終わってウトウトした帰りには
三日月が綺麗な夜空に。



体調不良のおかげで

また一つ

道がひらけたような気がしました。























[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-10-24 21:16 | ■わたしのコト | Comments(2)

絵本とわたしの道。


目を閉じて

それぞれが
それぞれの中で感じてもらえるような

そんな
詩や絵本の朗読がやってみたいhaco+ののりです。



絵本が大好きな友だちが

そんなわたしのささやかな夢を知り

自分の大切な絵本を持ってきてくれました。


ねぇ、読んで

ってお願いしてみたわたしです。



b0345376_14355401.jpg

友だちに絵本を読んでもらうのは
何回もあったけど
すごく久しぶりで

あっ

友だちの絵本への想いが
強く大きく優しくなってるって気づきました。



友だちの声は

気づきを与えるために読んでるのではない


さぁ、自由に感じてね


っていう

何て言うのか…わたしはとても自由でした。


ストーリーを受けとってもいいし
この時間を受けとってもいいし
絵を受けとってもいいし
受けとらなくてもいい。



わたしが受けとったのは

静かで壮大なシアワセ感。


友だちがいて
猫がいて
わたしがいて
今があって。


そんなことがうれしかった。



ふと
読み終わった後に
友だちからもらった絵本のことを話したくなって。





わたしは、友だちともう1人の方に
同じ時期に
同じ絵本をいただきました。

「あたたかい木」

という絵本の中の大きなあたたかい木を
わたしのようだって言う言葉と共にいただきました。



うれしかったのに

読めば
読むほど

あたたかい木とわたしは
似ても似つかないって

何だか
友だちとあたたかい木に申し訳なくなって

本棚から取り出して
封印してしまっていました。


そんなことを
思わず話し始めたら
涙が出てきて

ずいぶん前にいただいた絵本を
今やっと
わたしの絵本として迎えられる気がしました。


いっぱい失敗して
いっぱい哀しくなった日々を

大切な通り道だったんだって

時間をかけて受け入れ
光に変えられたんだと思います。

言い訳も
理由もいらなくて

ただ
そんな日がやって来たってこと。



友だちが帰ってから
あたたかい木の絵本を取りだすと
当時の切なさが再びよみがえったけど

その時に味わった気持ちが
今の自分へと繋がっていることを
わたしは
ちゃんと知っているんだなって思いました。



封印していた絵本が本棚に戻ってきたこと

読んでもらった絵本を気に入ったわたしを見て
友だちが友だちの大切な絵本をプレゼントしてくれたこと

この絵本を朗読する自分がイメージできたこと

その全てがうれしい日でした。




のりちゃん
いつも幸せそうねって言ってもらえることは
すごくありがたくて。

よく笑うし
よく食べるしね☺️


だけど

よく転んできたのですよ  わたし😉



昨夜も信号無視の車が
わたしの車にぶつかってきたのですよ。


だけど
わたしは元気です。


それがうれしいです。


















[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-10-21 14:30 | ■わたしのコト | Comments(0)

苦しかったはずなのに…

いっぱい笑って

自由になって

優しくなる。


わたし
こんなお片づけが大好きで

わたし
こんなお片づけをしてきての
今のわたしがいて

わたし
こんなお片づけをお伝えしたいんだよねって

彼女との時間に
たくさん感じたhaco+ののりです。



愛おし過ぎる彼女との時間と
彼女が感じたことを綴らずにはいられなくて。

だけど
まず
彼女が感じたことからお届けしたいと思います。


どなたかの参考になるのなら…是非って言っていただきました。



b0345376_11590781.jpg

教科書が机の引き出しの中にあると
わかりにくいって言った長男
あまり机の上に置きたくないなぁなんて
思っていて
頑張らせてた

学校に行く直前
ないない!って言って探して
私もイライラしてた
ぐちゃぐちゃな机の上を毎日私が片付けるのもイライラしてた

だから
のりさんにアドバイスもらって
卓上に置けるものを探した今日

今までの私なら
自分の好みで
1500円の木製の本棚を買ってしまうとこだった

まずはお試し!
そう言い聞かせながら
買いそうになる気持ちと手を抑え
ふらぁっと100キンへ

クラフト紙の間に仕切りがあるファイルを発見
これだ!と思い購入
長男はすごく嬉しそうに
自分で教科書やノートの位置を決めた

わかりやすいようにノートとか書いていい?って聞かれて
気持ちよく
いいよぉ、って答えてあげられた

きっと
木製のしっかりしたものを最初から買っていたら
ダメっ!
って言ったに違いない

暮らしをくふうするって
こういうことなんだなぁと
じんわり感じた日




ファイルに記された文字を

彼女は

愛おしいって言った。



「 かぁちゃんがチェック」

わたしはこの

かぁちゃんって響きにきゅんとなったし

この文字も
このファイルがある風景も
今しか味わえないんだよねってきゅんとした。



この優しいかぁちゃんは

お片づけって言葉が好きではなくて…
大好きなもの探しの旅って名づけて
彼女オリジナルな暮らしに向けて歩み出した人。


彼女オリジナルな暮らしのために
自分と対話して
それから
家族の暮らしとも対話し始めました。



b0345376_12213445.jpg

優しいかぁちゃんの台所のシンクの下には
ティッシュのストックも
鉛筆削りもある。

どこかの
誰かの家の基準ではなく

彼女が
彼女らしく家族と暮らしていけるくふうが
そこにはあって


これを見た時

「 もう大丈夫だね!」

って気持ちと

「 ありがとうね」

って浮かんできました。





これなんだよね
haco+が伝えたいことは。

暮らしのくふうって
こういうことなんだと思います。

お片づけって
キチンと厳しくなることじゃなく
ふわぁっと優しくなることなんだと思うのです。




彼女はね
朝、子どもたちを送り出す時に
ガミガミ言っちゃった朝も
気持ちいい笑顔の行って来ます!をつくりだすくふうとして
「かぁちゃんの魔法のキャンディー」
を手渡す優しい人。

わたしも保育園に行きたがらない娘に
お腹の中にママがいるよって
魔法のアメを娘の口に入れてた懐かしい日々を思い出しました。




彼女とのお片づけは
いっぱい笑った時間でもありました。

そのことも
次回、綴りたいと思います。



Mちゃん  ありがとうね😌
大好きだよ‼︎







只今募集中

「 わたしに還る、お片づけ」レッスン

★ 日時        11月21日    28日  
                    10時から(2時間半)

★定員         各4名 (21日残2席 28日残4席)

★場所          haco+自宅(大分県日田市)

★受講料      4000円




申し込み開始いたします。
年内最後の自宅レッスンとなります。
よろしくお願いします✨



注)必ず希望日をご記入くださいませ。


その他のメニュー、お問合せもHPからお願いいたします。

✳︎10月のご予約枠はいっぱいとなりました

✳︎11月の予約枠も少なくなってまいりましたので、早めのご検討をオススメいたします😌



b0345376_07475303.jpg








ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-10-21 11:43 | ■お片づけサービス | Comments(0)

今日は娘がわたしにもつくってくれたお弁当を持って

楽しみにしていたお片づけサービスへ向かったhaco+ののりです。




幸せ過ぎて

楽し過ぎて

言葉にならないくらい

お客様のおかげで

この仕事をさせていただいてる意味や

これからも大切にしていきたい気持ちを

再確認することができました。



理想としてたお片づけサービスや

haco+の在り方や

haco+が想うお片づけってね…とか


そんないろいろが

叶ったり

わかったり

伝えたくなったりで…。




気持ちが落ち着いたら

綴りたいと思います。




今日の出会いに感謝です。

ありがとうございました。



b0345376_20560099.jpg


[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-10-17 19:57 | ■お片づけサービス | Comments(3)

娘作のお弁当。


今朝、目が覚めたら
隣の娘がいなかったhaco+ののりです。


たしか…聞き慣れない目覚ましのアラーム音がしたような。

布団の中の私に伝わってくる
台所の気配と香り。


もう少し布団の中に居ようって思いました。




いつもの時間に起きてみると
 
b0345376_07373717.jpg

もうフタがしてあるお弁当箱が2つ。


娘が冷蔵庫にあるものでつくったお弁当。



自分のは力尽きて質素になったっていうけれど…

b0345376_07391931.jpg

よくできてる😊


いつもより清々しい顔をしている娘は

「 なんだか気持ちいいね!」って。



そっか
そっか。

私だけうれしいんじゃなくて

娘もうれしいんだね。


「 ねぇ、ママ 楽できる?」って。



もちろん😌

こんなにゆっくりな月曜日の朝は
いつぶりだろう?

送り出す前に
珈琲を座って飲めるなんて。

夕食の支度もできちゃうね。



早起きした娘が
学校で居眠りしませんように。


娘と約束してるカレー
美味しくつくろう🍽

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-10-16 07:33 | ■子育て | Comments(0)