暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

昨夜は大きな大きな満月がうれしくて
外に出て
月明かりを浴びて
願い事をしたhaco+ののりです。


6日の仕事始めはカウンセリングです。
今月は、カウンセリングの予約がいっぱいです。

夢みたいです。



目の前の人が
自分のことを
ポツリ
ポツリとお話してくれる。

こんなこと言っても大丈夫かな?

最低ではないかな?

びっくりされないかな?

なんてドキドキしているのがわかります。



そんなこと言っても大丈夫だし
最低なんかじゃないし
びっくりなんかしませんよ。



少し遠慮がちに生きていたり

自分の良さより
自分の足りなさを感じることが上手になっていたり

褒められても受け取れなかったり。



私は
そんなあなたが大好きです。





昨夜も
ゆっくり耳を傾けていたら(カウンセリングではありませんでした)

その方が思う自分と
私が思うその方は違いました。


その方から見た自分の至らなさは
私から見たら、その方にしかない良さでした。



真似したくても真似できない良さでした。



でも
なんだか
それを
うまく伝えられなかった気がしました。


うまくなんて伝えなくていいんだけど
うまく伝えようとすると
更に私はトンチンカンになってしまうんだけど

もっと
私に言葉があったらなって思いました。



素敵
とか
素晴らしい
とかいう言葉ではなく

もっと深みのある
その時にしか生まれない言葉を届けられたらなって
眠る前お布団の中で思いました。



また会えばいいってことではなくて
その時に
目の前の人が話してくれた言葉と表情は
その時だけのものだから

その瞬間の大切さを感じるからこそ

私が受け取ったことを
その人のための言葉であらわしたかったな。




私は言葉から
情景が浮かんできて
その人の周りの人の想いのイメージがわいてきます。


話しをしている方より前に

すごく大丈夫なことや

その方が知りたかった周りの人の気持ちが
手に取るようにわかってしまいます。


その方の生き方が
とっても尊いことも。



飾り立てた言葉ではなく
溢れるように思わず口から出る言葉が
私が届けたいメッセージ。




溢れる想いを
言葉で届けられる私になります。

待っていてください。



どうやったらそんな私になれるのか
まだわからないんだけど

今日から使う真っ白な布巾を
大事に使っていく
とか

b0345376_11313494.jpg


すこしゆっくりペースでごはんを作るとか

b0345376_11320665.jpg


暮らしの中に花をたやさない
とか

お便りを書く
とか

そんな日々の積み重ねをやりながら
見つけられたらって思います。



もちろん
6日からのカウンセリングも
今の私にあるもの全部
総動員させてのぞみます。





ずっと
ずっと逢いたかった方に
やっと逢える6日です。
場所は喫茶店。
お土産も準備完了です。





1月の予約枠はわずか(12、18、19日)
2月のご予約も入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg


















[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-03 10:48 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

あけましておめでとうございます🎍

b0345376_17050971.jpg

31日の朝には
ひとり晦日詣でへ行き
父のお墓にもありがとうを伝えて来ました。

なんだか新しい年を迎える準備が
滞りなくできたように思え
1月1日に日付けが変わった瞬間
とっても気持ちが静かでした。

みなさんはいかがですか?


新しい一年の始まりにどうしても綴りたかったのは2017年、最後にわたしに届いたメッセージです。

大学で出逢った友だちが
わたしのblogを見つけてくれるという奇跡みたいなことから
彼女のお母さんとしての歩みに変化があったと
メッセージを届けてくれました。

春には息子さんが巣立ちを迎える彼女が
一年の終わりに綴り届けてくれたメッセージは

なんて表現したらいいんだろう…
このblogという場所が
はじめた頃は
わたしの自己満足の場所だと思っていたのに
いつの間にか
誰かの心にも届き
まるで逢って言葉を交わしたかのようなことが起きていることが不思議です。





今年、のりのブログを偶然にも見つけられた事が私の1番の出来事。見つけてから、今までの全部見てから私は全部が軽くなったの。私は私でいいんだと思えた。いろんな事が不安でいろんな事に周りの目を気にして、いろんな情報に振り回されて。自分と大事な家族の気持ちを後回しにしていた事に気づけたよ。今夜は疲れたからお惣菜買ってきた〜、明日の朝は遅くまで寝てたいから弁当作らないから買って〜の私の方がなんだかみんなが笑って私自身も笑えてまた次の日は笑って頑張れる。毎日笑顔なく必死すぎるより、たまにはダメダメ母ちゃんの方がみんなが笑って過ごせるしお話する時間が増える。世間体を気にするより、自分の気持ちや家族の気持ちが一番大切なんだと大事な事に気付かせてくれて、ありがとう。



勉強熱心な彼女らしく
blogを全て読んでくれて

お母さんが幸せって
どういうことなんだろう?

子どもの幸せって何なんだろう?

自分はどこを見つめて子育てしてきたんだろう?

って
沢山の問いかけを自分にした時

息子さんが目指す夢の最大の応援者になり
笑顔が溢れる女性になれた。



わたしは
素敵な子育て論は持ちません。
だから
blogでも子育て論は語れません。

あったことを
そのまま書くことしかできないし
その時感じたことしか書けません。


だけど
そんなわたしの日々の中から
こんなに沢山のことを受けとってもらえる今が
本当にうれしいです。



わたしは素敵な子育て論は持ちません。
だけど
お母さんであるわたしは
エラくもない
しっかりもしてない
なんてことないちっぽけなわたしであるんだってわかった時

上から見おろしていた娘たちへの視線を
娘たちの目線までおろすことができた気がします。

44歳のわたしで考える前に
20歳や16歳のわたしになってみたりするようになりました。

そしたらね
娘たちはがんばっているし
尊敬してしまうのでした。



友だちも
18歳の息子さんが見つけた夢に向かう姿へ向けられていた視線が

自分を許した時に
息子さんの目線まで降りてこられたんじゃないのかな。



自分に厳しかった友だちが
自分に優しくできたとき

友だちの心は
これまでになくあたたかくなり

そのあたたかさは
独り占めなんかせず
ちゃんと大切な人へとおすそ分けされていくんだと思います。





「ママのblogなんて、誰が読むのかな?」

娘に笑われながら始まったこの場所が
一人でもこのblogに出会えてよかったって言ってもらえる場所になったことは
思いがけないギフトでした。




今年も綴り続けます。

わたしの細やかな毎日や
出逢ってくださる方々の輝きを
ありのままに。


どうぞ

今年もよろしくお願いいたします😊

b0345376_17134604.jpg






              2018年1月1日     haco+  のり


[PR]
# by coharubiyori529 | 2018-01-01 11:58 | ■ごあいさつ | Comments(0)

今年の手帳を使いはじめる時

12月31日の最終日のマスの中に

最高にしあわせ過ぎる一年でした!

って書いたhaco+ののりです。



わたしの一年。

うれしいことも
悩んだことも
怒ったことも
涙が出たこともあったはずなのに

今日、カーテンを洗濯したり
セーターを手洗いしたり
日なたで繕いものをしてると

水が出てくれることにありがたさがわきあがってきたり

日なたに座って針を持つ自分の姿に
こんなことが好きって思えたり

あぁ

わたし、手帳に書いた一年の終わりを迎えられたんだって気づきました。



水なんて
毎日出てくれてるのです。

日なたで繕いものをしたければ
いつでもできるのです。


だけど
流れる時間の中にいる時
全てが当たり前になっていたり

時間の流れをゆっくりにできなかったり

無意識のうちに
心の中にある繊細なアンテナを無視してしまうことがあります。



今日
洗濯ができることがうれしくて
日なたで
大事なブラウスの補修をしてる時間の流れがうれしくて

わたしの心の中の繊細なアンテナが
生きていることがうれしかったです。



悩んだり
泣いたり
怒ったりしたことも
わたしの大事な生きた証だけど

せっかく出逢えた喜びや幸せを消す理由にはならない。



怒ったのもわたし。

笑ったのもわたし。

泣いたのもわたし。


どの自分も
何かで打ち消すことなく
どれも本当のわたしだということを

今年は
去年より少しだけ
受け入れ上手になったのかもって思います。



水が出ることに感謝が溢れたなんて
綴ろうとすると
なんだかくすぐったくなってしまったけれど

うれしかったから。


一年が終わる時に
こんな気持ちになれたことが

すごくうれしかったから。




ありがとうございます。
おかげさまです。



この一年も
わたしはわたしのことを知るのに一生懸命でした。

かっこつける自分に出会うと
なんだか心がざわざわするし

かっこつけない自分に出会うと
軽やかに心が弾むことを知りました。


そして
何よりだったのは

かっこつけないわたしでいると
わたしと一緒にいる人たちも楽しそうだということを知れたことでした。




わたしもまだまだ道の途中です。

そんなわたしが
haco+としてお伝えしていきたいことは

こんなトンチンカンで
ゆったりペースのわたしでも
暮らしの中の細やかな楽しみ見つけや
気持ち良く暮らす工夫ができてきたのだから

みんな出来るよ!

ってことなんです。


誰かの先生になりたかったのではなく
踏み台になりたかったんです。


のりちゃんが出来たんだから
わたしもやれる!って。


そうだ
そうだ。

飛びたいのに飛べない時に
少しチカラを貸してくれる踏み台。


わたしは
それになりたかったんだと思います。



かっこつけてたら
わたしは踏み台ではなく
コーチになってしまいますよね。


来年もhaco+は

haco+ののりを必要としてくださる方の

踏み台になります。


フワッと持ち上げるから

飛びたいだけ飛んでくださいね‼︎



来年もhaco+ののりでいれる事がうれしいです。




今年一年だけでなく
これまで関わってくださった方々へ

本当にありがとうございました。


もしよかった

来年もよろしくお願いいたします。




b0345376_21544211.jpg

昨日買ったピンクのラナンキュラスは
掃除が終わった寝室へ。
お香を焚いて
この一年
わたしのカラダをささえてくれたことに
感謝を込めました。


b0345376_21561847.jpg

クリスマスにはアドベントクッキーが飾られた枝には

新しい年に飛び立つ鳥をイメージして
工作して
飾りました。



わたしにしかない羽

あなたにしかない羽


その羽を
誰に遠慮することなく広げて
大空を舞えますように。


誰かの羽や
誰かの舞い方を気にすることなく
あなたらしく舞えますように。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。



            2017年 12月30日

                    haco+  のり








[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-30 21:23 | ■ごあいさつ | Comments(2)

ポストや玄関先に届き続ける想い。

どれも
わたしのことを想っての言葉や物たち。

そのひとつ、ひとつを
大切に愛でることから
愛を受け取るということをはじめてみるhaco+ののりです。



たった一輪の花を差し上げた人からは
その花を感じてくれた気持ちが
美しい便箋や文字にのって届きました。

一輪のピンクの薔薇を選んだ時
すでにわたしはしあわせでした。
だから
渡せただけでよかったのに…お便り、すごくうれしかったです。

ありがとうございました。




お片づけを一緒にさせていただいた方からは
福岡へ買い物に来たら
わたしを思い出したからって

b0345376_19351999.jpg

わたしが大好きな喫茶店が描かれたノートが送られて来ました。
思い出してもらえただけで十分なのに

買って
それを包んで郵便局へ…と
時間も足も気持ちもかけていただきました。

感動して泣いてしまったよ。
ありがとうね。



中学生の時に出会っていたけど
改めて再会したという表現がぴったりな
昔から
優しい声と言葉で話しかけてくれていた友だちからは
玄関先に
食べてみたいなって思っていた野菜が届けられていました。
b0345376_19393160.jpg

その気持ちと野菜にありがとを表す料理ができたらなって
考える時間が楽しかったこと‼︎

b0345376_19495314.jpg

日頃は使わないナイフとフォークを出して
背筋を伸ばしていただきました。

ありがとう😋




わたしがクリスマスやお正月の準備をするのが大好きだって知ってる友だちは
好きにアレンジしてみてねって
お正月のお花を玄関先に置いといてくれました。

b0345376_20450779.jpg


いつもは買って準備する床の間の花が
今年は友だちからの贈り物で飾れることに
なんて
しあわせな年の瀬なんだって
やっぱり
わたしは胸がいっぱいになりました。

彼女からの花を飾るために
掃除も念入りにやりました。


いつもありがとね。



来年のお片づけお手伝いが決まってる無邪気に笑う女の子からは


のりさーん(´;ω;`)

私も
のりさんに出逢えて
もっと自由に私がすきなことを
ひろい集めていいんだぁって
何かわからない紐で縛られてた
背中の羽根がね
広げられた気がするんです。

のりさん
ありがとうございます(*´꒳`*)❤︎


って届けてもらって。
その広げられた羽を感じる度に
わたしがしあわせだったんだよって思ったりして。


来年も一緒に笑おうね。



そして昨夜
ずっとお手本にして来た人に会えました。
その人からいただいた沢山の言葉を
一語一句忘れずに記憶することは
わたしにはできないけれど

安心して
安全を感じて
あたたかくて
うれしくて…そんな空気間は身体と心が記憶しています。

これからのわたしのチカラになります。
ありがとうございました。



そして今日
絶対に顔を見てお礼を伝えたかった人に会いに行きました。

かわいいピンク色のラナンキュラスを抱えて。


姉のような
母のような
友だちのようなその人から
この一年いただいた光に照らされて
わたしは
のびのび生きれたように思う気持ちは


ラナンキュラスの
優しいピンク色と
まぁるい形で伝えられた気がします。

自分のためにも
おんなじラナンキュラスを3本買いました。

b0345376_21323045.jpg



クリスマスプレゼントをくれた小さな女の子には
赤色のチューリップを買いました。

お花の買い物
楽しかったな。




大好きだよって
とても素直に表現することが増えた一年だったと

年の瀬のやりとりで
また、改めて感じました。


大好き
かわいい

感じた時に
躊躇せず伝えたい。


伝えたい人がいる限り。



こんなわたしのこと
みんながわかってくれていること
受け入れてくれていることにも

ありがとうございます。



来年も

思った瞬間に
大好きだよって言うからね。

感じた瞬間に
かわいいよって言っちゃうから。

胸がいっぱいになったその時に
ありがとって伝えますから。



どうぞ
少しうっとうしいわたしですが

これからもよろしくお願いいたします。




あなたにも
あなたにも
ありがとうが届いていますように。





小さな声で…
kokoさん、ありがとうございます😌
元気ですか?
お会いしたことがないのに
たくさんパワーをいただきました。
ベスも元気です。
大好きです。




                                   haco+   のり



[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-29 20:44 | ■わたしのコト | Comments(0)

クリスマスも終わり
大掃除が気になっている方もいらっしゃるのでは…。

年に一度と思うからか?
ゴミ袋片手に捨てるお片づけをする前に
ちょっと読んでいただけたらと思うhaco+ののりです。


大掃除
とか
年末のお片づけが
年々、楽になっていますか?


先日、お片づけを一緒にさせていただいたお客様から



今日は、玄関の掃きそうじをしました。
夏にお片付けしていただいたおかげで、数分で、スッキリなるようになりました。
年末にイライラして掃除をしていたのが嘘みたいです☺





こんなメッセージが届きました。



こんな気持ちを味わっていますか?



毎年
毎年
楽になるどころか?
大変になっていたり

途中で諦めたり

大掃除やらないって決めたり


今のあなたはどうですか?



わたしは先日
書類の整理をしました。

重い腰を上げたのではなく
見直したくなる仕組みのおかげで
年に2回ほど見直します。

だから
探し物がなく
必要な書類を把握し
いつでも取り出せる安心感は
わたしの暮らしを楽にしてくれています。


そうなんです。
楽にしてくれているんです。


年に2回も見直すの大変💦
ではなく
年に2回見直したくなるんです。


この違いわかるかな?


我が家にある引き出しや箱やファイルボックスの中身も全て出して
見直しをして
拭き上げました。


大掃除としてしたのではなく
整えたくなったから。



そう言えば
一緒にお片づけさせていただいて
その後も自分で家中見直しをした方々のお家は

大掃除
大掃除って言ってないな〜〜って
今、気づきました。


もちろん
お正月を迎える!という気持ちでお掃除するとは思うのですが

いつもより
ほんの少し丁寧に…そんな感じです。



いつ伺っても
家が軽やかで気持ちいい。


ちょこっと滞在するわたしまでも
癒されたりします。



年々、暮らしが軽やかになっていますか?

年々、片づけや掃除へのプレッシャーが軽くなっていますか?



何度も
何度も片づけてるのに
今も片づけで悩んでるとしたら…

どうぞ
来年は楽になってくださいね。



年が明けたら
haco+に会いに来てください。


お片づけは

わたしたちの暮らしと

わたしたちを

軽やかにしてくれるものだから…

そのことを

大切にお伝えしたいと思います。



本気で今

暮らしと自分と向き合いませんか?



誰だって
楽に暮らしていいのだから。



b0345376_20335426.jpg

楽に暮らし始めた時
片づけることに一生懸命だったわたしが
暮らしを楽しむことを本気で始めたように思います。

見せかけの楽しそうな暮らしではなく

わたしがホッとして
わたしがわたしの家に癒されて
安心してくつろげる場所へと変化を始めたように思います。


b0345376_20373155.jpg

やっと届いた燭台も
友だちが教えてくれた絵本と
先に出逢ったお米の蝋燭を
本気で味わいたかったから手に入れました。

日本の職人さんの手作業で生まれたものと
蝋燭の物語を
薄暗くあたたかな部屋で味わうことは

わたしの心地よい暮らし。



勘違いしないでくださいね。

わたしの心地よい暮らし

ですからね!


蝋燭
絵本
薄暗さ

これはわたしの心地よさ。



お片づけの先にあるのは

あなたの楽で心地よい暮らしなのです。





1月の予約枠はわずか
2月のご予約も入りはじめています。
新しい1年を心地よく過ごすお手伝いができますように…。

プライベートレッスン
ペアレッスン
出張レッスンやカウンセリング
あなたに合った方法で出会っていただけますように。



haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠



b0345376_23590400.jpg

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-12-26 16:06 | ■お片づけレッスン | Comments(0)