「ほっ」と。キャンペーン
片付けというより
心を大切に
暮らしを楽しむ方法を伝えてる人。


こんなにうれしくなる表現で
わたしを、その方の周りの大切な方々にご紹介いただいてることを知りました。


ありがとうって想うと
また胸がいっぱい、涙いっぱいになるhaco+ののりです。




haco+が歩み始めた頃

わたしは、お片づけを伝えることに必死だったと思います。

実際に行動してもらえるお片づけ。


まさに

お片づけの先生みたいな。




今朝もね

心が落ちつかない時は

窓を磨いたり
ゆっくり珈琲をいれるといいんだなって

haco+と出会って知りましたって
メッセージをいただきました。


窓を磨いていると
自分の心のくもりに気づかれたとか。



窓を磨くことも
ゆっくり珈琲をいれることも
この方の暮らしのくふう。

自分が気持ちよく暮らせるくふう。



そう言えば

屋号を考えるときに

わたしは

整理収納や片づけと言った表現を使いませんでした。

『 暮らしのくふう工房 haco+ 』



お届けしたいことは
お片づけだけではないという確信だけはあったから。

モノを捨てるとか
キチッと収納するとか

それだけではないし

もしかしたら

そんなことではない気がしていたのかも。



わたしが
心を大切に
暮らしを楽しむ方法を伝える人であるとしたら

わたしとの出会いから
窓を磨くことや
珈琲をゆっくりいれることで
自分が整うことを知った人がいてくれることは


haco+の歩みが
わたしが思い描いたようにすすんでいるということかなって。


片づけのビフォーアフターをblogに載せる気持ちにならないのは(写真すら撮らないことばかり)

綺麗になった!を観ていただきたいのではなくて

お片づけにのぞむまでの気持ちから

お片づけ中

お片づけ後の暮らしの変化や、心の変化が

haco+の大切に想うところなんだと

今日は

少し気持ち強く伝えさせてくださいね。



綺麗になった部屋や収納も
わたしたちを支えてくれるけど

1番は
暮らしを楽しめるようになった自分の気持ちの変化が
自分を支え続けてくれるのではないかな?って

今日は文字にすることができました。



なんだかホッとしました。


ここのところ

ゆっくり
ゆっくり

わたし自身も

自分と
自分の暮らしと
再度向き合っています。


何かをあたためてるような
何かを選択してるような時間を過ごしています。



その中の一つの答えが

このblogのようです。




これからも

自分なりの暮らしのくふうを楽しめたり

自分で自分を整えられたり…

そんなことを

お片づけと心を軸に

お伝えしていきますね。



haco+の暮らしのレッスンには

『 心 』ははずせないし

『 暮らしを楽しむこと 』

『 ラクになること 』

もはずせない。



まるで決意表明みたいなblogを
最後まで読んでくださり
ありがとうございました!




おまけ

お気に入りのスカートは
外から帰ったら着替えるって思っていたけど…お気に入りのスカートに、お気に入りのエプロンに、お気に入りのルームシューズだと
家事がうれしくなることを知りましたの図。

b0345376_10015197.jpg



台所に
自分に向けて飾る花の可愛らしさに
支えられるってことの図。

b0345376_10015166.jpg



どれも
わたしの暮らしを楽しむくふうです。


お片づけの先に待っている

自分のための暮らしのくふうを楽しむ日々です。







ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-01-31 09:21 |   ├ haco+の歩み | Comments(0)

いつもありがとう。

昨夜、blogにコメントをくださった方をはじめ

わたしの想いのままに綴る文章を

楽しみにしてくれていたり

共感してくださったり

ホッとして眠れる儀式のように読んでくださったり



本当にありがとうございます。



わたしの日記のような

わたしからの手紙のようなこのblog


これからも

よろしくお願いします。



今日は

お葬式に参列してきました。

帰ってから

お風呂にキャンドルを灯し

静かに瞑想をしました。



ありがとうって伝えたい人がいてくれることが
当たり前ではない気がしてならなくて。


このblogに

haco+ののりに

出会ってくださり

本当にありがとうございます。





b0345376_20340570.jpg



[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-01-29 20:26 | Comments(0)
郵便屋さんが手渡してくれた小包に泣いてしまったhaco+ののりです。

お片づけ講座で出会い
赤ちゃんにミルクをあげながらの再受講をし
暮らしのカウンセリングで
理想の自分像だと思っていたことが
世間に認められる理想像だったことに気づいてくれたかわいい人からの小包だったから。

わたしといると
穏やかで素直になれるそうで…また逢いに来てくれるって☺️

一緒に過ごした時間や
あの時の気づきが、今の彼女の中に生きていることが本当にうれしくて泣けました。

ありがとうね。



理想の暮らし

理想のわたし

理想の母親像


いろいろな理想を持って
わたしたちは、日々生活しているんだと思います。



その理想って
本当に
あなたの理想ですか?



カウンセリングをしていると
本来はワクワクするはずの理想への歩みを
苦しそうに
自分を責めながら進もうとしている方が多いことに胸が痛みます。




あなたにとっての理想って何ですか?


自分を無視して
別人になることですか?


苦手なことや
好きになれないことを修行して得意になることですか?


テキパキ、テキパキと1日を過ごすことですか?



理想って
自分ではない人になることなのかな?



わたしが想う理想とは

その人が
その人のままで
その人にすでにあるものが最大限いかされたり
心から楽しめたりすること。


決して
無理をすることでも
出来ない自分を責めることではないのでは?って思っています。




お片づけを例に
わかりやすく表現するとしたら


お片づけ本の中の収納を理想として
目指しているのに
部屋がやっぱり片づかない。

わたし、お片づけ出来ない人なんだって思ってしまう。

もうやりたくなくなってしまう。


自分に合った方法ではない場合
綺麗が維持出来ないのは当然なことなのに。

本の中の人は素敵な人で
わたしはダメな人って思ってしまう。



では、どうしましょ?


誰かの収納が維持出来ない時には
自分に❌をつける前に
必ずやっていただきたい大切なことがあるのです😊


その収納って
自分の暮らしのリズムや性格に合ってる?って
自分に聞いてほしいのです。


本の中の人は
お片づけが得意な人かもしれないですよね?

お片づけにかけられる時間だって
あなたと違うかもしれないし

テキパキさんか?
ゆっくりさんか?でも進む道は違うはず。



『こうあるべき理想』

に苦しめられていませんか?


『これが一般的な理想の姿』

に苦しめられていませんか?



理想に向かって歩む途中
苦しくなったら尋ねてみてくださいね😌


それって
自分が気持ちいい?って。



家事のルーティーン通り暮らすことが気持ちいい自分なのか?

ルーティーンがあると苦しくなる自分なのか?



宅配の野菜を計画性を持って消費することが喜びなのか?

プレッシャーになるのか?(年末にやってみたけど、わたしにはプレッシャーでしかなかった💦)



ひとつ
ひとつ

自分に聞いてみることが
大切で

自分と対話していく日々ほど
本当に求める理想の暮らしへの近道ではないかな?って思います。



おまけ。

b0345376_22152915.jpg


年末のお取り寄せ。
計画的に使いこなす人に憧れてのチャレンジ。

とてもいいものばかりなのに
違うものが食べたくなったり
体調崩して使いこなせなかったわたし。

ここで自分を責めるのではなく

どうしたら気持ちよく暮らせる?って聞いたら

宅配はやめて
買い物に行くことがわたしに合ってるって答えが出ました。

使いこなせなかった自分の姿は
他にいい方法があるってサイン😊







haco+の暮らしのカウンセリングでは
自分にとっての
本当の理想の暮らしや
理想の姿を見つけていきます。
軽やかにラクに舞えるように。





今日も最後まで読んでくださり
本当にありがとうございました😌



ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-01-28 20:37 |   ├ 暮らし | Comments(0)
今週は
出逢ってくださってから一年以上経つ方々との時間を過ごしたhaco+ののりです。

b0345376_09301193.jpg



かわいいお花ありがとう。(くださった方そのままの雰囲気のおかげで、昨日の余韻を楽しむ朝を迎えました)




一年って

一年お片づけを続けてみましょう!
と言われたら…きっと長く感じて

「 え〜〜💦」

って言われそうな時間の長さ。



では
今週、カウンセリングなどで会えた5人の方が
1年間嫌々お片づけと向き合ってきたか?
というと
最初は不安だったとは思うのですが
いつの間にか
お片づけや、暮らしのくふうを楽しんでいた…という感じのようでした。



5人の方に共通していたのは

一年かけてお片づけで暮らしを見直し続けてきたこと。(毎日ではないですよ)



机上だけではわからないことを
haco+とのお片づけで、体感して腑に落としてくださったこと。



お片づけでずいぶん気持ちよく暮らせるようになった先に…新たな自分にとっての心地よさについて考え、そこから生まれたモヤモヤの解決への糸口を見つけにカウンセリングへ来てくださったこと。


不思議な5日間
みんな自分で決めたお片づけの歩みが一緒の方々ばかり。



これは、お伝えしなきゃ!のタイミングだと思いました。




haco+暮らしのカウンセリング
わたしと出逢ってくださり1年が経過する方のお申込みが多いのです。




出逢ったころは
お片づけの方法が知りたかった方々が
自分のスキを選んでいきながら
自分の心地よさについて問うていくお片づけをやっていく中で

暮らしの中の主役が『自分』であることに気づかれ
『自分』に想いをはせるようになっていくようです。


『自分』について考えるとか
『自分』の気持ちを聴いてあげるとか

これまで自分に許可していなかったこと、又は意識してなかった面に気持ちを向けたくなるんだと思います。



カウンセリングから帰ったその夜に
ずっと叶えたかったのにあきらめかけていたことが叶った方がいます。


素直に自分を表現できるようになった方がいます。


ラクになって、軽くなって
がんばることより
無理をしないことの大切さに気づいてくださった方もいます。


自分の暮らしのリズム
自分の暮らしの心地よさが
人と違っていいことに気づいてくださった方もいます。


スキな人にはスキ
会いたい人には会いたい
と言えるようになった方もいます。


自分が求めていた理想の暮らしが
自分を苦しめていたことに気づく方もいます。


仕事の幅が広がった方もいます。





お片づけを学び始め
お片づけをやってみて生まれたモヤモヤした気持ちや、わからないことを
なかったことにしないでいただきたいなって思いました。

なかったことにしなかった方々の
なかったことにしないという行動から生まれる暮らしやご自身の変化の大きさに
ただ
ただ
驚くばかりの5日間でした。




暮らしのレッスンから始まるhaco+との出会い

そこから生まれた気持ちを

一緒にお片づけでスッキリさせる方法も

暮らしのカウンセリングで糸口を見つけていく方法もあります。

暮らしのレッスン再受講という方法もあります。




ちょっとあきらめかけていたお片づけを
また始めたくなったら

ちょっとお片づけにつまづいていた気持ちを解決したくなったら

または

お片づけ始めてみたい気持ちになったら


あなたにぴったりの方法を選択して
haco+に会いに来ていただけるとうれしいです。




すぐには変わらないんだけど

じわじわとか

いつの間にかとか

そんな

一瞬だけではない日々の暮らしの中の幸福感を味わっていただけたらって思います。




haco+へのお問い合わせ、ご質問はこちらまで…♡♡♡




haco+と一緒に歩むお片づけ

はじめてみませんか?


b0345376_09311659.jpg










ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
































[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-01-27 22:07 | お客さま物語 | Comments(3)
友人の幼い子どもたちとのことに悩むblogを読みながら
懐かしいような
少し胸が痛くなるような気持ちになったhaco+ののりです。


朝、学校に行く子どもさんとうまくいかなかったと感じた友人は
帰って来たら、一緒に美味しいごはんを食べようって…そんなことが書かれていて
最近、わたしが感じていたことに重なり
胸がいっぱいになりました。



わたし
離れて暮らす長女と
LINEでのやりとりに
気持ちの行き違いがあって
音信不通になっていました。

娘の気持ちをくみとる前に
カッとなった自分に気づいた時には
すぐ謝ったんだけど…文字ってね
返事が来なかったら途切れるんですよね。


さみしい気持ちと
信じる気持ちを行ったり来たりしていました。

なぜか彼女の大好物ばかりつくっていました。

大根と手羽先の煮物に
卵も入れたりして。


ひとつ大きな気づきがありました。


娘が帰って来ないってことについて。

一緒に暮らしていたときは
帰って来るのが当たり前だった。
朝、ケンカしても必ず帰って来る。
不機嫌でも帰って来て
わたしのごはんを食べてくれる。

帰って来るっていう安心感のもと
わたしはお母さんでいれたんだって。


当たり前過ぎて気づかなかったこと…

どんなことがあっても
子どもが家に帰って来てくれることって
本当にありがたいことだったんだなって思いました。


ごはんを楽しくでも
ブスっとしてても
目の前で食べてくれるって

わたしに安心をくれてたんだなって。



親子でいろんなことあっても
家に帰って来てくれたら大丈夫。

元気でも
不機嫌でも
その姿を確認できる位置にいれたら大丈夫。


なんかね
そんなことを
いっぱい考えた時間を過ごしました。



帰って来れない娘に
勇気を出してLINEした昨夜。

b0345376_08462518.jpg


スノーボートを楽しんだ写真が送られてきました。

うれしかったな😢


京都に行こうって誘ってくれました。

行きたいな。




わたしは片づけの先生である前に
娘たちのお母さんです。

うまくいかないことも
気づかないこともいっぱいある
まだまだ発展途上のようです。



娘の気持ちに寄り添う前に
カッとしてしまうんですね💦

だけど
そんな自分を認めて
素直に謝ることもできるようになっていました。

怒ったんじゃなくて
悲しかったことも伝えることができました。
大人だって
お母さんだって
悲しくなることがあるから。


娘を子どもとしてみるのではなく
ひとりの人として見ていることが
少しだけできるようになってきた気がしました。

きっと
離れて暮らしたからかな。


今回は、離れて暮らすってことのさみしさを感じたけれど…

離れて暮らさないと気づかなかった
一緒に暮らす安心感。


ちょっと苦しかったけれど…
よかったって思えた今朝がうれしいです。





今日も最後まで読んでくださり
本当にありがとうございました♡





ランキングに参加しています。
よかったら
読んだしるしのワンクリック
お願いします🎀
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村








[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-01-26 08:06 | 子育て | Comments(4)

くらすこと研究家のhaco+のnoriです。暮らすこと、住まうこと…モノと向き合う、自分を大切にするをコンセプトに活動するhaco+の日々を綴っています。


by haconori