25歳のお片づけ。

往復5時間の道のり。
お片づけという仕事が
帰り道のわたしを幸せにしてくれる。

わたしは
仕事からパワーをもらってるなって感じたhaco+ののりです。



昨日は
ママから娘さんへのお片づけのプレゼントの日でした。

ハードな仕事で
がんばり屋さんな娘さんに
せめて、疲れて帰った家で
癒されてほしい…。


そんなママからのご依頼でした。


前日、急な出張をこなした娘さんも
しっかりお片づけしてくれました。



気になったのが
部屋の隅の大量の段ボール。

引っ越しの時に空になった段ボールを
いつ捨てたらいいのか?わからずに積まれていました。


日々の忙しさから想像して
ゴミの日を待って出す提案よりも

便利屋さんに取りに来てもらう提案をしました。


このゴミが
今日、なくなることが大事だと思ったからです。


便利屋さんにお願いすると
もちろん費用がかかります。

だけど…
いつ捨てられるかな?
とか
何回運ぶことになるかな?
とか
面倒だな?
とか
毎日眺める部屋の景色とか

不安も不快も
一変に片づくのです。


もちろん
決めるのはお客様ですよ😌



今回の母娘さんは

そんなこと思いつかなかったわ!って
すぐにネットで探して電話して。

14時には
お片づけででたゴミも含めて
軽トラ一台分のゴミを引き取ってもらえました。



それにかかった費用は約9000円。


部屋の空気が変わり
引っ越し以来見たことのなかった空間が生まれた時
この9000円という費用が
高いとか安いの問題ではなく

ただ、ありがたい

そんな気持ちが生まれました。



b0345376_18334097.jpg


使われてなかったガーデンテーブルセットも
しっくりくる空間に生まれ変わりました。



b0345376_18334173.jpg


引っ越して来た時に
うれしくて
赤を基調に揃えたインテリアも
うれしそうな表情になりました。

海外が大好きで
旅の想い出に集めていたマグカップたちや
想い出や
パーティ雑貨を並べることができました。


ひとり暮らしには広すぎる空間で
好きな物と過ごすことで
さみしさを感じないように。



b0345376_18334258.jpg


バーのような
友だちとお酒を楽しめる雰囲気も創りだせました。


b0345376_18334345.jpg


使われてなかった椅子と照明も

段ボールを片づけたら

ぴったりすぎるインテリアとして活躍してくれました。

この後、クッションを買いましたよ。




お片づけが終わって
一緒にお買い物同行させていただいたら

25歳の女の子が

フェイクグリーンや

壁のデコレーションシールを買っていました。


今まで袋のままだったお米に
ガラスのジャーを買いました。


それも
うれしくてたまらないって表情で。



家を好きになりたかったけど

どうやったら好きになれるのか?知らなかっただけ。


広くて
寒くて
すぐにベッドルームへ行ってたのは

あたたかさ溢れる家の表情を知らなかっただけ。



わたしたちが帰った後

少し早めのビールタイムを楽しむって話してくれました。



b0345376_18334379.jpg


グラスもかっこよくセッティング。




25歳のお片づけ。

家は

いつからでも好きになれるし

好きになり始めると

家の温度が上がり

空気が変わることを感じてくれました。



ママもね

ママ自身のこれからの人生のために

暮らしの質を上げたいって言ってくれました。



ママが感じたお片づけの力からの娘さんへのご縁。

そして
更に心地よく暮らしたいと
ライフスタイルの変化に伴うママからのお片づけの再依頼。




お片づけの仕事が

明日のわたしの力になる。


お片づけが生み出す
豊かな暮らしの循環が

明日のわたしを支えてくれる。



本当に

本当に

感動しました。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😌








ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-02-20 17:43 | お片づけサービス | Comments(2)
今夜はお好み焼きだったhaco+ののりです。

娘の分をスキレットで焼いていたら
想うことがありました。


b0345376_00041037.jpg


お好み焼きはフライパンでも焼けるのです。

なのに我が家にはスキレットがある。

今年の初めにニトリで買ったスキレット。



どうして買ったか?というと

娘たちの記憶に残る食卓にしてくれる道具だと思ったから。


もし
娘たちが食卓の風景を想い出すことがあった時に

なんだかレストランみたいだったね!
とか
熱々がおいしかったね!
とか
一人前扱いみたいでうれしかったね!
とか
話してる様子が
浮かぶ
浮かぶ
わたしの頭に。


そんな想い出
増やしたいなって買ったスキレット。


なくても暮らせるモノだけど
なくてはならないワケがある。


b0345376_00041114.jpg



なくてはならないわたしにとってのワケは

娘たちの記憶の中に
楽しかった食卓の風景を
沢山残していきたいから。

お皿にのっけたお好み焼きより
スキレットで焼いて出てくるお好み焼きの方が
わたしには
娘たちの記憶に残ると思えたから。

味だけでなく
音や
見た目や
特別感が増す気がしたから。



わたしも
子どもの頃の記憶の中の風景に、モノがちゃんといてくれました。

夏のカルピスを飲んでいたグラスは
ストローをセットで使いたくなった記憶。
カルピスじゃなく
本当はクリームソーダがよかったなって思った記憶。


小さな土鍋で一人前ずつつくってもらえた
鍋焼きうどんの記憶。


一年生になる時
傘屋さんで赤い傘を買ってもらい
傘の手には、名前を刻んでもらった記憶。


わたしの想い出の中にも
いろいろなモノがいてくれる。



b0345376_00041136.jpg


間接照明を買ってきて
ガラス窓を照らして
部屋の電気を消したとき

娘が

「 こういうの好き」

って言ってくれました。


こんな風景も
彼女の記憶に残るのかな?と考えた夜でした。




記憶の中にも
ちゃんとモノがいてくれる。


せっかくなら
モノに悩まされた記憶より
モノに楽しませてもらった記憶を残したい。


だから

自分の豊かな暮らしに繋がるモノ選び
一緒に暮らしていきたいモノ選びを
これからも
続けていきたいです。


誰かから見た豊かな暮らしではなく
基準はいつも自分でありたい。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😌






ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-02-18 23:34 | ├ 買い物 | Comments(0)
最近のわたしのプチ贅沢は
ストーブを点けることなhaco+ののりです(笑)

うちのストーブ、すごく燃費悪いんです💦
だけど
わたしが得るものが大きすぎて
遠慮なく楽しんでいます。


ここで節約しても
そこから生まれるものに豊かさを感じない…だったら思い切り楽しんで、そこから何かを生み出そう。

そんな気分です。




ヒーターが好きな家族が出かけたら
わたしのストーブタイムが始まり
今もストーブの上の鍋からいい香りが😋

なぜか
とっても美味しく仕上がるし

なぜか
ストーブの上で料理してるシチュエーションに酔いしれてしまうわたしです。

ある意味
とっても安上がりな女子かもですね。



今日の空は雨。

朝の天気に気持ちが左右されていたのが懐かしいほど

わたしの心はわくわくしていました。



みんな出かけたら
電気を消して
小さな照明とキャンドルを灯し

b0345376_10434968.jpg



昨日、アンティークショップで出会ったカップでの喫茶店ごっこのために
我慢していた珈琲を


b0345376_10435030.jpg


ひとり楽しみました。

いただいた珈琲の美味しいこと。




2杯目

誰かが買っておいたパンを火で温めての

b0345376_10435178.jpg


お皿より紙ナプキンな気がして

庭に葉っぱを取りに行き

添えてセットしました。


わたしが喫茶店を開いたら…

きっとこんな感じだなってにやけながら。



b0345376_10435249.jpg


ご馳走さました姿もかわいい。


このカップを買った目的は

喫茶店ごっこのため。

毎日、毎日、何度も使うためではなく
わたしにとっては
ままごと道具を買うようなもの。


ものは増やしたくない…そこを視点にするのではなく、本当に自分が幸せ感じるもの選びという視点に立ったとき

このカップは
わたしを豊かな気持ちにしてくれることに間違いなかったんですよね。

喫茶店ごっこの道具は
外に行くより家にいるわたしには
必需品なんですよね。



アンティークショップの帰り道で見つけた花は
椿。


b0345376_10435286.jpg



どこか日本の家庭の雰囲気を持つ

派手さはないけど
凛とした花。

道の駅で見つけた花は
値段で言えば安いけど
わたしには贅沢で、豊かで、美しい存在。


年を重ねているんでしょうね、わたし。

手にとる花も
変化してるように感じます。




アンサリーの歌声に
自分の暮らしのリズムを整えてもらい

雨のおかげで
ゆったりとした気持ちになる。



やりかけの仕事にとりかかる前に
自分をいい気持ちにする。

わたしにとっては
これが
最高の効率で
最高の贅沢。




美味しい煮物が仕上がっていく安心感も
じっくり仕事できるための最高の準備。



贅沢だな
豊かだなと感じるわたしの基準は

お金をどれだけかけたか?
というより

どれだけ
自分を楽しませたか?

に変化しているのを感じました。


心の贅沢、心の豊かさ

やっと
そこに来てるのかもしれません。




今日も朝からいい流れ。



昨夜届いた海辺の夕日をみなさんにも。

b0345376_10435353.jpg



手を合わせたり
祈りたくなる景色をありがとう。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました❤️





ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-02-17 09:58 |   ├ 暮らし | Comments(4)
今朝も美しい空が届いたhaco+ののりです♪

b0345376_21043753.jpg


それもね
朝から思い浮かべていた人からでした。

想いって見えないけれど
ちゃんと繋がっていて…
こうしてわたしにわかりやすいように魅せてもらえることに感謝でした。

ありがとう。





家は生きています。


家はあなた自身です。



どのhaco+のレッスンでも
必ずお伝えするフレーズ。



今の家

これから暮らそうとする家


あなたは好きですか?




引っ越しをすることで
家の条件が良くなる人もいれば
悪くなる人もいる。

新築するとき
今より広くなる人もいれば
狭くなる人もいる。



どれが1番幸せか?なんて
この時点ではわからないけど

どれも1番幸せにできるって
知っていますか?😌



家は生きています。


家はあなた自身です。



だから

あなたが幸せなら
家も幸せな表情をしていて

自分のことを好きになる速度で
家のことも好きになる。



自分のことを好きになる速度って
速いですか?


ゆっくり
じっくり
自分を知って
自分を受け入れて
その先に
自分のことを好きになるってことが待っているように感じます。


だとしたら…

最初から家を好きになれないことがあっても
全然
大丈夫だと思いませんか?



自分のことを知り、受け入れ、好きになっていくように

家のことを知り、今の家を受け入れ、それから生まれる暮らしのくふうによって
少しずつ
少しずつ
家を好きになれたらいいのでは?って
haco+は思います。



だからね

がんばって
好きになろうと必死になる前に

家にご挨拶を。

本当の気持ちでご挨拶を。



「まだ好きにはなれてないけど、ゆっくり距離を縮めていくね」って。



そして

好きになれた自分に気づいたら

「 大好きだよ」

って伝えてみてほしいのです。


だって

家は生きているから。






今日も沢山の優しさを

ありがとうございました😌




成長中の我が家。

b0345376_21101208.jpg


台所に古い窓がつきました。

お客様の椅子を探しに行ったのに
わたしがお買い物💦

リフォームではなく
暮らしのくふうを
もっと楽しんでみようと思います。







ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-02-16 20:45 | 家づくり | Comments(4)
今年に入ってから
去年お約束できなかったり
しばらく逢う機会がなかったりしていた方々との時間を過ごせているhaco+ののりです。

だからこそ
何かのついでではない時間を準備しています。



b0345376_09571067.jpg


お祝いだな!と想える時間。


b0345376_09571160.jpg


いっぱいありがとうが伝えたい!と想う時間。


掃除機すらかけてないだけでなく
遠くから来ていただいてるのに
何の準備もおもてなしもできなかったのに
心から楽しめた時間。


ずいぶん会ってなかったね
顔見てゆっくり話したかったよって
気持ちを伝えた時間。



なんだか
ひとつ
ひとつの時間が
わたしを軽くしてくれました。



どの時間も
との方とも

恥ずかしくなるほど
わたしのままで過ごせました。



差し出すのは
まずは自分から…。

心を開くのも
まずは自分から…。



いつの間にか
わたしの中に生まれた自分との約束。



笑われてもいいし
嫌われてもいいから
守っていきたいわたしとの約束。




昨日

b0345376_09571202.jpg


この花のような人と話していたときに

彼女が言ってくれました。

初めて会ったとき
滑稽な(笑える)人生を語るわたしの姿に…信じられるって思ってくれたことを。



ずいぶん前にはできなかった
自分のままを見せること。



嫌われてもいい
笑われてもいいって思ってはじめた
『わたしはこんな人ですよ』って
ありのままを差し出すという自分との約束だったけど


周りの人たちは
みんなあったかくて

笑ってくれたり

自分もそうだったと泣いてくれたり

好きになってくれたり。



自分のままを見せることは

こわいことではないことを教えてくれました。




b0345376_09571297.jpg


つくった人そのもののビスケットを前にしたとき

わたしが差し出すお片づけや暮らしにも

わたしのままが表現できたらなって思いました。


このビスケットをつくってくれた人は

わたしのインスタのフォロワーさんが増えるのがうれしくて…って😢

その優しさは、いったいどこから来るんだろう。




b0345376_09571371.jpg


まだ見たことのない大きな夕日も
優しさと共に送られてきた昨夜も

夕日を観て、わたしを思い出してもらえることへの感謝が溢れて。




わたしは
わたしをまず差し出すんだけれど…

受けとり上手なみなさんの優しさは

わたしのお手本。



心を開いていく可愛らしさも

わたしのお手本。




ずっと

ずっと

いっぱい

いっぱい


ありがとう。







ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
# by coharubiyori529 | 2017-02-16 09:21 | Comments(0)

くらすこと研究家のhaco+のnoriです。暮らすこと、住まうこと…モノと向き合う、自分を大切にするをコンセプトに活動するhaco+の日々を綴っています。


by haconori