暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

今、伝えたいこと。


話したいことがいっぱいありすぎて

どうしたらいいかわからないくらい。



最近

お風呂に入ると

胸がいっぱいになって

涙が溢れてしまいます。



毎日

毎日

胸がいっぱいになって

涙が溢れてしまいます。



話したいことは山ほどあるけど


今日は
これだけは伝えようと思います。




わたしと出逢ってくれて

本当にありがとうございます。




何度も
何度も
言いたいです。




見つけてくださり

出逢ってくださり

応援してくださり

見守ってくださり

メッセージくださり

お便りくださり

抱きしめてくださり



本当にありがとうございます。






届け! わたしの想い。





b0345376_21283933.jpg


# by coharubiyori529 | 2019-03-18 21:23 | Comments(1)

片づけで夢が叶う。


あっ

わたし

また夢が叶った…


そう実感したhaco+ののりです。



先日、突然、夕方に
娘からの電話で
友だちとウチでご飯たべたいと伝えられました。

もちろん喜んで!
って、仕事終わってホッとしてたわたしの頭の中は、すぐにハンバーグ作ろうって思いつき
買い出し行ってくるねって電話を切りました。


エコバッグ持って
材料買って帰ると
皆さんお揃いで
二階から楽しそうな声がしました。


今年に入って整えてた小部屋が
かわいいお客様のお気に入りになったらしく

b0345376_22012942.jpg
わたしまでうれしくなりました。


あっ、何が叶ったかって言うと


突然のお客様なのに

以前だったら
片づけなきゃ!って気が重くなるところが

片づけのことなんか
一瞬たりとも考えず
ワクワクしてスーパーに出かけられた自分に

みんなが帰った後
楽しかったなぁって
お皿洗ってる時に

ハッとして
気づいて

なんとも言えない気持ちになりました。



夢だった…

ウチでご飯食べていい?

って言われたら

心から喜んで🆗出せて
準備から片づけまで楽しめるお母さん。


それが
わたしの夢だったなぁって
思い出すことができました。


b0345376_22071795.jpg

なんてことない普通のハンバーグも
お重に詰めたら
ちょっと特別感が出て
女の子たちは大喜び。

b0345376_22071829.jpg

このお重は
母の片づけから出てきた新しいもので

のりこなら何かに使えるんじゃない?

って母にもらったものでした。



なんだか
仕舞われてたお重まで輝いてみえる楽しい宴は


お片づけが叶えてくれた!

と思いました。




お片づけが

本当にやりたいことに
集中させてくれました。


娘や娘のお友達を喜ばせたい!
美味しいご飯を食べさせたい!
わたしも一緒に楽しみたい!


ただ
それだけに集中させてくれました。



だから
迎える準備に
時間と戦うこともなく
イライラするどころか
ワクワクして

本当に楽しい夜を過ごせました。



これが
お片づけで手に入れた

お客様のためではなく

住む人が心地よい暮らしが叶えてくれたこと。



なんだか
みんなが幸せ。




たぶん

お片づけが叶えてくれたわたしの夢は数知れずだけど


また一つ

わたしにとって
大きくて
遠いように思えていた夢が

いつのまにか

叶っていました。




片づけなきゃ!

からの解放は


確実に

わたしの日々を軽やかにしてくれています。




本気で片づける!って決めたあの日のわたしに

また

いい報告が出来ました。






あなたも

1日も早く

軽やかになってくださいね。



軽やかって気持ちいい。

軽やかってパワーが溢れる。



時間だけは
お金では買えないのだから

モヤモヤしながら暮らして過ぎる時間を

気持ちよく暮らす時間に変えていくためのお片づけをしませんか?😌


わたしにも出来たから
あなたにも出来る❗️


大丈夫😊







haco+   3月は満席です。
ありがとうございます。


4月以降のご予約をお待ちしています。



お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。














# by coharubiyori529 | 2019-03-11 21:56 | ■わたしの片づけ | Comments(0)

あなたへ。


毎日、誰かと向き合う前に

自分と約束すること。



彼女を笑顔にするってこと。



一緒に笑うってこと。





そこに向かうためなら
わたしの全てを出すってこと。





幸せなふりとか
わかったふりとか
愛想笑いとか


そんな笑顔のためじゃないよ。




なんだか力が抜けて

なんだかホッとして

なんだか安心したからこそ



自然と溢れ出す笑顔だよ。




そんな笑顔が可愛くてたまらなくて

ついつい

わたしまで微笑んでしまう。



ついついって

いいなぁって

いっつも思う。




今日もあなたと笑いたい。


いっぱい泣いても笑うんだ。




いっぱい素直に泣けたあと


いっぱい素直に泣けたことに

きっと喜びが溢れて

あなたは笑ってくれると思う。




泣くのを我慢するのも

無理して笑うのも

もうおしまいにしよう。




泣いたり
笑ったり


笑ったり
泣いたり



いつのまにか

泣く理由も
笑う理由も

少しずつ
少しずつ
変化していくから。



だから


安心して。




大丈夫。




わたしも大丈夫だったから。



大丈夫じゃないって泣いてたわたしに

今のわたしは


大丈夫よ!って

自信を持って言えるから。




だから

あなたも大丈夫。





b0345376_08571763.jpg



春が来ます。



よかったら

一緒に思わず微笑む春を楽しみませんか?




haco+   3月は満席です。
ありがとうございます。


4月以降のご予約をお待ちしています。



お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。

# by coharubiyori529 | 2019-03-11 08:47 | haco+の想い | Comments(0)

今、クローゼットを見直すといい気がしていているhaco+ののりです。


ずっと研究してきたことがあって…

クローゼットって
人に口出しされたくない分野の人が多いのではないかなって感じます。



自分のクローゼットに自信を持ってるから!
ではなく
見たくない自分がそこにいっぱい隠れているからかなって感じます。



見たくない自分

受け入れたくない自分



ぎゅうぎゅう詰めのクローゼットの中に


本当は着たい服を着てないって気持ち

汚れてもいいものって言い聞かせて選んだあの日の自分

笑われないようにと選んだ服

ストレスの発散に思わず手にとってしまった後悔

いつか
いつかって手放せずにいる自分へのジレンマ

あの人が持ってるからって
あの人みたいになりたくて必死になって探したこと

もったいなくて着てない服

などなど



クローゼットに詰まっているのは
洋服だけでなく
いろんな気持ちも詰まってるって感じます。




まだ足りない
とか
おしゃれじゃない
センスがない
とか
いろいろ
いろいろ考えてしまう時は


クローゼットの中をのぞいてみてください。



その中に

あなたの大好きな服はありますか?



大好きでたまらなくて
それを着てるだけで幸せな気持ちになる服が
何着ありますか?




今、綴ってること
わたしにも当てはまっていました。


いろんな想いと共にぎゅうぎゅう詰めのクローゼットと暮らしていたわたしは

いつも

ない!ない!
って探し

いつも

おしゃれな人になりたかった。



好きでたまらない服を着るのが1番だと気付かずに

誰かから見ておしゃれに見えるか?を
意識してたんだなぁって
今なら客観的に自分を見つめることができます。



ずっとセンスがないと思ってきて
おしゃれな人に気おくれして
いつも
勝手に
自分をミジメに思い
焦って買い物する


そんな繰り返しだったことがあるわたしが


服はどこで買ってるの?
とか
おしゃれね!
とか言われたりするようになりました。



あのね

わたし、わかったんです。



自分が本当に着たいものを着てるだけ。

好きでたまらない服を着てるだけ。



おしゃれのセオリーも
色彩学のちゃんとした知識もないけど


誰かの好きやおしゃれの基準ではなく
自分の好きを知るほどに
自分が
洋服を着てる間
幸せを感じているのがわかるようになりました。


人の視線ではなく
自分の幸福感の大小を
敏感に感じるようになりました。


だから
好きな服を着てる時
わたしは内側から幸せが溢れてたりして
気持ちと服がぴったり合って

そんな姿を
周りの人は

おしゃれって言葉で表現してくれてるんだと思います。



でも

おしゃれ
とか
センス
を磨いたつもりはなく


本当に着たい?

着た時うれしい?

大好き?


って
服を手にするときの
自分への質問が増えだけかもしれません。


自分が喜ぶ服を
選べるようになっただけだと思います。




クローゼットを見直すことは

何か大きな気づきをもらえる気がしています。


置いてけぼりの自分の気持ちや
服に対する先入観や
おしゃれへの喜びや不安

いろんな気持ちに
気づいていける気がします。



本当に好きな服を
ぎゅうぎゅう詰めに仕舞いたいですか?


本当に好きな服を
クリーニング屋さんから来るハンガーに掛けたいですか?


本当に好きな服がしわしわでうれしいですか?




わたしたちは
大好きなものと
そうでないものとでは
始末の仕方や
扱い方が違う気がします。



あなたのクローゼットの中は

洋服たちが大切にされている表情をしていますか?



この春

クローゼットのお片づけが大事な気がずっとしていて

わたしの周りの人たちに伝えています。


大好きだけにしてみて
スッキリして
うれしくなったよって
報告も届いています。


選ぶ時も
仕舞う時も
うれしくてたまらないクローゼットを
ゆっくり時間をかけて
手に入れてほしいなって思います。




明日も大切な友だちのクローゼットに触れさせていただくので

わたしもひたすら
わたしのクローゼットと再び向き合いました。



わたしのクローゼットには
今のわたしに似合わなくなった色がありました。

わたしのクローゼットには
着るたびに感じる何か違う!っていう違和感を
かわいいのに!って我慢してた服がありました。


お気に入りだけど
もうくたびれてるねって
感謝してお別れしたくなる服がありました。



今回のクローゼットの片づけで
心を痛めたり
自分を責めることが
本当に減ったなって感じることができました。

服を着た時のわたしの気持ちが服にのるのをしったからこそ
選ぶ基準が変わったんだと思います。



自分を幸せな気持ちにしてくれる服だからこそ
大事に手入れして仕舞うように
自然となっていってる気がします。



クローゼットを眺めて

何を感じましたか?



いつか
教えてくださいね。



そして

好きなものを着ていたら

あなたらしいおしゃれが出来上がるはずです。



あなたらしいおしゃれが

もしかしたら
誰かに褒められたりするのかなって思います。



まずは
クローゼットを眺めて
今の自分を感じてみてください。



もちろん
わたしでよかったら
お手伝いします。


おしゃれに見える洋服の選び方ではなく

あなたらしいおしゃれを楽しめるようになる大きな一歩になるように

クローゼットからのメッセージを届けたいと思います。


もっと自信を持って
堂々とあなたらしく生きていけるクローゼットの入り口へと一緒に歩いてみたいと思います。


b0345376_23031992.jpg

この冬に手に入れたセーター。

これを着てる時の自分が好きです。



お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。


3月はお片づけサービス予約可能枠は満席
お片づけプライベートレッスン、カウンセリング予約可能枠3となりました。
4月のご予約も承ります。


# by coharubiyori529 | 2019-03-03 22:18 | ■お片づけサービス | Comments(0)

今年に入って
ひたすら
暮らしと向き合ってるhaco+ののりです。


もっと
もっと気持ちよく暮らしたい。

まだまだ
気持ちよく暮らせるかもしれない。


自分を幸せにできることは
全部やりたい。


そんな気持ちで暮らしと向き合っています。



b0345376_15014373.jpg

枕元に花なんて
雑誌やテレビの世界の話だと思っていたことが
わたしにはありました。


どこか
違う世界の話だと思った時点で
それは本当に違う世界の話になる。



本当はわたし…違う世界の話ではなく、自分の世界に取り入れたいことだと認めてみることから、現実にしていく準備が始まる。

今は全然イメージできなくても

本当はわたし…そうしたいんだって
誰かに笑われるかもしれないけれど
認めてみる。


そしたら
そうしたいわたしは
そうなるように
自分のために動いてあげる。


何度も
何度も
試行錯誤して
その世界に自分を連れて行ってあげる。



今、わたしの枕元に花があることを自慢したいのではなく

本当はわたし…って
自分の気持ちを受け入れた上で
そこに行くにはどうしたらいいんだろうって

二階の寝室や
寝室に繋がるクローゼットや
押入れや
サッシの溝や
布団の寝心地
シーツ
カーテン

全て
見直しました。


お金かけて買い換えた
とか
そんなことではなく

今できる最大限を
コツコツ積み重ねていきました。




いろんな気づきがありました。
また、綴りますね。




花を飾りたくなるって

やっぱり
全てが整ってから

最後にやってくる気持ちだなぁって

改めて感じました。



インテリアとして花を飾りたいのではなく
健やかに生きている美しい花のパワーを感じながら1日を終えたいから
わたしには枕元に花が必要だと思いました。


花があれば飾ればいい

のではなく


ここは気持ちがいい空間だよって言う仕上げに
花を飾りたかったんだと気づきました。


だから
これまで飾れなかったんですね。
眠るだけの場所に
心をそれほどかけていなかった自分に気づくことが出来ました。




やっと
その願いが叶いました。



花を飾りたくなる
愛おしい寝室になりました。



花だけでなく
頻繁に掃除しり
整えたりしたくなる空間になったおかげで
常に気も良く
常に癒され
さらに気持ちよく眠りたい!と
照明や植物の工夫も始めました。

b0345376_15185162.jpg

窓辺のレースも工夫してます。




気持ちいい暮らしって
手にするまでに時間がかかります。


別世界の話だと思った時点で
そこへの道も閉ざされます。




気持ちよく暮らせていない…と

あなたは何年悩んでいますか?




お片づけ
お片づけって

何か重たいものを肩にのせて
どれくらい経ちますか?




悩んでも
本を読んでも
学びに行っても


あなたが
あなたを幸せにするって決めて

あなたが
あなたのために動いてあげないと

何ひとつ変わらないのです。




お片づけに悩む時間がなくなったとしたら

気持ちよく暮らせてないと
悲しくなる時間がなくなったとしたら


何度もお片づけの本を探したり
お片づけの記事を読んだりする時間がなくなったとしたら


あなたは
どんな表情をして

どんな言葉を使い

どんな夢を描き

どんな1日を過ごしているでしょうか?




気持ちよく暮らせてないあなたと

気持ちよく暮らせてるあなたの人生は

同じ道を辿るでしょうか?




あのね

軽やかに暮らせる仲間に入りませんか?



そんな風に
お誘いしたいと思います。




気持ちよく暮らせてる話を一緒にする仲間になりませんか?

ってお誘いしたいと思います。




誰が片付けてくれない
とか
収納方法が良い悪い
とか
その前に


わたしは気持ちよく暮らしたいんだ!

っていう想いを受け入れ

気持ちよく暮らすために
今、お片づけする!

って決めましょ。




いつか…は、いつ来るかわからない。


過ぎて行く時間は取り戻せない。




だから


自分のために

動き出してほしいなって思っています。





ねぇ、ねぇ
あの日、お片づけするって決めてよかったよね〜

って

わたしはあなたと楽しく話す未来が待ち遠しいです。




b0345376_15325073.jpg



大切なあなたへ                        haco+   のり







お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。


3月はお片づけサービス予約可能枠は満席
お片づけプライベートレッスン、カウンセリング予約可能枠3となりました。
4月のご予約も承ります。


# by coharubiyori529 | 2019-03-03 14:59 | haco+の想い | Comments(0)