人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お片づけのお手伝い…はじめの一歩?


3年前の夏の記憶がよみがえる機会をいただいたhaco+ののりです。



自分のために学んだお片づけから

人に伝えるための学びに変化した頃

お友達の家をお片づけするという経験をさせていただきました。


b0345376_06201348.jpg


台所を一緒にお片づけしました。

大切な友だちの、大切な家。


b0345376_06201491.jpg




下記が、3年前の友だちの記録です。




夏休みのはじめ。
幸せになるお片づけを学んでいるお友達に教えていただきながら 一番気になっていたお台所のお片づけをしました

お片づけはほぼ一日で終わったけれど、家具の移動や 机の脚に棚板を付けたり…とやり残していたことが この暑さでなかなかできないでいましたが、汗だくになりながらもリビングとの仕切りにカーテンも縫いあげ ついに完成\(^o^)/

物と向き合うことは
自分と向き合うこと。

改めて自分のことにたくさんの気づきがありました

暑い中 一日中お付き合いしてくれ、こんな素敵なお片づけを教えてくれた 彼女に本当に感謝の気持ちでいっぱいです♡




この日のわたしは

お片づけの手順は頭に入っているんだけど…限られた時間内で、台所を片づけるという緊張感からドキドキしていました。

日頃のわたしではないテキパキさだって言われたのも覚えています。

人の家をお片づけする時

時間は無限ではありません。

寄り添いながら

楽しみながら

しっかりとお片づけしていく難しさも感じた日でした。


b0345376_06201432.jpg


でも、彼女の大切なグラスが喜んでいるような表情で食器棚に収まったとき

カトラリーや、箸置きがうっとりするくらい美しく収まったとき

何かを隠すための布が必要なくなったとき

胸がいっぱいになりました。



3年前と今

変わらないのは

モノと自分とじっくり向き合うお片づけだという軸。



機能的も大事だけど、美しさにもこだわること。




3年前と変化したのは

お片づけのお手伝いが楽しくて仕方がないこと。

この仕事が大好きで仕方ないこと。



3年前の今日のことを

今の彼女が綴ってくれてました。


3年前。

わたしに
おうちに
家族に

新しい 心地いい風が吹き込んだ日♪

お手伝いしてくれた彼女と
その時のわたしの覚悟に
ありがとう




そう、そう。

友達のわたしに全てをさらけ出す覚悟は、相当のものだったはず。

ありがとう。



お片づけは

心地よさという風

生きやすさという風

自分に生まれてよかったという風を

送り込んでくれるって

わたしは信じています。



これからもお片づけ、届けていきたいな。









by coharubiyori529 | 2016-08-21 22:17 | Comments(0)