人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

記憶の中の風景にあるモノ。


今夜はお好み焼きだったhaco+ののりです。

娘の分をスキレットで焼いていたら
想うことがありました。


b0345376_00041037.jpg


お好み焼きはフライパンでも焼けるのです。

なのに我が家にはスキレットがある。

今年の初めにニトリで買ったスキレット。



どうして買ったか?というと

娘たちの記憶に残る食卓にしてくれる道具だと思ったから。


もし
娘たちが食卓の風景を想い出すことがあった時に

なんだかレストランみたいだったね!
とか
熱々がおいしかったね!
とか
一人前扱いみたいでうれしかったね!
とか
話してる様子が
浮かぶ
浮かぶ
わたしの頭に。


そんな想い出
増やしたいなって買ったスキレット。


なくても暮らせるモノだけど
なくてはならないワケがある。


b0345376_00041114.jpg



なくてはならないわたしにとってのワケは

娘たちの記憶の中に
楽しかった食卓の風景を
沢山残していきたいから。

お皿にのっけたお好み焼きより
スキレットで焼いて出てくるお好み焼きの方が
わたしには
娘たちの記憶に残ると思えたから。

味だけでなく
音や
見た目や
特別感が増す気がしたから。



わたしも
子どもの頃の記憶の中の風景に、モノがちゃんといてくれました。

夏のカルピスを飲んでいたグラスは
ストローをセットで使いたくなった記憶。
カルピスじゃなく
本当はクリームソーダがよかったなって思った記憶。


小さな土鍋で一人前ずつつくってもらえた
鍋焼きうどんの記憶。


一年生になる時
傘屋さんで赤い傘を買ってもらい
傘の手には、名前を刻んでもらった記憶。


わたしの想い出の中にも
いろいろなモノがいてくれる。



b0345376_00041136.jpg


間接照明を買ってきて
ガラス窓を照らして
部屋の電気を消したとき

娘が

「 こういうの好き」

って言ってくれました。


こんな風景も
彼女の記憶に残るのかな?と考えた夜でした。




記憶の中にも
ちゃんとモノがいてくれる。


せっかくなら
モノに悩まされた記憶より
モノに楽しませてもらった記憶を残したい。


だから

自分の豊かな暮らしに繋がるモノ選び
一緒に暮らしていきたいモノ選びを
これからも
続けていきたいです。


誰かから見た豊かな暮らしではなく
基準はいつも自分でありたい。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😌






ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
by coharubiyori529 | 2017-02-18 23:34 | Comments(0)