暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

探さなくても見つかった答え。


絶対に観るんだって決めてた映画があったhaco+ののりです。


b0345376_11365509.jpg

最終上映日を知ったのは
最終上映日の朝。


予定も入っていたけど
その予定も
楽しく満喫して

そしたら
映画の時間にも余裕で間に合いました。



「 観なさいよ」

って言われてる気がしました。



映画って

登場人物の誰に自分を見るか

とか

視点

とか

いろいろ
いろいろは

その時の自分次第。


映画を観に行く時の気持ちには
今の自分があらわになる。



昨日のわたしは

ただ観たかった…それだけでした。

感動したいとか
泣きたいとか
何か得たいとか
なんにもなくて。


だけど
大きかったです。

受けとったものが…。



こんなに
映画を通して
答えが見つかったらいいなって思っていたことへのメッセージが受けとれるなんて

ちょっとじゃなくて
大きく驚いてしまいました。



やっぱり
大切なことは
いろいろな場面や人を通してやってくるんだって感じずにはいられませんでした。



映画の後には

映画館のオーナーと話したんだけど

時間を忘れるほど話した中にも

知りたかったことがいっぱいあったし


わたしが

感じているのに言葉にできなかったことを

彼がしてくれて…


すごくありがたかったです。



もうすぐ準備してきたものが出来上がるんだけど

この映画のおかげで

準備してきてよかったって思えました。


とてもアナログに思えることへの準備だったけど。





どこを見るか?

どう見るか?

「 全ては自分 」であり

「 気持ち 」が大事だってことも

わたしが想うかっこいい大人も

全て

映画の中にありました。



心も手も足も使いたいなって思いました。




何かをつかもうと右往左往しなくても

大切なことは

ちゃんと

目の前にあらわれる…


腑に落ちるには
時間がかかることだけど

少しずつわかりはじめたような

そんな気がした午後でした。



目の前にあらわれるのは

自分がどんな時か?

どんな暮らしの中にいる時か?

も、だんだんわかってきました。



もっと
もっと
体感して

それを伝えられる人になりたいです。







[PR]
by coharubiyori529 | 2017-11-25 11:35 | ■わたしの暮らし | Comments(0)