暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

勇気を出して疲れた昨日。


わたしにもまだまだ
勇気が必要だったり
心がガタガタと震えることがあります。


昨日も
心臓がバクバクしながら
想いを伝えるということにチャレンジして
家に帰り着くと
ぐったりとなってしまったhaco+ののりです。



わたしは営業活動はしてないけれど

していないのにもかかわらず
わたしにお仕事をくださる人たちのために
わたしや
わたしのアイディアや経験か必要とされるとしたら…全部使ってほしいなって思っています。



こう感じた

こうやってみたい

これをやらせてほしい


これらの気持ちをお伝えする時
すごく
すごく
わたしには勇気がいります。


社会人としても大先輩な人たちを前に
言わなくて済むものなら
言わずにいたいっていうわたしが顔を出します。


誰かに喜ばれるかもだけど
誰かは嫌な気持ちがするかもしれない…とか

まだまだ未熟なわたしが生意気ではないか…とか

頭と心がぐるぐるします。



そんな時
心の中で確認するのは
どうして伝えたいと思ったのか?
ということ。

そこが

きっと良くなると思ったの!
今だと思ったの!

その人にとって
その会社にとって。


その答えにブレがない時に
わたしは気持ちをお伝えする覚悟をします。



年齢
経験
そこに敬意を払いながら。





わたしにしかないものもあるかもしれないって
少しずつ思えるようになってきています。

傲慢になる
とかいうことではなく
人それぞれに役割があるんだなって
感じてきただけです。



わたしが
わたしの役割に気づき始めたのだから
行動してみないのはもったいなくて。

わたしのアイディア
わたしの言葉
わたしの心

使ってもらえませんか?って。



使ってもらえても
使ってもらえなくてもいい。



溢れるアイディアを
どうですか?
と、惜しみなく差し出す勇気が出てきてることがわたしにとって大切なことだから。




新しい役割が始まる日も決まったりした昨日

やっぱり
働き掛けることをおそれたくないなって思いました。



結果や評価やどう思われるかが
気にならないと言ったらうそになるけれど

そこが気になっても
こわさがあっても
お伝えしたいってことは

本当にやりたいことで
本当に誰かが喜ぶ顔が浮かぶことなんだと
それだけは
自分を信じています。




怖い人なんて誰ひとりいないのに
怖かった。


自分のこんな気持ちが伝わるのかな?

って
すごく
すごく
怖かったです。



でも

わたしは

お伝えすることを選びました。



喜んでいただけるって信じてるから。




そして
そのわたしの想いに
耳を傾けてくださる人たちと
お仕事させていただけてることにも
改めて感謝することとなりました。


b0345376_11060792.jpg



今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

[PR]
Commented by kuru-kuru-03 at 2018-02-23 09:25
すごく共感します
こわいけどもったいないの気持ち
あたたかな光がその気持ちを包んでくれますように
Commented by coharubiyori529 at 2018-02-24 21:29
> kuru-kuru-03さん
ありがとうございます😊
でしゃばりかもしれなくて
ドキドキしたけど
勇気出す方を選びました。
by coharubiyori529 | 2018-02-20 10:37 | ■わたしのコト | Comments(2)