暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

わたしが包まれた日のこと。


書けるかな。

昨日のこと。

包み込みたいって
帰りに駆けよってしまった彼女のこと。

はじめて出会った
人生の先輩を抱きしめる勇気は出なかったけど

後悔したくなかったから
彼女の手を包み込んでみたら

包み返してくれて

「 かわいい手ですね 」

って
お母さんみたいなあったかさで
わたしの手を見つめてもらったこと。



昨日、大好きな湯布院へ
お片づけレッスンに呼んでもらったhaco+ののりです。




湯布院でのお片づけレッスンの予約が入ってから
レッスン後は
お気に入りの場所でお茶をしたり
あのお店に寄ろうとか
いろいろ考えていました。



だけど…

昨日のわたしは

レッスンの中で
優しい眼差しや
どこから生まれてくるんだろう?ってお尋ねしてしまうほどのあったかい言葉や
正直に今の自分を出してくださる勇気やらに

包まれたり
浴びたり
届けてもらったり
魅せられたりで

満たされてしまって…


その余韻を
誰にも邪魔されずに噛みしめながら帰りたくなって

寄り道もせず
いつもなら高速で帰るところを
山の中をゆっくり運転しました。



人は日々生きていくことに精一杯の時がある。

丁寧に暮らす
とか
暮らしを楽しむ
とか
そんなことが思い浮かばないほど
1日
1日を終えていくことに精一杯の時がある。


そんな時に大切なことは
食べることと眠ること。


お片づけする元気がない時は
元気が出るまで
自分を信じて待ってあげてほしい。




この日
お片づけレッスンのために場を提供してくださった人とのレッスン前の会話が
こんな感じで繰り広げられました。



忙しくて
体力的にもキツイその方の家で
お片づけレッスンが行われることへの
その人の気持ちが想像できますか?


お片づけが苦手だ
お片づけが出来ていないって自分を責めて来た人が
お片づけの先生(わたしは先生ではないけど)を迎えるために自分に課す負担がわかりますか?



皆さんが集まる前に交わした会話から

前夜眠れただろうか?

朝、バタバタして既に疲れていないだろうか?

って、胸がね

詰まるというか
張り裂けそうになってしまいました。



ドキドキしたでしょ?

部屋を見てどう思われるだろうって考えたりしたでしょ?

なんだか気が重いなって
何日も前から思ったのでは?





わたしは
いつものように
お片づけレッスンをさせていただきました。




レッスンが終わった時

何度も呟いてくださったのは

「 いい時間だった 」でした。

心が解放されたって。



レッスン中
参加された他の方のいいところを言葉にして
わたしに教えてくださる優しい人。

人のいいところを見つけるのが上手な心の目と

それを伝える時の
優しい響きの言葉たちを

どうか
どうか

ご自身に向けてください。



それを
車に乗り込む前に

やっぱり伝えなきゃって思って
お見送りに立ってくれてる彼女に駆けよってみたけれど

わたしから出た言葉は
ドキドキしてたからか
綴りたくても
思い出せなくて。


だけど
花や緑が好きで
山菜採りが楽しみで
畑仕事だって苦にならない彼女の働く手のぬくもりや感触は
しっかりわたしに残っています。



わたしも
あんな手になりたい。


誰かに包まれた時
その倍以上のぬくもりで包み返せるような
彼女のような優しい手を持つ人になりたい。



いつまでも手を離さないわたしが
気持ち悪かったかもだけど💦


また会いたい人に出会えました。




このレッスンに参加くださった方々とのやりとりにも、涙、笑い、喜びか溢れたことは
また改めて綴りたいと思います。



今夜は
あたたかい手の人へのラブレターを
届けさせてください。



どうか
彼女に届きますように。




                                haco+   のり


b0345376_22522512.jpg





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-09 22:15 | ■お片づけレッスン | Comments(0)