暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

自分にごめんねって言ったこと。


カウンセリングや
お片づけレッスンで
必ずお伝えしたいことがあって

それは
あなたの命は
同じものがふたつとない
世界でたったひとつの大切で貴重なものだということ。

あなたはかけがえのないあなたである
ということ。

そのかけがえのないあなたを
あなたが信じてあげてほしいということ。




それを伝えているわたしなのに
自分の世界の中で
その大切なことを忘れてしまっていたhaco+ののりです。




忘れていたことを思い出すことができたのは
ヨガと整体のおかげ。


思い出すきっかけは
身体からのサイン。

深い呼吸が出来ていない
地に足がついていない
食べることへの感動がない


そんなサインから
背中に激痛が走り
声を出すことすら難しくなりました。



ここのところ続いていた緊張や
新しい経験や
苦手なことと向き合うことや
頑張りすぎてしまっていた自分が

心と共に
身体まで縮こまらせてしまっていたことを
身体のサインから気づくことができました。



ヨガで
身体と呼吸に集中している時

なぜか
身体の隅々にまで
ありがとうって伝えてる自分がいて

ヨガが終わった時
ごめんねって涙がこぼれました。



このごめんねはね
自分から自分へのごめんねでした。



信じてあげてなかったね
辛かったね
不安だったね
ごめんねって。



あの時のあの言葉を信じてあげてなかったね

誰かにどう思われるか?ではなく
わたしはこう思いますっていう大切な気持ち
信じてあげてなかったね

傲慢になっていないか?
調子に乗っていないか?って
心の中が
ドキドキ、おどおどしてた気持ちに
大丈夫だよって言ってあげられなかったね

ごめんね。



あなたが言葉を投げかけるとき
どんなことを思い
どんな気持ちで投げかけるのかを
1番近くでずっと見てきたわたしが信じてあげられなくて

本当にごめんねって

わたしがわたしに謝るとき
ポロポロ
ポロポロと涙がこぼれました。



ヨガで気づいた次の日に背中の激痛。
仕事には穴を開けず整体へ。

不思議だけど
ここのところ
整体の先生に会いたいなって思っていたのに

風邪すらひかない元気なわたしは
先生に会いにいくことができなくて…

そしたら
先生に会いに行く理由ができました笑
痛かったけど。


先生の大切な時間を
わたしにたっぷりくださり
施術後
眠りなさいって
寝かせてくださいました。

深い眠りから目が覚めると
先生が
いろんな話をしてくれました。


そのお話の中にも
先生の在り方にも
いつもの自分に戻れるヒントがありました。



無意識のうちに引っかかっていたことに

結果へのこだわりが消え

やれることはやりました!

って、気持ちを完結させてあげられました。



まだまだ気が小さいわたしを
受け入れざるを得ないことがいっぱい起こるけど

身体にサインが来るまで
自分を疑いながら
がんばってしまった自分がいたけど

それでも歩みを止めたくなかった…

そんな仕事をさせていただいてることにも
改めて感謝した出来事でした。



背中が痛くて
うまく呼吸できないのに

お片づけレッスンも
カウンセリングも

すごく幸せ感じながらやらせていただきました。

痛みなんか忘れてしまう時間を
お客様にいただきました。


本当にありがとうございました。





昨夜は
久しぶりにストーブを点け
部屋の照明を落とし
ぼーっとする時間をつくりました。


またやってしまったよ
みたいに自分を笑えるようになりました。

b0345376_14215075.jpg


今朝起きたら
深呼吸ができました。


しばらくお休みなしですが
新しい出会い
新しい仕事にわくわくしています。


自分を信じて
皆さんに出会えますように。




haco+3月の予約枠は満席となりました。
本当にありがとうございます。

4月も既に
カウンセリング、お片づけとご予約を頂いています。
新しいレッスンも始まります。(改めてblogにて募集いたしますね)

どうぞ
よろしくお願いいたします😊


haco+のメニュー






[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-10 11:46 | ■わたしのコト | Comments(0)