暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

モデルハウスとお別れの時。


大分県日田市の 
天領住宅さんのモデルハウスでの
暮らしのアドバイザーとしてのお役目が
一旦、終了したhaco+ののりです。


また新しいお仕事もいただき
喜んでいただけるよう
がんばりたいと思います。




確定申告の準備をしていたら
約一年、モデルハウスでの接客をさせていただいていたことに気づきました。

一年って
あっという間でした。





家は生きています。


このモデルハウスで
沢山のご家族が
夢や希望を話してくださいました。



お子さまたちは
初めて来た場所だとは思えないほど
気持ちよさそうに
寝そべってみたり
裸足になってみたり
ハンモックに揺られてみたりと
笑顔でいてくれました。


帰りたくない〜〜って言葉を
何度聞いたことでしょう。



一年間
家づくりの現場で
お客様を感じてきて思ったのは

家は
人と人とが創り上げていく
ということ。


そこには
沢山の言葉を交わしながら
信頼という絆が生まれているということ。


いろいろなご家族と行われる打ち合わせに
2つと同じものはなく

家族ごとのオリジナルな家づくり物語が紡がれていく姿は

毎回、ワクワクしました。



わたしの役割は
お客様が安心して
リラックスして
モデルハウスでの時間を過ごしていただく空気づくりだと思ってきました。


時には
お母さんとしての経験や
自分で仕事してる経験や
家を建てた経験を話し込んだりすることもありました。


お子さんとお絵描きしたり
かくれんぼすることもありました。



モデルハウスは
沢山のお客様の笑顔と笑い声を聴きながら
育ってきました。


だからこそ
これから迎える新しいご家族を
あたたかく包み込んでくれることと思います。



素敵だなぁ

かっこいいなぁ

気持ちいいなぁ

あったかいなぁ

木の香りがするなぁ

ここが我が家だったらなぁ

ねぇ、このお家に引っ越そうよ!パパ

わたし、ここがいい!ママ



こんな言葉たちを
沢山聞いてきたモデルハウスは

新築時より古くなったのではなく
すくすく育ったんだと
わたしは思っています。



3月11日の最後のオープン日が終わり

リビングを出る時

モデルハウスに一礼しました。



出会いも
経験も
喜びも

沢山いただいたモデルハウスに

ありがとうを伝えました。




天領住宅さんの新しいモデルハウスは
8月に完成予定だそうです。



また、その新しいモデルハウスで
皆さまにお会いできることになり

必要としていただけることが
うれしくてたまりません。



どうぞ
また
天領住宅さんのモデルハウスにて
お会いできますように。



その日まで
家づくりの学びを深めて参ります。



b0345376_21192993.jpg

今日、全ての荷物が運び出されました。

新しいご家族を迎えるために
準備を進めているモデルハウスです。



新しいご家族が
ここで
益々
幸せな暮らしを重ねていただけますように。



       







[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-15 20:56 | ■家づくり | Comments(0)