暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

あなたがあなたを思い出した時間。


やっぱり
お会いして
その方の中にある光を見つけるって
至福の時間だなぁって思うhaco+ののりです。


昨日、お片づけプライベートレッスンに
遠方から来てくださった人生の先輩の方から
朝一でメールが届いていました。


31年、とても厳しい現場で働き続けてきたその人が
時折見せる
子どもみたいな表情に
あっ!
って鳥肌がたちました。

あっ、いた!って思いました。

本来のあなたですよね?って😌



もう可愛いんです。
人生の先輩なのに
幼い無邪気な女の子を見てるような錯覚に陥るくらいに
素直でまっすぐで
不器用なほど正直で。

そんな可愛い人が綴ってくださった気持ちは
誰かをホッとさせてくれるかもしれないから

ここに載せさせていただきます。





こんにちは。
のりちゃん、昨日はありがとう💕

会うまではhaco+ さんとか、のりこさん
という呼び方でしたが
あった途端、急に身近に感じて
『のりちゃん』です☺️

会うべき運命だったのですね。
とても居心地のいい時間でした。


お片づけ講座に行ったのに
いろんな自分を発見しました。

私が好きなのは『木』
そういえば、小学校の時に感動した絵本は
『おおきなきがほしい』
その生活に憧れて、わくわくして
こんなお家が欲しいと心の奥底でずっと思っているのだろうと気づきました。

小さい頃から外で遊ぶのが大好きで
就職してからは
中型バイクで大自然の中をツーリングするのが好きでした。
いろんなことを思い出しました。

子どもの心、自由
その力を存分に出したいのだな〜私って。

いつまでたっても大人になれない、
大人になりたいと力を入れて入れていた日々。

もうそれが苦しくなって
本来の自由な自分に戻りたかったんだな〜

ちゃんとしなくては、
しっかりとしたお母さんにならなくては

がんじがらめになっていた自分を
解き放ちたかった。

毎日過ごしていて、なんか違うと思ってたのは
自分らしく生きてなかったからだ
子どもの頃の自由な心に戻りたかったのだ
と感じました。

31年勤めていた仕事を辞め
これでよかったのかと後悔する時もありました。

一度きりの人生だから
自分の悔いのないように
やりたいことをやって
好きなように暮らしたい
自分らしく生きたい
そう思って辞める決意をしたものの


もう少し辛抱すればよかったのか…
私は現実逃避したかっただけなのか、
ただのわがままではないか…
いろんなことがぐるぐると巡っていました。

でも
のりちゃんに会って
私、間違ってなかった
これでよかったのだと
これからの人生を堂々と歩んで行けそうです。


のりちゃんの話は私と重なる部分が多くて
ズボラな自分を責めたり、
こんな風になりたいけど
無理かもと思ったりしていたことも

のりちゃんが変われたから
私もできそう
そんな気になりました。

私の理想の暮らしをしているのりちゃんに会えて
道が開けてきました。
私ものりちゃんみたいになれる
そんな自信に繋がりました。

もっともっと気づきはあるけれど
今日はここまでに。

のりちゃん、ありがとう💕





いつの間にか
のりちゃんって呼んでもらえちゃって
ありがたいな。


おんなじ絵本が大好きで
おんなじ場面が大好きで
笑いましたね。


そろそろ
自分のこと考えませんか?って
少し前から
幸せになるんだよ〜っていう
光のシャワーが降り注いでいましたね。


だから
大丈夫なんですよね。



どうぞ
焦らずに
ゆっくりと
やすみながら
一歩
一歩で…。


いつか
沢山の人を抱きしめる役割を担う人だからこそ
自分自身を目一杯
抱きしめてくださいね。


また、会いたいです!


b0345376_11592245.jpg





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-04-14 11:43 | ■お片づけサービス | Comments(0)