暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

撮りたい人たち。


90を過ぎた叔母が入院したので
会いに行って来ました。


叔母は
母のお姉さんで
母より18歳も年上。


母にとっては
お母さんみたいな存在の人。


叔母が元気でいてくれることは
母の幸せ。



母と一緒に病院に行ったら
叔母はやっぱり
いつものように
妹である母を気づかう。

わたしには
母は母なんだけど

叔母の前の母は
お姉ちゃんに守られている妹になる。



話しをしている2人を見ていて

あっ

写真を撮りたいなって思いました。



病院だけど
病室だけど

2人が水入らずでいれる場所でもあるからか

2人は姉妹だという
なんとも言えない雰囲気が出ていました。




叔母が回診の間

母に

写真撮らない?

って言ったら

そういえば
2人で撮った写真がないかもって。



回診が終わった叔母に
母は
写真撮ろうって。

叔母は
ひとつも嫌がらず
うんって。



綴っていたら
泣けますね。



もう
2人が愛おしくて

叔母には
もっと
もっと
長生きしてほしくて

母には
もっと
もっと
お姉ちゃんと一緒にいてほしくて


写真
撮らせてもらえて
本当に良かったと思いました。


話してる2人を眺めていただけでは感じれなかったこと

写真撮るからこそ
くっついた2人の距離

全てが
ただ
ただ
愛おしくて。



いろんな思い出話をして

沢山、苦労してきた人なのに
話すことは
ありがたくて楽しかったってことばかり。



本当にすごい人だなって思うし
母に
叔母がいてくれてよかったって思います。



もう
旅行には連れて行けないけれど
叔母と母を
もっと撮ろうと思いました。


それしか思いつかないけど

きっと

それが大事なんだと思います。



叔母の入院は
2人の姉妹に
水入らずというご褒美をくれた…

そんな気がしてなりません。



b0345376_18045562.jpg

叔母と母みたいな薔薇。

派手さはないけど
凛と佇む。


わたしは
もっと
2人の姿から学びたい。

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-04-25 17:20 | Comments(0)