暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

わたしの気持ち。


人のためにやってあげててすごい

何度も何度も投げかけられた言葉に

わたしは
やってあげてるのか?って
1人になって考えたhaco+ ののりです。



やってあげてるっていう表現が
こんなにも
胸の中に残って
褒められたんだと思うけど
全然うれしくありませんでした。



やってあげてるんじゃないよ。


わたしが誰かにやってあげられることなんて
きっとない。



やってあげてるのではなくて

あの、わたしでよかったら
一緒に考えますから…

あの、わたしでよかったら
お片づけお手伝いしますから…

って
機会を作っていただいたり
必要としていただいたりして

やらせていただけているだけ。



なんだか最近
気になっていたこと。

当たり前のことのようにかけられる言葉。

上とか下とか
なんだかややこしい人間関係。



少し疲れてしまってました。




誰かを想っておにぎりを握るとき

わたしは手のひらからのパワーを信じていたり

言葉にならない気持ちを
祈りとして込めているだけ。


b0345376_21083873.jpg


お弁当を届けるとき

気持ちが込められる方法が
それしか思いつかないだけ。



b0345376_21101415.jpg


誰か心の声に耳を澄ますとき

聴いてあげてるんじゃなくて

聴かせてもらってるだけ。



お片づけを一緒にする時

先生ではなく
もっと
何か近い場所から
楽になる方法見つけの仲間に入れてもらってるだけ。



たくさんの人の前でお話する時も

わたしは
伝えたいことが伝えられる機会を与えていただいてるだけ。



わたしは
何ひとつ
誰かに
やってあげられることなんかないのです。




やらせていただいてることばかりなんです。





わたしは
haco+ としての仕事、出会いが
大好きでたまりません。



[PR]
by coharubiyori529 | 2018-05-13 20:56 | ■わたしのコト | Comments(0)