人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

母娘とhaco+のお片づけ。


昨日4歳になったhaco+に
沢山の変化やお片づけ報告が届きました。

おめでとうも
ありがとうも届きました。

本当にありがとうございました!



そんな中
先日からお手伝いさせていただいている「母娘のお片づけ 」の娘さんからメッセージをいただきました。


親子だから
血が繋がっているから

そんな理由から
仲良しが当たり前…みたいな見えない基準に悩まされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

だけど、なんだかぎくしゃくしたり
お互いを愛おしく思えなかったりする。

どうしてかな?
どうしてかな?って
この母娘さんも、それぞれの心の奥で
ずっと悩んでこられたんだなって感じました。


愛おしく思えない時もある。
だけど
もしかしたら
愛おしく思える日が来るかもしれない…
そう感じてもらえたらなぁって
わたしは思っています。



そう思えない理由
娘さんとのカウンセリングの中で
お母さまとのカウンセリングの中で見つかりました。


見つかったら
わたしは2人のキューピットになるだけ。

お互いが
素直に届けられない想いを
カタチを変えずに
ありのまま伝えるだけ。



お互いが
知らなかった相手の気持ちを知り
まずは2人のお片づけを始めてくださいました。


haco+とお片づけをしてきた娘さんと
娘さんからのお片づけというプレゼントを受け取ることを決めたお母さんとのお片づけ。



これまで知らなかったお互いの気持ち…というあったかい心のお守りを持って
お母さまの心地よい暮らしに向けてのお片づけを始めてくださっていました。


お片づけを進めていく中で
大量のモノと向き合う中で

いつもいつも優しくできるわけではないかもだけど
優しくできそうにない時ほど思い出すのは
きっと
受け取った時にうれしかった心のお守りだったんじゃないのかな。


そんな2人のお片づけの仲間に入れてもらった先日のこと
昨夜、メッセージのやりとりしていたら思い出して
これまでの2人の歩みを想うと泣けてきて、泣けてきて。

わたし、2人といる時間と空間が
うれしくてたまらなかったし
2人が愛おしくてたまらなくて…初めて伺ったお母さんの家なのに、心地よかったのは
2人のお片づけやわたし、そして2人のこれからに対する気持ちが素直で綺麗だったから。



娘さんが買い物に出かけた時
お母さんがわたしにそっと

「 なんだかあの子変わったよ。昔みたいな関係に戻れそうな気がする。なんだかね… 」

って、うれしそうに話してくれました。
感無量って言葉
こんな時の気持ちのことだなって思いました。


いつの間にか
ボタンのかけ違えが起こっていた母娘。
掛け違えたかったんじゃないからこそ
直し方がわからなくなっていたんだけど

掛け違えを直したいのっていう素直な気持ちを
お互い伝え合うことから
全てが始まったように思います。


直したいって思った日があって
今がある。


前置き長くなりましたが
昨夜届いた娘さんからのメッセージ
読んでみてくださいね。









先日はいらして頂いてありがとうございました。
あの日の夜、お風呂の中でなぜか涙が出て、涙が出て。
私は今何で泣いているんだろう・・・と自分に聞いてみました。
シンプルな答えだけど
私、幸せなんだな~~と感じたからじゃないかって。

母が
私がお片付けで感じた心地良い気持ちを感じてくれた、同じ気持ちになってくれた事が嬉しかった。
と同時に、母が私とまた、昔みたいな感じに戻れるかもって言ったって教えてくれたでしょ。でも、私の気持ちがまだそこまで行ってないから、罪悪感みたいなものからも出た涙だったのかもしれません。

でも、昨日もまた、お片付けに行き、お互い言いたいことを言い、
一先ずこのスタンスで行きながら、母との距離感を掴んでいけたらいいな~~って思いました。




いろんな想いがありますよね。

幸せ感じて涙が出たり

だけど
まだまだだと感じたり

素直に全て受け取れずに
うれしいのにギクシャクしてみたり


だけど
それって人間らしくて
人間味あふれてるなぁって
わたしはやっぱり愛おしくなります。


心があるんだもん。

真っ直ぐだったり
素直だったり
偏屈だったり
拗ねてみたり

いろいろ
いろいろあっていい。


だって
いつか
しっかり
まるごと
大切な人に愛されてきたことを
受け取らずにはいられない日が来るのだから
大丈夫😊



お片づけの日
お昼に出してもらった糠漬けを
パクパク食べるわたしに
帰り際
お母さんがお土産に持たせてくれました。

b0345376_08402707.jpg

この人に育てられた娘さんと出会えたわたしは
幸せ者だなぁって思いました。



これを読んで、また、徳子さんに実家の片付けを依頼されて、母娘間の関係が変わる方が出るといいなぁ!って
娘さんからの掲載許可もいただきました。
ありがとうございました。



また会えるんです!
大好きな2人に。

あの風通しのいいお母さんの部屋で
娘さんからのお片づけというプレゼントが
部屋の心地よさだけではないものまでも運んで来ていることを
わたしはいっぱい感じるんだと思います。



いっぱい感じたら
素直に
2人にお伝えするだけ。

感じたことを
ありのままに。








by coharubiyori529 | 2018-05-30 07:55 | ■お片づけサービス | Comments(0)