暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

娘であれる愛おしい時間。


わたしが歳を重ねたからか

母が歳を重ねたからか


母との間に

まぁるくて
優しくて
ありがたいなぁって思う瞬間が増えた気がするhaco+ののりです。



娘が新しい浴衣を買ったから
試しに着てみようって
着付けができる母にお願いしました。

娘が着付けてもらってる姿を見てたら
わたしも浴衣着たくなって…



そしたら母が

「 持っておいで 」

って

子どもより子どもみたいなお母さんって
少しあきれたような
それでも
なんだか優しく笑ってくれたから

ゴソゴソと
自分の浴衣一式持って
着付けの順番待ちをしました。


3年前に仕立てた浴衣は
初めて袖を通した日
少し大人びてるように思えて
気恥ずかしい気がしました。

大人びてって
いい歳して使う言葉じゃないですね笑


だけど
今、やっと自分に似合ってきた気がして
鏡の前でうれしくなりました。



リボンみたいにしてねって
わがまま言ってみたら

はいはいって感じで
だけど
なんだかうれしそうに
帯を締めてくれました。


b0345376_21374975.jpg

母がわたしの携帯で撮ってくれた写真。


携帯で写真なんて撮らない母だから
ボタン長押しして連写したり

母なりにピントを合わせてたら
画面が真っ暗になって焦ってたり

てんやわんやしながら
撮ってくれた写真です。


綺麗に撮ってね!

とか

もっとここを撮ってね!

とか

そんな言葉が一つも浮かばないわたしがいました。



母が着付けくれて

母が写真を撮ってくれたことが

すごくうれしくて


綺麗な写真より
母が撮ってくれたって証のような写真たちが
すごく大事に思えました。



母が撮ってくれたってことが
わたしの宝物。




母みたいに着付けが出来る人になろうって言うより

わたしは

ずっと

母に着付けてもらいたい。



お母さん

お母さんって

母に着付けてもらう時間は
お母さんと娘って感じがするから。




お母さん

また着付けてください😊








[PR]
by coharubiyori529 | 2018-07-22 18:20 | ■わたしのコト | Comments(0)