暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

日々てんこ盛り。


なんだか
毎日てんこ盛り。

何がてんこ盛りかというと
感じることがてんこ盛り。


お昼ごはんつくりながら
ふと泣いてしまったりして…。



これまでの歩みがなかったら
こんな夏は迎えられなかったなぁって
胸がいっぱいになる場面の多いこと。




勇気を出して想いを伝えることができたのは

自分はきっと間違ってるって
いつも誰かを上にして
本当の気持ちを伝えられなかったあの日々があったから。



母との心地よい片づけができているのも

しっかり者の母とは違う自分の性格やリズムを
母とは違っていいんだって認めることができたり
もっと甘えたかったなぁっていう幼い頃からの想いが
やっと心から
母らしい
母の一生懸命な子育てだったんだって思えるようになるまで
自分の感情にフタをせずに向き合った日々があったから。



娘たちの成長に口を出すのではなく
見守るということができているような気がしているのも

見守れずに
わたしみたいになっちゃいけないって
力入れて
口を出して
転ばないように先回りしてたあの日々があったから。



今、誰かの心の中の声が聴こえるのも

小さい頃から
その人の本当の気持ちがわかってしまう生きづらさを感じていた日々があって
その生きづらさだと思っていたことは
わたしの特徴なんだと受け入れることができたから。




一緒に過ごす人たちに

嫌われるかな?ではなく
安心して
ありのままのわたしでいれて
そのままの気持ちを伝えられるようになったのは

そう出来なくて
かっこつけたり
自分に嘘をついてたからこそ
こんがらがった日々があったから。






昨日
ちょこっとお茶に来てくれた友だちとの時間。

会いたい!って伝えるところから始まるのが
すごくわたしらしい。

会ったら
会えなかった時間に起きたことを
子どもみたいに
表情も気持ちも溢れんばかりに話すから

友だちはいつも
笑い過ぎてほっぺが痛くなる…って言う。


のりちゃんよかったねって
一緒に涙も流してくれる。

辛かったね!
ではなく
うれしいねって。


子どもみたいに喜怒哀楽を表現するわたしを
かわいいと言ってくれる。



そんな昨日のお茶の時間も

わたしはわたしでいていいんだって

こんな日が来たんだなぁって

忘れられない夏の日となる。



お便りいただいたり
お祝いのくす玉いただいたり
遠いところからお問い合わせいただいたり

何回も味わっているはずなのに
毎回うれしい。




いろんなことがあって

いろんな気持ちを味わって

どうしていつもこうなるの?

って泣いた日もいっぱいあったけど

それは

ちゃんと今に繋がっていました。





b0345376_12250946.jpg


あの時できないと信じていたこと

あの時味わえなかった気持ち

あの時ホントは欲しかったもの

あの時伝えたかった大切な想い



少しずつ

少しずつ


今、叶えてあげられることを
叶えていきながら

な〜〜んだ
全然大丈夫やん!

って感じる実験続行中です。




久しぶりにパーマをかけて

髪をまとめて
お気に入りの大きめのピアスをつけたい!

って気持ちも叶えてみました。



自己満足だけど
きっと
いい顔してるはずです。


うれしくてたまらない顔してるはずです。


わたしが
わたしに

なかなかいいね!

って声かけてあげたくなる表情をしてるはずです。















[PR]
by coharubiyori529 | 2018-08-08 11:40 | ■わたしのコト | Comments(0)