人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

娘の帰省。


昨日、娘が帰って来たhaco+ののりです。

わたしは仕事だったから
会えたのは夕方帰宅してからで…。


彼女はハンモックに揺られてて

お互いに

ただいま
おかえり
を言いました。


娘は
髪をまとめてたわたしに
「 その雰囲気いい! 」
って言った後に
鏡の前に座って
わたしの髪を結い直してくれました。


あのね
もう44歳なんだから
少しはオトナにならんとね…
ってダメ出しされながらも
ケラケラ笑いながら
わたしの髪を結ってくれました。


なんて幸せなんだろうって
こんな時は
目一杯、幸せが溢れていいんじゃないかなって
娘とふざけて写真撮ったりして
いっぱいくっついて
いっぱい笑いました。


昨夜はずっと前から娘と約束していた焼肉へ。

わたしの母も誘って行くのは
娘たちにとっても当たり前の風景。

母を迎えに行く時
娘が手に抱えたのは
母へのお土産でした。

それを父の仏壇に供え
みんなで焼肉屋さんへ。


なんか
もう
ありがとう
しかなくて。


焼肉いっぱい食べさせようって思ったら
2人の娘たちがトング持って焼き方に。


その光景がうれしくて
わたしは甘えることにしました。


2人のトングが
同時に母のお皿にお肉を運ぶ瞬間があって

「 お母さん、孫2人からお肉食べて!って、こんな幸せなことないね」

って、声かけずにはいられませんでした。



わたしは一度もトングを持つことなく
ゆっくり美味しく食べた時

あぁ、こんなに大きくなってくれたんやって
また胸がキューってなりました。



ビールも飲んでいい気分で
お手洗いから戻ると
違うお客さんのお部屋でした。

焼肉屋さんで迷子になってるのを
バイトの女の子に見つかって
「 大丈夫ですよ!」
って励まされました。

この大丈夫ですよ!って言ってくれた女の子は
その前に
違うお客さんの注文したごはんをわたしたちに届けてくれて

数が違うのに気づいたわたしが
「もしかしら、他の方の注文じゃないかな?」
って言ってみたら
オーダー表みて、ハッとして
「申し訳ありません」
って顔がこわばっていたから
「大丈夫よ〜〜」
って、お盆にごはん戻しながら声かけた子でした☺️


大丈夫よ〜〜って言ったら

大丈夫ですよ!が返ってきて

また
それがうれしくて
迷子になってよかったって思いました。



うれしくてご機嫌だから
帰り道にアイスも買おう!って買い物して
高いトリートメント買わされたけど

本当にいい日でした。



まだ長女は寝てるけど

家にいるってことがうれしいなって感じています。


彼女の荷物の中に
分厚い専門書が入っていたけど
洋服からは香水の匂いが…。


全てに精一杯

そんな感じが荷物から伝わってきました。


よくがんばってる!





わずかな帰省。



娘と大事に過ごしたいなって思います。


b0345376_10220181.jpg

お母さん
うれしくて
ふざけすぎたの図。






おまけのわたしの気持ち

目が飛び出してるくらいふざけた写真は
instagramにあげたんです。
娘もめっちゃ喜んで
どれ上げる?って言ってくれたから。

でもふざけた写真が朝、少し恥ずかしくなって
投稿削除しようとしました。

その時ね
あぁ、人にどう思われるかを気にしてるなって気づきました。
嫌われちゃうかな?とかね。

そんな自分に気づいた時
わたしは
わたしのために削除しないことにしました。

あのふざけた瞬間の娘との距離。
面白がってつくったお互いの表情。
へんな写真ばかりなのに
娘が全部ほしいって言ってくれたこと。

そこに
なんの恥ずかしさもないことを感じたから。

幸せしかないことを感じたから。

だから誰にどう思われるか?なんて考えず
迷いなく投稿したんだから。

うれしくてたまらないわたしが
そこにいるだけだったから。


誰にどう思われるか?
が気になった時
わたしは細かく自分と対話します。

そして
まだ誰にどう思われるか?が気になる時があるんだなぁって
今の自分を受け入れます。

わたしの心の動きでした。






by coharubiyori529 | 2018-09-03 09:52 | ■子育て | Comments(0)