人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

花かんむりに想うこと…。


花かんむりが
何の役に立つのか?

花かんむりなんか作って
何がしたいのか?



そんな声もあるかもしれません。



片づけが仕事でしょ?って

人の心になんて寄り添えるのか?って


そんな声もあるかもしれません。





だけど
わたしは
花かんむりをつくり
出会えた人の髪を撫で
そっと花かんむりをのせ
リボンを綺麗に結んであげたい。


花嫁さんのお支度をさせてもらうような気持ちで。



ピンク色のチークやリップを足し
パールのイヤリングをつけてもらったりして

鏡に映った自分のことを
見つめてもらう瞬間が
何の役に立つか?なんてわからないけれど
すごく大切なことが
その瞬間にあると感じてしまいます。



何の役に立つのか…


わたしは
役に立つためにやってるんじゃなくて
感じてみてほしいだけなんです。


忘れてたり
本当は求めてたり
すでにあったりする何かを。




感じることは
人それぞれだけど

出会ってくれた女性が
鏡の中の自分に微笑みかける瞬間が

何か
途方もなく
大きな大きな可能性に満ちてるように感じます。





ある人は
花かんむりをつけた時
眼鏡を外した自分を見つめ
後日、コンタクトレンズを買いに行ったと報告してくれました。



ある人は
わたしがつけてあげたチークやリップを
帰り道に買って帰ったと報告してくれました。



ある人は
恋をしたくなったと言ってくれました。



ある人は
こっそり娘さんだけに花かんむり姿を見せたって報告してくれました。



ある人は
毎日、花かんむりをつけてみてるって手紙をくれました。


ある人は
しばらくなかった生理が来てくれたと報告してくれました。



花かんむりが
何の役に立つのか?

と言われたら
何と答えたらいいのかわからないけれど



言葉やカタチではあらわせない何かを
カラダや
ココロに感じさせてくれてるように思います。



今夜も
花かんむりへのメッセージをいただき
読みながら
泣き崩れてしまいました。


何になるか?なんてわからないけれど


リボンを結んではあげられないその人の元へ旅立った花かんむりが


鏡の中の自分を見つめることが怖かった彼女のこれまで生きてきた日々に

苦しかったことの方が多く感じていた月日に

光を当てる役割をしてくれたことは

お会いしたこともない彼女とわたしの宝物。





花かんむりを心込めて作る時間

それを受け取ってくれる人がいるということ

手にして
つけて
泣いたり
笑ったりして
感じてくれる瞬間



それは

どれも

わたしにとって

尊いことに感じます。




花かんむりがなかったら
出会えなかったかもしれないご縁から

今夜もまた力をいただきました。



悔しくて
悲しくて泣き崩れる日もあるけれど


うれしくて
ありがたくて
幸せで泣き崩れる日も沢山あります。



全身全霊で
今日のこの感動を味わい尽くし

また
明日から
わたしにできることを
見つけていきたいと思います。



b0345376_21032206.jpg





by coharubiyori529 | 2019-01-18 20:24 | Comments(0)