人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

肩書きではなく自分を信じて。


東京で出会った女性たちのこと

どんどん綴っていきますよ☺️



今、感謝状っていう題名のメールを頂きました。



感謝状⁈

わたしに?



会いたくて…ただそれだけで会いに来てくれた彼女は、何を話そうか?は決めないままに来ましたって言ってくれました。


会いたかった!は

はじめましてって顔を合わせた瞬間に泣き出すから、伝わってきました。ありがたい。



わたしと彼女の共通点は

お片づけを学び

お片づけのプロであるということ。



お片づけのプロって

暮らしが全て完璧ってイメージがないですか?



彼女もどこかそんなイメージに苦しんでる気がしました。




同居に伴い

義両親の荷物が占領してる部屋が生まれ

そこを片付けられてない自分を責めてるように感じました。


お片づけのプロなのに

スッキリ片づいていない部屋があるなんて…って。




ねぇ、その部屋片づけたいの?


って聴いてみました。



彼女は、その質問の意味を理解するのに少し時間がかかりました。



自分の物ではない家具や物が詰まった部屋は

入った時に気持ちよさは感じないかもしれない。



だけど

それらは、義両親にとっては必要に感じる物たちのお部屋。


自分には物置に見えても

ここに全てある!と感じれるこの部屋は

義両親にとって安心の空間。



そこを

片づけたい理由は何?


お片づけのプロだからこそ

片づけるか?

片づけないか?

も選べるんじゃない?って話をしました。




だって

わたし達は

苦しむためにお片づけをするのではなく

幸せになるためにお片づけがあることを

しっかりと学んで来たはずです。



だから選べるんです。


そのお片づけが幸せに繋がっているか?を見極める目を持ってるはずです。




プロだから

片づけなければならない!なんて

自分の暮らしの舵を誰に渡してしまってるの?ってね


優しくて

いろんな意見を受け入れる彼女に


自分の気持ちはどこにあるの?

って尋ねたのです。




彼女は

今は片づけなくていいって

涙の後にすっきした笑顔を見せてくれました。




片づいてない部屋があるのではなく

今は片づけないって決めてる部屋があるのです。


今片づけないのは

自分にはわからない誰かの大切な気持ちや物が詰まっているんだと感じたからです。



今、片づけないって

自分で選んだのです。




彼女も

お片づけとココロが繋がっていることに気づき、そこが大事だと感じてるプロです。


だから

自分の気持ちが大事で

人と同じではなく

自分が伝えたいことを知っていく事が大事で

自分の言葉で発信していく事が大事。



たくさん

たくさん

お片づけのプロがいるからこそ


彼女が彼女を出さないと

埋もれてしまうのです。




お片づけのプロだから…


そんなことに縛られてたらもったいない!



プロらしいこと…


そんな感覚は

すでにある自分の大切な感覚を鈍らせるし

人の心を動かせない!



あなたが人間味あふれる時

誰かの心が動くんだから。




誰に寄り添い

誰の笑顔が見たいか?を一緒に確認しました。


わたしにはない彼女の軸がそこにありました。


それが一番大事なんだよねって

泣いて笑って

気づいていきました。



誰かと同じ必要はなく

プロっぽく振る舞う必要もなく


ただ

ただ

人間らしくあれたなら


きっと

愛されるお片づけのプロになるよ!


わたしはそんなことを

彼女にいっぱい伝えた気がしています。


彼女のこれまでの経験が

誰かをホッとさせるって感じたから。


自分を生かすって

ありのままでやることだから

スマートな事ばかりじゃなくていいんだよ。



自分の心の声を聴いてあげないと

人の心の声は聴こえない。


自分に選択を委ねてあげないと

人に選択を委ねることが難しくなる。




全ては自分から


その自分からが


誰かに伝わるんだと思うんだぁ。




綺麗なお片づけのプロさんから届いた感謝状





私、ワクワクしながら感謝状を書きました。

言葉が溢れるってこういうコトだなーって。

どうぞ、ブログにお使いください😊

のりさんの溢れた愛で私が満たされたように
私から溢れた愛で、またどなたかが

幸せな気持ちになれますように!


こんな風に言っていただいたから

皆さんにもお届けしますね。





のりさんへ。感謝状。


のりさん。こんにちは。


のりさんに会ったあの日から

『片づけないでいい部屋』は

愛ある部屋に変わりました。

覗くたびにタンスさえ無ければ。と

私が苦しかったせいで

主人にもツライ気持ちを味あわせていたのかもしれません。

視点を変えるだけでこんなにも

気持ちがラクになるんだと思えたこと

感謝の気持ちでいっぱいです。


私が、お片づけを勉強した理由も

わかった気がします。

大変な思いをしている方に寄り添いたいと漠然と思っていたけど

幼かった時に、頑張ってるね。大丈夫だよ。安心してね。と誰かに抱きしめてほしかったんだな。と。

そして、今そう思って生きている子供たちを抱きしめてあげたいんだな。と。


カウンセリング料の話をした時

あなたの価値だよ。と言われた時も

涙が溢れて仕方ありませんでした。

私の周りの方は、

お客様のお財布の心配はしなくていい。とか

それだけ暮らしを変えるお仕事をしてるから。

と話してくださる方はいらしたけど

のりさんのように話してくださる方はいなくて。


受け取り方ひとつで世界がこんなにも愛でいっぱいになるなんて。


大好きなキッチンからの眺めを写真に撮ってみました。のりさんの花かんむりも仲間入り。

もっと大好きな空間になりました。

花かんむりを見るたびに、のりさんのキラキラした瞳を思い出します。


ありがとうが足りないくらい。

いっぱい、いっぱいありがとう。

また、いつか会いたいです。






b0345376_16011400.jpg

小さな花かんむりがうれしそう☺️



そうそう。
カウンセリング料金の話もしたね。

実はねって話をしたね。


カウンセリング料金が
カウンセリングを申し込む時のドキドキの理由になることってあるもんね。


だけど
それを払うのは
現実はわたしにだけど

自分が自分を幸せにするために
自分にかけてあげるお金なんだということを
話したよね。

そして自分は
そのお金をかけてあげていいくらい大切な存在なんだって感じるための
カウンセリング料だと話したよね。


わたし達は
子どもたちのことには使えるのに
自分には使えないって思う事があるけれど

子どもたちも
あなたも
大切な存在なんだよね。


あなたが元気でいる価値って
本当ならお金どれだけ積んでも敵わないんだよね。


だからわたしは
もう値下げやキャンペーンをしないと決めたのです。


出会ってくださる女性たちが
自分のために
自分に献上するのが
このカウンセリング料金だと
ひしひしと感じているし

自分への尊厳が
このカウンセリング料金だと感じているからです。



あなたは
そんな大切な存在なんだと
わたしは精一杯
カウンセリングで届けます…これからも。



もし
彼女みたいに料金にドキドキしたら

自分に献上してみてもいいんじゃないかな?

って、日頃の自分の頑張りや価値を認めながら自分自身に聴いてみてください。


もちろん無理をしろっていう話ではなく
あなたはかけがえのない価値がある存在だからねって話をしたいだけなのです。




飾らない彼女の気持ちが
わたしの中にすーっと入ってきました。

彼女と一緒の時間を過ごした時
あったかい人間臭さがある人だってすぐわかったから

この感謝状が
素の彼女みたいに可愛く思えました。


たくさんの子どもたちやママが

あったかい彼女のそばで笑ってる…

きっと

そんな日が来るはず。




また会うよ!きっと😊

感謝状、ありがとうございました!














by coharubiyori529 | 2019-06-08 15:24 | ココロのカウンセリング | Comments(0)