暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■子育て( 31 )


娘との春の日。


帰省していた娘を見送りました。


あっという間に
帰っちゃうんですよね。


どこにも行かなくていい。
お家ごはんがあればいい。


10日間ほどの帰省は
ほぼ、寝てた娘。


何からも解放されたように
よく寝ました。
びっくりするほど。



オシャレなランチも必要ない

なんだか
素朴すぎる娘に
笑えました。


喜ばせるって
特別なことではないのですね。



帰る前夜のリクエストは
コロッケ。

大きなコロッケをいっぱい作って
娘が食べる姿を見ていたら
20歳の大人の女性ではなく

わたしの小さな娘でした。



唯一のお出かけは
娘との花見。

2人でキャーキャー言って
写真撮って
写真に夢中になって
草滑りになって…

楽しかったな。


ワタシが撮ったムスメ。

b0345376_16082690.jpg


ムスメが撮ったワタシ。

b0345376_16085401.jpg


なんだかうれしくて。


写真に撮られるのが苦手なワタシが

娘の前では
自然に笑えてる。


ムスメも自然に笑う。



それぞれが
それぞれの大切な人たちと
こんな笑顔でいれたらいいね


そんなことを
写真を見ながら思いました。



写真のための笑顔ではなく

楽しいよ〜

幸せだよ〜

そんな笑顔が写真に残るのは
ちょっと
うれしいなって思いました。



b0345376_16125795.jpg

お母さんね
一緒に花見ができたことがうれしいんよ

のポーズ。

こんなことするワタシを
笑うのではなく

いいね〜〜って
写真撮ってくれたムスメ。




また、それぞれの場所で
がんばろうね。



この写真
時々見ながら
お母さん
がんばれそうだよ。



b0345376_16150280.jpg


楽しい春をありがとう😊


追伸

ムスメへ

キキは君の昼夜逆転みたいな生活に
一生懸命付き合ったから
昨夜からびっくりするほど寝ました。
今日の夕飯まで
何も食べませんでした。

疲れをとってあげたいと思います。

                           母より

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-04-05 16:01 | ■子育て | Comments(0)

娘が泣いた昨日のこと。


昨夜ごはん食べてたら
離れて暮らす娘から電話がかかってきた
haco+ののりです。


泣いたんだって。


実習の帰り道での電話でした。



彼女が泣くってよっぽどのことだから…


電話で何が届けられるだろうって
一瞬焦るわたしがいました。


そっか
そっかって
話をきいて。



悔しさも
やり切れなさも
直ぐにおさまるような
そんなことではなさそうだったから

「 おいしいもの食べなさい!」

って伝えました。
それも
いっぱい食べなさいって。


もちろん
一睡もせずに実習に臨む娘に
帰って作れなんて言う気にはならず
コンビニの前にいるっていうし
そこがローソンっていうから

あっ!
ママのおススメがあるって伝えたら
びっくりしてました。

ママらしくないねって。

ママ、コンビニのごはん食べないでしょ?って。



わたし
モデルハウスの仕事の時
あったかいものが食べたくなることがあって
1番近いローソンに行くことがあります。
そこで食べたいものを選び
チンしてもらって食べたらね

あったかくて
おいしくて
うれしくて
ありがたいなって思いました。


その話を娘にして

その熱々がおいしかったものを伝えたら
同じものがあったらしく
買い物かごに入れてました。


「 あのね、2つ買いなさい! 」

って付け加えました。
一つじゃ娘には足りないなって。

こんな日は
お腹いっぱいになる幸せを感じてほしいから
2つ買ってって。

せめて
実習以外のことで満たされる時間を持ってほしくて。


コンビニで買い物しながらの娘と話してたら

いつものお弁当が食べたい。
ママのお弁当持って実習に行きたいって言うから

たまらない気持ちになりました。



出来ることなら
そうしてあげたいです。


特にこんな日は
娘が好きなもの作って
いっぱい食べさせたいです。



なんかね
昨夜はコンビニがありがたかった。

わたしがコンビニのごはん食べてみた経験が役に立った。

娘がわたしのおススメを
おいしい〜〜って喜んでくれたから。



今朝は起きれたかな?

また寝れないって言ってたけど

レポート終わったかな?



あと2日

がんばれ。



電話ありがとう。

悔しかったこと

泣いたこと

ママに話してくれて

本当にありがとう。



b0345376_08422411.jpg


[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-22 08:18 | ■子育て | Comments(0)

今月ご予約のお客様の中にも
ご家族や
ご自身がインフルエンザになってのキャンセルがいくつかありました。


離れて暮らす我が娘も
インフルエンザの診断を受けたhaco+ののりです。


ホントに病気しない子で
周りがインフルエンザでも何のその!くらいの娘が…。


病院から連絡くれた声は
まだ元気がありそうだったけど
熱が上がるからねって言われたらしく
お薬いただいて
帰りに寄ったスーパーからも電話が。


離れていても
娘が熱がある時に
食べさせてたものや
好んで食べたものが
わたしの頭の中に出てくるから
それを娘に伝え

最後に
まだ食欲がありそうな様子だったから

「 お寿司買って帰りなさいね 」

ってつけ加えました。

1番最初に買い物かごに入れてたんだって
笑ってました。


病みあがりだったり
まだ食べれる時
必ずお寿司だったもんね。


心配してかけつけてくれるっていうお友だちは
お断りしたみたいだけど

玄関先には

b0345376_15394943.jpg

こんなに沢山届いたみたいで。

それも娘が好きなものはがり。


やさしいね。

ありがたいね。


この日のこと
忘れないでいようね。




そう言えば
わたしも
東京で一人暮らししてて

風邪をこじらせて
どうしようもない時

友だちがおかゆ作りに来てくれたり

1時間以上離れたところから
わたしが喜びそうな食べ物をいっぱい買って
玄関先に置いといてくれたり


今、思い出しても
ありがたかったな。




娘にも
お友だちがいてくれてよかった。



引っ越しや
テストや
バイトに
関東にも雪が降る寒さ…

めったに病気しない娘にも
強制終了の合図が来たようです。




ひたすら眠ってほしいです。



すぐに行ってあげられない場所を選んだのは娘だけど

こんな時

もどかしいものです。



自分が心細かった事があるからこそ
一人暮らしっていう
寂しさも想像してしまうから。



元気な時は
楽しい一人暮らしなんだと思うけど。



今は携帯もあるから
いつでも繋がれて…
本当にありがたいです。

携帯にも感謝しました。





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-27 15:29 | ■子育て | Comments(0)

娘の引っ越し。


今朝、長女にお願いされていたモーニングコールをした時
そばで女の子の声がしたことに
うれしくて泣きそうになったhaco+ののりです。


朝7時のモーニングコールのわけは…
引っ越し。


ある日娘は
3、4年時の校舎への通学や
住み心地や
いろいろな彼女なりの理由から
引っ越ししたいって言い出しました。

今のマンションに決めるとき
4年間お世話になるつもりで決めたので
わたしには
絶対に必然だとは思えませんでした。

それでも娘なりの想いがあるのだから…
条件を出してみました。



これまでとかわらない仕送りしかしないこと。

引っ越しや手続きにかかる費用を全て
自分で賄うこと。


かなり厳しい条件だったのに
娘は
それやる!ってバイト代貯金を始めたりしました。


ありがたいことに
最初に出会えた不動産屋さんが
娘を家族のように可愛がってくださっていて
今回の物件の契約や
前回の物件の解約など
きちんと娘にご指導くださいました。


もう
何も言うことはありませんでした。

知らない間にバイトが2つになっていました。
さすがに
娘の暮らしが見えないからこそ
心配してしまうわたしが顔を出したけど
やっぱり
信じた方が気持ちいいから

「 何かあれば言うんよ」
って一言だけ口を出して見守りました。


引っ越し…
手伝いに行きたかったけど
自分でやれるって言うから
やらせてみたものの
前夜も
ゴミのことだったり
お腹すいたー
だったり

わたしがいたら
不安が消えたり
美味しいもの食べさせたり出来たのにって
ちょっと切なくなりました。


それが
朝の電話で
お友達の笑い声だけでなく
娘まで楽しそうな声で出てくれて

娘がひとりじゃないこと
朝早くからお手伝いに来てくれるお友達がいてくれることが
もう
うれしくて
うれしくて。



よくがんばったなぁって思ったし

いつも娘は人に恵まれているなって。


不動産屋さんのお人柄も
わたしを安心させてくれたし

娘が話してくれることも
疑うのではなく
信じれたし

バイトは2つになったけど
その2つめのバイト先で出会ったお友達が
引っ越しのお手伝いをしてくれたようでした。


引っ越し屋さんのお兄さんたちも
とっても良くしてくださったそうです。



いろんな人に助けられていることを
わたしも
娘も感じることとなりました。



全てわたしが手伝っていたら
娘もわたしも感じれなかったことが
今回たくさんありました。


お昼ごはんは
手伝ってくれたお友達と焼肉だそうです。

「お腹いっぱい2人で食べてご馳走するんよ」

って言ったら
そんなことはわかってます!って感じでした☺️



やらせてみた

見守った


そうじゃなかったんだなって。


やらせてみることができた

見守らせてもらえたんだと思います。



娘のこれまでが
わたしの行動を変えてくれたんだと思います。



すごいな。

心地よく暮らすことへの強い気持ちも

やってみようとするパワーも

自分で選択していく意思も。



わたしは敵いません。



新しい娘のお城に
早く行ってみたいなって思います。

そこでごはん作ってあげたいなって😌



b0345376_11363575.jpg

娘から送られてきた新居の様子。

わたしがどうしても持たせたかったフェイクの観葉植物も
まだ存在してました😊

暮らしに植物がある中で育った彼女への
わたしの想いの押しつけだけど笑笑。



追記

掃除しなくていいよって言われたお世話になったマンションも
「 磨いたよ!」って。

わたしが教えなくても
ちゃんと感じてやれるんだね。

b0345376_18550141.jpg


[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-14 10:55 | ■子育て | Comments(0)

帰省していた娘が
横浜へと戻ったhaco+ののりです。


冬休みは短いし
そんな中
友だちの誘いは多し。

呑み会の送迎係もやりました😊



戻る日は朝からしっかり食べさせ

お昼は外食するはずが
家でコロッケ食べたいって言い出すので
買い出しに行き
大きなコロッケを食べさせました。

b0345376_22275744.jpg

寸前までレポート書いてるのは
遊び過ぎのツケですね。


b0345376_22284426.jpg

煮込みハンバーグかペンネアラビアータが食べたいって言う時は

どちらも食べたほうがいいよ!って
どちらもおかわりできるくらい作りました。


b0345376_22321183.jpg

焼肉食べに行きたいのに
行く時間がないから
お膳のメインはステーキでした😋


ずっと食べさせることばっかり考えていました。



今回の帰省最後のコロッケをつくった時

「 満たされた〜〜」

ってわたしが言うから

「ママが満たされたの?」

って不思議そうな顔をした娘。



そうなのです。

不思議な感じがするけど

作らせてもらってありがとう
って気持ちと

なんだか楽しかったからありがとう
って気持ちと

食べてくれることで
わたしにも出来ることがあるんだなっていう喜びの気持ちと

全てが入り混じって

すごく満たされました。



それに
仕事をセーブさせてもらったり
突然のキャンセルがあったりと

娘との時間というプレゼントをいただいたおかげで

穏やかに
心地よく
お母さんさせてもらえました。



b0345376_22393641.jpg

ねぇ

お母さん

うれしかったよ。

すごく楽しかったよ。

それから

見送る時

綺麗で眩しかったよ。


ありがとうね。




今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊




[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-09 22:23 | ■子育て | Comments(2)

娘を眩しく思う時。


今日は娘の成人式だったhaco+ののりです。


今回の娘の帰省のメインでもある成人式。

わたしは成人式当日
お店を予約するのではなく
家でお祝いをしようと
いくつか食器を買ったりして
娘の帰りを待ちました。

b0345376_20505132.jpg

何かのイベントの為に食器を買うなんてこと
ずいぶんやらなかったけど…
ずっと欲しかった白い器を
いつか‼︎ではなく
長女の成人式の時に買ったよねっていう記憶に残すのもありかもって
なんだかわくわくして迎えました。

白って
わたしには大切な色で
20歳の門出にもぴったりな気がしました。




年末ギリギリに帰って来た娘は
わたしを見るなり両手を広げ
抱きしめてくれました☺️

娘に抱きしめられるって
うれしいものでした。




夏に帰って来た時より
なんだか落ち着いていたし
穏やかで美しくなったようにも感じました。




わたしは娘を眩しいなって思うことがあります。




食いしん坊なところは変わってないけれど

日々
いろんな経験を積んで
磨かれているんだろうなって
今回も
いろんな瞬間に感じました。



もう子どもじゃないなって。




どんどんオトナになっていく娘に
わたしは何ができるかな?
って考えてみるんだけど

特別なことは思いつかず

毎度のごとく
ごはんを食べさせる
とか
ごはんを食べさせる
とか
ごはんを食べさせる



b0345376_21113684.jpg

友だちと遊びに出たら
いつ帰って来るのかわからないけれど
娘が言ってた食べたいものを作ってしまうし。



だけど
それでいい気がして。

また横浜に帰って行く時に

「 お腹いっぱいになった〜〜」

そんな気持ちでいてくれたら
それで十分な気がしました。





成人式当日は
早朝から着付けに行く車の中も
なんだか楽しくて

わたしが着た振袖を娘が着た姿がうれしくて。


そんな娘との時間がうれしいって気持ちが
娘が一緒に撮ろうって言ってくれた写真にあらわれていました。



b0345376_21174988.jpg

わたし

幸せそう😌



b0345376_21183417.jpg

この笑顔を見たいがために

娘の大好物をお膳の上に準備しました。


お膳を準備するわたしが
お母さんらしい姿だったらどうかな?って
母に頼んで
着物を着せてもらったりもしました。


b0345376_21204611.jpg

娘を喜ばせたい!とか言いながら
わたしまで楽しくなってしまって。



お母さんらしいと思った着物姿も
娘には
女将って言われたけれど

母の着物を
母に着付けてもらった時間は
母とわたしの幸せ時間だったから
いいの。




今、娘はわたしの隣で眠っています。


連日忙しくしていたし
今朝は早朝からハードだったしで
深い眠りの世界にいるようです。



精一杯…

生きてるんだなって
寝顔を見て思います。




先日
なんだか穏やかになったよねって
言ったら

「 忙しいけど充実してるからかな 」

って答えてくれた娘は

精一杯

今を楽しんだり
がんばったりしてるんだと思います。



そんな娘を

わたしは眩しく感じます。




振袖姿も綺麗だけど
振袖を着ていない時も
内側から溢れるような輝きが増しているように思え

20歳っていいなって思う母ちゃんです。



b0345376_21340480.jpg

娘がメイクをしてくれて
いつもより赤い口紅を塗られて
恥ずかしかったけど

娘と一緒の自分の表情が
嫌いではないなって思いました。



眩しいほどの輝きは
きっと
わたしを照らしてくれているんだと思います。



楽しかったな。

今回の娘の帰省も成人式も。




おかげさま。












[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-07 20:38 | ■子育て | Comments(0)

昨夜は娘と

夜遅くまで遊んだhaco+ののりです。


ずいぶん前から約束していた娘との買い物。
娘にとって心地よく買い物できるのは
昼間の人が多い時間帯より
夜。

わたしは仕事を終えて
さっと着替えて
約1時間運転。


まずはお腹を満たすことに。

パスタが食べたかったわたしたち。
並んでるお店と すぐ入れるお店があって…
待ってでも美味しいもの食べようって決めたら
やっぱり正解でした。

美味しいね
美味しいねって
何度
言い合っただろう。


そして
大切な娘のお買い物。

コートを選ぶ。


何枚も
何枚も試着して

とっても素敵なコートがあって
わたしには完璧に思えたら…

「 ママ、これは重たいよ 」って。


何枚も試着して
やっと見つけた完璧に思えたコートの着心地を
冷静に判断してる娘に
少し驚きました。

すごいなって。


妥協しなかった彼女は
最後に期待せず入ったお店で
理想の色
理想の着心地
理想の丈のコートを手に入れました。


とってもうれしそうな娘を見れて
うれしかったな。


わたしのうれしさは
それだけでは終わらなくて
最後に一つにしぼったニットを買いに
閉店間際のお店に入った時の
店員さんの対応と
それを見て
娘が感じたことが
帰り道の運転もご機嫌に乗り切らせてくれました。



あの店員さん、すごいと思った!

って車の中で話かけてきた娘。

閉店間際なのに
ニコニコしてて
自分だったら見て見ぬ振りするかもしれないことにも丁寧に対応してくれて
帰り際には
声かけまで優しかったって。


若くて
赤いリップが似合うかわいい店員さんに
わたしも同じことを感じていました。


おんなじ気持ちだねって
まあるくなった月を見ながら
ご機嫌で帰ってきました。


実は
夏の買い物の帰りの車中で
派手にケンカしてしまったから

今回のお買い物は
リベンジしたかったんです。

必死に娘に尽くして疲れるのではなくて
一緒に娘の買い物を楽しみたかったわたし。


リベンジできたと思います。


帰り着いたのは11時を過ぎていました。


途中でコンビニのソフトクリームを食べ

帰ってからは
わたしはビール。
娘はポテトチップス。


楽しかったね。

テストも終わって
書道の出品も終わって
お買い物して

気持ちが切り替えられるって
目がキラキラしてた娘。


高校入学という大きな環境の変化の中で
元気でいてくれて
本当にありがとう。


よくがんばりました!
のご褒美だよ。



長女には
食べたい!って言ってた柿を送りました。

遠く離れてるのに
いつも元気でいてくれて
ありがとうって気持ちがあふれるから。

バイト先には
大きな梨を。

ちゃんと持って行ってよ!😊



今夜は満月。

のりちゃん、月が綺麗だよって

友だちからメールが来て

やっぱり
今日も
すごくいい日でした。


前の日

わたしは
大切な友だちたちに
いっぱい優しくしてもらいました。
b0345376_19400115.jpg

b0345376_19401794.jpg

そのいただいた優しさは
ちゃんとわたしから誰かへ繋がる。

ありがとうね。

おかげさまでリベンジできたよ😊

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-03 16:30 | ■子育て | Comments(0)

娘たちのぬくもり。


朝起きてからも
昨夜の娘たちのぬくもりが残っているhaco+ののりです。


b0345376_08214717.jpg

とっても幸せな朝だから
いつもは行けないパン屋さんのパンも
目も気持ちも離さないで
網焼きしました。

珈琲も
なんだかいつもよりおいしく淹れられました。

うれしいな。




昨夜
お風呂から上がってくると
二女が楽しそうに電話していました。

明日はテストだぞ〜とか思ってたら
電話の相手は長女でした。


二女からわたしにかわって
久しぶりに長女の声を聞けました。

なんだか元気そうで
何かもぐもぐしながら話している様子も
安心しました。



春、また旅行に行こうって
言ってくれました。

バイト代貯めてるそうです☺️
そう言えば…今年の春は京都に行ったね。


それから、卒業旅行は一緒にヨーロッパ行こうって。

2年先
わたしと行くの?😳


もうはるか昔のわたしの卒業旅行も
ロンドン、パリでした。
そこで見かけた母娘の姿に
いつか、女の子のお母さんになったら
絶対にここに来ようって誓ったことが

もしかしたら
叶うのかなって思ったら

こんなことがあるんだって
もう
誘ってくれただけで十分な気持ちになりました。


長女と話し終わったあと
隣に座っていた二女が

ひざ貸して〜って。


ひざまくらしてってことみたいで☺️

またうれしくて、かわいくて。



お顔のマッサージを申し出たら断られたけど
娘の頭の重みがあったかくて
娘の話しより
その重みとあたたかさに気持ちがいってしまいました。



離れて暮らしているはずの長女と

そばにいる二女との時間は

みんな一緒にいるようなあったかさで

愛おしいって言葉がぴったりでした。




こんな日のこと
忘れたくないな。

娘たちがくれるぬくもり
忘れたくないな。



ありがとうね。

わたしは世界一幸せな母ちゃんです。



b0345376_08414866.jpg

庭のケヤキが
いよいよ黄色に色づきました。



午後からのカウンセリングも
いい時間になると思います。

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-11-27 08:19 | ■子育て | Comments(2)

胸がいっぱいで…

って娘の瞳から涙がこぼれる姿に

母として

拍手して泣くのをこらえたhaco+ののりです。



16歳の口から

「 胸がいっぱい 」

って出て来た瞬間

わたしも

胸がいっぱいになる瞬間があるから

なんだか

すごくわかる気がして泣きそうになりました。



胸がいっぱいになりながらも

大きな不安も同時に抱えたことを知り…

だけど

やっぱりお祝いだ!って思ったから


お祝いパフェをつくろうって提案しました。



夕ご飯と一緒にビールを飲んでるわたしは
運転ができないから

アイスを買いにコンビニまで歩こうって。


一緒に歩きながら
いろんなこと話しながら

なぜか
わたしの腕に手を回して来た娘。


もう
手を繋いで歩くこともない娘と

腕を組んで歩けるなんて。


また泣きそうになる母さんでした。



バニラアイスと

あんこと

羊羹を買いました。


帰って
白玉をこしらえ

羊羹を
娘のリクエストでうさぎに型抜きし

娘が選んだガラスの器に

あんみつやアイスと共に飾りつけし

お祝いパフェの完成。



これは写真撮りたいって

彼女らしからぬ言葉が飛び出し

こっそり微笑んだわたしです。



わたしは

記憶の中に娘の表情を残し

洗い物をしながら

幸せを噛みしめました。



胸がいっぱいになる出来事は

彼女にとって

これまでを振り返る機会にもなったようで…

あれこれ先回りして

大人の考えを押しつけなくても

娘にとって

とってもいいタイミングで

彼女が素直に受け止めたくなるカタチで

叱咤激励してくれたり

自信を失くしていた気持ちに
大丈夫だよって合図をくれたりすることを


娘にも

そして

わたしにも教えてくれました。



娘は

全てを話してくれたわけではなく

自分の胸にしまっておきたい言葉があることも言ってくれました。


わたしは

そこを知ろうとは思いません。


彼女が

自分だけの宝ものにしたい言葉を受けとったことがうれしかったから。



喜びより
不安が大きくなったとき

自分だけの心の引き出しから
その言葉を出して
味わい
乗り越えていくのかもしれないから。


思いっきり

納得するまでやればいい😌


母さんは

またパフェつくるから。




今日は、お客様にもあんみつ食べてもらって

b0345376_21470398.jpg

夜は娘に食べてもらって


久しぶりに

喫茶室ごっこが出来てうれしかったな☺️



ビール飲んでてよかった〜☺️

娘と腕組んで歩けたから。

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-11-14 21:25 | ■子育て | Comments(0)

娘作のお弁当。


今朝、目が覚めたら
隣の娘がいなかったhaco+ののりです。


たしか…聞き慣れない目覚ましのアラーム音がしたような。

布団の中の私に伝わってくる
台所の気配と香り。


もう少し布団の中に居ようって思いました。




いつもの時間に起きてみると
 
b0345376_07373717.jpg

もうフタがしてあるお弁当箱が2つ。


娘が冷蔵庫にあるものでつくったお弁当。



自分のは力尽きて質素になったっていうけれど…

b0345376_07391931.jpg

よくできてる😊


いつもより清々しい顔をしている娘は

「 なんだか気持ちいいね!」って。



そっか
そっか。

私だけうれしいんじゃなくて

娘もうれしいんだね。


「 ねぇ、ママ 楽できる?」って。



もちろん😌

こんなにゆっくりな月曜日の朝は
いつぶりだろう?

送り出す前に
珈琲を座って飲めるなんて。

夕食の支度もできちゃうね。



早起きした娘が
学校で居眠りしませんように。


娘と約束してるカレー
美味しくつくろう🍽

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-10-16 07:33 | ■子育て | Comments(0)