人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:■お片づけサービス( 43 )



今、クローゼットを見直すといい気がしていているhaco+ののりです。


ずっと研究してきたことがあって…

クローゼットって
人に口出しされたくない分野の人が多いのではないかなって感じます。



自分のクローゼットに自信を持ってるから!
ではなく
見たくない自分がそこにいっぱい隠れているからかなって感じます。



見たくない自分

受け入れたくない自分



ぎゅうぎゅう詰めのクローゼットの中に


本当は着たい服を着てないって気持ち

汚れてもいいものって言い聞かせて選んだあの日の自分

笑われないようにと選んだ服

ストレスの発散に思わず手にとってしまった後悔

いつか
いつかって手放せずにいる自分へのジレンマ

あの人が持ってるからって
あの人みたいになりたくて必死になって探したこと

もったいなくて着てない服

などなど



クローゼットに詰まっているのは
洋服だけでなく
いろんな気持ちも詰まってるって感じます。




まだ足りない
とか
おしゃれじゃない
センスがない
とか
いろいろ
いろいろ考えてしまう時は


クローゼットの中をのぞいてみてください。



その中に

あなたの大好きな服はありますか?



大好きでたまらなくて
それを着てるだけで幸せな気持ちになる服が
何着ありますか?




今、綴ってること
わたしにも当てはまっていました。


いろんな想いと共にぎゅうぎゅう詰めのクローゼットと暮らしていたわたしは

いつも

ない!ない!
って探し

いつも

おしゃれな人になりたかった。



好きでたまらない服を着るのが1番だと気付かずに

誰かから見ておしゃれに見えるか?を
意識してたんだなぁって
今なら客観的に自分を見つめることができます。



ずっとセンスがないと思ってきて
おしゃれな人に気おくれして
いつも
勝手に
自分をミジメに思い
焦って買い物する


そんな繰り返しだったことがあるわたしが


服はどこで買ってるの?
とか
おしゃれね!
とか言われたりするようになりました。



あのね

わたし、わかったんです。



自分が本当に着たいものを着てるだけ。

好きでたまらない服を着てるだけ。



おしゃれのセオリーも
色彩学のちゃんとした知識もないけど


誰かの好きやおしゃれの基準ではなく
自分の好きを知るほどに
自分が
洋服を着てる間
幸せを感じているのがわかるようになりました。


人の視線ではなく
自分の幸福感の大小を
敏感に感じるようになりました。


だから
好きな服を着てる時
わたしは内側から幸せが溢れてたりして
気持ちと服がぴったり合って

そんな姿を
周りの人は

おしゃれって言葉で表現してくれてるんだと思います。



でも

おしゃれ
とか
センス
を磨いたつもりはなく


本当に着たい?

着た時うれしい?

大好き?


って
服を手にするときの
自分への質問が増えだけかもしれません。


自分が喜ぶ服を
選べるようになっただけだと思います。




クローゼットを見直すことは

何か大きな気づきをもらえる気がしています。


置いてけぼりの自分の気持ちや
服に対する先入観や
おしゃれへの喜びや不安

いろんな気持ちに
気づいていける気がします。



本当に好きな服を
ぎゅうぎゅう詰めに仕舞いたいですか?


本当に好きな服を
クリーニング屋さんから来るハンガーに掛けたいですか?


本当に好きな服がしわしわでうれしいですか?




わたしたちは
大好きなものと
そうでないものとでは
始末の仕方や
扱い方が違う気がします。



あなたのクローゼットの中は

洋服たちが大切にされている表情をしていますか?



この春

クローゼットのお片づけが大事な気がずっとしていて

わたしの周りの人たちに伝えています。


大好きだけにしてみて
スッキリして
うれしくなったよって
報告も届いています。


選ぶ時も
仕舞う時も
うれしくてたまらないクローゼットを
ゆっくり時間をかけて
手に入れてほしいなって思います。




明日も大切な友だちのクローゼットに触れさせていただくので

わたしもひたすら
わたしのクローゼットと再び向き合いました。



わたしのクローゼットには
今のわたしに似合わなくなった色がありました。

わたしのクローゼットには
着るたびに感じる何か違う!っていう違和感を
かわいいのに!って我慢してた服がありました。


お気に入りだけど
もうくたびれてるねって
感謝してお別れしたくなる服がありました。



今回のクローゼットの片づけで
心を痛めたり
自分を責めることが
本当に減ったなって感じることができました。

服を着た時のわたしの気持ちが服にのるのをしったからこそ
選ぶ基準が変わったんだと思います。



自分を幸せな気持ちにしてくれる服だからこそ
大事に手入れして仕舞うように
自然となっていってる気がします。



クローゼットを眺めて

何を感じましたか?



いつか
教えてくださいね。



そして

好きなものを着ていたら

あなたらしいおしゃれが出来上がるはずです。



あなたらしいおしゃれが

もしかしたら
誰かに褒められたりするのかなって思います。



まずは
クローゼットを眺めて
今の自分を感じてみてください。



もちろん
わたしでよかったら
お手伝いします。


おしゃれに見える洋服の選び方ではなく

あなたらしいおしゃれを楽しめるようになる大きな一歩になるように

クローゼットからのメッセージを届けたいと思います。


もっと自信を持って
堂々とあなたらしく生きていけるクローゼットの入り口へと一緒に歩いてみたいと思います。


b0345376_23031992.jpg

この冬に手に入れたセーター。

これを着てる時の自分が好きです。



お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。


3月はお片づけサービス予約可能枠は満席
お片づけプライベートレッスン、カウンセリング予約可能枠3となりました。
4月のご予約も承ります。


by coharubiyori529 | 2019-03-03 22:18 | ■お片づけサービス | Comments(0)

綺麗だよ。


b0345376_09430658.jpg

初めてお片づけに行ったとき

片づけもせず

あなたと1時間以上も話しましたね。

前日

女性としてどう生きていきたいですか?

憧れの女性はいますか?

という問いをメールしたら

答えられなかったあなた。



考えたことなかったかもって。




目指しているのは…と
強くてたくましくて、みんなついてこい!みたいな親分みたいな人だったね。




本当にそうなりたいのかな?
って
あなたの返信を見て思ったわたしは

次の日あなたと会った瞬間

笑いながら
誰か親分みたいな子について
楽しそうに走る小さな女の子が見えました。


あぁ、やっぱり可愛い女の子だって思ったら
か弱さも
柔らかさも見えてきて
あなたを抱きしめたくなりました。


もう
そんな自分に戻ってもいいんじゃない?
って気持ちが溢れたから

よしよし
よしよしって

可愛い
可愛いって

わたしはあなたを抱きしめたよね。



そんなあなたが
片づけに行くたびに
綺麗に柔らかくなるから

わたしはうれしくてたまらなかったよ。


暮らしも綺麗になっていくし
家族に優しいお片づけをするようになったし
クローゼットには綺麗な色のコートも仲間入りしたし



本当に綺麗になったよね。




あなたは
本当に綺麗な人です。




これまでの自分に遠慮することなく

どんどん綺麗になってください。




ピンクの花かんむり

すごく似合ってたね。





おめでとう!

自分と向き合い

お片づけしてきたあなたへ


卒業おめでとう!


そして

素敵な変化をいっぱい魅せてくれて

ありがとう😊




また一緒におにぎり食べようね。




                    haco+   のり

by coharubiyori529 | 2019-02-14 09:42 | ■お片づけサービス | Comments(2)

毎日、毎日
メールやら
お手紙をいただいているhaco+ののりです。



今、したい暮らしがあるのなら

今しようよ!


自分の心地よさを後回しにして
ヘトヘトになったり
いつも片づけが悩みの種だったりする場面に出会うと

今という時間は
お金を積んでも買えないって話をすることがあります。

お片づけを仕事にしているわたしの
そんな言葉は
もしかしたら受け入れられないかもしれないけれど

気持ちよく暮らせるようになった時の
女性の変化をたくさん見てきたからには
知らんぷりが出来なかったりします。



昨日届いたお客様からのメッセージを載せさせていただきますね。





こんばんは。
のりさん、帰ったら、素敵な✨この世に1つの私に宛ててくれた卒業証書が届いていました。
封筒を触るだけでも中身から温かい感じがしました。
とてもまとまった文面に、色んな事が凝縮されてる内容で、のりさんの「お片づけ」と似てるなって思いました。

何度も何度もこれからも何度も読み返す私の卒業証書。

こんな心のこもった卒業証書はありません。

そして、写真✨
のりさんが撮ってくれた笑顔の花かんむり💐写真✨

自分を大切にしてあげて!
それが一番大切な事だよ💕
ってのりさんの優しさの伝わってくる花かんむり💐の写真。この笑顔忘れないでネ!ご機嫌になる物を選んでいったらご機嫌になる道を歩いていけるんだよ。って。

のりさんとのお片づけは、
私の充実した人生を送る為の大切な物を探しに行って、掴んで帰った旅行の様な日々だったとも感じてます。
オズの魔法使いみたいですね。

大切なものは近くにあって、私はそれに気づかなくて。

片付けして、それに気づいて、日々が幸せになれました。

まず一番大切な自分を大切にして、次に大切な家族。

大切な自分と家族が、毎日大好きな旅館に泊まっているかの様に過ごせる。

私は、思います。
我が家は、最高級の旅館以上の心地良さです。


のりさん、大切な毎日を快適に過ごす事の大切さを感じています。

のりさんに出会い、片付けが終わり、1番言える事は、

確実に、のりさんに出会う前の私より超幸せになってます。

ありがとう。

のりさんに出会って、私の様に幸せになる人が、増えますように💐






彼女には
こんなご褒美もあったんですよ。


b0345376_21413979.jpg

あと1年ちょっとしたら巣立つ娘さんとの時間。
そして、忙しい自分とのバランス。

なんだか
いい感じで

お片づけを始めた頃には
こんなにご褒美があるなんて
思っていなかったのではないでしょうか。



お片づけは人生を変える…

ん〜〜

気持ちよく暮らす女性が
自分の人生も
大切な人たちの人生も変えていくのかもしれません。




こんなメールいただいたら
布団の中で泣くしかないhaco+ののりです。



ありがとうございました!





お問い合わせ、ご予約は
haco+のメニュー、詳しい内容

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。


by coharubiyori529 | 2019-01-16 21:29 | ■お片づけサービス | Comments(0)



お片づけの帰り道
お気に入りの唄を聴いてたら
今日が愛おしくて溢れ出た言葉たち。


よかったら
instagramに綴ったこと
読んでみてください。



みんな
みんな
大丈夫で

みんな
みんな
できるから



安心してね。




お片づけって

あなたに合ったやり方があるから


安心してね。




b0345376_22225945.jpg

わたしに娘さんを委ねてくれた人が

お片づけの間に焼いてくれてたパン。



子どもたちと
子どもみたいにいっぱいいただきました。



なんだか
家族の一員みたい。



帰りたいなぁって思っても
もう帰れない。
お客様と4回にわたって整えてきた家は
もう
全ての部屋が
お客様に愛されている顔になったから

わたしのお役目はおしまい。



遠いのに近く感じた
わたしの大切な人たちが住む家。



どんどん
育てていってくださいね。



いい空気が流れ出した瞬間を
一緒に味わえて
本当にうれしかったです。



もう大丈夫です。


お片づけを始める時に聴かせていただいた目的も、叶っていることを体感してくださってる日々。



お片づけって…不思議ですよね☺️




よく頑張りましたね。



卒業おめでとうございます!🎖

by coharubiyori529 | 2019-01-07 22:19 | ■お片づけサービス | Comments(0)

昨夜もお客様のメールに救われたhaco+ののりです。

今朝も、朝一で届いたお客様のメールがうれしかったし

今日のお客様との片づけの時間が幸せでした。

大切な友だちからのご紹介メールをもらって
新しい出逢いに
また心踊りました。

blogのコメント欄に
大学の友達がおもいを届けてくれていて
泣かずには読めませんでした。



わたしは少し
自分の毎日に驚いています。


こんなにありがたくていいのかなって。



ちょっとびっくりしながらも
今日のお片づけについて綴ります。




今日は50代の方のお片づけでした。


お片づけしたい場所の説明を受けていた時

思わず

「 今、幸せですか?」

って聴いてしまいました。


お客様はその瞬間
もう隠せない…そんな表情になりました。




わたしは
暮らしとココロは繋がっていると思っています。

それはhaco+が歩み始めた時から気づいていたけど

お客様のココロの声に気づいているのに
わたしに求められているのは片づけだから!って自分に言い聞かせたことがありました。

その時の片づけからの帰り道
なんだか虚しくて哀しくて

こんなお片づけサービスがしたいんじゃない!って随分と自分を責めました。


そんなわたしの表情に
「 とっても疲れてるね 」
って、気持ち切り替えに寄った喫茶店で見透かされ

この仕事が向いてないのかもって
弱音を吐きそうになったことがありました。



その日の経験
また別の経験からも



お客様のココロの声を聴きながらお片づけすることを大切にしたいって思っている自分に気づき

今日まで試行錯誤しながら
やってきました。



最近特に
haco+らしいなぁって
片づけが終わった後
喜びに包まれるようになりました。




だから
 今日も
今日のお客様にとって
片づけるよりも
今ココロの声を聴くことが大事かもしれないと思ったから
収納から全て出したモノをかき分けて座り
話をすることを優先してみました。



「 幸せじゃない… 」

って素直に言ってくれたから。



幸せじゃないのは
片づけできない自分のせいかも…

そんな気持ちで片づけしたら
苦しくて仕方ない。


気持ちよく暮らしたい…

そんな気持ちから始められたら
お片づけは少しずつ楽しくなる。



ココロが元気な時と
ココロが元気ない時とでは

お片づけは
全然違ったものになるって
わたしは思うから


せめて

幸せ!って思えなくても

これからが楽しみ!って
少しでも感じてもらってからのお片づけを味わってほしいから

座り込んで
手を止めて
お互いの目を見て
泣きたかったら泣いて
笑いたかったら笑う

そんな時間をとることは
決して無駄だとは思わない。



ずっと泣いてないだろうなって人が
目に涙を溜めました。



片づけで紛らわすのではなく
泣いて
その気持ちを認めてあげるだけでも

雨空は
少しずつ晴れ間に変わる。



雨降りのココロで選ぶモノと
晴れ間が見えたココロで選ぶモノは
違うんじゃないかなって思うから

わたしは
気づいたココロの声には
片づけよりも先に耳を澄ましたい。



だから
少し、ゆったりペースに感じるかもしれないhaco+のお片づけ。


だから
もし
あなたが違うなって感じたら
別のプロを探してくださいね😌



お客様は50代

わたしに出会うのが遅かったなって言ったけど

そうじゃなくて

今、出会えてラッキーだったって思えるところまで

ほんの4時間弱で変化しました。



片づけ終わった和室を見て

「 のりさん、ここからの眺めがいいよ!」

って手招きしてくれ

外は曇り空なのに部屋の中は明るいね!
って、新しい家に来たみたいな表情を浮かべて喜んでくれるから


おんなじ部屋なのに不思議でしょ!
って、一緒に飛び跳ねはしなかったけど
大好きな友だちと喜び合うような
そんな瞬間がお片づけ後にありました。



わたしは

いつも

絶対、いい家になるって信じているし

絶対、幸せになるって信じてお片づけを始めます。



あるお客様が言ってました。

わたしは何度も

「 綺麗になるよ〜〜」

って呟くそうです☺️


それが魔法の言葉だと…💕


だって綺麗になるってわかるから
ワクワクするんだもん♩




お客様の

幸せじゃないって気持ちは

自分と向き合うチャンスなだけ。



どうしてそんなチャンスが来るのか?

そのチャンスをどう生かすのか?が

少しわかったお客様と
お疲れ様のお茶を飲んでいた時

朝会った時と
顔が全然違ってました。



大丈夫なんだ!

わたしにも出来た!

これからやることもわかってきた!



そんな気持ちが
ほっぺを柔らかくしてくれる。




自分と向き合うことから
逃げたくないって言ってくださったから


自分と向き合った先が楽しみ!
って表現に変えましょって提案しました。



歯をくいしばってきたのだから

更にくいしばる必要はなくて…


ただ
ただ

ココロのギブスを外して

ギブスのかわりに
柔らかなブランケットで包み込んであげるだけ。



ただ
ただ

優しく
あたたかく。




10月は50代の女性との時間がいっぱい!


不思議ですね。



遅くなんかない。

今、あなたが動き出してくれたから
わたしは
わたしの命を精一杯つかうだけ。




お片づけ
ココロ


haco+は
ここを離して考えられないことを
ご承知くださいね😌



b0345376_22055908.jpg

待ちに待った秋明菊が咲きました。


今日は
いっぱい
うれしいな。



by coharubiyori529 | 2018-10-11 21:26 | ■お片づけサービス | Comments(0)

今日から10月。

すごく
すごく幸せなスタートを切れたhaco+ののりです。

大切な打ち合わせ。
大切な人達を繋ぐ日。

わたしは大好きな場所を選び大正解でした。

大切な話をする時
わたしは空間も大事だなぁって思うからです。

b0345376_21061082.jpg


家も

大切な人たちと語らう時

気持ちいい空間だったら…




今朝届いた朝の台所風景。

b0345376_21223246.jpg

家がうれしそうなのがわかりますか?

優しく触れてもらって
ありがとうって言ってもらって
大事にするよって声かけてもらったような表情をしています。


忙しい月曜日の朝
ここにあるのは
片づけによって思い出した
「 わたしの大切な台所 」
でした。


片づけによって変化するのは
暮らしだけでなく
気持ちも。

この台所からの朝をスタートしたRさんは
今日一日
どんな気持ちでお仕事がんばれたんだろうって
想像したら
あの笑顔が浮かびました。

片づけが進むたびに

心が軽くなるたびに見せてくれた
あの愛らしい笑顔が。


Rさんのそんな笑顔を感じているのは
わたしだけではなく
妹さんもでした。

Rさんとhaco+を出会わせてくれた人が
妹さんで

雑誌やテレビに出るような整理収納アドバイザーを探していたお姉さんに

blogの読者さんでもあった妹さんが
有名でもないhaco+をすすめてくださってのご縁。

その妹さんにhaco+をご紹介くださったのは
わたしの大切なお客様でした。


なんてありがたい縁結びなんだろう。



以下は
妹さんからいただいたメッセージです。

誰かひとり幸せになると
その人は
周りのいろんな人を幸せにしたことになる!

メッセージを読んでいて
こんな言葉が浮かびました。





のりさんへ

感動しました。

姉は本当にのりさんに会うべくして会ったんだろうなぁ~って思えるほどです。

家が綺麗になると同時に本当の意味で輝いているようです。

私もその笑顔や姉の家を見せてもらってから
少女のようにノリさんのことを語る姉を見て
私も幸せを分けてもらっています。

もともと綺麗好きなのですが
方 法がわからなかったようです。(妹の私もですが・・・)

方法を伝えてもやっぱりのりさんがブログなどで書いている通り
片づけの方法ではなく気持ちなんですよね。

私ものりさんの大ファンなのでいつかお会いできたらうれしいです★

私はいま、自分の気持ちを大切にして、自分にいい子いい子してあげたいと思っています。

子供を怒ってしまうのを少しでも減らせたらと思います。

子供が母を必要としてくれている今の時間を大切に思えたらと思います。



お姉さんから溢れ出す幸せは
妹さんにも伝わり

お姉さんが自分を大切にしていく姿は
妹さんにも受け継がれていく。



わたし
感動しています。


妹さんも
大切な人を大切にできる自分に繋がるように
自分を大切にしてくださっていることが
本当に嬉しいです。



全ては自分から…。


わたしの言葉では
なんだか綺麗事のように伝わってしまうかもしれないけれど


お姉さんの在り方が
妹さんに伝わっていることが

本当にありがたい。



全ては自分から…

だから
自分次第で
見えてくる世界が変わることを

この仲の良い姉妹さんから

ここを訪れるみなさんに感じてもらえたらって思います。







仲の良い姉妹さんへ

お2人のおかげで
わたしは
わたしが伝え続けていることを
もっとわかりやすく
沢山の方々にお伝えすることができる気がしています。

片づけを通して
全ては自分から…を深く理解し、行動に移していく姿は
本当に美しいと感じます。

全てはあなたからはじまるから

どうぞ

益々、お幸せに。


そして幸せを溢れさせ
その溢れ出した優しい光で
大切な人たちが包まれますように。


出会ってくださり
見つけてくださり

本当にありがとうございました😌





✳︎お知らせ✳︎

haco+の 10月予約可能枠がわずかとなりました。カウンセリング特別価格も10月いっぱいです。

ご検討中の方がいらっしゃいましたら
早めにお問い合わせくださいませ。

💌haconori529@yahoo.co.jp



by coharubiyori529 | 2018-10-01 21:00 | ■お片づけサービス | Comments(0)

家は生きています。

家はあなた自身です。



お片づけを終えた台所が
清々しく感じられた時

ふと
お客様に目をやると
片づけ前には気にならなかった場所を磨いていたり
好きなものを思い出したり…と

その表情は優しくて柔らかい。



あっ

今のこの台所の表情とおんなじだって
思ったhaco+ののりです。



b0345376_16125543.jpg

楽しみにしていた台所のお片づけ。



大切な人を大切にできる自分になりたい…

お片づけの先に
それが叶うかもしれないって
わたしと片づけすることの意味を
すごく理解していただいての台所のお片づけは

やっぱり

大切な人を大切にできるあなた…へ確実に繋がっていました。



大切な人を大切にできるあなたになるために

なぜ
あなたが幸せであることが大事なのかを
お片づけしながら
お話しながら
いっぱい感じていただけたように思います。




食器棚の奥から出てきた琉球ガラス。

奥から取り出したわたしの手の中の琉球ガラスを見たとき
変わらず感じた

好きだなぁっていう感覚。



この琉球ガラスを見つけたことは

やっぱり
お片づけしながら
暮らしと向き合うことは
自分と向き合うことなんだって
お客様を見ていて
わたし自身も再確認した瞬間でした。



食器棚の奥に大好きなモノが隠れていても
見つける暇もなかった自分と

自分の心の奥に大切な想いが隠れていても
向き合う暇がなかった自分


から



食器棚の奥の大好きなモノに気づいた自分と

心の奥にあった
本当はこんな風に暮らしたいんだって思っていたことに気づいた自分


への変化。



やっぱり
暮らしと自分は繋がっていました。




片づけ後
素敵な台所の窓にかかっていたカーテンも取りました。



わたしがどんなに
ここに言葉を重ねても
お客様から届いた言葉にのってる幸せパワーには敵わないなって思ったから

お客様の声の一部を
ここに載せさせていただきますね。



今日も本当にありがとうございました😊
沢山の素敵な体験をしたので、忘れたくないので、書きます。
現在、我が家は、新築の時の様な空間に居ます🏠😊

棟梁や建築士さんへの感謝の気持ちを思い出しています✨
そして何より、こんな風に住みたいと思い願った自分の気持ちも想い出しています。
旅館の様な居心地の良い家に😍もっともっとしていきたいな。

のりさんが、食器をキレイに並べてたり、前を揃えて並べる。ほんのちょっとのことだけど、自分が日頃使う物だからこそ大切に扱う。自分を大切にする事に繋がっているんだなぁ。そして、その事が、丁寧に生活する事なんだな。と分かった気がします。

そして、自分が、心地良い方を選ぶ事。誰かが言うから、自分に自信が無いから、人の意見に惑わされ😅、それが素敵な窓を潰すという何年もの勿体ない状況を生み出していて、笑いが出て、またまた気づき(笑)

カフェカーテン外す時、気持ち良かった(^^)
そして自分の一番のお気に入りの場所を見つけることが出来ました✨




ひとつ
ひとつのモノと向き合う時

いろんな自分に気づきます。



ただ
捨てる!だけのお片づけでは
気づかずに終わる

自分のこと。




これまでどんな風に生きてきたのかな?って
改めて知り

そんな自分のこれまでに
よくがんばってきたねって

労いの言葉をかけたくなるようなお片づけであって欲しい。


きっと
自分自身を受け入れ
優しい言葉を自分自身にかけてあげられた先に

誰かに優しくできるように思います。




時間とモノとの戦いの場ではなく

愛おしい自分の人生と向き合う時間になるようなお片づけであってほしい。



そして
お片づけ後は

堂々と

したかった暮らしへと
自分に耳を澄ますことを忘れずに
進んで欲しいと

haco+は思っています。




お客様の優しさに包まれて
わたしは
haco+らしいお片づけを
お客様と一緒に
思い存分楽しむ事が出来ました!



Rさん

ありがとうございました😊

b0345376_17275747.jpg



by coharubiyori529 | 2018-09-30 16:02 | ■お片づけサービス | Comments(0)

今を見つめるお片づけ。


来月も
ママたちへのお話をする機会をいただいているhaco+ののりです。



きっと
当日は緊張するんだと思うけど
こうして
一緒にお片づけしたお子さんの変化や
ママの気持ちの変化を受け取ると

haco+の想いを
お伝えするだけだなぁって
すごく気持ちをシンプルにしてもらえます。


下記は
昨夜いただいたお客様からのメッセージの一部です。

感じてもらえたらなぁって
シェアしますね。




〇〇も遊び道具が探しやすくなって、今は、座敷の机を卓球台がわりに2日連続で卓球🏓してます(^^)
まだ私の方が強いけど、時間の問題です😊😆

これも片付け効果です。

あの時頂いた素敵な言葉「子どもと過ごす家の風景は、かけがえの無い愛しいものです」😊❤️

空間や時間を一緒に過ごす今を大切にしたい。気持ち良い空間にしたいと思ってます😊

感謝感謝です😃

ありがとうございます😊





お片づけでも
子育てでも
生き方でも


先、先、先を見据えて
不安や恐怖から行動している事が多いかもって感じる事があります。


今ではなく
将来を見据えて。


子どもがオトナになって苦労しないように…

とか

終活に見られる、残された人が苦労しないように…

とか。



子どもが苦労しないようにって
将来を見つめてお片づけを躾けようとしたら…
今の子どもの特性を無視した、大人から見た綺麗な片付け方を伝えてはいないだろうか?


だれかに苦労をかけないようにって終活をする時、自分の気持ちより誰かの気持ちに耳を澄ましてはいないだろうか?



苦労する
迷惑かける

不安や恐怖から行動する時
そこには
厳しさや息苦しさが生まれる気がします。




お子さんのお片づけをお手伝いする時
今のその子の喜びに向かって行きます。

その時のその子にぴったりの方法が見つかったら、その子の今の暮らしやすさが増すからです。

将来、きちんと片づけができる人にする!という目的ではなく

気持ちよく暮らせる感覚を味わってもらう事が、成長段階で、自分の心地よさへの工夫がしたくなる気持ちに繋がったらうれしいなって気持ちでお手伝いします。


だから
リビングからおもちゃ追放!なんてことはしたくなくて

ママの感想にもあるように

今しか味わえない暮らしの風景を

大事にしてほしいなって思っています。



終活について調べていた時

誰かに迷惑をかけないためにするのではなく
自分自身が最後まで心地よく暮らすためにする…そんなニュアンスの言葉に出逢った時
わたしはしっくり来ました。


気持ち良く今、暮らすために

気持ち良く最後まで暮らしたいから

そんな目的だとうれしいなって思っています。






今を意識していますか?



今の心地よさは
自然とその先に繋がっていると思います。



今、心地よく過ごせていたら
この先も自然に
心地よく過ごそうと行動するように思います。



将来のために
自分や誰かを脅迫⁇してませんか?😊



今のわたし

今の子どもたち

今の親御さんにぴったりなお片づけがあるはずです。



今しか味わえない暮らしの風景があるはずです。



先ではなく

今を見つめてお片づけしてみてほしいなって思っています。



自分や
大切な人の
今に目を向けてもらえたらなって思っています。




来月も
そんな話しを
その日までの経験を盛り込んで
haco+らしくお話するつもりです。


その日の準備を
不安や緊張からやるのではなく
今の積み重ねが
自然と準備に繋がることを
これまでの沢山の失敗から学んできたので

わたしも
今に集中したいと思います。


b0345376_12375294.jpg






haco+へのお問い合わせは

haconori529@yahoo.co.jp にお願いします😊


by coharubiyori529 | 2018-09-11 12:09 | ■お片づけサービス | Comments(0)

お片づけサービスのお問い合わせが続いているhaco+です。

沢山いるお片づけのプロの中で
haco+を見つけてくださり
本当にありがとうございます。



今朝、目が覚めると
すごくうれしいメッセージが届いていました。




片付けを一緒にした次の日は、ものすごくご機嫌で1日を過ごす事が出来、素敵な体験をしました😃😍こんな日が、毎日だったらどんなに幸せだろうかと思いました😇

洗面台綺麗にしてもらって、そのまま維持してます(^^)それなのか、毎日念入りにスキンケアと、メイクしてます(^^)
自分を大切に出来てる感じです(^^)



自分を大切に出来てる感じです

これはわたしがお伝えしたいこと。

1人でも多くの女性に感じていただきたい感覚。

また1人、暮らしの中で味わってくださっていることにうれしさが溢れます。



洗面台を見せていただいた時

あぁ、おしゃれが好きな方なんだなぁって
メイク道具が教えてくれました。

わぁ!ってわたしがワクワクするほどの
素敵なメイク道具たちが沢山ありました。

だけど…雑然とした洗面台や引き出しの中では
買った時のトキメキや
初めて使う時のワクワクを
使うたびに思い出すことが難しいかもなって思いました。



そういえば先日、なにかの記事で
メイクを習うって決めた方が
まず最初に先生に言われたのは

それぞれの道具を磨きながら
トキメクか?を対話することでした。

ケースや鏡が汚れたままになっていては
どんなに高級なメイク道具でも
なんだか気持ちが潤わない…。

汚れていると
無意識のうちに乱雑に扱う

乱雑に扱ってると
好きなのか?
必要なのか?
すら判断に迷う


そんな感じのメイクボックスは
数はあるのに
なんだか化粧する時間に喜びが感じなかったりするかもしれませんね。



全部出して
今、大好きな物たちを選んでいただきました。

そしたら
お客様は
選びながら
ひとつひとつをピカピカに拭いてくださっていました。



その
拭く!というひとつの行動が
わたしに
お客様がメイクのたびにトキメク収納のアイデアをくれました。


メイク道具が好き!
おしゃれが好き!
綺麗が好き!

だったら
道具だって
綺麗に
おしゃれに
メイク道具が輝く収納をしようよ!
ってアイデアが湧いてきました。



引き出しの中に入れちゃうのなんかもったいない!

もちろん
暮らしのリズムから
引き出しの中じゃ困るんだけど

実用性だけの収納に
喜びをプラスしました。


写真ないです💦


ガラスカップに
アイテムごとに入れました。

透明のガラスの中で
お気に入りのリップやマニキュア
マスカラ、アイシャドウが
気持ち良さそうに入っている姿は

きっと
買った時の気持ちを
毎朝思い出させてくれるはず。


何気なく家族も目にする風景だけど

ママはメイクが好きなんだね!って
ママの暮らしやママの好きを
家族にアピールしなくても
知ってもらえたり
ママの好きを大事に思ってもらえたりすることへと繋がるように思います。



誰かが粗末に扱う姿より

誰かが大切に物を扱う姿は
言葉で説明しなくても
まわりは理解してくれたりするように思います。



綺麗に拭いて
綺麗に並んだメイク道具でお化粧する時

手にする仕草すら
いつもより丁寧で
元に戻すときには
うっとりしたりするんじゃないかな。


丁寧に取り出したメイク道具でメイクするとき
いつもより優しい肌に触れたり
いつもよりゆっくり鏡を見たり

そんな瞬間が生まれるような気がします。



自分を大切に出来てる感じって
そんな瞬間のことではないかなって思います。



お客様は
新しいメイク道具を買ったのではなく

今あるメイク道具と向き合っただけで
物は変わってないどころか
物を見直したことで数は減ったのにもかかわらず
片づけ前よりも
沢山の心地よさを味わってくださっています。



綺麗に収納する…

それが片づけなのではなく

今の自分が大切にしていきたい物を知り
その大切な物と心地よく暮らすために工夫し

「 自分のこと大事にできてる!」

って感じることだと思っています。



だから

怒りに任せて片づける…とかやってたら

自分の本当の心の声は聞こえない。


捨てればスッキリする!

なんて気持ちで
ゴミ袋片手に 乱暴に放り込んでいては
自分を大切に出来てるという感覚を味わえるかな。



お片づけ

haco+は
穏やかに
その時間すら楽しくなるように進めていきます。



お客様がね
何度も
何度も呟いてました。


「 楽しい〜〜」

「うれしい〜〜」

って。



お片づけで悩んでいた人なのに
お片づけが楽しい!って😊




haco+のお片づけは
ゆっくりペースのお片づけかもしれません。

だけど
心軽くなる楽しさがあります。



ご検討される時は
他のプロの方のことも調べてみてください。



あなたにぴったりのお片づけサポートに出会うことが1番だと思うから。




b0345376_12112402.jpg

本日も長閑な我が家です。

by coharubiyori529 | 2018-09-03 11:11 | ■お片づけサービス | Comments(0)

とっても楽しみにしていたお片づけに行く前夜

珍しく眠れなかったhaco+ののりです。


大切な夏休みの終わりに
わたしとお片づけをするのは
小学生の男の子。

ママもわたしとお片づけしたいけど
夏休みの子ども優先!ということでした。


メールでのやり取りの中で
ママの困りがわかり
写真を送ってもらったら
男の子の困りもわかってきました。


あとは
男の子に会って
話したり、行動をみながら
彼オリジナルのお片づけをするだけ。


お片づけができるか?
できないか?
で、子どもは大人からレッテルを貼られることが多い。


どうやったら
片づけられるかな?っていうヒントをもらうよりも前に

「どうして片づけられないの!」
という厳しい言葉と共に

ちゃんとしてないダメな子

とかっていう名前が付けられたりする。



わたしね
自分がお片づけしてきて

お片づけができない子はいないんじゃないかなって思うんです。


ただ

その子に合ったお片づけ

という考え方を大人が知らないだけなのではって思うんです。



思い出してほしいなって思います。

わたしたちだって子どもだったことを。


鉄棒や自転車、折り紙や工作。

なかなかできない時
自分なりの練習のやり方や
これなら出来そう…とか

自分に合ったやり方や事柄を選んでみたりしなかっただろうか?



今、大人になっても
何か壁にぶつかる時

調べたり
試行錯誤したり
先生を探したりすることはないだろうか?



わたしはダメな人

この子はダメな子


そんな名前をつける前にできることが
沢山あることを知っていてほしいなって思いました。



学校の先生から見たら
先生の片づけ方から見たら
その子は叱られるかもしれない。

だけど
そこで
その子に✖️を付けたり
先生の片づけを押し付けるのではなく
よ〜くお子さんを観察してほしいのです。


小さな缶に
おはじきを綺麗に隙間なく入れられることがお片づけなんじゃなくて

その子にできるおはじきのしまい方を考えるのがお片づけなんだと思います。


その日のことをinstagramに綴りました。



はじめは興味なかったお片づけに対し
だんだん前のめりに
自分の考えを言ってくれるようになり
自分の言葉でラベリングもしてくれました。

好きか?嫌いか?
もハッキリしていてビックリ‼️


彼の選択を何一つ止めることがなかったママにも
わたしはびっくりしました。



ママはね

この子は
この子のままで大丈夫なんだ‼︎

っていう気持ちを
もっとしっかり持ちたくて
わたしを呼んでくださったんだと思います。


ママは
この子を信じていたけど
もっともっと信じてあげたかったから
わたしを呼んでくださったんだと思います。


彼のお片づけを見て
お姉ちゃんもお片づけしたくなったそうで…
また呼んでいただきました。


b0345376_16010219.jpg

わたしを待つ間
パンを焼き、シフォンケーキを焼き…
お昼を準備してくれていたママは

玄関で迎えてくれた時から
帰りの見送りまで
飾らずに
ありのままでいてくれました。


1日一緒に過ごした中で
何度となく一緒に笑い
何度となく夢を語り
何度となく愛を感じました。


わたしはね

ママのファンになってしまいました。



深い
大きな優しさに包まれてやるお片づけは
わたしの力を引き出してくれたように思います。


子どもだって
優しさに包まれた時
これまでに気づかなかったような自分の力に気づけたり、発揮できたりするんじゃないかなって思います。


大人とか
子どもとかの区別なく

優しく見守られたり
良さを見つけてもらえると

うれしいですよね😊





また
この優しいママに会える!

ママの大事な娘さんにも会える!



高速道路1時間半飛ばして行くなんて
考えられなかったわたしが
会いたい人がいると
行きも帰りも楽しくて…


こんな気持ちが
すごくうれしいhaco+ののりです。


b0345376_16080151.jpg

彼がしてくれたラベリング。
ひらがなとカタカナを使い分けてる☺️

君はお片づけできない子じゃないからね!





by coharubiyori529 | 2018-09-02 15:35 | ■お片づけサービス | Comments(0)