暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:■家づくり( 15 )



家は生きていて

家はその人を表すって

本当にそうだなぁって益々感じたhaco+ののりです。



先日の暮らしの風景の取材にて

b0345376_11163964.jpg
初めて訪れる場所だからこそ

敏感に空気を感じれた気がしました。



住んでる人にそっくりなその家は

人と家とが調和してるからこその居心地の良さで

なんだか

家とそこで暮らす人の関係性のお手本みたいなものを見せてもらったような気がしました。



お茶を淹れるために開けた食器棚。


わたし、視力がよくないから
ダイニングからハッキリ見えたわけではないのに

すぐわかりました。


食器が愛されてるって。


ひとつ
ひとつ
大切にされてるって。



ソファにかけられたブランケットも

お友だちが編んでくれたって話をしてくれる奥さんから

ブランケットへの愛おしさが溢れてました。




こんなに
隅々まで
大切にされている家には
なかなか出会えません。


b0345376_11253435.jpg

なんだか
すごく
幸せでした。



たぶん
ここは

お客様のためや
SNSのために整えられたのではなく

本当に
ここで暮らす人のために
少しずつ
少しずつ
育ててもらったんだと思います。



家がね

すごく奥さんに感謝していました。



飴色になったパイン材の床も
かわいい猫も

ママ、ありがとうねって言ってました。




綺麗だったなぁ。

ここを試行錯誤しながら
少しずつ整えてきた人が。

すごく綺麗で
横顔や
指先に
暮らし方
生き方があらわれていました。



羨ましいほど綺麗でした。



わたしも暮らし見直してみようって
思わせてもらいました。



b0345376_11330686.jpg

家とわたし

もっと仲良くなりたいなぁって
思わせてくださり

ありがとうございました!




[PR]
by coharubiyori529 | 2018-08-12 11:13 | ■家づくり | Comments(0)

寒い朝のミルクティー。


寒い朝に
渡されたあったかいミルクティーが
うれしくてたまらなかったhaco+ののりです。


b0345376_22120367.jpg

家を建てる…ということを
もっと知りたくて

家を建てるときに大切なことを
もっと知りたくて

家を建てる人の気持ちを
深く知りたくて


現場で感じる
とか
人に聴く
ということに
今、挑戦しています。



この日は
いよいよ家がカタチになっていく上棟式の現場。

朝一から
大工さんをはじめとする職人さんたちの動きを見学させていただきました。



朝一の現場は
思った以上に寒く
着込んで来たつもりだったけど
足の先まで冷えました。

途中家に帰り
足の裏や背中にカイロを貼りましたよ。




見学させていただいてるわたしを
工事の安全を祈る儀式に呼んでいただいたりして

なんだか
たくましい職人さんたちの仲間になれたような気がして
うれしかったです。



やってることは重労働なのに
職人さん同士の声かけが穏やかで
なぜか
泣きそうになりました。



外見が重要視されがちな家の
出来上がったら見えない部分に
これだけの材料
これだけの大工さんの一生懸命な作業が必要となることを直に感じて
また
泣きそうになりました。





少し離れたところから
棟上げの様子を眺めていたわたしに
休憩時のお茶とお菓子のおすそ分けが届きました。


朝一からの大変な作業をしているのに 
わたしにまで気を使ってくださり
呼ぶのではなく
わたしのところまで持って来てくださいました。


「 これでよかったですか?」

って手渡されたあったかいミルクティーと
にっこり笑って次に出てきたチョコレートに


また泣きそうになりました。




優しくて
あったかい人たちのもとで
勉強させてもらえてることを
感じずにはいられませんでした。



難しい家づくりの本を読んでも
わたしは眠くなるだけだけど

現場の空気を感じたり
関わってる人たちにお尋ねして
教えていただいたことは
わたしの中にちゃんと残っています。



家が変化をしていく時だからって
2日に1度足を運ぶ現場では
説明してもらってた工程が手に取るようにわかります。

そんな時
説明してくださった人が
素人のわたしにもわかる言葉で
絵を描きながら教えてくださっていることへの感謝が溢れてきます。



学びたい!
だけでは学べなくて

教えますよ!って言ってくださる人がいて
初めて学べるんだって

こうして言葉にすると
当たり前のことのようだけど

教えますよ!って
このど素人のわたしに言ってもらえるなんて
奇跡だと思えてなりません。



家を建てる

ことは
インテリアやスタイル以外にも

昔から大切にされている構造や技術がある。



それを伝えられる人になりたいなぁって思っています。



もっと
家に愛着を持ってもらえるように。



家の表面だけでなく
中身というか
見えない部分も大事に思ってもらえるように。



そんなことが
家を大切にしていくことに繋がり

大切にされた家は
長持ちして

益々、その家族を幸せにしてくれる…


そんな循環が生まれる気がするからです。






人間が
みんなで協力し合って
大きな家をつくりだす。

どんなに世の中発達しても
人の手から生まれる家。

人の手がないと生まれない家。

なんとも愛おしい家づくり。




現場に通い
少しずつ変化していく様を見ていく中で

住む人にとって
知っておいてほしい大切なことを
わかりやすい言葉や写真で
伝えられるよう


家を可愛がってもらえるような何かを
お伝えできるよう


学んでいこうと思います。

























[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-30 22:10 | ■家づくり | Comments(0)

大分県日田市の 
天領住宅さんのモデルハウスでの
暮らしのアドバイザーとしてのお役目が
一旦、終了したhaco+ののりです。


また新しいお仕事もいただき
喜んでいただけるよう
がんばりたいと思います。




確定申告の準備をしていたら
約一年、モデルハウスでの接客をさせていただいていたことに気づきました。

一年って
あっという間でした。





家は生きています。


このモデルハウスで
沢山のご家族が
夢や希望を話してくださいました。



お子さまたちは
初めて来た場所だとは思えないほど
気持ちよさそうに
寝そべってみたり
裸足になってみたり
ハンモックに揺られてみたりと
笑顔でいてくれました。


帰りたくない〜〜って言葉を
何度聞いたことでしょう。



一年間
家づくりの現場で
お客様を感じてきて思ったのは

家は
人と人とが創り上げていく
ということ。


そこには
沢山の言葉を交わしながら
信頼という絆が生まれているということ。


いろいろなご家族と行われる打ち合わせに
2つと同じものはなく

家族ごとのオリジナルな家づくり物語が紡がれていく姿は

毎回、ワクワクしました。



わたしの役割は
お客様が安心して
リラックスして
モデルハウスでの時間を過ごしていただく空気づくりだと思ってきました。


時には
お母さんとしての経験や
自分で仕事してる経験や
家を建てた経験を話し込んだりすることもありました。


お子さんとお絵描きしたり
かくれんぼすることもありました。



モデルハウスは
沢山のお客様の笑顔と笑い声を聴きながら
育ってきました。


だからこそ
これから迎える新しいご家族を
あたたかく包み込んでくれることと思います。



素敵だなぁ

かっこいいなぁ

気持ちいいなぁ

あったかいなぁ

木の香りがするなぁ

ここが我が家だったらなぁ

ねぇ、このお家に引っ越そうよ!パパ

わたし、ここがいい!ママ



こんな言葉たちを
沢山聞いてきたモデルハウスは

新築時より古くなったのではなく
すくすく育ったんだと
わたしは思っています。



3月11日の最後のオープン日が終わり

リビングを出る時

モデルハウスに一礼しました。



出会いも
経験も
喜びも

沢山いただいたモデルハウスに

ありがとうを伝えました。




天領住宅さんの新しいモデルハウスは
8月に完成予定だそうです。



また、その新しいモデルハウスで
皆さまにお会いできることになり

必要としていただけることが
うれしくてたまりません。



どうぞ
また
天領住宅さんのモデルハウスにて
お会いできますように。



その日まで
家づくりの学びを深めて参ります。



b0345376_21192993.jpg

今日、全ての荷物が運び出されました。

新しいご家族を迎えるために
準備を進めているモデルハウスです。



新しいご家族が
ここで
益々
幸せな暮らしを重ねていただけますように。



       







[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-15 20:56 | ■家づくり | Comments(0)

初めての出会いが
あんなに怖くて仕方がなかったのに

初めての出会いが
楽しくて仕方がないhaco+ののりです。



モデルハウスで
家づくりを始めようと動き出した方々と接するようになって何カ月かな?



先日のモデルハウスにて
そっと手作りのジャムを手渡してくださったお客様がいました。


今日は
久しぶりにお会いできた完成間近のお客様から
「 完成したら、必ず来てくださいね。それが言いたかったから、会えてよかった〜。」って。


最初は家づくりに特に興味がないって言ってたけど
いろんな質問をさせていただいてたら…
好きなモノ
好きな色
したかった暮らしを思い出してくださったり。


姉妹で出会ったお客様からは
「 妹がね、めったに人を褒めないんだけど…」
って告白?☺️されたり


少しずつ
少しずつだけど

ここに来れば
安心して話が出来るって思ってもらえ始めたように感じることが増えて来ました。



お客様のお子さんの名前を覚えてる自分がうれしかったり

お客様の飲み物の好みを覚えていたり

あの時に来てくださいましたよね!って
再会がうれしかったり

家づくりをする上で
大切にしてほしいことを真面目にお伝えしたり

見えなくなるまでお見送りする中で
お客様が手を振ってくれたり

想いが溢れて
お便りさせていただいたりする日々は


家を売るのではなく

家づくりを楽しんでいただくために
わたしに出来ることを考え
実行する日々です。


実行したいことがある時は
ひとりよがりにならないように
ちゃんと相談することも大切にしていますが

いつも

思いっきりやってくださいって言ってくださいます。ありがたいです。




どこで建てるか?はお客様の選択だし

どこで建てても

「 家づくり楽しかったね 」

とか

「 いい家ができたね 」

って家族で話す未来が待っていてほしい。



一期一会だから

再びお会いできる人もいれば

その時が最初で最後の人もいます。



だからこそ

初めて出会えた日の重みを感じています。




ついつい
家族みたいに愛おしくなってしまうお客様とのやりとりに

今日も
いっぱい愛を込めました。






どうか

どうか

大切に育てていきたくなる家を

うれしい気持ちで

手に入れてくださいね。




わたしも
もっとお役に立てるように
精進します。


建築士でも
大工さんでもないわたしに出来ること

商品力
技術
もちろんそれも大切だけど

家という大きな器をつくりあげるときに

やっぱり
人と人との繋がりが
大きく存在すると思うから。


b0345376_21154051.jpg










[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-10 20:47 | ■家づくり | Comments(0)

週末は、天領住宅さんのモデルハウスにて
暮らしのアドバイザーのお仕事だったhaco+ののりです。


暮らしのアドバイザーと言っても
わたしの大切な役割は
家を建てたいと思って訪れてくださるお客様に
家づくりに集中していただくことだったり
遠慮なく質問してもらえるような存在で在ることだったりと

時と場合で動きが違います。



今日のお客様にとってのわたしの役割は

パパとママが
設計士さんに想いを全て伝えられる環境づくりだと思いました。

以前、一度お会いしたかわいい姉妹は
来たらすぐ
わたしと遊ぼうってにっこりしてくれました。
「お姉ちゃん」って呼ばれるのは
くすぐったかったです。


お客様のかわいい娘さんと一緒に遊んでいたら

「 どうしてドレスを着てるの?」

って質問されました。

ドレスって☺️…エプロンがそう見えたようでした。

それからわたしの耳を指差して

「 それはなあに?」

ってパールのピアスについて質問してきました。

ピアスに触れてもらうと

「 白くてかわいいね」

って言ってくれました。



お気に入りのエプロンをつけ
お気に入りのピアスをして
モデルハウスに居ることは

わたしにとっての「 くふう 」

心地よく働くくふうです。



b0345376_15465675.jpg

お昼ごはんの時間

寒さのせいか…いつも気にならなかった事が味気なく感じていました。

水筒の蓋で飲むお茶だとか
冷めたお弁当だとか。

あたたかい部屋で食べているのに
なんだかわびしい気持ちになるのです。


だから今日は

朝から竹かごに
昨日はなかったお味噌汁や
お茶やコーヒーのための器やコースター
箸置きまで入れて
抱えて行きました。

こんなことも
わたしにとっては「くふう」です。

大切な休憩時間
家じゃないから仕方がないって諦める前に
出先でも手に入る心地よさがあるはずだって考えて
カタチにしてみる。

一週間のうちのわずか6時間から12時間ほど過ごす場所でも、心地よさを大切にしたいなって思います。



家づくりについても…

くふうしながら暮らすって
あり!だと思います。


なんでも
かんでも便利にするのではなく

住みながら
くふうして
自分の暮らし、自分の家にしていくって
わたしは素敵だなって思います。


わたしたちのライフスタイルは
変化していくのだから

変化に対応できる
おおらかな家であったらなって思います。


心地よさに向かうくふうは
暮らしや家への愛おしさを生む。






我が家を設計してくださった建築士さんが言ってくれました。


「最初からなんでも備えない方がいい。

後からでも大丈夫なものはその時に」って。



造り付けを希望していた家事机も
対面式キッチンカウンターも

造り付けなかったおかげで

古道具を選んだり

必要なかったなって感じたり

すごく自由に

自分の色を足していけてる心地よさに包まれています。



家づくりは

お腹いっぱいになる手前がいい気がします。


少し未完成で
くふうしたり
育てていく喜びのある家って
いいなって思います。


haco+の家づくりへの想いでした😌


明日も家づくりについての打ち合わせです。
わたしができる事が
少しずつ見えてきたから
すっごく楽しみです。


家づくりカウンセリングへのお申し込みも
ありがとうございます。



工務店さんや住宅メーカーさんが主役ではなく
あなたが主役であれて

その上
あなたと
あなたが選んだ工務店さんやメーカーさんが
両思いで
心地よい家づくりができるお手伝いがしたいってhaco+は思っています。


haco+は
縁結びのような
仲人のような
そんな存在であれたらなって思っています。



天領住宅さんにて
家づくりのお勉強ができていることは
とっても幸せなことだと今日も感じました。


週末、日田天領住宅のモデルハウスにて
お待ちしてますね🏠








haco+12月、もう少し空きがございます。

haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠

来年の受付も始まりましたよ😊



b0345376_22315684.gif

小さい人たちから
絵をプレゼントしてもらえることも
増えました☺️

[PR]
by coharubiyori529 | 2017-12-10 15:33 | ■家づくり | Comments(0)

わたしの天使。


今日もどこからか

白い羽が舞い降りてきたhaco+ののりです。



今日は、モデルハウスでの仕事でした。
朝、駐車場に車を停めると
ひらひらと白いものが。


綺麗な真っ白の鳥の羽でした。


拾って
バックに入れました。



午前中
モデルハウスを訪れてくれた幼い女の子。

名前がわからない植物の綿毛を私に
「妖精だよ」
ってくれました。
なんて愛らしい人なんだろう。
綿毛が舞う姿を妖精に例えるなんて。


私の心が
ふわってしました。



妖精って響きにハッとして

「 これ天使の羽だよ 」って
朝、舞い降りてきた白い羽を
女の子にあげました。


はにかみながら
にっこり笑ってくれました。


手渡すとき
「 いいことがあるよ」
って言ってみました。



その白い羽が
遊んでいる間になくなってしまい
女の子が残念そうにしていました。


外に妖精と天使の羽を見つけに行ったけど
なかなか見つけられずにいました。


他のお客様とお子さんが帰る時
私の足元に
朝とは違う天使の羽がありました。


すぐに女の子に知らせて手渡すと

「 あの子にあげてもいい?」

と言って

今日出会ったばかりの年下の男の子に
天使の羽を渡しに行きました。


女の子と一緒に拾ったどんぐりが入った男の子の帽子に
天使の羽が入れられました。


うれしそうな男の子を見て
女の子もうれしそう。



いいことがある天使の羽。

なくしちゃったから
またほしかったはずなのに…

やっと見つかったのに…


うれしそうに男の子のもとへ走る女の子の優しさを、そばで感じれたことがうれしかったし

ただあげたかったの

そんなシンプルな女の子の気持ちに
私の中の硬いしこりみたいな気持ちが
とけていくのを感じました。





今朝、舞い降りてきてくれた白い羽から

こんなに優しい1日をプレゼントしてもらえるとは。

お昼ごはんを食べる暇がないほどの1日だったけど

なんだか
すごく満たされました。



b0345376_22005285.jpg

妖精を見つけることが上手なかわいい女の子。

男の子と拾ったどんぐり。


わたしには

この女の子が天使に思えました。






仕事前には河川の草刈りでした。

川岸に咲いたコスモスが欲しいわたしに

「 好きなだけ持って帰りなさい」

って言ってくれるおじちゃんたち。


b0345376_22045444.jpg

遠慮なく秋の恵みをいただいた帰り道は

とってもご機嫌な私でした。




コスモスやかわいい天使のおかげで

新しい月のはじまりの日を

気持ちよく過ごすことができました。



明日もかわいい女の子とのお片づけ♪

私のことを「お片づけの先生」って呼んでくれる女の子の夢が叶うお片づけ。

一生懸命がんばりたいです!





[PR]
by coharubiyori529 | 2017-10-01 21:43 | ■家づくり | Comments(0)

大分県日田市で

一緒に暮らしていきたいモノを選ぶお片づけ

あなたが主役の家づくりをお伝えしている

暮らしのくふう工房 haco+ののりです。



今日も遠方からカウンセリングに来ていただいたり、お片づけの現場の下見をさせていただいたりの1日でした。

b0345376_19345209.jpg


夏休みですからね…お子さんも一緒でしたよ。

ありがとうございました😊




先日は、お客様が購入されたマンションへ
案内していただきました。

b0345376_18312103.jpg


ここで
心地よく
ラクに暮らしていけるように
お手伝いさせていただくのですが…

インテリアコーディネーターではない私の役割は

お客様自身の好きを思い出していただきながら
お客様自身が選んでいくことを楽しめ
お客様自身が自分の暮らしに積極的になっていただけるように
お声かけしていくことだと思いました。



だから
マンションに着いて
キッチンの背面収納家具を考える時も

お客様の好みや
したい暮らしが見えてきたことで

お客様も喜んでくださる提案ができ
それを叶えていただけるような発注がスムーズにできました。

そこで暮らしていくのは
私ではなくお客様だから。

押し付けは必要なく
一緒に考えていく。


b0345376_18312274.jpg


この眺望がお気に入りのご主人が

奥様と私がキッチンについて話している姿を
微笑みながら見ていてくれました。


「 片づけをしっかり教えてやってください」

って、初対面の私に言ってくださいました。



可愛らしい奥様に初めてお会いした時は

したい暮らし?

好きなもの?

って、質問しても❓がいっぱいのようでした。


ゆっくりカウンセリングさせていただき
2回目にお会いした先日には

「 笑わないでね 」って前置きして

「 私ね、家でもワンピースを着ていたかったの。
アクセサリーも付けたままで家事をしたかったのよ。場違いじゃないか?って誰かに思われそうで出来なかったみたい。だからね…お引越ししたら、それを叶えたいの!」って

うれしそうに
恥ずかしそうに
話してくださいました。


笑うわけありません。


私にもその気持ち
すごくわかるから。


家で過ごす時間
家事をする時間にも
お気に入りをまとうことができたら…

いつもの家事も
誰にも会わない時間も
楽しめる気がしますよね。


だけど
できないなってあきらめ
その後は
そんな希望すら忘れてしまっていたようでした。



きっかけはマンション購入により
暮らしについて考える機会ができたことで
本当はしたかった暮らしを思い出してくださったこと…奥様にとって、大きなご褒美のような機会だと感じました。





天真爛漫で
可愛らしいマダムであるお客様が
ワンピースを着て暮らしを楽しむ姿。

そこから広がる心地よい暮らしからの

バルコニーの家具もイメージが湧いてきて
一緒に見つけることができました。



「私ね、こんなの好きなの〜〜」

って、初めてお会いした時には
わからないわって言ってた方が
沢山話してくださるようになりました。





「 月に一回は会いたいの 」って

うれしいリクエストもいただきました☺️




私もワンピース大好きだから

ワンピース着てる時の幸せな気持ちが大好きだから

お客様にも

毎日、着てほしいなって思いました。




今回も、遠方からのご依頼でした。

距離など関係なく
私を選んでくださったこと

距離など関係なく
また会いたいと言っていただけること

ご紹介してくださったのが
一緒にお片づけしたお客様であることが

とっても
とっても
ありがたいのに

私、とってもトンチンカンですけど…いいですか?

って言ってしまいます。



それも含めて会いたいです…そんな気持ちを差し出してくださるお客様に恵まれていることに

毎回、申し訳ないような
うれしいような
胸の中が泣きそうになります。



ありがとうございますって
素直に受け取れるようになりたいです😊




明日も1日お片づけ!


私とならやれる気がするって言ってくださるお客様の笑顔が見れますように。

お客様が
あきらめてきた好きや、暮らしを
思い出していく時間になりますように。




b0345376_18312220.jpg



私のお気に入りのワンピース👗

大切な日に着たいな♪





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊





haco+のメニュー・お問い合わせは
HPからどうぞ→→→🏠








ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2017-07-26 17:04 | ■家づくり | Comments(0)

家づくりのアドバイスをさせていただきながら
あ〜〜
私が建てる時に、こんなアドバイスがほしかったなって思ったhaco+ののりです。


台所は女性のお城…そんな風に表現されることがあるほど
家を建てる時に、女性が1番気になるスペースでもあります。


そして、いつの頃からか『パントリー』というスペースにも女性が魅了されています。

パントリー…なんだか素敵な響きですよね✨

パントリーがあるだけで
素敵な暮らしができる気がしたり

一生に一度なんだから
後悔しないようにつくっておきたくなるような

そんな響き。



ご相談いただいたのは

パントリーは必要ないと決まったんだけど
パントリーがほしかったなって気持ちが
ずっと胸の奥にあるとのこと。


みんなパントリー作ってるし

パントリーってよく聞くしって。



暮らしをお尋ねした後に

パントリーが必要な人と
必要ではない人の具体例を出してみると


やっぱりいらないですって😊

胸の奥がすっきりしましたって笑顔になられました。



いろいろ話し合って、パントリーなしの設計にするとはなったものの
ママは、納得してなかったみたいで。

一緒にお話していたら
パントリーがほしかったというより

みんなが持っているものがほしかったようでした😌


みんなと同じでなくていいことも
ラクに感じたようでした。



もし、このまま家づくりを終えていたら

入居時や
暮らしながら

『 最高に心地よい暮らし』

ではなく

『パントリーがない暮らし』

に気持ちが向く家になっていたかもしれないなって思いました。



パントリーが必要か?必要ではないか?を
自分の暮らしに置き換えて
自分が主役で答えが出せた時

パントリーがほしかったのに叶わなかった暮らし

という目の向け方が消えていくのではないかな?と思いました。



すっきり
にこにこされて帰る姿に

家づくりにおいてのhaco+の役割が
しっかり存在することを確信しました。



後悔のない家づくり

自分が主役の家づくり

育てたくなる家づくり

ムリなく暮らせる家づくり



一生に一度の大きなお買い物を

誰を主役にしてすすめていきますか?



なんだかモヤモヤするぞ〜って時には

どうぞ、ご相談くださいね😌





b0345376_14320397.jpg


我が家の台所には
お弁当箱はいっぱいあるけど

パントリーはありません(笑)


お弁当箱の数も

パントリーのある、なしも

わたしの基準。





今日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました😊


明日はじっくり
自分の暮らしと向き合う日にする予定です。
なんだか
家がザワザワする💦😅





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村











[PR]
by coharubiyori529 | 2017-04-30 13:49 | ■家づくり | Comments(0)

今から
知らない街へお片づけサービスに行くhaco+ののりです。

新築というお客様の心に残る節目に携われることを…とっても幸せに思います。



実は明日から

大分県日田市にある『 天領住宅 』さんの暮らしのアドバイザー(仮名)として、これから家を建てられる方々に関わらせていただくこととなりました。

家づくりにもっと関わっていきたい!というhaco+の願いを叶えていただく大きな一歩を
大切に歩んでいきたいと思います。


b0345376_10293088.jpg


天領住宅さんの専務 宮崎さんです。

天領住宅さんのblog→→→🏡

週末のモデルハウスにて
お待ちしています。




さて、昨日のblogでは
家を建てる前のお片づけについて
お客様のお気持ちを載せさせていただきました。


家を建てる前に
haco+とお片づけするということは

次に引っ越す家が決まっているから
そこに暮らす期間は短い家を片づけるということ。


考えてみたら
家を建ててから綺麗になった方がお得で
家を建てる前は損するような気がしませんか?


お金かかりますしね。



haco+は
家を建てる
または
家を購入する前のお片づけは

最大の節約だと思っています。



一生に一度と言われる家づくりに

あれも
これも欲しがるのではなく

あれと
これが必要!だと
しっかりとした暮らしの軸を持ってのぞめるからです。




家を建てる前に

あれも
これもは必要ないことを体感できるのが

『 お片づけ 』

だと思います。




Yさんとのやりとりで忘れないことがあります。

b0345376_10293150.jpg


右端の素敵な食器棚は
Yさんが大好きなお店に造っていただいたもの。

その時の相談が

食器棚の上の余白の部分も収納に出来るし
収納を増やしてもお値段は変わらない…そんな提案があったということでした。


収納を増やせる。
空間を有効に使える。
お値段が変わらない。


皆さんだったら
どんな選択をされますか?


なんだか
お得な提案のようで
増やせるものは増やしちゃえ〜って思うだろうなって方もいらっしゃるのでは😌




一緒にいくつかの選択肢を
絵を描いてやりとりしました。



Yさんはね

自分の無理のない暮らしと物の量を知って、家づくりにのぞんだから

空間があっても
お値段が変わらなくても

収納を増やすという選択をしませんでした。



食器棚の上の空間には

雑貨や植物が大好きなYさんのお気に入りがあった方が

収納が増えるより
暮らしが輝くと判断できたんだと思います。



これが

自分たちが主役となる家づくりだと思うんです。




ぶれない軸を持つことで

必要な物の量を知ることで


設備も
収納も

しっかり選択でき

大きな節約に繋がっていくのです。



一生に一度の大きなお買い物

あれもこれも付けちゃうチャンスではなく

自分たちの暮らしについて
しっかり考え
受け入れていくチャンスにしていただきたいなって思います。



家を建てたら

背伸びをして暮らしていこう!

という扉と

今の自分たちのままで
今より楽に豊かに暮らしていこう!

という扉



あなたはどちらにトキメキますか?




わたしは
後者にトキメキます。

わたしは前者の経験があるからです。





家づくりは

家を建てるだけではなく

その前も
その後も続いていきます。



育てていきたくなる家づくりの前にお片づけ…お手伝いいたします😊






haco+へのお問い合わせはこちらから→→→🕊







今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊


Yさん♪ 是非皆さんへ…と写真や感想の提供、本当にありがとうございました。これからも応援しています✨








ランキングに参加中です✨
haco+を応援してください♡
↓↓をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
[PR]
by coharubiyori529 | 2017-04-15 09:40 | ■家づくり | Comments(0)

今日はシャボン玉をして遊んだhaco+ののりです。

b0345376_22375858.jpg


桜、光、シャボン玉

やっと

やっと

わたしにも春が来たように感じた時間となりました。



そんな春のはじまりを感じた帰り道
うれしいメールと写真が送られて来ました。

送り主さんは

お片づけを学んでくださり
お片づけを一緒にして
家づくりの相談もしてくれた人。


彼女からの許可もいただいたので

彼女の実体験からの

『 どうして家を建てる前にお片づけ⁇』

の答えを感じてみていただけたらって思います。






のりちゃんお久しぶりです

お家づくり進んでいます
のりちゃんと一緒に考えた
キッチンの背面家具と食器棚が入りました

一緒に考えてもらって本当によかった
どこに何を収納するか

洗面所へ行くドアは2つも必要なのか
なくしてよかった!!
収納は増えとてもかわいくなったと思います。

引っ越し前にお片付けを依頼したおかげで
どんな暮らしをしたいか
どんな雰囲気が好きか
自分の中でしっかりと見えてきたので
たくさん選ぶ作業も
好きなもの選びでとても楽しかったよ

建築士さんとの打ち合わせもとてもスムーズで
どんな家にしたいか
きちんと伝えられて
形になっていく

そんなお家づくり本当に楽しくて楽しくて(o^-^o)

のりちゃん本当にありがとう

お家づくりはまだまだ続きますが
迷ったり、悩んだ時はまた相談にのってくださいね


のりちゃんのブログ
楽しみに何度も見ているよ

家の居心地が悪くなっているけどなんだかお片付けする気になれない時は
のりちゃんのブログを見返しているよ

建築前にのりちゃんに相談にのってもらうことを
オススメしたい

一緒に図面とにらめっこして考えてくれてありがとう!!

主人ものりちゃんに相談してよかったと感謝しています。





彼女の家づくり体験記が綴られていってるblogはこちら→→→💗


建築家さんと建ててる楽しい様子も
是非、参考になさってくださいね!


b0345376_22375984.jpg


彼女のお城でもあるキッチン。

収納が多ければいいのではなく

自分のしたい暮らしにぴったりの収納という視点を忘れなかったYさん。

b0345376_22375908.jpg


育てていきたくなる家が出来上がるのも
もうすぐです。



Yさん家族が住みはじめたら

もっと素敵になっていくのがわかります。



自分たちを知り

ありのままで暮らせる家を手に入れられるからこそ

家育てを楽しめるんだと思うのです。





家を建てるのに

背伸びや無理は必要ない。


自分を知ることで

身の丈の中の最上の暮らしを

手に入れてくださいね。





久々の更新となりました。
いつもblogを気にかけてくださり
本当にありがとうございます😊

読んでくださり
ありがとうございました。





ランキングに参加しています。
haco+を応援していただけたら
うれしいです❗️
↓↓↓をワンクリックお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村




[PR]
by coharubiyori529 | 2017-04-14 21:35 | ■家づくり | Comments(0)