暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■暮らしのカウンセリング( 46 )


72歳のカウンセリング。


さぁ

ひとつ
ひとつ
大事に
落ち着いて綴っていきますね。

ひとつ
ひとつ
心を込めて。




先日、72歳の女性のカウンセリングをさせていただきました。


往復約4時間の道のりを
会いに来てくださるという気持ちに
朝からお昼ごはんを準備して待ちました。

b0345376_11171247.jpg

わたしの気持ちを知ってた母が
朝、玄関に花をいけてくれました。

b0345376_11181485.jpg


このご依頼は
わたしのカウンセリングを受け
わたしとお片づけをした娘さんから

「 母にもっと幸せになってもらいたい 」

気持ちよく暮らしてほしいという

なんて言ったらいいんだろう…これまでの感謝とか、ご自身が伝えられない想いとか、大事な気持ちがいっぱい込められているのを感じました。



お相手の方が72歳であれ
わたしはわたしのままで在ることが大事だなって、お迎えする前に深呼吸しました。



頑なな人だけど
わたしなら大丈夫かもって
娘さんは席を外してくれました。



頑なな人…ではありませんでした。



初めて会ったわたしの質問に
偽ることなく
真っ直ぐに答えてくださる姿に
人としての愛おしさが溢れてしまいました。


お母さんね
最初から涙が溢れていました。


記憶を消すことで自分を守ってきた時期があったことに気づいてくださいました。

そこを癒す必要があるなって
そこを昇華することが
お母さんのこれからの幸せに必要だなって思いました。



18歳の女の子でも
30歳でも
55歳でも
72歳でも
みんな同じ。



心の中に
哀しみ
怒り
寂しさを詰め込める箱があるとしたら

その箱に入れられる気持ちの量は決まっていて

その箱が溢れそうになると蓋をする。

蓋が開きそうになったら
ガムテープを貼る。

それでも開きそうになるから
重石を乗せる…。



どんなに重たい重石を乗せても
その箱の中の想いは
消えてなくなることはなく

ねぇ
こっちを見てくれない?

って箱から出ようとしてるのです。




お母さんはね
たくさんの重石を乗せていたんだと思います。


娘さんから見た頑なさ…

は、心の箱の上の重石の数が多いことが
そう映っていたんだと思います。




「 考えたこともなかった 」

何度もそう呟かれていました。





本当は、
何て声かけてほしかったですか?


わたしは
沢山、その質問をしたように思います。




これまで諦めてきた想いに

本当はわたしね…って
これまでの自分と
これまでの箱の中の想いと
沢山、話をしていただきました。


わたしに話してくれているようで

実は
お母さんは
これまでの自分とお話ししていたのです。



哀しかったね

辛かったね

寂しかったね

って他人ではなく
自分が自分に声をかけることが
1番の昇華なんだと思います。




大きな
大きなコンプレックスは
今もあるけれど

そのコンプレックスがなかったら
違う人生だったかもって
沢山の後悔をされていたけれど


そのコンプレックスがあったからこそ
ひとつの軸がぶれない子育てをしてきたことに
これまで
気づかずに来ていました。



よくやってきた!
なんて思わずに
ここまで来ていたことが

母娘との関係性に影響していたんだなって思いました。




ふと
お母さんと話しをしていて
亡くなったご主人からのメッセージが聞こえた気がしたのでお伝えしました。

「 もっと幸せになってください 」



わたしはこの日
珍しく
何度も泣きそうになりました。



わたしがカウンセリングで泣く時は
同情ではありません。



その人の命の光が泣いているのを感じた時に涙が出そうになります。



もう許してもいいんじゃないですか?

幸せになることを。




このカウンセリングをお母さんにプレゼントした娘さんには

お母さんとの時間の内容を

メールなんかでは伝えられない気がしたので
会ってお伝えしたいって連絡したら


お母さんもね
帰りの車中では何も語らず

「 のりこさんに聞いてね! 」

って言ったそうです😊


あと、わたしの声に癒されたって言ってくださったようでした☺️



娘さんにひとつだけ
伝えておきたいことがありました。



みんなは子どもより孫がかわいい、かわいいって言うけれど 
もちろん孫はかわいいよ。
だけどわたしは、娘が1番かわいい。
娘に幸せでいてほしいの。



お母さんのぶれない大事な想いです。

わたしも
お母さんみたいになりたいなって
思いました。





お母さんに出会わせてくださり
ありがとうございました。

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-04-22 11:13 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

きっと

わたしは

とってもシアワセな日々を過ごしているんだと思います。



今日も
昨日も
一昨日も。


だけど
誤解しないでね。

羨んだり
比べたりする必要はないからね。



わたしがシアワセ感じる時って

すごく
すごく
ささやかで

もしかすると
当たり前過ぎて
見落とされがちなことなんじゃないかなって

今日
ふと
ある文章を読んでいて
涙が出てきた自分に

そんなことを感じました。




会ったこともない人が書く文章の中に

ありがたくてなって
関西弁で
喜びが綴られていました。


なんて言うか
飾り気のない
話しかけられているような感じで
シアワセ感じた瞬間のことが綴られていました。


伝わってきて

会ったこともないその人が
うれしかっただろうなって思ったら
涙が出てきました。


その人いいなぁって
羨むのではなく

よかったね〜〜って
勝手にシアワセな気分になりました。



友だちが
母親としてのシアワセを語る姿にも
シアワセを感じます。




ヨガのレッスンを受けていたら
先生が美しいなって感じて
レッスンの後
写真撮らせてほしいってお願いしました。

顔ではなく
背中とか
姿勢とかが
先生の在り方をあらわしてると感じたから
そんな写真を撮ってみました。

もう、それだけでシアワセ。


先生に褒められたいのではなくて
その美しさに触れる機会をいただけただけで
大満足。



それから
大荷物を抱えてでも
無駄になることもいっぱいあるかもしれないけれど

やりたいことを
カタチにしてみようって
考えたり
ドキドキしながら実行できたりしてる今も
やっぱり
シアワセ。


動いて表現させてもらえることは
結果が吉と出ても出なくても
誰かに認められずに終わっても
すごくシアワセ。



誰かとの
何気ない会話の中での
誰かの優しい表情とか
ユーモアとか
知らなかった気持ちを
見つけた時も
すっごくシアワセ。



美味しいね
美味しいねって
ミートソースを食べてもらえる姿が見れることもサイコーにシアワセ。






なんかね

そんなことなんです。

わたしの毎日は。



だから
わたしと比べたり
羨んだり
凹んだりしていたら
もったいないですよ。



わたしに認められるか?
認められないか?
なんて基準も
必要ないから。



だって
わたしは
すごくちっぽけな
なんてことない人だから。



だけど
そのなんてことないわたしは
なんてことない自分を受け入れ
なんてことないなりに
日々を重ねています。


ちっぽけだけど

誰かになりたいんじゃない

誰かの言葉を語りたいんじゃない



わたしは
わたしで在り
わたしの言葉を語りたいと思っています。




だから
わたしを基準にしないでほしい。




わたしと出会う前から
あなたの命には
あなたにしかない価値と輝きがあるのだから。



わたしは
それに気づいたから
その価値と輝きを
教科書や
専門書を見ながらではなく

目の前の人の
目を見て
言葉を感じて
伝えていきたいだけなのです。




わたしに会いに来て
繕ってるなんてもったいないよ。



何か素敵な言葉を話すから…とか
そんなことであなたを見ていないから。



もう
会いに来てくれたという勇気に
すでに
わたしは感動しているのだから。



あなたが着てる重たいコートを
無理に脱がすことはしません。

だけど
脱ぎたいって思ってるとしたら
繕ってる時間がもったいないよ。


褒められたいときも
認められたいときもあって大丈夫なんだけど


褒められなくても
認められなくても

自分の命には
価値と輝きがあることに
気づいてください。



                届きますように…haco+   のり

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-04-10 20:08 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(2)

3時間とか
4時間って
何かに夢中になっていたら
あっという間に過ぎてしまいませんか?



最大で4時間だという託児の予約を
早くから取り
3時間取れた日にお片づけをし
3時間半取れた日にカウンセリングに来てくれた人のことを綴りたいhaco+ののりです。




お片づけレッスンを受けて

3時間だけ託児が取れた日に
お昼寝やショッピングではなく
キッチンのお片づけをしてくれた人。


まだまだ、授乳があって
夜、ぐっすり眠れる日もないのに
お片づけをしてくれたなんて。


なかなか取れない託児の日を
お片づけにあててくれたなんて。


ありがとう?
すごいね?

なんて言葉をかけるより
わたしも精一杯
彼女の本気の目標みたいなものを
応援していきたいと思いました。



わたしの心を動かす報告でした。




そして3時間半の託児が取れた日
移動時間も入れたら
通常のお客様とのようなお茶の時間はとれないけど
カウンセリングを受けます!という強い意志で来てくれました。




彼女を見てると
今の自分の精一杯で
自分と
暮らしと向き合おうとしてる姿が
愛おしくて
愛おしくて。



かわいいね
より
綺麗だね

そんな女性だけど

わたしには
守ってあげたくなるほど
かわいく思えて仕方がないのです。



飾らないの
彼女。



飾っても
わたしには見破られるだろうなって思ってくれてる気持ちからか

いろんな気持ちを
思ったままに話してくれます。



意地悪みたいな気持ちも
頑なな気持ちも
見せてくれるから

彼女にとって
無くしたくて仕方がない気持ちが
どこからくるのか
よ〜〜くわかるのです。



彼女が
わたしの前で
どんな自分も見てください!って
自分を差し出してくれる姿の奥深いところはね

「 優しさ 」

すごくあったかい優しさでした。




本来ある優しさを
忘れてしまう時があって

優しさなんかない方が
楽に生きられる気がする時があって



だけど
本来の姿が優しさの人だから

優しさをなかったことにするような今が
とっても
とってもキツイはず。


本来の自分と
反対方向へ向かってるのだから。



反対方向へ歩き出してたのなら

ゆっくり
少しずつ
戻るだけ。


その戻り方が
ひとりではわからないから
わたしが横に並ぶだけ。


前でもなく
後ろでもなく

引っ張るのでもなく
押すのでもなく

並んで
ひとつ
ひとつ
一緒に向き合っていくだけ。



4月は更に託児が取りにくい中の
数時間を
また
haco+にくださいました。





本気だもんね。


本来の自分であっていいんだって
ゆっくり
気づいて

ずっと忘れない感覚にしていこうね。


進んだり
少し後ろに下がったりしながら


ゆっくり
じっくりと。



また来月会えるのを
たのしみにしてますね😊



あなたの
わずかなひとりの時間を
いつも
ありがとう。


b0345376_22185507.jpg






4月のご予約枠が少なくなって参りました。
5月のご予約も承ってます。
遠慮なくお問い合わせくださいね。

haco+のメニュー



[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-28 21:45 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

3月最後のカウンセリングが終わった
haco+ののりです。


今月も
沢山の方々に出会わせていただきました。
ありがとうございました。




ある日のお客様は
去年の夏に初めて出会った人でした。


3月にはまた会いにくるって
決めていてくれたそうです。
うれしかったな。




苦手な高速バスに乗って会いに来てくれた彼女との時間を終えて見送る時

わたしは
彼女のお母さんになったような気持ちになり
周りを気にせず
手を振り続けました。



そう言えば
お腹すいた時のためにって
彼女のお母さんだったら何を食べさせたいかな?って考えながら思いついたのが
お味噌汁とおにぎりでした。


不思議だったのは
彼女の大好物が
お母さんが握ったおにぎりだったこと。





カウンセリング後のバスの時間まで
ちょっとデートを。

わたしの好きな川がある景色へと向かいました。

着いた時に
もう
それはそれは美しい夕陽が見えて
彼女と言葉を失うほど感動していたら

夕陽はあっという間に
雲に隠れたかと思うと
もう出てきてはくれませんでした。


あなたを待っていたよって

彼女が見たのを確認したかのように

では、また明日ねって

さよならをしたように思えました。



肌寒かったけど
一緒に散歩してみたら
今度は桜に出会えて…

b0345376_20442251.jpg


その桜を見上げてみたら
枝の間には小さな三日月がありました。


b0345376_20435287.jpg


夕陽を眺めることが大好きなんです。

月を見上げることも大好きなんです。


そういえば
ここのところ
夕陽も月も忘れていました…。




この日の夕陽も月も
彼女に何か大切なことを思い出してもらいたかったんだろうな。

よくここまできたね。
頑張ったねってご褒美だったのかもな。





夕陽を眺めることが大好きな人は
夕陽を眺めることを忘れない方がいい。

月を見上げることが大好きな人は
月を見上げることを忘れない方がいい。



忘れてしまっている事に気づいた時は
ちょっと
とまろうよのサイン。





とっても真面目で
あったかくて純粋な自分を

誰かの期待に応えるために使い過ぎてしまうのではなく

自分より
誰かを優先して生きていくために使い過ぎてしまうのではなく


自分のココロとカラダに
真っ直ぐ耳を傾けることに使ってほしいのです。



知っていますか?

あなたの代わりはいないのだから。



あなたが元気でなくなると
あなたの大好きな人たちも哀しむから。




沢山の人たちのためではなく
あなたは
あなた自身のためにココロの声を聴き

いつでも
自分の気持ちに気づいてあげられるんだという
自分への信頼を重ね

そこから溢れたもので
誰かを幸せにしていくっていうのはどうかな。



今は
少しとまる時。



疲れていることを受け止め
まだまだ!ではなく
わたしは疲れた〜〜
わたしは頑張った〜〜
って言っていいことを知ってほしい。



さぁ
とまろう。



命の大切さ
誰よりも知っている人だから。


さぁ
とまろうよ。




この日に何度も
お会いしたこともない彼女のお母さんの気持ちになる自分が不思議でした。


でも
きっと
力を借りたんだと思います。


ちょっとやそっとじゃ
とまることを選ばない彼女には
お母さんという
彼女の命をこの世に産みだし
彼女の幸せを心から願う人になってメッセージを伝えないと
届かなかったのかもしれません。


わたしは
彼女のお母さんに力を貸していただいたんだと思います。




好きだったこと
いろんな自分
行きたいところ

少しずつ
思い出したり
気づいたりし始めた今を

どうか
忙しさでないがしろにしないでくださいね。



とまったあとは
歩み始めるから。




身を削りながら歩み続けるより

充電してまた、歩み始めようよ。

光は待っていてくれるから。















[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-26 20:30 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

haco+として歩みはじめた最初の一歩。

その一歩のわたしと出会ってくださった方と
再会できたhaco+ののりです。



彼女とは3年ぶりの再会でした。

はじめて自分でテキストをつくり
お片づけレッスンをさせていただいた時に
受講してくださった人。

わたしはその時の彼女からの質問を覚えていました。

なぜ覚えていたか?というと
彼女自身も
彼女のご家族も
苦しいだろうなって感じたのに
頑なに、自分は正しいはず!という言葉の裏にある感情を感じたわたしは
レッスン中の質疑応答や、お別れの時の立ち話では
なにかを伝える術は持ちませんでした。


そのことが
ずっと胸の奥にあったわたしに
思いがけず
再会
それも
じっくり話をお聴きできるカウンセリングのご依頼という
願ってもない機会をいただきました。



あの日から3年という時が流れ
改めてわたしと出会おうと思っていただけたきっかけは、このblogだったそうです。

何度も
何度も救われた…と。


綴り続けて
本当に良かった。




久しぶりに会えた彼女は
柔らかい人風を装っている…そう感じました。

もちろん本人は無意識です。


でも
それがすごくもったいなく感じました。


あなたの役割は
あなたにしか担えないのですよって
わたしの心が泣きました。



「 柔らかい女性 」って聞いただけで
なんだか素敵で憧れますよね。

柔らかいって素晴らしい!みたいな
誰もが認めてくれて
愛されるイメージがありませんか?


でも考えてみてください。

世の中の女性が
みんな柔らかだったら
その柔らかさの良さがに気づく人はいなくなり
なんだか刺激のない日々に…
また違う誰かになりたくなるんじゃないでしょうか?

強い女性とか凛とした女性だとかに。



柔らかい女性が好き!

それだけでいいのに
柔らかい女性になることを自分に強いて
いつの間にか
無理な努力や言葉を重ね
疲れてしまう。


その疲れはね
どこかホコ先を見つけて放たれるの。

誰かに優しくできなくなったり
過干渉になったりしてね。



元気なパワーある佇まいが
誰かを幸せにする人なのに

幸せです
なんて綺麗に言葉を発せなくても
天真爛漫なあなたの笑顔なら
みんなに伝わるし
みんなが幸せな気持ちになるのに


なぜ
柔らかい大人の女性を装わなければいけなかったのかなって
わたしは
彼女の言葉から
答えを見つけていきました。


彼女からのメールを読んでみてくださいね。





のりこさんへ

今日の今日中に、
一言、お礼を伝えさせていただきます!

本当に、本当に、本当に、
有り難うございました。

あの……
多分、こんな時間、生まれて初めてです。
丸ごとわたしは、わたしでよくて、
さらにそれを肯定して生きるといいよって、
かわいいよって。

あの……
丸ごとわたしはわたしで、本当にいいって、
話をすればするほど、ごく自然に大信頼をおけるのりこさんに、言ってもらって、
そして、わたしが、わたし自身が、ごくごく自然にそう思えて、

こんな幸せなことって、
ないです✨

元気!無邪気!
はい。本来のわたしです。
のりこさんがいなければ、わたし自身を含め、一生気づけなかったし
周りにも気づいてもらえなかったと思います。
どんなにほっとして、生きやすくなったか……

あの…
言い方が変てすが、ボキャブラリーがなくて、
今日が、どんなに、嬉しかったか、伝わってますか(>_<)???????
自分をこんなに嬉しいと思ったこと、ありません。

わたしがわたしを信じて生きることを、ずっとやりたかったんだと、府に落ちました。

いっそくとびには、いかないだろうと思うので、少しずつ少しずつ✨

今日は、
本当に、
有り難うございました。

(一言ではなくなりました💦)




ねぇ
本当は元気な人だよね

ねぇ
本当は無邪気な子どもみたいな人だよね

そうお尋ねした時

カチコチに硬くなっていたほっぺたと
身体と
心が
柔らかくなりました。


あ〜〜、そうなんです!わたしって
やっと安心できたかのような表情をされました。



柔らかいって
そういうことなんだと
わたしは思います。

柔らかそうな雰囲気とかではなく

強く見えても
元気に見えても
凛として見えても

自分のありのままを受け入れた人を
わたしは柔らかく感じます。


だから
彼女は
元気で無邪気なだけでなく

カウンセリングの途中からは
本当に柔らかい女性になったんだと思っています。


わたしは
そんなナチュラルな柔らかさが
大好きだし
そんな女性を
かわいいなって思います。



彼女はね
自分から話を始める時に
必ず
自分を卑下した言葉や
こんな事を聞いて申し訳ないとか
やっぱりいいですとか
前置きが長くてね☺️

そんなのいらないから
話したいから話す
自分から自然と出てくる言葉で

それでいいのではないですか?ってお話しました。



やっぱりいいです
とか言ってるのに

本来の彼女は
知りたがりで
欲張りさんでしたよ☺️



元気で
天真爛漫で
知りたがりで
欲張りで…

それって悪いことなんだろうか?


悪くなんてないですよね😊


きっと

あなたらしいって
愛されると思います。




どうぞ
せっかくのあなたらしさを
大切にしてくださいね。

自然と溢れた気持ちも
大切にしてくださいね。




再会、ありがとうござました😊



b0345376_22043283.jpg







[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-18 20:44 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

わたしの声や手のぬくもりに
涙してくれた可愛い人のことを綴ります。


幸せって
頭で考えて言い聞かせたり
そう思わせたりするものではないのではって感じているhaco+  ののりです。




昨日
初めて出逢ったその人は
すごく人にも仕事にも恵まれていて
すごく幸せなのに
ココロがもやもやしてしまうことが許せなかったみたいでした。


カウンセリングをする時
まずはお話を聞かせていただくのに

昨日のわたしは
事もあろうか?
カウンセリングする人では失格かもしれない、自分のことから話し始めていました。

初めて出逢ったその人に
笑えるくらいのわたしの失敗談やトンチンカン談を話してる自分を止めることはしませんでした。

必ず、そうした方がいい理由が
あとから見つかるはずだから。



自分の話しをしていない彼女が
わたしと出逢って数分で泣き出しました。



人にも
仕事にも恵まれて幸せ…なはず。


世間一般から見たら
とっても幸せに見えると思います。


だけど
自分の心は気づいていたのですよ。


幸せなはず…では言いくるめたり、知らんぷりできないほど、大切な大切な想いがあることを。



世間から見たら幸せに見える自分と
本当は、心から幸せって思えてない自分の狭間で苦しかったんじゃないのかな。


何を幸せと感じ
何を哀しみと感じるのかは
人それぞれであっていいのに

自分の哀しみに
幸せなはず…というフタをしてしまったら
苦しくなるのは当たり前。

根性がない
とか
感謝が足りない
とかではないんだよ。



幸せって話してくれる彼女の表情がね
硬かったから
すぐにわかりました。


自分の気持ちに耳をすますことをせずにに
一生懸命
前だけ見て歩んできたんだって。


後ろを向くことも
いけないことだって
自分を叱りながら
一生懸命歩んできたんだって。



幼い頃

少し大人になった頃

そして今


自分にかけてあげたい言葉

自分にかけてほしかった言葉を

一緒に考えてみました。



いっぱい
いっぱい泣くから
ティッシュの山に笑ったね☺️


わたしが
突拍子も無い提案をするから
また笑ったね☺️


硬かったほっぺが
ピンク色になって

お化粧も
つけまつげも取れたのに

かわいかったよね。


本当は
すごく
すごく
女の子なんだよね。



その本当の自分に気づいたんだから

ゆっくり
ゆっくり
還っていけばいいよ。



幸せなのにもやもやしてしまう自分は

幸せだと言い聞かせながら
哀しみや寂しさを感じないように頑張っていた自分だったことに

今、気づけてよかったね。




彼女とお別れする時
手を包み込んでみました。

伝えたかったのは
「 大丈夫だからね 」


そしたらまた泣き出して

泣きながら言ってくれたのは

来てすぐ
のりさんの第一声を聞いただけでも泣きそうで
我慢しました

でした。




わたしの声と
手のぬくもりに涙してくれた彼女のこと

わたしはずっと忘れないと思います。




幸せってね

言い聞かせて納得させて感じるものではなく

頭の前に
心が反応してるっていうイメージ。



だから
溢れてしまう。


だれかに
「幸せなんですよ!」
なんて伝えなくても
溢れてるものは
わかってしまう…というイメージ。




彼女からいただいた感想を
少し載せて終わりにしますね。






のりさん😊今日は長い時間本当にありがとうございました!あんなに人前で泣いたのも久しぶりだし、心から本音を全てさらけ出せたのも初めてでした。
今、とってもとっても満たされている気分です。帰ってからの家族との時間、心からリラックスして笑って過ごせました。

今日ののりさんから貰ったたくさんのヒントを大切にして、幸せが溢れ出る可愛い女性を目指してのんびりゆっくりマイペースに進んでいきたいと思います。
のりさんのおかげで、昨日まで頭の中にあったものが全く違うものに入れ替わったような…なんて言っていいかわからないんですが…😅とにかくすごく幸せな気持ちです、今。
次会ったときにのりさんに可愛いって言ってもらえたらいいな😊🌸女の子に戻れますように😌
本当に本当に、ありがとうございました🙇‍♀️✨






わたしの想うかわいい!については
彼女に話してます。

洋服やメイクの話ではないから。

もう既にかわいい人だけど
もっと
もっと可愛くなるはず。


次、会えても、会えなくても
応援してます。



ありがとうね。



そして
最後まで読んでくださったみなさまにも

ありがとうございます😊


b0345376_22060886.jpg

彼女との時間がうれしすぎて
ひとりカラオケで
ひとり打ち上げをしました☺️🎶








[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-13 21:31 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

わたしがお客様の立場だったら
会ったこともない人へのカウンセリングの申し込みって出来るだろうか?と
メールを読みながら
メールの向こうの女性に
ありがとうをいっぱい届けたい気持ちになったhaco+ののりです。





1日の終わりに…
blogを拝見することで、
あ~~(´ー`).。*・゚゚知っていたようで全然知らなかったせかいと言いますか
すごいな…こうありたいな…
と、拝見し終わると、気持ちが、ふっと落ち着くことができています。 
本当に、有り難うございます。

カウンセリングを申し出ることはすごく緊張して迷っておりましたが、
宜しくお願いいたします🍀






このお申し込みメールを読んでたら
涙が出そうになりました。

一日の終わりって…

なんて言ったらいいんだろう。

一日を振り返りながら
ホッとしたり
うれしなったり
時には悲しくなったり
疲れ果てて言葉もでなかったり

いろんな一日の終わりがあって

ひとり心静かになる時間に

会ったこともないわたしのblogを読んで
ふっと落ちついていただけてるなんて。



本当にありがたくて
まぁ、よく泣ける自分にも呆れますが…
心が動くんだから仕方がない。


お気持ち届けてくださり
本当にありがとうございます😌



そして

文章の中だけのわたし

実際には会ったこともない
どんな声やしゃべり方なのか?もわからないわたしに会いに来ることは

そりゃあ
緊張しますよね。


お片づけグループレッスンとは違って

一対一で
心緩ませ
心開いていくカウンセリングを申し込むことは

この会ったこともないわたしに
心開けるのだろうか?
っていう不安も浮かんできたはずです。


どうする?

どうしようか?

申し込もう!

いや、やっぱり辞めとこ!


そんな自分との相談会が
何度もあったのではないか?と思います。


わたしだったら
友だちからの口コミであるか

映像で見たことがある人じゃないと
文章だけでは
勇気が出ない気がします。



文章だけのわたしを選んでくださり
本当にありがとうございます。





お申込みの優しい文章の中に
静かな決意を感じています。



春が来ていますね。



わたしは
いつものわたしのままで
お迎えしますから😌



その勇気に応えられるよう
自分を整えて
お待ちしてますね。



今日という一日の終わりに
このblogが
彼女へ届きますように。




b0345376_17173996.jpg

今朝は桜の下で朝ごはんしました。






日々
お申込み
お問い合わせ
幸せ報告
ありがとうございます。



3月のご予約可能日が
残りわずかとなりました。
いつもありがとうございます。



haco+のメニュー




[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-21 16:32 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

ありがとうございます

神さまに感謝したくなりました。


大切な人のお役に立てるかもしれないって
胸がいっぱいなhaco+ののりです。



大切な人って
自分に距離が近い場合が多いですよね。

そういう場合
お茶するのと違って
カウンセリングって
きっと
申し込む側もいろんな葛藤があるだろうし



わたし自身も
何かに気づいてしまっていても
「 カウンセリング受けてみない?」
とは、なかなか言い出しにくかったりします。
お節介だなって思うし
わたしの言葉だからこそ
なかなか受け入れてもらえなかった経験もあるから。
だけど
お茶の時間では伝えることができないことも知っていて。




相手をよく知るからこその
その人のプライドや
わたしに対する気持ちを
手に取るように感じてしまい

心理カウンセラーでもないのにって
自分に言い聞かせて諦めることが
これまでに何度もありました。




でも、今日は
迷ったり
諦めたりしてる場合ではなかったんです。


いいの!
断られても。


だけど
カウンセリングから
その人のこれからが
ガラッと変わる気がしたんだから
いろいろ頭で自分の気持ちをねじ伏せずに
伝えてみようって勇気が出ました。


いいの!
断られたって。



だけど
断られなかった。



月一カウンセリングっていう提案を

そうだね
ありがとうって

受け入れてくれました。



お金がかかるからと
相手の立場に立つと
言えなかった提案が

その人のお金がなくなることより
その先のその人が持つ光が
本来の光に戻ることの方にワクワクしたから

決して無駄なお金にはならないって
すごく感じてしまったから

素直に行動してよかった。



わたしのある言葉に

なぜか涙が出るって言ったから

自分では気づかない無意識な部分に
わたしの言葉が届いた証。



その無意識な部分。

感じないようにしてきた部分。

自分の気持ちに鈍感にならずには生きられなかった自分。


少しずつ
少しずつ
ゆっくり
ゆっくり
向き合うことで

肩の荷を降ろし
楽になってもらえたらなって思います。



表面では幸せそうだし

幸せだと言ってるし。




だけどサインが来てるし

心に曇りがあることに

わたしは気づいてしまったから。



幸せなふりなんてしなくていいし

もう溢れてくるの!っていう幸せを感じてほしい。


溢れるの。

本来の幸せは。

言葉にしなくても
その人から溢れる。




近しい人ほど届かなかったことが
最近
届きはじめたことに

うれしいという言葉より
感動という言葉の方がぴったりな気がしています。





神さま

ありがとうございます。



そして


これまでに
カウンセリングを受けてくださり
わたしにいろいろな学びを下さった皆さんにも

本当にありがとうございます。



わたし
がんばりたいです。



カウンセリングの時間が
愛おしいです。








[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-19 12:56 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

勇気や覚悟に

大きい
小さいなんてあるのかな?って思ったhaco+ののりです。



お客様からの幸せ報告、変化の報告のメールに

胸が詰まるというか
何か感情が言葉になって頭に浮かぶ前に
涙が出てることがあります。


そんな時
なかなか綴れないのだけれど
やっと
今日は言葉になりそうです。

よかったら
おつきあいくださいね。



「 ピンク色のワンピースを予約しました!」

そんな報告をくれたのは
月1、カウンセリングに来てくれるMちゃん。


彼女にとってのピンク色は
本当は好きな色。

とってもオシャレで
黒がすごく似合うんだけど
わたしには引っかかることがありました。

服に自分を合わせてるというか

こうありたい!より

こうあった方がいいんじゃないか?という
少し誰かに自分の軸を渡しているような。


ある日のカウンセリングで
本当は着たいなって
ピンク色という言葉が出た時に
それ❗️
待ってたよって思いました。


いつも
どこか表情がかたくて
笑っていても
ほっぺが動かないというか…全てに遠慮がちで。


それが
ピンク色って言った時に
女の子の顔になったんです。


いつも黒を着ている人が
ピンクを着たら

もしかしたら
周りはびっくりするかもしれない。


いいね!って言ってくれる人もいれば
違和感!って言う人もいるかもしれない。



だけどね
とっても大切なことは
周りに認められる事ではなくて

黒を身に纏う時の気持ちと
ピンクを身に纏う時の気持ちの違いを知ることなんだよ。


あなたが着たい服を着てる時
いつもの色やデザインや流行ではないとしても
最初はドキドキしながらも
うれしくて
ふんわりした気持ちになって
優しい表情が生まれて

あなたから生まれた幸せな空気感が
誰かを幸せな気持ちにすることに繋がっていたりするの。

そしてね
びっくりされるかもって思ってたのに

あまりにもうれしそうに身に纏う姿と表情に

いいね!

って言われたりするの。


特に近しい人たちは
服だけでなく
身に纏ったあなた自身を見ているから。



Mちゃんは
ピンク色が着たいって言ってから
何ヶ月か経って

Mちゃんのタイミングで
今、ピンク色のワンピースを着る!
って決めたんだと思います。



よく自分を待てたね。

自分が自分に心から許可を出せる日まで
一つ
一つ
覚悟や勇気を重ねながら
やっと手にするピンク色のワンピース。


ワンピースの勇気が出たMちゃんは
次に
人前で感情のままに涙を流すことにも挑戦しました。


その涙は感動の涙なんだけど
人目を気にしていた自分とお別れして
お化粧が崩れようが
みんなが笑おうが関係ない!って
泣けたそうです。




ピンク色のワンピースを着る事も

人前で感動して泣くことも

Mちゃんにとっては
人生の記念日になるほどの大切な日。



こうやって
少しずつ
自分をあきらめないで
泣いたり
泣いたり
笑ったりしながら歩んできた
Mちゃんのここまでの歩みに

わたしは
いっぱい
いっぱい
祝福を贈りたいと思います。


春が近づいて来てますね。



ピンク色のワンピース
着てる姿
いつか見せてくださいね。




わたしったら
どうしてこんなにうれしいんだろうね☺️

うれしいと
涙が出るよね!Mちゃん。






b0345376_14570441.jpg






今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-18 14:19 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

シュッとしたり
スーッとしたり…

何があっても
動じない人。


そんな風に自分をつくりあげ
そんな風に人から見られ

いつの間にか
自分の心の動きがわからなくなってしまっていましたね。



哀しい時は
哀しいのだから

嫌なものは
嫌なのだから

うれしい時は
うれしいのだから

美味しい時は
美味しいのだから


その気持ちを
自分だけは
しっかり受け止めてほしいのです。




自分を守る手段が
自分の感情に気づかないふりをすることであったり

人より自分に価値を見出したくて
感情に振り回されないオトナを演じては
誰かの上に立てた気持ちになってみたりする事だったんだよね。


だけど
守っていたはずの自分が
すごく苦しんでいることに
少しずつ
気づきはじめましたね。



もっと泣いたり笑ったりしませんか?



誰かに気持ちをぶつけなさいってことではなくて

その時
その時の自分の気持ちを
自分自身が受け入れていくことを
やっていきませんか?



わたしたちは
心があるから
心が動くし
どよめくし
弾むんだと思います。



だから

うれしいときは
心の中で飛び跳ねよう。
誰にも遠慮することなく。


哀しくてたまらない時は
泣いてる心を抱きしめよう。
恥ずかしくなるほどの愛を自分へ。





誰かより冷静だとかで
自分を評価するよりも

もっと
人間らしく
感情を大切にしているかどうか?に敏感でいてほしいなって思います。



大人の賢い女性風に笑う顔より

子どもっぽく
顔ぐちゃぐちゃにして笑うあなたが大好きです。



まっすぐな
細くて
歪みのない線のような心の動きより


くねくねまがったり
時には円を描いたり
太くなったり
また細くなったりする心の動きに

いったいどんなわたしなの?って
自分が可笑しくなることがあってもいいんだと
わたしは思います。




少しずつ
少しずつでいいから

かわいい笑顔をみせてください。



わたしも
あなたが心から笑えるように
おもしろいネタ
とんでもないネタ
用意しておきますね。



酔ってない時も
思いっきり笑えるようになるまで

思いっきりあなたらしく笑えるようになるまで
わたしなりに伴走しますから。



ピンク色のティーカップを用意したのは
そんな可愛らしさが好きだったあなたを思い出してほしかったから。


黒も似合うけど
ピンクも似合うよ😌きっと。




大切なあなたへ


                              haco+    のり






[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-03 14:33 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)