暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■わたしの暮らし( 34 )


父の紫陽花。


朝からうれしいことばかりだったhaco+ののりです。




母が持って来てくれた紫陽花。

b0345376_08391519.jpg

花屋になれそうなくらい沢山。

もう幸せ過ぎる朝の贈り物。


いろんな紫陽花がある中で
白い縁取りがあるピンクの紫陽花について
母から

「 覚えてる?」

って尋ねられました。


いつかプレゼントしたような…それくらいしか思い出せないわたしに

「 私の退職祝いに、お母さんにプレゼントするよ!ってお父さんを花屋に連れて行って買って来た紫陽花よ〜 」って。


蘇る。
父が亡くなって13年だから
この花を買いに行ったのは15年くらい前。


そうでした。
そうでした。



母に甘えっぱなしの父は
母にプレゼントなども思いつかないタイプで

母の大事な節目だからこそ
花屋に行くよ!って連れて行き
季節先取りの紫陽花を選びました。


その紫陽花を
母はずっと育ててきたんだなって
思わず胸がいっぱいになってしまいました。


この花のこと
母がこんな風に話してくれたのは初めてでした。



うれしいなぁ。

父の紫陽花がある暮らしが。

母の庭の紫陽花がある暮らしが。



わたしは紫陽花が大好きだったけど

益々、大好きで大切な花になった気がします。




この紫陽花が咲く頃

父と行った花屋のことを思い出すって

なんだか

とっても幸せだなぁって思いました。



b0345376_21381854.jpg

b0345376_21382090.jpg

猫たちも花が大好き。


そしてわたしは花屋さんになった気分を味わっています。


b0345376_21391134.jpg



たくさんの紫陽花が我が家に来て

なんだかわたしも家も元気が出た気がします。










[PR]
by coharubiyori529 | 2018-06-18 21:00 | ■わたしの暮らし | Comments(2)

今日は花の日でした。


思わず
花を飾りたくなる気持ちをプラスしていくお手伝い…haco+が生まれた日から変わらないコンセプトです。


今朝、とってもうれしい写真とメッセージが届きました。

b0345376_20500514.jpg

洗面所に飾られた紫陽花。

花を生けるのがうれしくてたまらない!っていう気持ちが添えられていました。

こんな気持ちをありがとうって言われると
少しくすぐったいものですね。


花が生けられたこの場所は
一緒にお片づけした洗面脱衣室。
もうすぐ1年経つお客様です。


花を生けたくなる自分の気持ちがうれしいって
いいですよね。

こんな気持ちになれたことがうれしいって
いいですよね。

花の愛らしさもうれしかったと思うのですが
ご自身の変化が1番うれしかったのではないかなって思いました。


花の写真だけど
なんだかこの空間がスッキリ片づいている空気感まで伝わってきます。


洗面脱衣室の花は
お客様のための花ではありません。
彼女自身や
彼女のご家族のための花です。

わたしは
そんなところも
すごく感動しました。

あなたが
あなたのために
あなたの家族のために生けた紫陽花に
おめでとう💕



今日は花の日だったのか☺️
友だちも花を抱えて来てくれました。

b0345376_21031070.jpg

咲き乱れるヤマボウシ。
友だちからの優しさ感じるヤマボウシが
うれしくて
うれしくて。

ヤマボウシが1番可愛くなる花器を用意しようと
家の中をウロウロしてみて
決めたのが竹かご。

かごに生けたら
1番似合う場所を探しました。




母からも花が届きました。




そして
ずっと作ってみたかった花かんむりも作ってみたりしました。

b0345376_21062609.jpg

これは贈りたい人がいるから
もう少し練習が必要だけど
無我夢中で作る過程は
なんだか楽しくてたまりませんでした。




わたしにとって今日は

花の日。


うれしい
うれしい

花の日でした。





7月のご予約も承っています。
今月のレッスンについては
6月21日  片づけのコツ
6月29日  わたしに還る、お片づけ
に空きがございます。

7月からカウンセリングの価格改定をさせていただきます。

haco+のメニュー、詳しい内容
お申し込み・お問い合わせは

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-06-12 20:48 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

手のぬくもり。


今日は朝から防災訓練に参加していたhaco+ののりです。


わたしは避難支援サポーター。


お隣の一人暮らしのおばあちゃんを
災害時に避難場所へお連れする…という役割をいただいてます。


去年、大きな災害が出たこの地域で
今年の訓練は
実際の流れでやる!ということで
おばあちゃんにも参加していただき
実際の場所までお連れしました。


わたしがこの地に引っ越してきた時は
おばあちゃんが一人暮らしになることも
なんだか守ってあげなきゃ!って思うほどにか弱く見えるようになることなんて
全く想像していませんでした。


いつもわたしのお母さんのように
いつもわたしの娘たちのおばあちゃんのように
声をかけてくださり
励ましてくださっていた人なんです。


その時のおばあちゃんは
わたしには
しっかりとした
凛とした女性というイメージでした。



今日
訓練での移動中に
おばあちゃんの方から手を握ってきてくれて
ずっと手を離さないでいてくれて
なんとも言えない気持ちになりました。


ごめんなさいね
手を握ってしまって…

って、おばあちゃんは言いながら笑ってて

わたしは
優しくてあったかいその手を
離したくなかったな。


ある人が
わたしたちの後ろ姿を見て


本当の親子みたいだねって
声かけてくれました。



転ばないように
しっかり歩けるように

手を繋いだ理由は
そういうことかもしれないけれど

わたしには

よろしくね
とか
頼りにしてますよ
とか
ありがとう
に感じました。


とっても
とってもお世話になっていても

こんなに近くに感じれることってないから

わたし

うれしかったな。


玄関まで送り届けるまで
手は繋がれていて

わたし

うれしかったな。



神さま

おばあちゃんと手を繋いで歩ける機会を
ありがとうございました。



なんだか
今日も
ステキな日。


b0345376_11535808.jpg


[PR]
by coharubiyori529 | 2018-06-03 11:37 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

お日さま座布団。


今日も朝から
家の中に射し込む陽を
座布団に当ててみたhaco+ののりです。



b0345376_13203272.jpg


お片づけレッスンを何回も主催してくださった方に

お日さまを浴びた座布団

というおもてなしを受けたことがあります。


レッスンに伺ったら
窓辺に並んだ座布団を
わたしの席まで持って来てくれた時

あっ!って感動してしまいました。


座布団を移動させたのではなく

わたしが座るまで
お日さまに当てて
気持ちよく座れる準備をして
待っていてくれたことに
気づいたからです。



さりげない心遣い…

もしかしたら
誰にも気づかれないかもしれない心遣いに

わたし自身気づかされることが
いっぱいありました。



心遣いって
さりげなくて
気づかれなくてもよくて

誰かを想って
やりたいなって想ったことを
ただ
やるだけ…。


わたしに褒められたくてやったんじゃない
彼女の心遣いは
今でも
わたしのお手本です。




おもてなしって

素敵なお菓子が並ぶことではなく

来てくれてうれしいのよって

誰かを想って
したくなったことを
ただやってみる。



そんなことなのかもって思えるようになったキッカケでもあります。




お日さま座布団の彼女は
今では
わたしの大切な友だちです。

尊敬する女性のひとりですし

どんなわたしも
抱きしめてくれるような

大きな優しさで見守ってくれている人です。




今日もお日さま座布団しながら

あの日にいただいたおもてなしを思い出していました。




さりげない…

そっと…


そんな気持ちの届け方ができならなぁって

思います。



そんなオトナの女性でありたいなって思っています。





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-04-02 13:18 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

シアワセな春の1日。


姉のお腹の中にいる時から見てきた甥っ子が

この春、大学を卒業して
就職することになり
お祝いをしました。



生きててよかった〜〜って
甥っ子と乾杯をしたhaco+ののりです。



大学生になってから
全く会えてなかった彼との就職祝い。


大好きなお店は
目の前に桜が広がる最高の席でした。

b0345376_23203232.jpg

初めて一緒に呑んだビールの美味しいこと。


そして何より
母と姉がうれしそうで…。

b0345376_23214920.jpg

なにより
なによりでした。


わたしはこんな集まりでは
亡くなった父の役割をするのがお決まりで

楽しく
ご機嫌さんに呑んで
食べて
しゃべる。


そんな姿に
みんなが笑ってくれて

それが一番うれしい。



だから
帰りの花見散歩では

b0345376_23242512.jpg

このご機嫌さ。


酔ってるのと
うれしいのが溢れてるポーズ。


これを撮ってくれた姉が
この写真がかわいい、かわいいって
すごく喜んでくれていて

きっと
父似のわたしらしいんだなって
思いました。


b0345376_23262577.jpg

道端で
お腹がよじれるほど笑ってるわたし。


b0345376_23271681.jpg

仲良く歩く母と甥っ子。


b0345376_23280121.jpg

向き合って!って言ったら
照れる親子。



とっても
とっても

しあわせな春の日でした。




生きててよかった〜〜🌸🌸🌸

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-30 23:17 | ■わたしの暮らし | Comments(2)

花に触れるワケ。


あっという間に1日が終わる…。

あのことも知りたい。
あのことも記したい。
本物を見て感じたい。


まるで好奇心旺盛な子どものような時間の流れと気持ちの中にいるhaco+ののりです。



そんな気持ちの中で
心静かになる時は
花に触れたり
眺めている時。


今朝は
布団の中で思いついた花のイメージをカタチにしたくて
飛び起きて
珈琲より
ごはんより先に
花をいけはじめました。


b0345376_18021753.jpg

母の畑の水仙は
母が畑で摘んで持ち帰るイメージで
台所の窓辺の籠の中にいけました。


これが最後だよって
たくさん届いたクリスマスローズは

b0345376_18040357.jpg

家中のいろいろな瓶や花器にいけました。

一本
一本いけることで

束ねていたら
見過ごしていただろう愛らしさに
気づくことができました。



花をいけたら
家族やともだち
お客様も喜んでくれるけれど

いける時にはすでに
わたし自身が幸せです。


褒めてもらいたいなんて気持ちが
どこを探しても見つからず
いけた後の花を見てみると
なんとも
わたしらしくて
わたしが満足する瞬間が好きです。





以前のわたしは
花の色や種類にこだわっていたこともあったけど

今のわたしは
自然の中で育った花に触れられることが
1番贅沢に思えるし
どの花も色も
愛おしく感じるようになりました。


こだわりがなくなった
というより
花のある暮らしの本来の姿に気づいたというか
今の花との向き合い方がしっくりくる気がします。

花に対して
柔軟になったように思います。




今日のお客様のおやつに添える椿の葉を取りに庭に出たら

小手毬に蕾がいっぱい付いていて

もう咲いた時のいけるイメージがわいてます。





生きている花に触れられることは

今しかない美しさを感じられること。



生きてるってすごいなって
生きてるものからの力みたいなものを
感じられること。




わたしには
欠かせない時間と感覚。




花のある暮らしはオシャレ…

わたしにとっての
花のある暮らしとは
そんなことではないのですよ。





今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊




[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-28 14:16 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

あなたは花に囲まれるといいよ

あなたは花が好きだからね

いつか花の妖精に出会えるよ



大好きな整体の先生は
会うたびに
わたしに花の話をしてくれます。



花があると
暮らしの中に幸せが増えるhaco+ののりです。




先日行ったスーパーで
3本入りの白いチューリップに出会いました。
その可憐な佇まいに
迷わずカゴに入れました。


食材も選び
レジに並んだ時

白いチューリップを見ながら
買うことを迷い始めたわたしがいました。



このチューリップがあると
とっても幸せなのかな?って。


もう十分なんじゃないのかな?ってね。





今、家には白いチューリップはないけれど
母が摘んできてくれたクリスマスローズとか、もうすぐ咲くかもしれない木苺の枝とか
マーガレットやムスカリもあります。



ハッとして
白いチューリップを
元の場所に戻しました。



新しくチューリップを迎えても
それはそれで幸せだけど


今、いてくれる花を
もっと大切に愛でることができたら
もっと幸せかもって。



十分、今幸せであることを
レジに並ぶ時間に
確認できました。




白いチューリップはないけれど
日々の暮らしが楽しくなるくらい
かわいい花たちに囲まれていて
もう
十分だということを思い出すことができました。





花も
モノも
知識も

欲張るより
ひとつ
ひとつを大事に愛でたり
使ったり
腑に落としていったり…


そんな持ち方
受け入れ方
暮らし方が
わたしには心地よいことを思い出しました。



b0345376_14403270.jpg

母のクリスマスローズは
咲ききった花だけ摘み取り
水に浮かべました。

最後まで楽しむ工夫です。




咲ききった花を摘み取ったあとのクリスマスローズは

b0345376_14415192.jpg

ひとまわり小さな花器に生け替えて
たくさんの小さな蕾たちが開くのを待とうと思います。


b0345376_14432206.jpg
母にもらったばかりの
この状態が最高なのではなく
どの姿も美しい…そう思えました。




大切にできる花の数

丁寧に扱えるモノの量

暮らしや仕事に役立てられる知識


どれも

わたしなりの適量があるように思います。




モノも
知識も
詰め込み過ぎないように。




チューリップのおかげで
大切なことを考えるキッカケになりました。






[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-21 14:26 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

愛おしい贈り物。


愛おしいパン

愛おしいチョコレート

愛おしいお手紙



心がふっくらする贈り物をいただいたhaco+ののりです。





パンの映画を観た帰り道

おいしい食パン食べたいなって思っていたら…

お世話になってる人からの

「 老舗のパン屋さんから買って来た食パン、取りにこれますか?」

っていうメッセージが来ました。



神戸出張の帰りに
大きな荷物を抱えた自分が買って帰れるのは2斤だったのって。

パンを買う時
わたしが網で焼く姿が浮かんだからって
そのうちの1斤を分けてくれたのでした。


神戸出張
大きな荷物
新幹線移動
バス移動…

わたしだったら
人のことまで考えて
パンを買う余裕はなかっただろうなって思う状況で。


受け取る時に

どんな言葉を並べても足りないくらいの
感謝が溢れました。



いただいた次の日の朝

b0345376_21474902.jpg

パンを静かに焼き始めたら

朝陽が射してきて

とっても綺麗な光景が…。

いつもなら
パンの横でミルクティーとかお湯を沸かすところを
パンだけの舞台にして
敬意を払う気持ちをあらわしてみました。


シンプルにバターだけで…
うれしくて美味しかったな。




それから今日は

ポストにチョコレートが届いていました。


届けてくれたのは
郵便屋さんではなくて

初めてお会いした日に
思わずわたしの手を握ってしまったことを
後から謝られた事がある
優しい女性でした。


いろんなことを教えていただきましたから、今の自分の気持ちを素直に出せてますって。



袋の中には
少しくすぐったいような
リボンがかかった優しいピンク色の箱が入っていて
食べるのがもったいないような
美しいチョコが並んでいました。





何にも教えてないんだよなって
ちょっと申し訳ない気持ちもありながらも

何にも教えてないんだけど

真っ直ぐに生きていらっしゃる
この優しい人は
わたしの言葉から
自分に必要なことを読みとってくださったんだなって思いました。


あら💦

お礼を届けるのは
わたしの方じゃない?💦

立ち話みたいな短い時間に
沢山、感じてくださりありがとうって
わたしがお伝えしなきゃでした。


早速、お便りしようと思います。





優しさについて考えさせられた贈り物でした。


お二人ともに
人生の先輩です。



お二人の優しい表現に

淡いピンク色の桜の花びらを思いました。



わたしの肩にそっと舞い降りるような
そんな桜の花びらのような優しさ。



素敵だな。


柔らかくて
優しくて
静かで。



いつかわたしも

お二人のような女性になれますように。




明日の朝

ひとりになったら

ゆっくり珈琲を淹れて

一粒いただこうと思います。



ピンク色の箱を開けるとき
また少し
くすぐったい気持ちになるんだろうな。


ピンク色…憧れの色。

b0345376_22482227.jpg



それから
それから

b0345376_22491980.jpg

かわいい女の子からのお手紙。


b0345376_22494275.jpg

のりちゃんも
大すきだよ。


その素直さと可愛らしさ
のりちゃん見習うからね。




たくさん
たくさん

ありがとう😊

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-02-12 21:36 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

カプちゃん記念日。


先日すっかり忘れていた娘へのモーニングコールを、今朝は忘れずにできたhaco+ののりです。


今朝はいい目覚めでした。


わたしの隣に
カプちゃんがいてくれたから。


b0345376_09070058.jpg

カプちゃんは
お外育ちで
少し大きくなってから迎えた三毛猫ちゃん。


抱っこも諦めてたくらい
なかなか人になれない子でした。

今では抱っこもできるようになったけど
寝る時はなぜかひとり。

真っ暗なリビングや押入れの中。


去年の夏に
わたしのお布団に来てくれた時は
本当にうれしくて。
でも
いつの間にか
いなくなっちゃうんだよね。

そんなカプちゃんとの暮らしも4年が経ちました。




昨夜、わたしのお布団にきてくれて
ぎゅーってくっついたまま
朝が来ました。

わたしは何度も何度も
カプちゃんがいてくれるのを確認してたら
朝が来ました。


カプちゃんが
初めて
わたしが目覚めるまで
一緒に寝ててくれました。


ぷくぷくさんのカプちゃんと
わたしはあったかくて幸せな夜を過ごせました。



いてくれるだけでいいんだけど…

夢みたいなご褒美がきました。



赤ちゃんの添い寝をするように
カプちゃんが寒くないように布団をかける幸せ

カプちゃんがぐっすり眠れているか
確認する幸せ

時々、撫で撫でしちゃう幸せ



きっと寝不足なんだけど
目覚めた時の幸せは
言葉にならないほど。



カプちゃんは
いつも

ゆっくり
ゆっくりだよ

って教えてくれる。



しんじて
ゆっくり
だいじょうぶ

って教えてくれる。





お母さんは
こんなにあったかくて幸せな夜を忘れないよ。

また
気が向いたら
一緒に寝ようね。

また
気が向いたらでいいからね。


b0345376_09202735.jpg




[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-19 09:03 | ■わたしの暮らし | Comments(0)

薄暗い1日のこと。


お知らせ。
haco+1月のご予約可能枠はいっぱいになりました。
ありがとうございます。
もし、ご検討してくださる方がいらっしゃいましたら…2月以降でお願いいたします😌





部屋が暗かったから
居ないのかと思ったよって
母に言われたhaco+ののりです。


今朝起きたら
屋根が真っ白でした。

早めに起きてた娘に

「 カフェオレ飲む?」

って聴くのが最近のわたしのお気に入りです。
娘用の甘いカフェオレを手渡す時も
なんだか
こんな感じの朝をいっぱい重ねたいなって思ったりして。

カフェオレごときで
相変わらず大袈裟なわたしだけど

もしわたしが娘で
朝、母さんが甘くてあったかいカフェオレつくってくれたら
1日あったかい気持ちで過ごせる気がしてしまうから…

やりたがりな母親やってるわたしです💧


久しぶりの1人の時間が手に入り
みんなが出かけたら
蛍光灯を消して
白熱灯の灯りで過ごしました。


b0345376_22105270.jpg

掃除も洗濯もお便り書きも
1人の時間にやりたいことは山ほどあるけれど

その前に1番やりたかったことは

時間に追われず
ゆっくり過ごすということ。


薄暗くして
スローテンポの音楽を流すと

あれもやらなきゃ
これもやらなきゃ

っていう心のざわめきがおさまって

何をするにも
静かに
ゆっくり
丁寧に動けます。



ちょっとお茶に寄ってみてくれた母にも
そんなことを説明したりして

薄暗がりの中で
珈琲とお菓子を楽しんでもらいました。



わたしがゆっくりペースだからか?

テキパキさんの母も
いつもよりゆったりして
ゆっくり話している気がして

あまりお天気が良くない日の薄暗さも

わたしにとっては
わくわくしてしまうのです。


洗濯物が乾かない
とか
窓が開けられない
とか

こんな時雨れる日を
大事に思えなかったことがあるわたしだけど


今は

ぼ〜〜っとしたり
寝転んだり
いつもよりゆっくり洗濯物を干したり
洗い物をしたりすることは


何一つ生み出せなかったわたしの1日ではなく

ちゃんと
明日から生み出していけるわたしのための充電だということを知れたことは

わたしの心地よい暮らしへ向かう中での
大きな発見でした。



スケジュール帳が
ご予約で埋まることがすごい事に感じていた時は
こんな時雨れる1人時間は
焦りを助長するだけだった気がするけれど


きっと今日綴った20人の方へのお便りは

こんな時雨れるゆったりした日だったからこそ
素直に気持ちが綴れたんだと思います。


郵便局で
切手を買うのにも時間をかけるから
窓口の人が笑っていたけど

どうでもいいことではないからこそ
時間があって
ゆっくり切手を選べたことも
すごくうれしかったです。



b0345376_22292378.jpg

毎年この時期に買いに行く水仙を

リビングのあっちに置いてみたり
こっちに置いてみたりして
暮らしの中で遊ぶ時間も

わたしから溢れる何かに繋がっているのかもしれないけれど

黄色い水仙が
今年も
そこに居てくれることが
ただ
うれしいのです。



夕方も
白熱灯の灯りで過ごしてたら
呑みたくなりまして☺️
早めにひとりでワインをあけましたよ。

不良母ちゃんです笑笑




ゆっくり洗濯物を干せることの気持ちよさ

ゆっくり静かに歩く心地よさ

丁寧に洗い物を終えた余韻


どれも
特別なことはないけれど

バタバタしたり
大急ぎだったり
ガチャガチャやることもあるからこそ

わたしには
ご褒美のような1日に思えてなりませんでした。



そして

今日もまた
「 のりさんに会いたいです 」
っていうお申し込みをいただきました。

会いたいですっていう言葉が
大好きです。

ありがとうございました😌





haco+のメニュー
お問い合わせ・お申し込みはHPからどうぞ→→→🏠















[PR]
by coharubiyori529 | 2018-01-10 22:01 | ■わたしの暮らし | Comments(0)