暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:haco+の想い( 2 )



最近

とっても自然に

「 カウンセリングにおいで 」

とか

「 お片づけレッスンをプライベートレッスンで受けられませんか?」

と提案できるようになったhaco+ののりです。



いつも言った後に

「 わぁ、大胆な行動💦」

って思うんだけど
後悔が全くない。


その提案をしてる時のわたしは
受けた後のその人の幸せしか見つめていないから。



お片づけレッスンは
グループレッスン受講料4000円。
プライベートになると10000円です。

わたしと暮らしのカウンセリングは
初めて受けていただく時は120分コースだから
9000円です。



申し込むのって
ドキドキしますよね😌
わかります。


それでもあえて提案する時
わたしは本気です。


だって
時間はお金では買えないからです。


肩に重たい荷物があるのが辛いのなら
肩が軽くなる日々を味わってほしい。

大切な人に優しくできなくて苦しいのなら
大切な人に優しい眼差しを向けられることを知ってほしい。

自分なんて…って下を向いてしまう日々を
自分に生まれてよかったって日々になるお手伝いがしたい。


1日でも早く感じてほしい
その人が求めていた暮らしが
目の前にあることを。




先日、すごくうれしいメールのやりとりがありました。

カウンセリングからの
お片づけへの移行。

さらに幸せ味わいたくて
暮らしの変化への準備をしたくて…
そんなうれしいご依頼でした。


お片づけアドバイスをご希望でしたが
お片づけレッスンからを提案しました。
そして
プライベートレッスンが最善であることから
受講料もお知らせしました。


とっても素直なお返事が来て…


私には少しゼイタクかな⁈と思いますが
10000円で幸せな暮らしが待っているのなら捻出しますって。



10000円を支払うことに気持ちを持っていくのではなく

10000円を支払ったその先を見通してくださいました。


カウンセリングもさせていただいてるので
信頼してくださっていることもあるとは思うのですが…

洋服でも
施術でもないお片づけレッスンへの価値を見出してくださったんだと思います。


今を大切に生きたい

という自分の気持ちを大切にしてくださったんだと思います。



すごく
うれしかったです。



もちろん
経済的なこともありますから
いい
とか
悪いの話ではないのですよ。




受け入れられても

受け入れられなくても

目の前の方の光が増す方向への提案は

これからも

おどおどせずにやっていきたいなって思ったことを綴りたくて。




自分にお金をかけることに抵抗がある方にも出会います。


世界でたった一つの
代わりがいない大切なあなたの命の価値に
気づいてくださいね。


お金をかけてほしいのではなく

あなたが求めていることを
叶えてあげてほしいなって
わたしは思います。



気持ちよく暮らしたいって願ってはダメですか?


助けてほしい!って言ってはダメですか?




わたしは
以前のわたしにも届けたくなる

以前のわたしが欲しかっただろうことを
本気でお届けしています。




なんだか熱い言葉が並びましたね💦



この仕事が好きでたまらないみたいです☺️


b0345376_15260714.jpg

この子の命にも
代わりはいない。




最後まで読んでくださり
ありがとうございました😊

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-03 14:52 | haco+の想い | Comments(0)

ここ2日ほど
七分袖の麻のワンピースを着れたことがうれしかったhaco+ののりです。




3月になりましたね。

haco+、ご予約がいっぱい。

びっくりしています。

ありがとうございます。





3月の始まりの日は
お片づけレッスンからのスタートでした。


お片づけレッスンしていても
カウンセリングしていても思うことがあって

今日はそれを
なんだかわかりやすく綴れそうな気がしています。



お片づけも
心と向き合っていくことも

なんだかね

誰にも気づかれないんだけど
自分のために塗る
冬の足の爪の赤いマニキュアに似てる…

そう思いました。



以前のわたしも
haco+に会いに来てくださる方たちも

いつも見える手の爪に
赤いマニキュアを塗ろうとして

塗っても
塗っても
何か違う
何かスッキリしない

その繰り返しを経験してるように思います。



誰かによく見えるために片づけたり
インテリア雑貨の雰囲気を追いかけてみたり
買い集めてみたり
心が整っている人風を装ってみたり、演じてみたり…

何か
どこか
カッコつけようとがんばってるような。


赤い爪の人がカッコつけてるってことではなくて

見えるところ
見えないところ
っていうニュアンスをわかりやすくお伝えしたいだけですからね😌



わたしは
自分のために
タイツや靴下を履く冬の足の爪に
赤いマニキュアを塗ります。

靴下を脱いだ時
わたしは
下手くそながらも赤く塗ってる爪に
にっこりとしてしまいます。

わたしだけがうれしいんだけど
その
わたしだけ…で十分な感覚を味わっています。



お片づけも
心と向き合っていくことも


誰かを喜ばせるためではなく
誰かから見てカッコいい自分になるためではなく
自分以上に見せるためなんかではなく



ふとした時に
なんて心地いいんだろう
とか
なんだか楽になったよね
とか

自分が自分と対話する瞬間に
思わず溢れ出てしまうような

誰にも知られなくてよくて

ただ
ただ
自分がうれしくて…

そんな気持ちが生まれることだと思っています。



誰にも気づかれなくてよくて
心の中でクスッと笑えたりして
心の中で跳ねてみたりしたくなって…

そんな喜びは
その人の表情や言葉
仕草や作り出すものとなって
誰かに伝わってしまうもの。


見せようとしなくても
見えてしまうものだと思うのです。



誰にも気づかれない場所が
自分のために気持ちよく整えられていたら

あなたは
どんな表情をしてると思いますか?



暮らしも
心の中も

誰かではなく

あなたが
クスッと可愛く笑える瞬間が増えるように整えていったらいかがでしょう?



整ったふりは疲れる。


家も心の中も。




少し休ませていた爪に

今夜はマニキュア塗ろうと思います。


だって

わたしがクスッと笑えるから。






昨日、苺のタルトを買いました。


大切な人が生まれた日だったから。


届けられなくても
こっそりお祝いすることは
わたしがクスッと笑えて
うれしくなることだから。



見える
見えない

届く
届かない

ではなく
自分がどんな瞬間に幸せ感じるか?
が大切なんだと
改めて感じた苺のタルトでした。


ひとりで食べたのに
うれしかったな。



b0345376_14100418.jpg

母が持って来てくれた梅も満開です。


春が来てますね。


春がうれしくなるお手伝い
がんばりたいです。




haco+  3月の予約可能日は、22日、23日のみとなりました。

4月のご予約も承っております。

haco+のメニュー


[PR]
by coharubiyori529 | 2018-03-03 13:40 | haco+の想い | Comments(0)