暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■わたしのコト( 71 )



大好きなアーティストのライブに
行ったことない場所だけど
ひとりで行こうって
ネットで予約して
コンビニでお金払って
もらったレシートがこれからどうなるのかは
まだ把握できてないけど

また一つ
わたしにとっては大きな夢が叶うようで
心が喜んでいるhaco+ののりです。



無理よ!
だってね…って
いろんな場面で自分に言って来ました。

その無理な理由を
だれかのせいにしたりしてね。

やりたいのにやれなかった過去を
育ちとか環境のせいにしたりしてね。


でも
誰のせいでもなくて
自分で選択してきたんだって腑に落ちた日から

すごく楽になって
軽やかになった気がします。



だから
ライブにも行ってみるの😊

どうにかなるでしょって。




そして
小さなコンサートを開くことが決まりました。


唄うことが大好きだったのに
いつの頃からか
それが言えなくなっていました。

だけど
やっぱりピアノじゃない
バイオリンじゃない

唄うことが大好きなんだってわかったから
今年に入って
唄のレッスンを受け始めました。

唄のレッスンでは
気づきがいっぱいで

上手になりたいって気持ちはどこかへ行ってしまって

評価を気にせず
気持ちよく唄いたい。

恥ずかしがらず
自分から出る声を楽しみたいって思うようになりました。


そして
より
唄がある暮らしの豊かさに気づいたから

可愛い唄の先生を呼んで
わたしの大切な人たちのためのコンサートを開きたいって思うようになりました。



その夢が叶います。


そして
わたしも唄わせてもらえる事になりました。


大切な唄
大好きな唄
まさかわたしが唄うなんて…って思う唄。



先生がこんなメッセージをくれました。


のりこさん

一緒に夢を今に連れていきましょう。

のりこさんとなら

わたしの夢も一緒に叶ってしまいそうです。

心を込めて

一つ  一つ  準備をしていきたいと思います。



わたしの夢が叶うだけではなく
大好きな先生の夢も叶うんだって思ったら

自分の気持ちに素直になって
本当によかったって思いました。



先生と
わたしが
コンサートを楽しみにしていたら

きっと
その雰囲気がコンサートにあらわれるんだと思います。



わたしは
上手く歌おうとしたり
褒められようとしたりせず

歌える幸せを噛みしめる日にしたいと思います。



ひとりでは叶えられなかった夢を
一緒に叶えましょう!って言ってくださる人がいる心強さ。



ずっと欲しかった看板が
コンサートの日にはあるといいなぁ。



ハコノナカの小さなコンサート


母も招待するつもりです。



美味しいお菓子もmuto 姉妹にお願いしました。


b0345376_13111336.jpg

ドライフラワーぶら下げたり

コンサートの日までに

季節を感じるしつらえで整えたいなぁって

思っています。







いつか
ピアノかギターが弾ける方と
デュオを組んで唄うことを叶えたいな。

弾ける方募集中です♩

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-23 11:36 | ■わたしのコト | Comments(0)

わたしの誕生日。



わたしは昨日
夢を見てるような
そんな1日でした。

朝、友だちが迎えに来てくれ
お天気のいい高速ドライブして
気持ちいいテラス席で
お誕生日のお祝いをしてくれました。


b0345376_22102068.jpg

b0345376_22102205.jpg

乾杯もうれしいし
美味しいのも
気持ちいいのもうれしかった!

だけど
もっとうれしかったことは

祝ってもらってるわたしと同じくらい
大好きな友だちが
すごく幸せそうで
ずっと笑っててくれて

幸せ
幸せって
自然と口から出てる姿が綺麗で

あぁ
気持ちを分かち合えてるなぁっていう
なんとも言えない安心と信頼があることと

彼女がわたしの友だちでいてくれることが

うれしくて
うれしくてたまらなかったな。


最後の一切れのお肉をね
どうぞって言ったら

半分こしようって
綺麗に切り分けてくれる姿に

素直に受け取ったり
甘えてみることを体感させてもらったことが
うれしくてたまらなかったな。



それからね

すごくドキドキのチャレンジもしたことは
instagramに綴りました。



今日も母に

「 お母さんにケーキ買ってもらって、うれしかった! すごくうれしかった!ありがとう 」

って伝えたら

「 そんなにうれしかったんならよかった! 」

って言葉の後に

わたしが少し前、母の大事なお姉さんの92歳のお誕生日に、ケーキと蝋燭を買って母と届けたことが、こんな風に自分に返ってきたんじゃない?って母がにっこりして言いました。

母は
わたしへのケーキに
あの日のこと…ありがとうって気持ちを込めてくれてたことを知り

わたしはすっかり忘れていたから
びっくりしました。






おめでとうをいっぱいもらったから幸せな誕生日だった

とは思わなくて



幸せだなぁって感じる視点が
ずいぶん変化したなぁって思うような幸福感に包まれた誕生日でした。



本当に
一緒にいてほしい人たちに
祝ってもらえた
幸せな誕生日でした。



誕生日から1日過ぎた今日も
昨日と同じくらい
幸せ感じています。



たくさん
メッセージ
ありがとうございました😊





[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-19 22:07 | ■わたしのコト | Comments(0)

父と秋刀魚。


今年初の秋刀魚を食べたhaco+ののりです。


秋刀魚を食べながら
七輪で焼いたら美味しいだろうなって思ったら

13年前の夏のことがよみがえりました。



13年前の9月5日に亡くなった父との思い出。

最後になるだろう外泊許可が出て
父は
わたしの家に帰るって言いました。
ご近所さんに
いろんな詮索をされることを嫌がって。

父はいつも
わたしに食べたいものを言うのがお決まりで
少しわがまますぎるくらいな人なのに

もう、わがまま言うほど
食べれなくなっていました。


だけど
病院から帰る車の中の父と
メールのやり取りをして
まずは餃子
それからビザね…
父が好きなわたしのごはんを作るねって。


でも食べれないんですよね。


だから
雰囲気を食べるだけでもいいんじゃないかなって

庭にカンテラ灯して
外でごはんを食べました。

そんな時に思いついたのが
七輪で秋刀魚を焼くこと。

香りとか
煙とか
炎とか

それだけでも食べて欲しかったことを
今夜の秋刀魚のおかげで
思い出しました。



病院に帰る日に
父が子どもみたいな物が大好きなことを思い出して

コンビニに三ツ矢サイダーを買いに行きました。

食べられないけど
サイダーなら飲めるかもって。



そんなわたしの思惑は当たって
父がすごく喜びました。

美味しい
美味しいって。


いつもなら
外泊許可ギリギリまで家にいたがる人なのに
最後の外泊の病院へ帰る約束の日は
なるべく早く帰りたいって言いました。


病院の方が安心になるほど
自分の身体のことを感じていたんだと思います。


病院に持ち帰るために
またサイダーを買いに行きました。


病院に帰ってからも
サイダー
サイダーって
母に飲ませてもらっていました。



生きていたら
9月13日に74歳に。



食いしん坊な父で
わたしには遠慮なくわがまま言うから
腹がたつことも多かったけど

おかげで

父の大好物をつくるたびに
そんなわがまま言えてた頃を思い出すことができています。



今の父は
わたしのことを何でもお見通し
だと感じます。


お父さん

お父さんの誕生日は
母と喫茶店のモーニング食べながらお父さんの話をしたよ。


そして今日は敬老の日だね。
昨日、一足早くお母さんと美味しいものを食べたよ。


それから
明日
わたしは
お父さんとお母さんとお姉ちゃんに

よく生まれてきたね

って喜んでもらった日を迎えます。



お父さん

ありがとうね。



知ってるだろうけど


わたししあわせです。




[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-17 19:09 | ■わたしのコト | Comments(0)

毎日が誕生日…。


毎日が誕生日…

花を買って帰る車の中で
こんな言葉が浮かんだhaco+ののりです。



よく通りかかる場所で
何年か前
サプライズで
お誕生日おめでとうって
器をいただいたことがありました。

最近では忘れていたその日のことを
もうすぐ45歳になるわたしは
突然思い出すことができました。


あの日
びっくりして
うれしくて

いただいて帰る運転中
涙が止まらないから
車を停めて
さらに泣いたことを思い出すことができました。



運転中に思い出した瞬間
また涙が出てきて…

その時に浮かんだ言葉が

毎日が誕生日

でした。



誕生日って
すごく特別な気がして

おめでとうの数
プレゼントの数が自分の価値のように思っていた時が
わたしにはあったように思います。

自分に自信がなかったわたしは
そんな目に見えることで
自分の価値を見いだそうとしていたんだと思います。


そんな時のわたしは

生んでくれてありがとう!
出会ってくれてありがとう!
って
本当の意味で伝えられてたのかな?って思います。



今日、わたしは誕生日ではないし

1か月前も誕生日ではなかったけれど

今日も、昨日も、1か月前も…

何年か前の
大好きな人からのサプライズの時のような気持ちになっています。



サプライズがいつもあるって意味ではなくて

素敵なサプライズも
小さな喜びも

おんなじくらい愛おしく感じる毎日を過ごしいるみたいです。


だから
自然と

生んでくれてありがとうって気持ちになるし

生まれてこれてよかったって気持ちになっています。



誕生日だとか
誕生日じゃないとか関係なく

自分に生まれてこれた幸せを感じているから


毎日が誕生日って
ふと浮かんだんだと思います。



去年、上手く削除出来なかったFacebookの誕生日。

今年は削除出来ました!

なんだかホッとしています。





だって

毎日が誕生日みたいなんだから

おめでとうは
自分で自分に
何回でも
自然に浮かんだ時に言ってあげられるから。





もうすぐやってくる誕生日当日には

誰かに何かを期待せずに…

いやいや

ケーキくらいは期待して

いやいや

あれは欲しいって言ってみようかな?

なんて…

わたしらしく

自分への祝福を贈れる日にしたいと思います。




あの日のサプライズ
思い出せた今日は

わたしにとって
おめでとうの日。


b0345376_19252576.jpg

そして今日は亡き父の誕生日。

お父さんにも

おめでとうありがとうを心から。








blogへの感想
涙なしでは読めないほど…

本当にありがとうございます!







[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-13 18:57 | ■わたしのコト | Comments(0)

毎日
毎日
胸がキュンとしたり
喜びがいっぱいになって

ありがとうって気持ちが湧いてきてしまう。


わたし
こんな毎日があるって
知りたくて
知りたくて歩んできて

そしたら
そんな毎日があって…。


b0345376_10582943.jpg

お昼ごはんを食べる約束が

サプライズのお誕生日お祝いなんて知らなかった。

いつもどおり
心地よい時間を過ごして
美味しいね
美味しいねって食べてた時

なんて素敵な友だちなんだろうって
何度も
何度も感じていたら

ありがとうね!出会ってくれてって伝える前に

お誕生日おめでとう

って言われてびっくりしました。



その後
小さな子どもみたいに
ソフトクリームも買ってもらって
ベンチに座って食べてた時

ありがとうって伝える事が出来ました。


飾らない友だちは
わたしの見えない飾りを取ってくれた人たち。

こんな風になりたいなって
彼女たち
そして他にも大切な飾らない人たちのおかげで
見えない飾りを取っていく事ができたわたしは

すごく軽くなり
よく顔をくしゃくしゃにして笑うようになりました。



わたしに大事なことを教えてくれた彼女たちが

「 ホッとするね 」

って、一緒にいるとホッとするねって呟くから…

そこに自分がいる事が幸せで
ありがとうを伝えました。




素敵なサプライズの後
わたしはある方のお通夜に参列しました。

出逢い
とか
別れ
について考える一日でした。




昨日一日があっという間で
ポストを見るのも忘れていたら

今朝、かわいい文字と絵が描かれた封筒が届いているのに気づきました。


前職の特別支援教育に携わっていた時の生徒くんとお母さんからでした。

校内を移動する時は
いつも手を繋いで歩いてた
絵を描く事が大好きだった小さな男の子は
中学生になっていました。

制服姿の写真が入っていて

のりこ先生って文字が
あの頃にタイムスリップさせてくれました。

こうして
わたしを思い出してもらえて
すごくうれしかったな。


そういえば、初めて関わった男の子は
製材所に就職したと
ご両親から幸せな報告をいただいたばかり。

子どもとは仲良くなれるのに
職員室が苦手だった自分がいたりしたことも
その時は苦しみや悩みだったけど

今では
そこがわたしの居場所じゃなかった事を
素直に受け入れる事ができての
haco+が生まれたんだと知っています。



前職との出会い。
前職からの出会い。
そして
前職での経験も

今のわたしをつくってくれています。

この子たちと出会えたから
わたしは今
その人、その人に合ったお片づけがあるの!って伝える人になれたんだと思います。


みんなと同じ前
まえにならえ!
をさせることが苦しかったから

今、あなたはあなたのままでいいって
伝えているんだと思います。




出会い
別れ

辞めた仕事
続けてる仕事


昨夜はまた新しいチャレンジのお話もいただき


今日までの自分が
何に繋がっているのか?を
身軽になった自分で
楽しんでいきたいなって思いました。




お通夜でお別れをした方とは
もう6年以上お会いしていませんでした。

少し遠い存在な気がして
参列するか?本当は迷ったけど

お顔を見て手を合わせる時

心から
ありがとうございました

と伝える事が出来ました。


いろんな経験
いろんな勇気
いろんな出会いを体験させていただいたなぁって

心から感謝が湧き
懐かしい顔ぶれにも会い
声かけてもらえたのは
この方のおかげだと感じる事が出来ました。




なんだか
こういう気持ちで過ごせてるってことに

馬鹿みたいに感動して
なんでもない時に
泣いてしまう事が増えました。



徒然なるままに…

なんだか
よくわからない文章をお許しくださいね。



このまま
わたしのために
綴り
残しておこうと思います。




あっ、先日
わたしに会いたくて
わたしが居るか?居ないか?もわからない仕事場へ
勇気を出して会いに来てくれた女性がいました。

自分の想いを
会えるか?会えないか?の結果ではなく
行動することで叶えてあげたその人の姿と勇気は

すごく綺麗で
眩しかったな。

言い忘れていたことがあって…

耳元で揺れるイヤリングが
とっても似合ってたよ!


ピュアな彼女に届きますように。









[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-11 10:56 | ■わたしのコト | Comments(0)

今日は不思議な日でした。


blogを読んで…

blogを読んで…

blogを読んで…


と、3人の方からメッセージが届きました。



ある人は

忘れてしまっていた大切なこと
拾い集めてますって

このblogを過去にさかのぼり
読んでくださっているとのこと。



ある人は

ザワザワしていた心がスッキリして
大切に続けてきたことにのぞめるって。


ある人は

これからのはげみになりますって。



blogを綴る時

ふと

こんなこと書いたら嫌われるんじゃないかなってドキドキしたりする事があります。



blogを始めたばかりの頃は
なんだか恥ずかしくなるような
かっこつけた文章だったけど

今は
書きたい時に
溢れてくる想いを
一気に言葉にしていく…という
すごく自然な流れの中で綴っているからか

あとから自分が読んでみても
何ひとつ
恥ずかしいことはありません。



だけど
わたしが綴った文章が
心に刺さる人、刺さる時があるかもしれません。



ここを訪れて

なんだか自分を責めてしまったりする時は
そっとページを閉じてください。



あなたが心地よいと感じる場所、人が
他にあるはずだから。


ここで
わたしが綴る言葉を
無理に理解しようとしなくて大丈夫ですからね。


ご存知のように
わたしはかなりトンチンカンですから。






今日、いただいたメッセージたちは
こんなメッセージがいただきたくて綴ってきたわけではなく

ただ
ただ

どんな自分も
成長も後退も停滞も

喜びも哀しみも

記しておきたくて綴ってきたことに


恐れず
綴り続けなさいって言うメッセージのように感じました。



わたしはわたしでしかあれないのだから

このblogをどんな風に受け取られるか?
ではなく

ただ綴り、残しておきたい
という気持ちを
これからも大切にしていきたいと思いました。





だから

どうぞご自由に。


受け取ることも
受け取らないことも

何度も読み返すことも
そっと閉じることも

感じ方は
あなたの自由だということを
どうか
忘れないでくださいね。



わたしには
間違うこともいっぱいあります。


間違う姿も
今の自分として記していくつもりです。



あなたも
あなたでいてください。


決して
わたしになんかになろうとせずに。


b0345376_16545520.jpg


さぁ、今夜は餃子いっぱいつくります。

食べさせたい人がいるから…😋





いつも

最後まで読んでくださり

ありがとうございます。

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-04 16:32 | ■わたしのコト | Comments(0)

「 かっこつけてる場合じゃない 」


最近、何か表現したり、行動するときに
いつもこの言葉が浮かぶhaco+ののりです。



大好きな人たちに
会いたくても会えない時

本当は
さらっと「大丈夫!」とか言う大人に憧れるけど
「 会いたかったな〜」って残念な気持ちを素直に伝える方が、すごくわたしらしい。




娘たちをかわいいと思うとき
娘たちを素敵だなって思うとき
娘たちを大好きだと思うとき

じわりと静かに心の中で味わう素敵なお母さんにも憧れるけど

「 かわいい〜〜」
「すごい〜〜」
「会いたいよ〜〜」
「大好きだよ〜〜」
って、娘たちにウザがられるくらい
言葉にしてしまうわたしを
わたしらしいなって感じます。



友だちと呑んでると
うれしくて
楽しくて
美味しくて

支離滅裂だろうが
自分が感じたことを
心の動きから細かく話す時

友だちの幸せを
心から喜び過ぎて泣いてしまう時

わたしがわたしのままでいさせてもらえる幸せを噛み締めます。



仕事でお客様と初めて出会う時も
何度も出会う時も

わたしのトンチンカンな生き方を
ありのまま話す事で
心が繋がる瞬間を味わいます。


自虐ネタ…ではなくて
こんなわたしですよって
ありのままを差し出す瞬間が
すごく好きです。





今日、久しぶりに長女に会えます。

わたしは
何日も前から娘に

「楽しみ〜〜」
「早く会いたい〜〜」
ってメールしてました。


どっちが子どもかわからないようなお母さんだけど

こんなにうれしいのに

かっこつけてる場合じゃない!

伝えたいことは
伝えないともったいない!




わたしを見つけてくれたお客様の覚悟に
わたしが裸んぼにならないと
もったいない!
また会えるかなんてわからないんだから。



友だちが
友だちでいてくれるのは

わたしが
わたしであるからだって思うから

大好きな人たちの前でも
かっこつけてる場合じゃない!



この夏はコーラにはまって…
それも小さな氷がいっぱい入ったコーラで
モスバーガーのペプシコーラが1番お気に入りで

ハンバーガーやポテトじゃなく
コーラくださいって
ドライブスルーに通ったりして。

このおばちゃん、へんなおばちゃんって
バイトの子に思われようが

冷たいコーラを飲んだときの幸せ感が味わいたいんだから

何度も通ってどう思われるか?って
遠慮してたらもったいない。

かっこつけてる場合じゃないんだよ!😊




すーっと
素敵に生きたかったのに
本来の自分は
結構めんどうな性格で。

だけど
すーっと生きてるふりをして愛されるより

少々面倒なわたしのまま愛される方が
はるかに幸せでありがたい日々です。



何かであろうとするのではなく

わたしは
わたしであることで


なんだか
いろんな幸せが増えました。



今日も娘の顔を見たら
抱きついて
抱っこしてもらうんだぁ☺️


そして
いっぱい生ビールと焼肉いただくんだぁ。



ウザいって言われても
喜びを表現したいだけ
表現するんだぁ☺️


かっこつけてる場合じゃないから。


b0345376_11493502.jpg

キキも娘を待っています。

[PR]
by coharubiyori529 | 2018-09-02 11:20 | ■わたしのコト | Comments(0)

8月8日


8月8日

これから
もっと
もっと

女性たちの心の声が
ハッキリと
わたしに聴こえるよう

寝ても覚めても
準備して
迎えた今夜。


b0345376_18041790.jpg


しっかり
心と身体で感じて帰ります。



愛らしくて
愛してやまない女性が
たくさん
たくさん増えるお手伝いができるわたしであれるように


まずは
わたし自身から…。







[PR]
by coharubiyori529 | 2018-08-08 18:02 | ■わたしのコト | Comments(0)

日々てんこ盛り。


なんだか
毎日てんこ盛り。

何がてんこ盛りかというと
感じることがてんこ盛り。


お昼ごはんつくりながら
ふと泣いてしまったりして…。



これまでの歩みがなかったら
こんな夏は迎えられなかったなぁって
胸がいっぱいになる場面の多いこと。




勇気を出して想いを伝えることができたのは

自分はきっと間違ってるって
いつも誰かを上にして
本当の気持ちを伝えられなかったあの日々があったから。



母との心地よい片づけができているのも

しっかり者の母とは違う自分の性格やリズムを
母とは違っていいんだって認めることができたり
もっと甘えたかったなぁっていう幼い頃からの想いが
やっと心から
母らしい
母の一生懸命な子育てだったんだって思えるようになるまで
自分の感情にフタをせずに向き合った日々があったから。



娘たちの成長に口を出すのではなく
見守るということができているような気がしているのも

見守れずに
わたしみたいになっちゃいけないって
力入れて
口を出して
転ばないように先回りしてたあの日々があったから。



今、誰かの心の中の声が聴こえるのも

小さい頃から
その人の本当の気持ちがわかってしまう生きづらさを感じていた日々があって
その生きづらさだと思っていたことは
わたしの特徴なんだと受け入れることができたから。




一緒に過ごす人たちに

嫌われるかな?ではなく
安心して
ありのままのわたしでいれて
そのままの気持ちを伝えられるようになったのは

そう出来なくて
かっこつけたり
自分に嘘をついてたからこそ
こんがらがった日々があったから。






昨日
ちょこっとお茶に来てくれた友だちとの時間。

会いたい!って伝えるところから始まるのが
すごくわたしらしい。

会ったら
会えなかった時間に起きたことを
子どもみたいに
表情も気持ちも溢れんばかりに話すから

友だちはいつも
笑い過ぎてほっぺが痛くなる…って言う。


のりちゃんよかったねって
一緒に涙も流してくれる。

辛かったね!
ではなく
うれしいねって。


子どもみたいに喜怒哀楽を表現するわたしを
かわいいと言ってくれる。



そんな昨日のお茶の時間も

わたしはわたしでいていいんだって

こんな日が来たんだなぁって

忘れられない夏の日となる。



お便りいただいたり
お祝いのくす玉いただいたり
遠いところからお問い合わせいただいたり

何回も味わっているはずなのに
毎回うれしい。




いろんなことがあって

いろんな気持ちを味わって

どうしていつもこうなるの?

って泣いた日もいっぱいあったけど

それは

ちゃんと今に繋がっていました。





b0345376_12250946.jpg


あの時できないと信じていたこと

あの時味わえなかった気持ち

あの時ホントは欲しかったもの

あの時伝えたかった大切な想い



少しずつ

少しずつ


今、叶えてあげられることを
叶えていきながら

な〜〜んだ
全然大丈夫やん!

って感じる実験続行中です。




久しぶりにパーマをかけて

髪をまとめて
お気に入りの大きめのピアスをつけたい!

って気持ちも叶えてみました。



自己満足だけど
きっと
いい顔してるはずです。


うれしくてたまらない顔してるはずです。


わたしが
わたしに

なかなかいいね!

って声かけてあげたくなる表情をしてるはずです。















[PR]
by coharubiyori529 | 2018-08-08 11:40 | ■わたしのコト | Comments(0)

わたしが歳を重ねたからか

母が歳を重ねたからか


母との間に

まぁるくて
優しくて
ありがたいなぁって思う瞬間が増えた気がするhaco+ののりです。



娘が新しい浴衣を買ったから
試しに着てみようって
着付けができる母にお願いしました。

娘が着付けてもらってる姿を見てたら
わたしも浴衣着たくなって…



そしたら母が

「 持っておいで 」

って

子どもより子どもみたいなお母さんって
少しあきれたような
それでも
なんだか優しく笑ってくれたから

ゴソゴソと
自分の浴衣一式持って
着付けの順番待ちをしました。


3年前に仕立てた浴衣は
初めて袖を通した日
少し大人びてるように思えて
気恥ずかしい気がしました。

大人びてって
いい歳して使う言葉じゃないですね笑


だけど
今、やっと自分に似合ってきた気がして
鏡の前でうれしくなりました。



リボンみたいにしてねって
わがまま言ってみたら

はいはいって感じで
だけど
なんだかうれしそうに
帯を締めてくれました。


b0345376_21374975.jpg

母がわたしの携帯で撮ってくれた写真。


携帯で写真なんて撮らない母だから
ボタン長押しして連写したり

母なりにピントを合わせてたら
画面が真っ暗になって焦ってたり

てんやわんやしながら
撮ってくれた写真です。


綺麗に撮ってね!

とか

もっとここを撮ってね!

とか

そんな言葉が一つも浮かばないわたしがいました。



母が着付けくれて

母が写真を撮ってくれたことが

すごくうれしくて


綺麗な写真より
母が撮ってくれたって証のような写真たちが
すごく大事に思えました。



母が撮ってくれたってことが
わたしの宝物。




母みたいに着付けが出来る人になろうって言うより

わたしは

ずっと

母に着付けてもらいたい。



お母さん

お母さんって

母に着付けてもらう時間は
お母さんと娘って感じがするから。




お母さん

また着付けてください😊








[PR]
by coharubiyori529 | 2018-07-22 18:20 | ■わたしのコト | Comments(0)