人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2018年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧



昨日は花かんむりを
母のためにこしらえて
母の74歳の誕生日を祝ったhaco+ののりです。

b0345376_09590418.jpg

b0345376_09592306.jpg


b0345376_09244497.jpg

いい顔してるでしょ!

わたしの突拍子もない贈り物を
照れながらも喜んでくれて

娘がカメラマンで
わたしは後ろで笑わせる役。

こんな一瞬が撮れたことは
わたしにとっても
母にとっても宝物になるはず。



その前の日も

b0345376_09270203.jpg

この笑顔に出会えて…。

花かんむりのリボンを結び
なんちゃってメイクさんと
なんちゃってカメラマンをしながら

わたしが1番幸せかもしれないって感じた時間。


彼女からも次の日まで続いている花かんむりの余韻が届きました。


のりちゃん😌

あのね、もぉーーこの気持ちはうまく言えないんだけどね、
花かんむり🌸のパワーというか 効果はすごいよ‼︎
このプロジェクトは すごいよ‼︎

って☺️




目の前の女性の表情が変わる瞬間。

あどけない

愛らしい

年齢なんか関係なく
みんなの中にあるんだって確信しました。





わたし

カウンセリング直後の女性の表情が大好きです。


ここを訪れてくださる方々には
もう伝わっているかもだけど

カウンセリング後
泣きはらした目なのに
安心感に包まれた少女のような表情が
本当に愛らしくて大好き。


花かんむりをつけていないのに
わたしには見える…みたいな瞬間が大好き。



でも
ご本人は
いつもの日常に戻ると
この瞬間を
つい忘れてしまう。


どうしたら
苦しくなった時
悲しくなった時

この瞬間に戻れるかな?って
ずっと考えていました。



そうだ!
少女に戻った瞬間に
鏡の前に座り
花かんむりをつけた自分の表情を見てもらおう。

その瞬間を撮ろう。


その瞬間の気持ちを思い出したい時に
そっと見る…そんなモノを作ろう。

それを
愛らしい女性たちに贈ろう。

忘れないでいてほしい言葉も添えて。




いよいよ11月のカウンセリングから
実行していきます。



もちろん
嫌だなって思う方にはやりませんから。



誰にも内緒だけど
自分だけは知ってる
自分の愛らしさ


そんなお守りを100人の女性たちへ。

あなたにも届け!花かんむり。




母は6人目の女性でした💐☺️




もうすでに楽しみにしてくださっている方々がいらっしゃいます。

うれしいなぁ。



お問い合わせ・お申込みは→ haconori529@yahoo.co.jpまで😊

by coharubiyori529 | 2018-10-31 09:23 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

昨夜、先日の講演会のアンケートを届けていただいたhaco+ののりです。


b0345376_10104090.jpg


手渡された時
泣いてしまいました。


わたしは
随分前からアンケートを取らないようになりました。

それは
感じ方は自由だから
その人
その人が感じたことを
持ち帰って頂けたら
それでいいって思ったから。

アンケートに書くことが
ホントはなかった気持ちを書いたり
想いを絞り出したりすることに繋がって欲しくなかったから。

わたしがアンケート記入が苦手だから。



久しぶりに手にしたアンケートは

不思議と
無理をしてわたしのために書いてある
とか
そんなことを全く感じない
ありのままの気持ちを
飾らず綴られているものばかりでした。



家族が寝て
ひとりになったリビングで
ゆっくり読ませていただいてたら

馬鹿みたいに泣けてきて

痛くて
痛くてたまらなかった心の傷に

たくさんの
あったかい絆創膏を貼ってもらった気がして

今、綴っていても
涙を止めることができません。



わずか1時間半のhaco+との時間に

これまでの自分を許せた人

これまでの子育てを振り返り
抱えていた本当に辛い部分と向き合えた人

泣いた人

わたしのような笑顔になりたいと思ってくださった人

来年役員になって
わたしをまた呼びたい!って提案したくなった人☺️


まだまだ沢山あるけれど

わずか1時間半で
受けとってもらえたことの多さに
驚いています。



先日、絵本を買いに行った先でも
講演会に参加してくださったママから
生の声が聞けました。


カウンセリングを受けているような時間だったこと

面白かったこと

を話してくださいました。



面白かった!だなんてサイコー。



彼女からの生の声

そしてアンケートを想うと



わたしが飾らなくなったから
わたしの話を聴いてくださる人たちも
飾らないでいてくれるのかもって。



裏も表もないことは
少し生きづらいこともあるけれど

裏とか表とかあった頃より軽やかで

どんなに人が集まる場所でも
わたしがわたしでいれる幸せ。

お片づけしてきて
自分と向き合ってきた先に
手に入れたかった自分が

今、ここにあるという幸せを
アンケートから感じずにはいられませんでした。


ありがとう。

ありがとう。

本当にありがとうございました!






アンケートを綺麗に一冊にまとめてくださった方は
今、手を怪我していて片手しか使えない状態だったそうです。

片手でこんなに手の込んだことを…いや、手だけでなく気持ちが込められたことをしてくださったなんて。

当日、会議室の入り口で受付をし
写真を撮りながらも
優しい眼差しで聴いてくださっていた方です。

彼女にも
わたしからのありがとうが伝わりますように。




今朝、友だちが届けてくれた言葉。


のりちゃん
数えてみてー
毎日 きっと幸せなだなぁって感じること、
ありがたいなぁって感じることのほうが たくさんあるはず‼︎
のりちゃんならね😊



飾ったり
ポジティブ装うわけでもなく
自然と


うん!
いっぱいある!
毎日うれし泣きするくらいに。


って、泣いてた自分が答えました。


ありがとう、友だち。




来年の講演会のご依頼もいただきました。

それも
人生の大先輩から。

わたしの
人生の大先輩に向けてさせていただいた地域の講演会の参加者さんが
随分前のあの日から心に決めていたことだそうです。


やりますよ!
喜んで。

わたしでよかったら…。





by coharubiyori529 | 2018-10-28 09:45 | ■haco+の歩み | Comments(0)

口先だけのありがとう


心からのありがとう


文字にすれば
言葉にすれば
おんなじなのに

全然違うものだと思うhaco+ののりです。




今、暮らしと向き合いながら
大切な人を大切にしていきたいっていう目標に向かって歩みを進めているお客様から
下記のメッセージをいただきました。






のりさん、おはようございます😃
今日は、のりさんと話したい事山盛りですが、仕事に行ってきます!

結婚記念日に旦那さんへ感謝のライン打てました(^^)涙流しながら(^^)
のりさんのおかげです!
言わずには、いられなかった。
本当に本当にありがとう😊

きっとのりさんに出会う前の私なら、手紙とか送ったとしても、気持ち入ってなかったと思う。

のりさんと話して
片付けして
心の掃除まで出来たから

きっとこんな文面を心から送れる自分になれてるんやと。

感謝の気持ちが溢れたのと、嬉しい気持ちも溢れてました。

のりさんへの感謝の気持ちをすごく伝えたくて。本当は、電話したくなってました🤣

過ぎていく毎日を、素敵な1日に感じられる自分にもっとなりたいと思っています😊

のりさんありがとう😊




お片づけしながら
いろんな話をして

話をしながら

気づかなかったんじゃなくて
気づかないふりをしたかった優しさについて考え

当たり前ではなくて
ありがたかったことに気づかれていきました。


それは自然な流れだと思っています。


だって
彼女が益々幸せになっていってるんだから。



自分が幸せを感じながら暮らしているか?
いないか?

何かを読んでも

何かを見ても

誰かに優しくしてもらっても

誰かに優しくしてもらえなくても


感じ方が違ってくるからです。




同じ文章でも
優しい気持ちで読むのか
怒ってる気持ちで読むのかで
受けとる事が違ってくるし

優しくされてるのに
穏やかな時とそうでない時では
感謝の度合いすら違ってくる。



だから 

誰かに優しくしたいと思ったり
誰かに優しくできない自分を責める時ほど

まずはあなたが幸せになりましょうって
提案するのです。



あなたが幸せなら

自然と素直になれるからです。


頭でいろいろ考えなくても

ありがとうが伝えたくなるからです。





片づけで
ひたすら自分の暮らしを気持ちよくしていき

なんだか
見えてくることへの感じ方が変化し始めると

ゴミ出しをしてくれる旦那さんに
聞こえるか聞こえないかくらいの呟きだけど
ありがとうが伝えたくなったそうです。


片づけする前は
お互い働いてるから…って気持ちで
ありがとうではなく
当たり前って気持ちが顔を出していたのに。


きっとゴミ出しだけの話ではなく
日常の中で
結婚記念日までの間に
ありがとうを何回も伝えられたんじゃないかなって思います。



片づけの先にあると信じていた
大切な人への
心からのありがとうが叶った日。

素敵な結婚記念日
おめでとうございました!



片づけで箱から出した
旦那さんとの新婚生活を夢見て買った土鍋も
只今、大活躍だそうです。



お片づけって深いわ〜〜って
彼女の報告に
わたしが感動しています。



お片づけバンザイ🙌


益々

お幸せに❤️




b0345376_21543632.jpg









by coharubiyori529 | 2018-10-26 09:33 | ■お客さまの 声 | Comments(0)

おにぎりを握ってもらいました。


わたしがよくやる
誰かへのエールの表し方…

おにぎり。



のりさんにって
ラップに包まれたおにぎりを手渡された時

たっぷりのごはんの重みと
彼女の優しい気持ちの重みに
どうしたらいいのかわからないくらい
ありがたい気持ちになったhaco+ののりです。



彼女はフォトグラファーとして
わたしが残したい今を撮るために
我が家へ来てくれました。

haco+がなかったら
わたしは彼女に出会えていただろうか?



今の暮らし
今の自分
母の片づけから受け継いだ白いエプロンを着けた自分を残しておきたくて
撮影をお願いしていました。


だけど
撮影の日の前日
彼女からのメッセージに
撮影への迷いを素直に伝えてみたら

彼女は
自分の気持ちを大切にって言ってくれました。

そして

いつものりさんが言ってくれてることですって付け加えてくれました。



そう言えば
ここのところ

わたしが伝え続けてきたこと
書いて渡した言葉を
大事に持ち続けてくださっている人たちから

わたしへのエールとして届いています。


優しい言葉で
柔らかい言葉で

優しくしなきゃ
寄り添わなきゃ

そんな不自然な気持ちは全くなく
声かけて来た言葉たちが
わたしに返ってくるなんて…。


受けとる時の
なんとも照れくさい感じと
素直に受け取りたい気持ちが入り混ざり

ありがとうしか返せない自分がいたりして。



彼女の優しさ
撮影前日に遠くから帰って来てくれた友だちとの時間が

笑える日もあれば
笑えない日もある今を残したいって気持ちに切り替えてくれました。



わたしはね
撮影の日
絶対彼女におにぎりを握ろうって決めていて
炊き込みご飯を炊きました。

おにぎり食べさせたくて〜って言いながら
鍋の蓋を開けた時
何か秘密があるかのように笑うから

どうしたのかな?

って気になっていたら

b0345376_09013542.jpg

お昼ごはんの準備が整い
座ったわたしに
バックから取り出して渡されたのが
彼女が握ってくれたおにぎりでした。

それも
彼女の子どもたちが大好きな
母ちゃんの唐揚げ入りおにぎり。


彼女の手から生まれたのがわかる
彼女らしいおにぎりを

わたしはモリモリ食べました。

泣きながら食べました。

おいしくて
おいしくて
幸せでした。



b0345376_09051270.jpg

おにぎりを握ってもらったわたしを

空から眺めることができたとしたら

おにぎりに添えられた指先から

きっと優しい光が出ていたはず。



彼女が自分の分のおにぎりを
これものりさんにって置いて帰ったあと

わたしはまた
一人で彼女のおにぎりを食べました。

モリモリ
モリモリ
食べながら

こんなにご飯食べたの久しぶりって気づき
いつもの食いしん坊に戻っているのも感じました。



彼女のおにぎりが教えてくれたことがいっぱいあって…

見えないけれど
ちゃんとある手のひらからの力とか

見えないけれど
大切なこととか

誰かに笑われても
紡いでいくこととか

おにぎりを頬張る間のわたしは
ごはんと共に
確信みたいなものも
噛みしめていたんだと思います。



またいつか
彼女のためにおにぎりを握ろう。


またいつか
誰かのためにおにぎりを握ろう。




おにぎりおいしかったよ。

忘れないよ。

おにぎり握ってもらった日のことと

あなたの可愛い笑顔を。


b0345376_09165858.jpg

母の白いエプロンがある台所。

by coharubiyori529 | 2018-10-25 23:21 | ■わたしのコト | Comments(0)

花かんむりをつくる訳。


愛らしさに気づくプロジェクト…なんて
少し仰々しいタイトルをつけて
歩み始めているhaco+ののりです。



自己対話が難しいって
すごく
強く思っている女性たちがいること。


自分を愛する
とか
自分を大切にする
とか
いろんな場面で目にしたり耳にする言葉を

なんだか
現実離れしたような
夢物語のように感じている女性たちがいること。




意識すればするほどわからなくなるような

やらなければ
やらなければって思えば思うほど

こんがらがっていくような

そんなことを

もっと

頭ではなく

心が反応するような

カラダの温度がふわっと上がるような

そんな方法で伝えたいって思っていました。




すごくありがとうが伝えたかった人のために
花かんむりを作っていた時

「 これだ! 」

ってカラダに電気が走りました。



鏡の前で
花かんむりをつけてもらう時

つけた自分を見つめる時

後ろで大きく結ばれたリボンを感じる時



ふわっと浮かぶ気持ちが
きっとあるはずって。

もしかしたら
浮かんだことを受け入れるのに
勇気が必要な気持ちもあるかもしれないけれど。



誰にも言わなくていいし

恥ずかしがってもいいし

無理に笑わなくてもいいから


今の気持ちを
感じてみてねって

そんな風に
手を添え
手をとり
手を繋ぎ


安心感のもと

自由に心の中で舞ってしまいたくなるような気持ちを

思い存分味わってもらえたら…。



その気持ち忘れないでねって

送り出してあげられる気がして思いついたのが

花かんむりをつけて感じる

「 愛らしさに気づくプロジェクト 」

です。





b0345376_10363413.jpg

b0345376_10182642.jpg

愛らしさ伝わりますか?



b0345376_10190298.jpg

b0345376_10192217.jpg

心の中が
うれしくてはしゃいでるような
そんな見えない感情すら
溢れ出しているように思いませんか?



他にも2人にもつけてもらった時

髪を下ろしてみたり
ピンクのチークを足してみたり

違う服を着てる時につけてみたいって言ってもらえたり


こんな気持ちが湧いてくるんだなぁって
うれしくなりました。




いろんな気持ちが顔を出し
涙したり

これからの決意をしたり

みんなそれぞれ
自分らしく感じてくれているのがわかりました。





誰かから見たら
花かんむりなんて
こんなことする柄じゃないから

とか

いろいろ
いろいろ
後から頭に浮かぶ理由は無視して


つけてみたらいいんやないかなって。



その時

もしも
もしも

自分の中に自然と浮かんだ気持ちがあったら…


かわいい♩

うれしい♩

なんかワクワクする♩

つけていたい♩

誰かに見せたい♩


そんな気持ちが浮かんできたら

打ち消さずに

味わってください。



それが
表情
これから

を変えてくれると思っています。




写真を撮ってあげるとね
何度も見たくなるって素直に言ってくれた人がいました。

たぶん
その気持ちわたしに言うのも
少し勇気が必要だったはず。


いいよね。

自分が自分にときめくなんて
いいよね。


誰かに見せて褒められたから…ではなく
自分が自分にときめくって
すごくいい。



すごくいいって
わたしは感じています。



難しい言葉を頭で考えるより

感じればいい。



自分を愛するなんて意識しなくても

愛したくなる瞬間を味わえばいい。



わたしは
そう思っています。




b0345376_10312217.jpg



b0345376_10321536.jpg

わたしだって
ワクワクしました。

花かんむりとリボンに。



そしてわたしは

花かんむりをつけさせてもらう時

花嫁さんのお支度をしているような

そんな気持ちになります。




目標は100人。



愛らしさ溢れる瞬間に出会えることが
楽しみでたまりません😌



あなたと出会えますように。

by coharubiyori529 | 2018-10-25 10:03 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

自分を許すために…。


生きていたら
すごく勇気が必要な時があって

それは
舞台に立つとか
そういうことだけではなくて


自分を受け入れる
とか
自分を許すってことにも

すごく勇気がいるように思うhaco+ののりです。




自分を許してあげたくて…。


先日のカウンセリングのお申込み理由には
書かれていなかったけど

お話していくうちに
わたしに会いに来てくださったのは

ひとりでは
どうしても勇気が出ない

過去の自分を許す

という作業を

わたしに手伝ってほしいっていうことだった気がしました。



過去の自分…

誤ちだと思っているからこそ
絶対に許せなかった自分。


誤ち

間違っている

悪いこと


こんな言葉を
たくさん過去の自分に投げかけてきたのだから

それを
良かったこと!にすることって

どう考えても
どうあがいても

なかなかできることではありません。



だけど
彼女は
過去の自分を許してもいいのかもしれないって

きっと
これを何度も読み返しながらの1年を過ごし
思い始めたのかもしれません。


b0345376_10224670.jpg

いつかのわたしのblogに書かれてあった文章を

こうしてコピーし
いつも持っていてくれて

その日も財布から取り出して
見せてくださいました。



わたしは
どの記事か覚えていないけれど

今、読んでも
きっと書いた頃よりも
この文章がしっくりきます。


彼女はこの文章を読んで
わたしに会いに行く!って決めたそうです。




失敗ではなくて

メッセージ。



1番許したかった自分を
わたしにさらけ出す勇気も
たくさん必要だったはず。


だけど
そこを乗り越えて来てくれたのだから

その過去からのメッセージを
わたしはお伝えするだけ。




彼女へのメッセージは


人に頼ること

それから

得意なことにエネルギーを注ぎましょう

っていうことでした。




自分を許せないばかりに
自分の良さに気づかずにいたし

誰にも頼ってはいけないと
ひとり孤独を感じていたし。



だから

ひとりじゃないよって

良さを生かしてよって

メッセージが来ていたんだけど


歯を食いしばって

自分は変わらなきゃって歩いて来たから

そんな彼女の心の中には
あなたのままでいることが大切…なんてメッセージが送られて来ていても

そんなはずがないって跳ね返すくらいに
優しいメッセージが入り込む隙がなかっただけ。




初めて会いに来てくれてから

少しずつ
少しずつ
心がほぐれていき

わたしには出会いはじめから気づいていた彼女の過去を

彼女から差し出してくれる日が来たことは


もう

許せますって合図だと感じました。




また失敗を繰り返す…

そんな恐怖に怯えていた日々から

少しずつ

大丈夫!だと思える日々へのバトンが手渡された気がしています。




今、幸せですか?


って尋ねてみたら



そこには迷わず


幸せですって

少し遠慮がちに笑ってくれました。




もう
すでに
なんてことない日常に
いっぱい幸せ見つけられるようになって

そんな気持ちで暮らせるようになったからこそ


ずっと
ずっと
深いところの引っ掛かりと
向き合ってみようっていう勇気が出たんだと思います。




あっという間に人生変わったわけではなく

一歩進んで
一歩下がったり
二歩下がる日もあったけど

また
一歩進めばいいと

ずっと
ずっと
諦めないで
この一年
自分と向き合い続けてくださいました。




どんどん
柔らかく綺麗になる姿を
わたしに魅せてくれています。




許せなかった過去も

「 幸せにならんね! 」

っていうメッセージだと気づいたのだから


もっと

遠慮なく

いろんな人に助けられながら

あなたが持つ光を磨いていき

輝きを増していってくださいね。





朝、早めに来てくださった彼女を
すっぴんで迎えたわたし。

でも
そうしてみようかなって思っていたことだったから

すっぴんのまま迎え
笑ってもらいました。



最後の最後の自分の鎧を脱ぐ覚悟で来てくれる彼女に

わたしも裸んぼで迎えられたらなって思っていたから

願いが叶ってしまいました☺️



眉毛だけ
彼女の前で描かせてもらい

わたしは
自分が飾らなくなったことに
少し
喜びみたいな気持ちが湧いてきたのを感じました。



彼女の優しさに包まれて
わたしも
何か脱ぐことができたんだと思います。





あら

大丈夫だよ‼︎って改めて伝えたかったのに



ありがとう!になってしまいました。




blog見つけてくださり
わたしと出会ってくださり

本当にありがとうございました😊






by coharubiyori529 | 2018-10-21 10:10 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)

大丈夫!に支えられて。


宅急便屋さんの車が止まる音がして

うちに来たらどうしよう‼︎

ってくらい髪がボサボサでパジャマ姿。

そしたらお隣さんに…ホッとしたばかりのhaco+ののりです。




母が

大丈夫
大丈夫

って言ってくれて



家族が

友だちが


大丈夫
大丈夫

って言ってくれた。


b0345376_08583459.jpg

わたしには珍しく

1日に何度も

それもお風呂にまで持ち込んで

繰り返し
繰り返し
読んだ
友だちからの便り。




ずっと背中をさすってもらった時間。



お腹が空かないっていうこと。



いつも伝えてることを
自分に伝え続けるって経験。




その
どれもが教えてくれたのは


「 大丈夫だよ 」

っていう言葉のチカラ。




大丈夫だよって

優しい。




大丈夫だよって

心強い。




大丈夫だよって

あったかい。




昨日、外に連れ出してもらって

久しぶりに

お腹すいたって

自然と出てきた言葉にハッとして

美味しい!

美味しい!

って自然と出てくる気持ちがうれしくて。



b0345376_09225501.jpg

それが

母との写真にあらわれてる気がして。



ご飯屋さんの前で写真撮るなんて
普段やらないのに

うれしくて
たまらなくて

母からの大丈夫への
ありがとうが溢れて

思わず母の手を握って
写真を撮ってもらいました。



リップも塗り直してないし

どんな風に写ったか?とかどうでもよくて

あったかくて
大丈夫に思えて
うれしかった瞬間が
この中にあることが

すごく
すごく
うれしかった。



そして
わたしだけでなく
母も
こんな穏やかな顔してたなんて…


恥ずかしい気もしたけれど

写真撮ってもらわなかったら
気づけなかったから


本当によかった。




b0345376_09300788.jpg


いっぱい食べて
大好きな木の下で
光も浴びて帰ったから

夕飯までにお腹すかなかったけど


家族に作った牡蠣ごはんときのこサラダが
美味しくできて

それもまた

うれしかった。



久しぶりの遠出
久しぶりの安心感に
心地よい疲れがあったから
早めに布団に入ったら

両脇に猫を抱いて眠ることになり

これまた

愛らしくて
あったかくて

うれしかった。



いろんなこと感じた1週間を過ごして

また

blogを綴りたくなったことも

すごく

うれしい。




待っていてくれて

ありがとう。





大丈夫‼︎をもらってばかりのわたし。

大丈夫だよって

わたしも誰かに届けられたらいいな。

by coharubiyori529 | 2018-10-21 08:57 | ■わたしのコト | Comments(0)

旅先でblogを綴りたくなったhaco+ののりです。


先日の講演会で
改めて思ったことは

お片づけだって
みんな違って
みんないい

ってこと。



思い出の物が大切で大切でたまらない…

もしかしたら
そんなのは過去への執着だっていう説があるかもしれないけれど


その思い出たちと
気持ちよく暮らしたい!

が、その人の理想の暮らしの最優先のカタチなら

捨てて減らす

ことではなく

その思い出と気持ちよく暮らす方法を考えればいい。



広い家に引っ越して
思い出室を作るとか

トランクルームを借りるとか。



わたしは
お片づけのセオリーに当てはめて
その人の暮らしにメスを入れるのではなく

その人が幸せを感じることが1番だから

その人が生きててよかったぁっていう選択肢を探します。


もし
プロとしてその人に関われるとしたら
いつでも大切な思い出に触れられる気持ちいい
思い出室に整える役割でお手伝いしたいと思います。





自分自身は片づけが好きだけど
家族が散らかす…

よく皆様からいただいく質問だけど

自分の気持ちを大切にしたお片づけをした先に

家の中で
1番お片づけが苦手な人に合わせた収納やアドバイスができるかもしれない。


だから

自分のテリトリーを
自分に優しく整えられたら

その経験を生かしながら
お片づけが苦手な人を観察して
その人ができるお片づけを考えることを
たのしんでもらえたらなって思います。


なんで片づけないの!

って思ったり、言ってた自分から

どうやったら片づけられるかな?

って考えられるようになっていく自分を
たのしんでみてほしいなって思います。




お片づけは
いがみ合いを生むツールではありません。


優しさで
人と人とを繋ぐツールです。



片づけなさい!

って、感情に任せて言ってしまう時

きっと
あなたが疲れていて
頑張りすぎなんだと思います。



まずは
自分の疲れを
今出来ることで癒してくださいね。




誰かの散らかしは

イライラの発散地ではなく

誰かの散らかしにイライラする時のあなたに

「 何か頑張りすぎてない?」

っていうお知らせをくれていることを

心の片隅に置いといてもらえたらうれしいです。




あなたのしたい暮らし

あなたの大切にしたいもの

は、みんなと違っていいのだから


お片づけだって

みんな違って
みんないい。




大切なのは

あなたらしく
暮らしやモノを選択していくこと。


大切にしたい暮らしに向かって
お片づけしていくこと。


イライラからではなく
希望を持って…。



だから

あなたが
あなたのことを
よく知ることから始まるのです。




だからわたしは
何度も
何度も
お尋ねします!


あなたはどんな人ですか?

あなたは何が好きですか?

どんな暮らしの中に身を置きたいですか?

って。








旅に出ていても
金曜日の講演会のあったかい余韻に包まれています。



そして

旅先でも

「 haco+を応援したい!」

「haco+が広まる方法を考えてます!」

など、ちょっとどうしてそんなに優しくしてくれるの?
って胸がいっぱいになる気持ちが届けられました。



本当にありがとうございます。



自然と
ゆっくり
じっくり

自分を大切にし
自分を信じ

みんな違ってみんないいお片づけを伝えていきますから。



haco+が広まる方法って
なんだろうって考えてたら


haco+に出会ってくださったあなたが

幸せでいてくれることじゃないかなぁって思いました。



わたしのことより

どうぞ

自分を益々
幸せにしてあげてくださいね!




b0345376_21220467.jpg

旅先の夕陽に包まれました。




by coharubiyori529 | 2018-10-14 08:18 | haco+の想い | Comments(0)

日田市立東部中学校 母親部の方々にお声かけいただいた講演会を
無事に終えることが出来たhaco+ののりです。



とにかく
最初から最後まで
あたたかかった。



迎えてくださる人全てが
あたたかくて

初めての場所
沢山のお母さんたちの前なのに

主催してくださった方々が
見守って
大丈夫ですよ!
って応援してくれているのがわかって

わたしは
いつも通う場所のような気持ちで
いつもの自分で話せたように思いました。



話すはずだったことより
その場を感じて話すことの方が多いのは
いつものことだけど


話している最中

自分の熱い想いの多さに
ちょっとびっくりしました。



あっ

ひとりでも多く
楽に幸せになってほしいって思いが
強くなってるって
びっくりしました。


始まりに読んだblogの文章が
スラスラ出てこなかったのは緊張からだし

スカートがめくれたまま
シャーシャーと歩いていたのを
優しい人が直してくださったのも
わたしらしいし

沢山
みなさんが笑ってくれる瞬間が
うれしくてたまらないのは
きっと父親譲り。



全く持って

わたしでいられた1時間半。



講演会前に
カレー作って
母におすそ分けする時
髪を結ってもらいました。


母は

できるかな?って呟きながら
編み込みをしてくれました。



母に髪を結ってもらう…

わたしが描いていた未来に
そんな素敵な瞬間は記されてなかったから

もう
何よりの大きなお守り持って
講演会にのぞめました。



初めてお会いした役員さんもいたのに
ずっと前からお知り合いみたいに優しくしていただいて

帰りもずっと見送ってくださるから
手を振ってたら
駐車場の出口を過ぎて
後戻り。



最後まで
自分らしくて笑えたけれど

主催してくださる方々が
あったかい人、空間を作ってくださっていて

夜の会議室が
人でいっぱいだからあたたかかったのではなく

あったかい人たちの心の温度に
来てくださった人たちがあたためられたんだと感じました。



もちろん

わたしもあたためられた1人です。




日田市立東部中学校 
母親部のみなさん

ご参加くださったみなさん

そして
わたしにこんな素敵な出会いを沢山くれるお片づけのチカラに

感謝します。




本当にありがとうございました😊



また、お会いしたいくらいに大好きです!



いっこのお姉ちゃん
地元の人たちに届けたいっていうわたしの夢を叶えてくれてありがとうございました😌

(読んでくれてますように🙏)

b0345376_23270918.jpg

講演会の内容は

また後日…綴りなくなったら☺️



とにかく
とにかく

優しさに包まれて
幸せでした。



母が結ってくれた髪
ほどきなくないなぁ。

by coharubiyori529 | 2018-10-12 23:07 | ■お片づけレッスン | Comments(0)

昨夜もお客様のメールに救われたhaco+ののりです。

今朝も、朝一で届いたお客様のメールがうれしかったし

今日のお客様との片づけの時間が幸せでした。

大切な友だちからのご紹介メールをもらって
新しい出逢いに
また心踊りました。

blogのコメント欄に
大学の友達がおもいを届けてくれていて
泣かずには読めませんでした。



わたしは少し
自分の毎日に驚いています。


こんなにありがたくていいのかなって。



ちょっとびっくりしながらも
今日のお片づけについて綴ります。




今日は50代の方のお片づけでした。


お片づけしたい場所の説明を受けていた時

思わず

「 今、幸せですか?」

って聴いてしまいました。


お客様はその瞬間
もう隠せない…そんな表情になりました。




わたしは
暮らしとココロは繋がっていると思っています。

それはhaco+が歩み始めた時から気づいていたけど

お客様のココロの声に気づいているのに
わたしに求められているのは片づけだから!って自分に言い聞かせたことがありました。

その時の片づけからの帰り道
なんだか虚しくて哀しくて

こんなお片づけサービスがしたいんじゃない!って随分と自分を責めました。


そんなわたしの表情に
「 とっても疲れてるね 」
って、気持ち切り替えに寄った喫茶店で見透かされ

この仕事が向いてないのかもって
弱音を吐きそうになったことがありました。



その日の経験
また別の経験からも



お客様のココロの声を聴きながらお片づけすることを大切にしたいって思っている自分に気づき

今日まで試行錯誤しながら
やってきました。



最近特に
haco+らしいなぁって
片づけが終わった後
喜びに包まれるようになりました。




だから
 今日も
今日のお客様にとって
片づけるよりも
今ココロの声を聴くことが大事かもしれないと思ったから
収納から全て出したモノをかき分けて座り
話をすることを優先してみました。



「 幸せじゃない… 」

って素直に言ってくれたから。



幸せじゃないのは
片づけできない自分のせいかも…

そんな気持ちで片づけしたら
苦しくて仕方ない。


気持ちよく暮らしたい…

そんな気持ちから始められたら
お片づけは少しずつ楽しくなる。



ココロが元気な時と
ココロが元気ない時とでは

お片づけは
全然違ったものになるって
わたしは思うから


せめて

幸せ!って思えなくても

これからが楽しみ!って
少しでも感じてもらってからのお片づけを味わってほしいから

座り込んで
手を止めて
お互いの目を見て
泣きたかったら泣いて
笑いたかったら笑う

そんな時間をとることは
決して無駄だとは思わない。



ずっと泣いてないだろうなって人が
目に涙を溜めました。



片づけで紛らわすのではなく
泣いて
その気持ちを認めてあげるだけでも

雨空は
少しずつ晴れ間に変わる。



雨降りのココロで選ぶモノと
晴れ間が見えたココロで選ぶモノは
違うんじゃないかなって思うから

わたしは
気づいたココロの声には
片づけよりも先に耳を澄ましたい。



だから
少し、ゆったりペースに感じるかもしれないhaco+のお片づけ。


だから
もし
あなたが違うなって感じたら
別のプロを探してくださいね😌



お客様は50代

わたしに出会うのが遅かったなって言ったけど

そうじゃなくて

今、出会えてラッキーだったって思えるところまで

ほんの4時間弱で変化しました。



片づけ終わった和室を見て

「 のりさん、ここからの眺めがいいよ!」

って手招きしてくれ

外は曇り空なのに部屋の中は明るいね!
って、新しい家に来たみたいな表情を浮かべて喜んでくれるから


おんなじ部屋なのに不思議でしょ!
って、一緒に飛び跳ねはしなかったけど
大好きな友だちと喜び合うような
そんな瞬間がお片づけ後にありました。



わたしは

いつも

絶対、いい家になるって信じているし

絶対、幸せになるって信じてお片づけを始めます。



あるお客様が言ってました。

わたしは何度も

「 綺麗になるよ〜〜」

って呟くそうです☺️


それが魔法の言葉だと…💕


だって綺麗になるってわかるから
ワクワクするんだもん♩




お客様の

幸せじゃないって気持ちは

自分と向き合うチャンスなだけ。



どうしてそんなチャンスが来るのか?

そのチャンスをどう生かすのか?が

少しわかったお客様と
お疲れ様のお茶を飲んでいた時

朝会った時と
顔が全然違ってました。



大丈夫なんだ!

わたしにも出来た!

これからやることもわかってきた!



そんな気持ちが
ほっぺを柔らかくしてくれる。




自分と向き合うことから
逃げたくないって言ってくださったから


自分と向き合った先が楽しみ!
って表現に変えましょって提案しました。



歯をくいしばってきたのだから

更にくいしばる必要はなくて…


ただ
ただ

ココロのギブスを外して

ギブスのかわりに
柔らかなブランケットで包み込んであげるだけ。



ただ
ただ

優しく
あたたかく。




10月は50代の女性との時間がいっぱい!


不思議ですね。



遅くなんかない。

今、あなたが動き出してくれたから
わたしは
わたしの命を精一杯つかうだけ。




お片づけ
ココロ


haco+は
ここを離して考えられないことを
ご承知くださいね😌



b0345376_22055908.jpg

待ちに待った秋明菊が咲きました。


今日は
いっぱい
うれしいな。



by coharubiyori529 | 2018-10-11 21:26 | ■お片づけサービス | Comments(0)