人気ブログランキング |

暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2019年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


旅する花かんむり。


知らない街の

会ったこともない人に

花かんむりを贈りました。



郵便局の窓口には
同級生がいて

花かんむりって書くのが照れくさいような
のりちゃん仕事変えたの?みたいに思うかな
とかいろいろ考えて

雑貨って書いて送り状と共にお願いしたら

雑貨じゃ今は飛行機に乗せられないのって言われて

ニヤッと笑って
花かんむりっていう羽目に☺️


一体、何回花かんむりを送っただろう。



同級生は言ったの。

全国から注文がくるんだねって。


違うよ。
わたしが勝手に贈らせてもらってるって言ったら


誰かに贈る気持ちになるのがすごいねって言ってくれたから


たぶん
わたしが先に優しくしてもらったんよね。
だから
すごいのは相手の人なんよねって話してるわたしがいました。




本当にそうなんですよね。



いっぱい

先にいただいてる。



会ったこともないのに

返事来るかもわからないのに


真っ直ぐ
気持ちを届けてもらってるんだよね。



もったいなくて

手を合わせてから
読ませていただくような


そんな気持ちをいただいてるんだよね。



だから

ふと

花かんむりを贈りたいって思って


贈らせてもらえる時には

もうすでにわたしは幸せなんだと思います。


b0345376_09504742.jpg

必ず

気持ちがいい日に

ゆっくり

楽しみながら

つくります。




箱に入って
わたしの知らない街へ旅をする花かんむりを
少しうらやましく思いながら

行ってらっしゃいって
見送っています。



b0345376_09570933.jpg

b0345376_09573814.jpg

b0345376_09571240.jpg

b0345376_09571465.jpg


花かんむりが何になるのかって言われたら

それはわからないけれど

わたしはまた

誰かを想いながら

花かんむりをつくろうと思います。








by coharubiyori529 | 2019-06-24 09:39 | Comments(0)

ちょっといい表現が浮かんだので

書いてみます。



なんだか自分が前より幸せになり始めたなぁって感じると

すぐに

誰かを幸せにしようと行動するってこと
ないですか?



それも
自分より
幸せじゃなさそうな人を
無意識に探して
幸せにしようと行動するってことがないですか?



自分の心の声を聴き始めると
少しずつ
自分が満たされていきます。

だけど
自分の心の声が聴こえない日だって
まだまだあるんです。


そんなあなたが
自分より少し大変そうに見える人に

これで幸せになるよ!

って聞かれてもないのに伝えても届くでしょうか?





この状態を赤ちゃんで表してみると

心の声を聴き始めたあなたは
ハイハイを始めたばかりの赤ちゃん👶



そのハイハイ赤ちゃんが

生まれたばかりの赤ちゃんに

この世界は楽しいから
散歩に行こうって
まだ
ねんねの赤ちゃんの手を引き
歩かせようとするようなもの。


まだ
自分もハイハイの状態なのに

その先の
立つことから歩くことまでを知ってるかのように

生まれたばかりの赤ちゃんに教えようとする。



生まれたばかりの赤ちゃんは
ハイハイの世界すら知らないのに
立って歩く世界の楽しさは
想像すらできない。



わたしと話をしていると

すぐに
幸せにしたい人たちを思い浮かべる人がいます。


自分が幸せになる気がしたから

自分だけ幸せになるより
あの人も
あの人もって

すごく優しい人たちなんです。


だけど
自分だってまだ
ハイハイを始めたばかりの赤ちゃんだから
まだまだ
自分に手がかかるのに

もう
人のお世話を始めたら

きっと
また
自分をほったらかしてしまう。


人のお世話に夢中になって
ハイハイもできないくらいに疲れてしまう。



ちょっとイメージしてみてね。

大人のわたしたちは
立って
歩けるようになって
何十年も経ってるから
歩くことのベテランです。

だからこそ
赤ちゃんの手を
赤ちゃんに不安を与えないように支えて
歩き方を教えてあげられるんじゃないのかな?

歩けない時は
ひょいと抱っこだってすることができる。
歩けなくても大丈夫たよってね。


言葉がわからない赤ちゃんに
歩き方を教えなくても
すいすいなんの危なっかしさもなく歩く姿を
見せてあげることだってできる。



だからね

誰かを幸せにしようって
慌てないでほしい。

慌てると
相手の気持ちを大切にする余裕が持てず
想いを押し付けてしまうことがあるから。



大人が赤ちゃんに
歩け!と押し付けたりしないのは

きっと歩ける!って信じてあげられるから。


だから
あなたも
幸せにしたい!と浮かんだ誰かを
大丈夫!って信じてあげられるくらい
気持ちに余裕が生まれるくらい
自分を幸せにしてあげてください。


ハイハイ赤ちゃんは
まだまだ
自分に夢中でいてください。


まだまだ
手がかかる自分

まだまだ
自分に手をかけてあげる時だと
思い出してください。



幸せは
在り方で伝わるはずです。


あなたのオーラ
言葉
笑顔
肌艶
目の輝き
エネルギー

黙ってそこにいても
きっと伝わります。



そんなあなたが
自分より大変そうな人を見つけて
世話を焼こうとしなくても

そこにいるだけで
誰かの癒しになったり
考えるきっかけになれるのです。


求められれば手を貸すけれど
見守ったり
祈ったり
言葉や行動にしなくても
誰かを想うことはできるし

自分との信頼関係がしっかりできたあなたになったとき
今気になるその人を見る視点が変わり
大変そう!なんて思わないかもしれません。




心の声を聴き始めたら
少しずつ
これまでと違ってきて
うれしい日も増えてきます。

それは頑張って自分を見つめるようになったあなたへのご褒美。


だけど
まだ
ハイハイ赤ちゃんだってこと
忘れないでいてください。



自分より大変な人見つけなんてしてる暇はありませんよ。

それに
自分より大変な人!というのは
あなたの勝手な思い込みかもしれません。



ハイハイ赤ちゃんが
立って
歩いて
転ばなくなって
走ることもできるまでには

少し時間がかかりますが
あきらめなければ
必ず訪れます。



だから

誰かを幸せにすることに
焦らないでほしいのです。



まだまだ
自分に
自分のエネルギーを使ってほしいと思います。



まだまだ
自分にエネルギーを使う時だと思います。




自分にある幸福度が20%の状態と

自分にある幸福度が120%の状態。


どちらが
誰かを
心から幸せにできると思いますか?



溢れるくらい自分を幸せにした後は

溢れるくらい
誰かと幸せになってるような気がするわたしです。



焦らないで

ゆっくりと。




優しいせっかちさんへ


まだまだ

あなたがあなたから
目を離せない時期です。

まだまだ
ハイハイ赤ちゃんです。

だけど
ハイハイの後には
立てるようになり
そしたら
歩き始める日も来ます。


コツコツ
コツコツ

ゆっくりと。


あなたは今ハイハイ赤ちゃんだから
そのあどけなくて不安定な愛らしさを
存分に感じ
味わう時です。


よそ見をしてたら
ぶつかっちゃうよ。


しっかり
あなたから
目を離さないでください。




b0345376_10441863.jpg

今から唄のレッスンです。

今年もコンサートやりたい!



by coharubiyori529 | 2019-06-11 10:13 | ココロのカウンセリング | Comments(0)

わたしの想い。


悲しくて涙が出るのは

久しぶりかもしれません。



わたしは

たくさんの女性たちに出逢わせていただきました。


その人たちのことをここに綴るのは

その人たちの生きてきた証を
ここに残しておきたいほど
その人たちの人生や存在を愛おしく思うからです。


そして
彼女たちを
自分に置き換えて

あぁ、わたしとおんなじ人がいる

あぁ、苦しかったのは無理してたからなんだぁ

わたし、がんばりすぎてたんやねって


どこかの誰かが
楽になる瞬間があるかもしれないなって
思うからです。




わたしが
わたしに逢いに来てくれた人を変えてるんじゃない。


わたしに逢いに来てくれた人が
自らの勇気と覚悟で
変化しているのです。


だから

わたしが

〜してあげてる…そんな風に思ったことは、一度もありません。



〜してあげてる…そう思うようになった時、わたしはこの仕事を辞めます。



どんなに壮絶な過去があっても
どんなに悲しみの中にいても

わたしは
目の前の女性を

可愛そうな人
だとか
不幸な人
だと思って接することはありません。


逢いに来てくれた勇気
自分のありのままを見せようとする覚悟に
尊敬と愛おしさしかありません。


だから
この人と一緒に何か見つけられることに
わくわくしかありません。



わたしは

〜してあげてる…のではなく

その人が見つけたかったものを
見つけるお手伝いさせてもらえ
その上
たくさん感動させてもらって

毎日
毎日

涙が出るほど
感謝しかないのです。



人を変えることは
誰にも出来ない。


人が変化する時は
その人自身ががんばったからなんだよ!


してあげられることなんてない。


だけど
一緒に手を繋いぎ
ねぇ、ねぇ
こういうのどう?

なんて感じで
その人が
生きててよかったぁって想える瞬間に出逢える道を一緒に見つけていきたいんだ。



手を繋いでって言われたら手を繋ぐけど

手を繋いだ方がいい!なんて強要したり
押し付けたりしたくない。



手を繋ぐけど

引っ張ったり
急かしたりしたくない。


手を繋ぐときは
いつも
前でも
後ろでもなく

横で繋ぎたい。



人助け…だとも思っていません。



仲間が増えたらうれしいなって

一緒に心から笑える仲間が増えたらうれしいなって


ただ
それだけなんです。



わたしのblogを読んで
人を分析したり

わたしの方がマシだわって
上とか下の判断をしないでほしいと願います。


ここに来て

自分に置き換えてみたり

わたしに逢いに来てくれる女性たちの
勇気や覚悟の美しさを

感じてほしいなって
思いながら綴っています。



だから
なんだか今朝は悲しくて泣いています。



今は変わりたくない人も

ずっと変わりたくない人もいます。


それだって
その人が選んだ大切な人生なんです。


変わりたい!と思ってもいない人を
分析したり
変えようとしたりしないでほしいと願います。



自分の周りの人を

ここに登場する女性たちに当てはめて

不幸な人!と決めつけたり
可愛そうな人!と勝手に思い込んだり
苦しみから救おうとしたくなり

やっぱりあなたが変わらなければ幸せになれないよ!
なんて心の中でお節介をやく材料にしてほしくはないのです。


気づきを求めてもない人に
与えようとする材料にしないでほしいのです。



幸せを感じること
大切にしてること
幸せになる方法や想いは
みんな違うのだから。

あなたが心配するその人は
もしかしたら
その人なりの幸せ感を持ってるかもしれない。
例え、みんなに嫌われていても。



どうぞ
人ではなく
自分に夢中になってください。


人を分析する前に
お節介をやく前に

自分が自分にやってあげられることが
まだまだ
たくさん
たくさんあるはずです。


お節介の奥には
あなたが
あなたに気づいてほしい想いが隠れています。




ここは
わたしの想いや
わたしと向き合ってくださる人たちの想いの全てに

金メダルをあげる場所。



全てに

金メダルをあげる場所。



わたしは

そう思っています。



わたしの感じたことを基準にして
誰かをジャッジする場所ではないと思っています。



わたしも含めて

自分自身を振り返ったり
自分自身と対話したり
自分自身を受け止める場所だと思っています。





そして

まだまだ未熟なわたしだけど

逢いに来て
わたしを受け入れてくださる人たちの優しさに
感謝をする場所でもあります。




b0345376_07383888.jpg

こっそり応援されてたことを噛みしめたり

涙も出るけど

幸せな朝でもあります。


ヒロちゃん
いつも
ありがと!

b0345376_07403924.jpg


わたしの想い

そのままに

綴らせていただきました。






by coharubiyori529 | 2019-06-11 07:15 | Comments(1)

ホントノキモチ。


東京で出逢った女性たちのこと
引き続き
綴っていきたいと思うhaco+ののりです。


ホントノキモチ。


あなたのホントノキモチ。


例えば
小さな我が子が
お友だちにつねられて帰ってきたとします。

小さな我が子は
痛かったの
とか
嫌だったの
とか話してくれるかもしれません。


その時
あなたは
どんな気持ちになりますか?


その瞬間
あなたは
どんな気持ちになりますか?



ホントノキモチ。


彼女はわたしに
大切な人たちとの縁を切るか?切らないか?を尋ねたかったと言いました。

でも
縁を切るか?切らないか?の答えよりも
大切なことを一緒に見つけました。



どうして自分の周りの人たちは
わたしのことをわかってくれないんだろう!

って言う不満や怒りでいっぱいだった彼女。



あのね
彼女は強くて意地悪なんじゃないよ。

彼女は
正しい道を踏み外さないように
一生懸命
お利口でいようと
努力してきた人でした。



その
いつのまにか積み重ねて来た生き方が

こうあるべき!
って言う太〜い縄で
自分の心をぐるぐる巻きにしているのがわかりました。



話を聴いてみる
確かに正しいと言われる言葉を使い
正しいと言われる視点で想いを人に伝えているのはわかりました。

一生懸命考えて伝えているのがわかりました。



ちょっと想像して欲しいのは

我が子が哀しい想いをして帰って来た時の
ママのホントノキモチって

あの子はホントはいい子だからね!

でしょうか?



人を悪く思ってはいけないし
なんなら
子どもにも人を悪く思うような人になってほしくない。

無意識に
頭の中で
人に良く思われる人物像が弾き出され
そこを基準に言葉を弾き出す。


それ、ホントノキモチ?

って彼女に尋ねました。


えっ?

何を質問されてるのかわからない驚いた表情をしていました。
だって、彼女は自分が正しいって思ってたから
自分のことを尋ねられるなんてね。

それから彼女は
自分のホントノキモチって何かわからなくなっていることに気づいてくれました。

わたし
わたしのホントノキモチがわからないって。



もし、わたしだったらねって話してみました。

もし、わたしだったら
娘がつねられて帰って来たら
かなしい!
くそー!
嫌だ!
って思うよって。

娘が痛くて悲しそうな顔を見た瞬間
わたしは
そう思うと思うんだよねって話しました。

その瞬間のホントノキモチ。

その後
ゆっくり
話を聴いたりして
また、気持ちが変化するかもしれないけれど

だけど
娘に話を聴いた瞬間
娘の涙を見た瞬間は

わたしは
いい人みたいな気持ちにはなれないと思いました。


誰かを攻撃しなさい!
って話ではなくて

その瞬間浮かんだ自然な気持ちに

頭を使って
そんなことを思ってはいい人にはなれない
とか
わたしはそんか浅はかな親じゃない
とか
子どもの教育に悪い
とか

沢山の理由をつけて
ホントノキモチに蓋をする。

ホントノキモチが出てこないように
鍵までかける。


これが

我慢

なんだよね。



我慢
我慢
我慢

ホントノキモチを感じてはいけないと我慢を重ねるから


ホントノキモチを我慢してない人へ

怒りが湧く。



その怒りを

正しいと思われる考え方と
常識人と思われる言葉を使い
冷静を装って
その相手に伝えようとするけど
伝わらない。

また

怒りが湧く

の繰り返し。



頑張ってるのに報われなくて
苦しむことになってた彼女。



彼女が大切な人たちにしてきたことを
わかりやすく言うと

辞書で調べた言葉を
そのまま
小さな子どもに
一生懸命
キチンと上から伝えてたって感じかな。


小さな子どもたちは
一生懸命
心を向けて
聴いてくれるでしょうか?




だから
伝わらなかっただけ。


ホントノキモチって
そんな辞書みたいな言葉ではないし

嫌だ!っていうシンプルな想いに

沢山の大人らしい言葉という装飾をつけて
非の打ち所がないように伝えても

なんていうか
せっかく持ってる体温みたいなものが伝わらなくて

相手は
気持ちではなく
言葉だけ聴き流してしまうんだと思います。



彼女が悪くて
相手は悪くない

そんな話ではなくて


彼女を苦しめていたのは

ホントノキモチ

を見ようとしなかったからで


ホントノキモチ

に気づいてはいけないと思っていたからなんですね。



びっくりしてました。
自分が正しいか
間違ってるかを知りたかったんだと思うから

正しいとか間違ってるとか
そこが苦しみを生むんだよって話になったから


何かが崩れていくように
泣いていました。

正しいか
正しくないか
の世界に
ずっと生きてきたことを
初めて意識した瞬間だったと思います。

よく頑張ってきた人でした。


だからこそ

今、起きてる出来事が

もう楽になっていいんだよ!

っていうメッセージだと伝えた時

また涙が溢れていました。



ホントノキモチ

どう?ってもう一度尋ねたら

嫌い!も 悲しい!も出てきましたよ。


その感情が湧いていいんだよ。

頭の中や心の中は
誰にも見えない自由な世界。

だから
その自由な世界に
見張りを付けないでほしいんです。


見張って
ジャッジするから
苦しくなって
人にも正しさを押し付けたくなる。


このサイクルに魅力を感じますか?



彼女は
ハッとしましたよ。

小さな娘さんにも
正しさを押し付けてるかもって。



うん、うん。


反省はいらないよ。
気づきだけでいい。
だって
一生懸命生きて来たんだもん。
頑張る方向が違っただけ。



正しいとかなんとかより

今、自分はどう感じたか?

が大事だよ。


自分に優しくしてないと
誰かに心から優しくするのは難しいんだよね。


そんな話をいっぱいしました。



いっぱい泣いて
いっぱい気づいて
いっぱい
これまでの自分に
心を無視してごめんねって謝った彼女と

お祝いのケーキでも買って帰ったら?って話しました。

自分が食べたいケーキだよ!って念を押したら



「 自分が食べたいケーキ?考えたことがないかも。いつも娘は今日はこんなのがいいかな?とか、人のことばかり考えて選んでた!」

って、また自分に気づいていました。



人のことを考えるなって訳じゃないから
娘さんの好きなものを選んでもいい。

だからこそ
自分の好きなものを選んでもいいじゃない?



ケーキすら
自分の心に尋ねたことがなかった彼女は

帰り道
大好きなケーキ屋さんに行くことを実行し
自分が食べたいメロンパフェを買って帰ったって報告のメールをいただきました。



自分のホントノキモチを初めて聴けた記念日
おめでとう!



ホントノキモチって

すごくシンプル。



あのケーキ屋さんのメロンパフェが食べたい!

素直に言われたら
叶えてあげたくなっちゃうもん。


自分のホントノキモチ
素直でかわいい気持ちに
蓋も鍵もいらない。


大切な宝物。




こんなことになるなんて〜〜って
泣きながら笑い出して

帰りは
大好き!
ハグしていい?
って素直にわたしに気持ち伝えてくれました。



それだよ!

その素直さがかわいいの!


泣いて
お化粧は落ちたかもだけど
最高にあどけなくて
愛らしい笑顔だったよ!



勇気を出して
逢いに来てくれて
本当にありがとう😊


またね!


b0345376_09232495.jpg








by coharubiyori529 | 2019-06-10 08:20 | ココロのカウンセリング | Comments(0)

東京で出会った女性たちのこと

どんどん綴っていきますよ☺️



今、感謝状っていう題名のメールを頂きました。



感謝状⁈

わたしに?



会いたくて…ただそれだけで会いに来てくれた彼女は、何を話そうか?は決めないままに来ましたって言ってくれました。


会いたかった!は

はじめましてって顔を合わせた瞬間に泣き出すから、伝わってきました。ありがたい。



わたしと彼女の共通点は

お片づけを学び

お片づけのプロであるということ。



お片づけのプロって

暮らしが全て完璧ってイメージがないですか?



彼女もどこかそんなイメージに苦しんでる気がしました。




同居に伴い

義両親の荷物が占領してる部屋が生まれ

そこを片付けられてない自分を責めてるように感じました。


お片づけのプロなのに

スッキリ片づいていない部屋があるなんて…って。




ねぇ、その部屋片づけたいの?


って聴いてみました。



彼女は、その質問の意味を理解するのに少し時間がかかりました。



自分の物ではない家具や物が詰まった部屋は

入った時に気持ちよさは感じないかもしれない。



だけど

それらは、義両親にとっては必要に感じる物たちのお部屋。


自分には物置に見えても

ここに全てある!と感じれるこの部屋は

義両親にとって安心の空間。



そこを

片づけたい理由は何?


お片づけのプロだからこそ

片づけるか?

片づけないか?

も選べるんじゃない?って話をしました。




だって

わたし達は

苦しむためにお片づけをするのではなく

幸せになるためにお片づけがあることを

しっかりと学んで来たはずです。



だから選べるんです。


そのお片づけが幸せに繋がっているか?を見極める目を持ってるはずです。




プロだから

片づけなければならない!なんて

自分の暮らしの舵を誰に渡してしまってるの?ってね


優しくて

いろんな意見を受け入れる彼女に


自分の気持ちはどこにあるの?

って尋ねたのです。




彼女は

今は片づけなくていいって

涙の後にすっきした笑顔を見せてくれました。




片づいてない部屋があるのではなく

今は片づけないって決めてる部屋があるのです。


今片づけないのは

自分にはわからない誰かの大切な気持ちや物が詰まっているんだと感じたからです。



今、片づけないって

自分で選んだのです。




彼女も

お片づけとココロが繋がっていることに気づき、そこが大事だと感じてるプロです。


だから

自分の気持ちが大事で

人と同じではなく

自分が伝えたいことを知っていく事が大事で

自分の言葉で発信していく事が大事。



たくさん

たくさん

お片づけのプロがいるからこそ


彼女が彼女を出さないと

埋もれてしまうのです。




お片づけのプロだから…


そんなことに縛られてたらもったいない!



プロらしいこと…


そんな感覚は

すでにある自分の大切な感覚を鈍らせるし

人の心を動かせない!



あなたが人間味あふれる時

誰かの心が動くんだから。




誰に寄り添い

誰の笑顔が見たいか?を一緒に確認しました。


わたしにはない彼女の軸がそこにありました。


それが一番大事なんだよねって

泣いて笑って

気づいていきました。



誰かと同じ必要はなく

プロっぽく振る舞う必要もなく


ただ

ただ

人間らしくあれたなら


きっと

愛されるお片づけのプロになるよ!


わたしはそんなことを

彼女にいっぱい伝えた気がしています。


彼女のこれまでの経験が

誰かをホッとさせるって感じたから。


自分を生かすって

ありのままでやることだから

スマートな事ばかりじゃなくていいんだよ。



自分の心の声を聴いてあげないと

人の心の声は聴こえない。


自分に選択を委ねてあげないと

人に選択を委ねることが難しくなる。




全ては自分から


その自分からが


誰かに伝わるんだと思うんだぁ。




綺麗なお片づけのプロさんから届いた感謝状





私、ワクワクしながら感謝状を書きました。

言葉が溢れるってこういうコトだなーって。

どうぞ、ブログにお使いください😊

のりさんの溢れた愛で私が満たされたように
私から溢れた愛で、またどなたかが

幸せな気持ちになれますように!


こんな風に言っていただいたから

皆さんにもお届けしますね。





のりさんへ。感謝状。


のりさん。こんにちは。


のりさんに会ったあの日から

『片づけないでいい部屋』は

愛ある部屋に変わりました。

覗くたびにタンスさえ無ければ。と

私が苦しかったせいで

主人にもツライ気持ちを味あわせていたのかもしれません。

視点を変えるだけでこんなにも

気持ちがラクになるんだと思えたこと

感謝の気持ちでいっぱいです。


私が、お片づけを勉強した理由も

わかった気がします。

大変な思いをしている方に寄り添いたいと漠然と思っていたけど

幼かった時に、頑張ってるね。大丈夫だよ。安心してね。と誰かに抱きしめてほしかったんだな。と。

そして、今そう思って生きている子供たちを抱きしめてあげたいんだな。と。


カウンセリング料の話をした時

あなたの価値だよ。と言われた時も

涙が溢れて仕方ありませんでした。

私の周りの方は、

お客様のお財布の心配はしなくていい。とか

それだけ暮らしを変えるお仕事をしてるから。

と話してくださる方はいらしたけど

のりさんのように話してくださる方はいなくて。


受け取り方ひとつで世界がこんなにも愛でいっぱいになるなんて。


大好きなキッチンからの眺めを写真に撮ってみました。のりさんの花かんむりも仲間入り。

もっと大好きな空間になりました。

花かんむりを見るたびに、のりさんのキラキラした瞳を思い出します。


ありがとうが足りないくらい。

いっぱい、いっぱいありがとう。

また、いつか会いたいです。






b0345376_16011400.jpg

小さな花かんむりがうれしそう☺️



そうそう。
カウンセリング料金の話もしたね。

実はねって話をしたね。


カウンセリング料金が
カウンセリングを申し込む時のドキドキの理由になることってあるもんね。


だけど
それを払うのは
現実はわたしにだけど

自分が自分を幸せにするために
自分にかけてあげるお金なんだということを
話したよね。

そして自分は
そのお金をかけてあげていいくらい大切な存在なんだって感じるための
カウンセリング料だと話したよね。


わたし達は
子どもたちのことには使えるのに
自分には使えないって思う事があるけれど

子どもたちも
あなたも
大切な存在なんだよね。


あなたが元気でいる価値って
本当ならお金どれだけ積んでも敵わないんだよね。


だからわたしは
もう値下げやキャンペーンをしないと決めたのです。


出会ってくださる女性たちが
自分のために
自分に献上するのが
このカウンセリング料金だと
ひしひしと感じているし

自分への尊厳が
このカウンセリング料金だと感じているからです。



あなたは
そんな大切な存在なんだと
わたしは精一杯
カウンセリングで届けます…これからも。



もし
彼女みたいに料金にドキドキしたら

自分に献上してみてもいいんじゃないかな?

って、日頃の自分の頑張りや価値を認めながら自分自身に聴いてみてください。


もちろん無理をしろっていう話ではなく
あなたはかけがえのない価値がある存在だからねって話をしたいだけなのです。




飾らない彼女の気持ちが
わたしの中にすーっと入ってきました。

彼女と一緒の時間を過ごした時
あったかい人間臭さがある人だってすぐわかったから

この感謝状が
素の彼女みたいに可愛く思えました。


たくさんの子どもたちやママが

あったかい彼女のそばで笑ってる…

きっと

そんな日が来るはず。




また会うよ!きっと😊

感謝状、ありがとうございました!














by coharubiyori529 | 2019-06-08 15:24 | ココロのカウンセリング | Comments(0)

もたもたしてしまうんです…。

そんな気持ちを
小鳥が震えてるかのような
怯えてるような
不安気な表情で話してくれた彼女のこと
綴りたいと思います。



仕事でもたもたしてしまい
誰かに迷惑をかけたり
誰かを怒らせてしまうって
話してくれました。


わたしは

もたもたっていう表現が気になり
話を聴いていきました。


物忘れもひどくて
失敗ばかりでって

彼女の話は続きました。



彼女がずっと
心震わしながら話してくれていたのは

誰にどう思われるか?に
毎日
毎日
怯えてる自分のことでした。



ちょっと考えてみてほしいのは

相手の顔色伺って
相手の反応を気にして
相手に気に入られる行動か?を常に考え
相手に気に入られなかったと感じると
自分を責め始める。



こんなことを繰り返していたら

のびのびと
素直な行動が出来ると思いますか?



だから彼女に聞いてみました。


もたもたしてるというより
失敗しないようにって
常に緊張が走り
おどおどしてしまってるのではないですか?
って。


そしたら
もう止められないくらいに涙が溢れて
やっとの思いと
やっと気づけた!という気持ちから

そうだ!
その通りです!
どうしてわかるんですか?って。



不安や恐怖から
行動を起こすから

のびのびしてる自分なら
問題なくやれることでも
失敗してしまう。

先に起こるかもしれない嫌なことを想像するのに一生懸命だから
今、持っていきたいものを準備することに集中できずに忘れ物をする。


心、ここにあらず…

これが彼女を苦しめていたんじゃないかなって思いました。



怒られないように…
ではなく
怒らせないように…って
自分を緊張させてしまう。


その行動の前提は

わたしはダメな人間で
わたしは迷惑かける存在だ

ということ。


その前提で動くから
おどおどして
また上手くいかなくて
益々、自分にダメな人という判子を押す。



わたしもそうだったから
痛いほどよくわかるのです。





仕事を始める時
きっと夢があったはず。

大事にしたいものがあったはず。


その夢や大事にしたいものが

いつのまにか
誰かに認められるため
という目的にすり替わったことから始まった苦しみ。



本当に大切にしたいこと
見守りたいものから
気持ちが
外の人や評価にすり替わる


本当に大切にしたいことや見守りたいものへの気持ちは確実に薄らぎ
その内忘れてしまい
達成感や充実感を味わうことも減り

その代わりに与えられるのが
疲労と虚しさと自己否定。


誰かを怒らせてしまったと感じると
反省するだけでなく
自分のどこが悪かったのか?もわからないままに、きっとわたしが悪かったんだと思い込ませ
ひたすら謝ってみたりして
人の下に入り込み
また、自分の力を無くしていく。



この仕事に就いたのは
何を大切にしたかったからですか?

その大切にしたかったものを今
大切にできていますか?


彼女の想いは
のびのびと子どもたちが育つ姿を見守ること。


だけど
今、四六時中見つめてるものは
子どもたちよりも
周りの大人の自分への反応。



毎日ざわざわするんですって話してくれたから
それは
自分の気持ちと反対方向に向かってるからだよって絵を描いて伝えました。



目の前の子どもの今の表情や行動より
少し前に起こった出来事に心奪われ
これから起こるからもしれない最悪の事態を予測し、どうやって相手をご機嫌にできるか?を考え込み、思ってもない謝罪や、つくり笑顔を生み出す毎日に翻弄される。



だから
疲れているんですよって伝えました。


自分はその時の最善を尽くした!
なんて認めようともせずに
心の中で想うことも許さずに
何1つ
自分の気持ちへのお尋ねをせず
自分の行動へのチェックとダメ出しばかり。



寒い日に
寒くない!
寒くないでしょ!
って
本当は寒い自分に言い聞かせ
わたし寒いですって
伝えることも許さずに
だんだん冷え切って
凍えて倒れてしまう


今、そんな状況だと感じました。


人にはそんな想いを絶対にさせない彼女が

自分には
それを許す。



人に嫌われたら生きていけないという思い込みが

死ぬまで一緒にいる自分と自分の心という存在を忘れさせてしまう。



あなたが一生一緒に生きていくのは
あなた自身で
怒ってるその人ではない。




あまりにも
自分をないがしろに生きてきた彼女の命は悲鳴をあげ泣いていました。


ねぇ、わたしを見て!って言ってるように感じました。



ここに世界でたった1つのペンがあります。
世界でたった1つです。
そのペンを手渡されるとき
どんな風に受け取りますか?

わたしはそんな質問をペンを渡しながらします。

世界でたった1つ

その言葉に
両手をそっと差し出してくれます。

それを家に持って帰っていいよって言われたら
どうやって持って帰る?

って尋ねると

ふわふわのハンカチに包むと答えてくれました。




あのね
世界でたった1つって
こんなにも大事にしたくなるよね?

このペンは
あなたとあなたの心のことだよって言ったら


また涙が溢れて
止められない様子でした。


自分という命の大切を
初めて知ったのではないかなって思うほどに泣きじゃくり

ごめんね
ごめんねって

彼女は自分に謝りました。

可愛そうなことをしてきたと
さらに泣きました。



今、抱えてる病も
もしかしたら治るかも?って
目を輝かせました。


ずっと自分に鋭いナイフを向けてた日々から

ふわふわのハンカチに包んで慈しんであげる日々は

身体の細胞だって元気にするよね!

って2人で笑いました。




自分の気持ちに夢中になってください。

それはわがままとは違う。


あなたの心からの笑顔が

あなたの大切な人を幸せにするから。




ありがとうや感謝や大好きも
素敵な感情だけど

嫌だ!も悲しい!も怒ってるぞ!も
大切なあなたの気持ち。



どんな感情も
心から湧き上がる時に
⭕️とか❌はいらない。


わたしは今、こう感じました

以上  マル




さぁ

少しずつ
少しずつ
身体も
心も
パワーを取り戻していきましょう!



パワーの源は

あなたがあなたを見つめるということ。


それが
あなたの命にとって
最大の栄養になる。



応援してます。

b0345376_13165349.jpg

ゆっくり

コツコツ

少しずつ。



出会ってくださり

会いに来てくださり

本当にありがとうごさいました😊







6月はまだ空きがございます!
7月もお尋ねくださいね。

お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。



只今
★ココロのカウンセリングは120分 15000円
★お片づけサービスは1時間 4000円
となっています。

日田市外の出張に関しては
交通費が別途かかります。


土日にカウンセリングをご希望の方へ
日田市までいらっしゃれる方とゆっくりお話できるお気に入りの場所を見つけましたので
安心してお申込みくださいね☺️


by coharubiyori529 | 2019-06-08 11:20 | ココロのカウンセリング | Comments(3)

初めて東京に行き
7人の女性たちに出会い

その
初めてお会いする人たちの人生や心に触れさせていただきました。


目の前の人の過去が暗闇だったとしても
わたしはそこから光を探します。

だって
必ず見つかるんだもん。


今から綴る彼女は
子どもでいられる期間が短く
歯を食いしばり
人に迷惑をかけないようにって

強く
強く
強く

って生きてきた人でした。


まだ幼い頃に大切なお母様を亡くされた経験から

大切なものはいつか突然なくなるって信じ

大切なものをつくらないように
大切なものがなくなっても傷つかない自分でいられるようにって

生きてきたのを感じました。


強くなることも
傷つかないように深く触れないことも
これまでの彼女が自分を守る大事な手段だったんだなぁって感じました。


そんな彼女からカウンセリングを受けた日に
メールをいただきました。

これは皆さんに届けたい!とお願いすると


ブログ、私のことを綴っていただけるなんて光栄です。
直接でなくても、のりこさんのブログを通して、たくさんの方とつながれること嬉しく思います。


って快く受け入れてくださいました。
ありがたく
皆さんにお届けします。




のりこさん、今日は本当にありがとうございました。
なんだか、まだフワフワしている感じです。
帰ってきてからも、帰る途中もずっとのりこさんにおっしゃっていただいた言葉をずっと思い出していました。

そして、ふとのりこさんにいただいた花かんむりを手にとったとき、のりこさんからの大事な言葉を思い出し、「これからは私女の子でいていいんだ~」と思えたとき、すーっと楽になれた感じがしました。
もう頑張らなくていいし、本当の自分でいていいって許してあげられるような。

今まで、事情や環境のせいで、歯をくいしばって頑張ってる人たちがわたしの周りには多くて、縁があったのは、私がそうだったからなんだと気づきました。

私、今日からちょっとずつ子供らしかった頃の私に戻っていきますね。
のりこさんにいただいた花かんむりをいつでも女の子の自分を思い出せるようにお部屋に飾らせていただきました😊

昔、母とれんげの花冠を作って、頭にのせて嬉しかった頃の自分を大切にします。無理に忘れようと、見ないようにしていた幸せだった自分を思い出させてくれて、ありがとうございました😭
少しずつ自分の心が自分の体に戻ってくる感覚、本当に不思議だけど、すごく心が温かくなる感覚、今そんな気分です🍀

またこれからいろんな気付きや変化が起こってきたら、またメールさせてくださいね❤️
本当に本当にのりこさんに会えて良かった😆

カウンセリングはいつもいつも受けられないけど、Instagramやブログでのりこさんの言葉を身近に感じられることは有難いです😊

自分をほめる!
自分をみる!
自分の心にきいてあげる!

まだわかっていてもなかなか難しくて、すぐに責めたくなったり、悪い未来を想像したり、疲れてる自分がいるのも確か。でも、昨日までの自分と違うのは、
自分の中に女の子の自分がいることをダメなことじゃなく、女の子の自分をすごく意識するようになったことが大きな変化です✨

すこーしずつ、すこーしずつ、少女の私を生き直していきますね❤️
まだまだ自信はないけれど、そんな自分と一緒に歩いてみようと思います✨




彼女は最初
自分のことを
強くて男性っぽいって話してくれました。


ん〜〜
そうなのかなって思いながら
彼女の言葉をひろって行きました。

わたしは
彼女は
とっても女の子なんじゃないかなって感じていたからです。

だから
小さかった頃の好きだった遊びを尋ねると
その確信は強まり
彼女に

あなたはかわいい女の子なんじゃないかなって
伝えました。


えっ!そんなはずはないってびっくりした表情をしたけど

強くならざるを得なかった瞬間より前の自分に気づくことができました。


いただいたメールを読んでうれしかったのは
お母様もいらして
安心して生きていられた頃の自分を
思い出してあげられたこと。

突然いなくなった人との幸せな時間を
思い出さないように強くなってきた彼女にとって

もう本当に大きな変化なんです。


お母様の写真を見ても
何て言葉をかけていいのかわからないって言ってた彼女が…

もしかしたら
なにか話しかけることができたかもしれませんね。



一見不幸に思える出来事たち。

本当はそこにさ愛と光しかなくて

「幸せになっていいんだよ!」

そのメッセージが隠れています。



それを知らなかったから苦しかった。

それを知れたから少し楽になった。



彼女に沢山メッセージが来てたことを伝えられる幸せ。

それを
ゆっくり
ゆっくり
自分のリズムで受け取ろうとする愛らしい姿。


ほら
やっぱり
かわいい女の子じゃん!

ってね。



彼女がわたしを見つけてくれたのはinstagram。
暮らしの風景が好きだというところから始まったご縁が

彼女自身の大切な人生のターニングポイントに
出逢わせていただくことに繋がっていました。


b0345376_10503026.jpg

彼女に渡した黄色い小さな花かんむりは
やっぱり彼女に似ていました。


ねぇ、あなたがあなたに戻る時が来たよ!


頑張って
頑張って
感情を隠して
虚しさの駅に進んで行ってたのなら

もう
ひと休みも
ふた休みもして
素直に気持ち表して
かわいい女の子に戻りながら
幸せの駅を目指そう!


反対方向に進んでるよ!のメッセージに気づいたのだから

方向転換するだけ😌



素直であること

助けてほしいも
ありがとうも
さみしいも
楽しいも
素直に表現することは

誰かに負けたり
誰かより弱くなることではない。


本当の意味での強さなんじゃないかなって思う
わたしです。




さぁ、遠慮せずに

過去の自分に
たくさんの金メダルを🥇🥇🥇

そして
これから自分に
沢山の祝福を💐



あなたはかわいい女の子。


忘れないで。



b0345376_10584097.jpg


6月はまだ空きがございます!
7月もお尋ねくださいね。

お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。



只今
★ココロのカウンセリングは120分 15000円
★お片づけサービスは1時間 4000円
となっています。

日田市外の出張に関しては
交通費が別途かかります。


土日にカウンセリングをご希望の方へ
日田市までいらっしゃれる方とゆっくりお話できるお気に入りの場所を見つけましたので
安心してお申込みくださいね☺️


by coharubiyori529 | 2019-06-08 10:18 | ■お客さまの 声 | Comments(0)

haco+、東京へ行く。


ただいま。

haco+初の東京でのカウンセリングから帰って来たのりです。




20代から60代の
7人の女性たちに会うために
自分が後悔しないように準備をしてのぞみました。


出発の朝
母がわたしの荷物を見て

荷物が少ないねって。

ワンピース2枚と下着や化粧道具より
お渡ししたいクッキーや花かんむりがスーツケースの半分を占める姿を見て

母はわたしらしいと笑いました。




わたしは
クッキーや花かんむりを
壊れないように運びたかったから。
でも
ちゃんと
大好きなワンピースを入れましたよ。



ただ
旅の準備に対する想いが
とてもシンプルになっている自分に気づきました。


本当に飾らなくなったなぁって。


自分を良く見せようとかいう意識が全くなくなっていて

出発前、前髪切りに行くはずが
それも出来なかったし
爪を切って行くのも忘れてました。


だけど
どうしても花かんむりを持って行きたくて
出発前夜に思いついた小さな花かんむりを作りたい気持ちは大事に出来ました。

徹夜するつもり?
って家族に心配されながらも
バスや飛行機で寝るから大丈夫ってね。

顔にはクマが出来るかもだけど笑笑
それでも後悔なんかしたくないよって
小さな花かんむりをわくわくしながら
お守りになるようにって
心を込めて作る時間は
至福としか言いようがない時間でした。



そんなスーツケースと共に飛行機に乗り

大きなおにぎりをお腹におさめ

東京の地に着陸する時

もうどうしていいかわからないくらいに
感謝が溢れてしまって
涙が出てしまいました。



誰にも相談せずに決めた日程。

誰か来てくれるかもわからないのに決めたチャレンジ。

それを誰一人笑ったり、反対する人がいなかった奇跡。

娘の朝練用のサンドイッチが美味しそうに出来て、持たせて、出発できた幸せ。

7人もの人が逢いたい!と待っててくださること。

応援してくださる人たちが沢山いると知れたこと。



もう
その全てが
ぶわ〜〜と胸から飛び出すかのように溢れ
両隣のビジネスマンを気にする暇はないほど
自然と涙が出てきました。



わたしの3日間

感動と感謝しかなかった3日間



7人の女神たちとの物語を
綴ってみようと思います。


彼女たちのこれまでに
何度、胸を打たれたか!


順不同になりますが
彼女たちのこれまでに敬意を払いながら
彼女たちへの感謝状のような
そんなblogを少しずつ綴っていきます。


よかったら
お付き合いくださいませ。



b0345376_10082257.jpg

田舎者のわたしには
ホテルの部屋に大きな窓が必要でした。

窓の大きさと
圧迫感のない広さで選んだ部屋からは
東京タワーが見えました。

なんだか
それすらご褒美のようで
窓に張り付いて眺めたわたしです。






6月はまだ空きがございます!
7月もお尋ねくださいね。

お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。



只今
★ココロのカウンセリングは120分 15000円
★お片づけサービスは1時間 4000円
となっています。

日田市外の出張に関しては
交通費が別途かかります。


土日にカウンセリングをご希望の方へ
日田市までいらっしゃれる方とゆっくりお話できるお気に入りの場所を見つけましたので
安心してお申込みくださいね☺️



by coharubiyori529 | 2019-06-08 09:39 | ■haco+の歩み | Comments(0)

昨日のblogを読んでの感想をいただきました。

一生懸命頑張ってるのに
そこは認めることなく
なんなら
頑張れてないのではないか?
と不安にすらなり
心と身体をすり減らしながら
仕事を頑張る。



比較

評価

承認


もし
あと1週間の命だとしたら

わたしたちが命を使うことは


比較

評価

承認

だろうか?



比較すること

評価をいただくこと

承認を得ること


そこに命を使うだろうか?




本当に大切な人、事に命を使うのではないかな。




仕事を辞めなさい!って意味ではなくて

仕事をしていきながら
あなたが幸せになっていいことを知ってほしくて

そして

自分のこと
自分の存在価値や命より

仕事が上にきてないか?を
ちょっと考えてほしいんです。


あなたのことを
あなたが守ってほしいのです。









のりさん
素敵なブログ
温かいパワーに満ち溢れています😊✨素敵です

のりさんと一緒にお片づけしてて、周りの目が気にならなくなって、自分の良さがあるって思える様に少しずつなってきて。そしたら、自分の良さを認めてくれる人もいて
自分で良かったって😊
思える様になってきました。

なのに、4月、5月と仕事が忙しくて、自分を見失いかけて、また以前のように、自分が頑張れば!って家族もないがしろにして、残業して、不安になってました。

やっぱり、自分の気持ちを素直に伝えよう!って上司の方に、不安に感じてる事を
やっとの思いで伝えたら
分かってもらえて!
話せた事で不安な気持ちもすっかり減って、残業しなくても、集中して出来る様になりました。

不安な時って、集中出来てないんですよね。

なんか気持ちの整理も出来たら、今度は部屋を掃除するのが、楽しくて。

不安な時って、家の掃除も億劫で、頑張らないと出来ない感じでした。

自分や家族を大切にするって、当たり前の事だけど。出来てなくて。

今、少しずつだけど、残業せずに早く帰る!を実践しています。

そしたら、お弁当や夕飯に力を入れる事が前よりも少しですが出来る様になりました。


まずは、早く帰って、大切な家族、お家、子ども達と過ごせる貴重な時間を大切にします。

のりさんに宣言したら頑張れそうで、読んでくれてありがとうございます。

のりさんに出会った7月がもうすぐやってきます!

のりさんと一緒にお片づけした、愛しい快適な我が家で暮らせてます。

1年前より格段に幸せになりました😊💕🏠

のりさん、ありがとうございます。

のりさんをまた呼べる様、頑張るぞ💪





素直に上司に不安を伝えることは
勇気が必要な行動だったと思います。

だけど
自分のために
自分が大切にしていきたいことのために
行動されたんだと思います。

上司に受け入れられても

たとえ受け入れられなくても

自分のために行動したことに
よくやったね!って言えるのではないかな。



命って言葉を使うのは
少し大袈裟に聞こえるかもだけど

健康だからと

自分の命の大切さや重みに気づかずに

自分を1番ないがしろにして
ヘトヘトになってる人たちを見てきてるからです。



健康だって当たり前ではなくて

今、生きていることすら
当たり前ではないのです。



お願いです。

あなたの命は世界でただひとつ。


その尊さに気づいてください。


その尊いものを守るために
どんな言葉をかけ
どんな行動をとるかなって

考えてほしいと思わずにはいられません。




あなたがココロと身体が元気なら
安心して
きっといい仕事ができるはず。


b0345376_08461869.jpg


6月はまだ空きがございます!
7月もお尋ねくださいね。

お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。



只今
★ココロのカウンセリングは120分 15000円
★お片づけサービスは1時間 4000円
となっています。

日田市外の出張に関しては
交通費が別途かかります。


土日にカウンセリングをご希望の方へ
日田市までいらっしゃれる方とゆっくりお話できるお気に入りの場所を見つけましたので
安心してお申込みくださいね☺️


by coharubiyori529 | 2019-06-02 08:09 | haco+の想い | Comments(0)

反対方向…について話してみたいhaco+ののりです。


例えば
集団の中で働いている時
気になる存在がいる。

どんな風に気になるか?
というと

自分より仕事をこなせてる

とか

自分より努力してる

とか

自分より評価されている

とか

そんな風に人が気になることはありませんか?



気になるだけならまだいいけれど

そうあらねば!

と力入れて
追いつけ
追い越せの世界で
翻弄し始める。



追いつけ
追い越せの世界では

自分の個性や
自分の心の声など
認めたり
聴いたりしてる場合ではなくなる。


常に見てるのは

人、人、人。



自分よりも

できる人。


自分に⭕️をあげられる日は
その誰かより良くできた日。

自分に❌をあげる日は
その誰かより出来なかった日。

何故か❌をあげる日が多い。



常に基準は

誰か

誰か

誰か。




ちょっと冷静になって考えてみてほしいのは

みんな
おんなじことができて
みんな
おんなじ言葉を話し
みんな
おんなじリズムで生きていたら

楽しい?

誰が輝く?

個性なんている?

泣いたり
笑ったりしてる?

あったかい?



その仕事ができる人がいるのは

その仕事が苦手な人もいるからじゃないかな。




その仕事ができる人がいるのは

その仕事が好きでたまらないからではないかな。




その仕事ができる人がいるのは

その仕事が苦手な誰かを助けてあげられるためなのではないかな。





なんかね

出来る相手と出来ない自分って決めつけて

終わりのない闘いを続けてはいないかな?






その仕事のその人のやり方が苦手なだけで

あなたのやり方でやれたら

力が発揮できるのできるかもしれない。



その仕事は苦手だけど

その場を和ませたり
自分が苦手なことがやれる人を素直に尊敬したり、感謝を伝えたり
そんな役割があなたにはあるのではないかな?




すごい!って認められる人もいれば

もー、仕方ないなぁって手伝ってもらえる人もいて

かっこいい!って言われる人もいれば

居てくれるだけでホッとするよって声かけられる人もいる。




すごい!だけが価値があって

もー、仕方ないなぁは価値がないのかな?




わたしは

この相反するように見える人たちがいてくれるから

お互いが
それぞれの輝きを放てる…そう気づきました。






どうしてあんたは出来ないの!

とか

どうしてわたしは出来ないの!

とかっていう感情は


きっと

反対方向に頑張ってるんじゃない?

っていう合図じゃないかなって思います。




どうしてあんたは出来ないの!

こんな気持ちになるのは

誰かを頼りたくても頼れなくて
誰かと自分を比べながら自分のお尻を叩いてきて
常に歯を食いしばって乗り越えて来たからこそ
誰かが出来ない姿に苛立ちを覚えるのではないかな?



どうしてわたしは出来ないの!

こんな気持ちになるのは
自分が出来ないことをやっている人にならなければいけないという思い込みが
自分の良さすら見失なわせ
自分に苛立ちを覚えるせいではないのかな?




みんながみんな
先生になっちゃった世界には
生徒がいない。


だから
先生は
先生としての力を発揮することができない。



みんながみんな
料理が上手だったら

料理で輝く人はいなくなるし
レストランを開いても
自分で作れちゃうって
誰も来てくれなかったりしてね。




仕事場という世界に入ると
そんなことも言っていられないくらい
時間と業務に追われるかもしれないけれど

だからこそ

パワーが必要なんだと思います。


その必要なパワーが

誰かと比べることや
自分を責めることに使われ過ぎてはいないかな?って振り返ってみてほしいのです。


業務をこなすこと以上に
わたしたちを疲労させるのは

わたしはダメだ
どうしてできないんだ

という自分へのムチと

常にある誰かへの視線。



そのムチを当てれば当てるほど
恐怖や恐れからの力が入り
いつもならやれることですら
ミスをしてしまったり


人がどう思うか?を気にし過ぎての
いつもならすんなり出る言葉すら
自分を疑ってしまうからこそ
話せなくなってしまったりする。



これは心が縮こまった状態で

自分はダメな人間なんだって信じている状態。


苦しい緊張状態。




それが続く悪循環。





テキパキさんと
おっとりさん。


テキパキさんがおっとりさんを目指せと言われたり

おっとりさんがテキパキさんを目指せと言われたりしたら?



テキパキさんが好きだという人の前ではテキパキさんを演じたり

おっとりさんが好きだという人の前ではおっとりさんを演じたりしたら?



もう、カメレオンみたいで
本当の自分がわからなくなる。




これって幸せですか?



自分と反対方向を目指す時

誰かに合わせた自分になろうとする時

わたしたちにくる合図は

虚しさや疲れ。



その虚しさや疲れは
そんなことしなくていいんだよっていう合図です。




相反する人がいるから
わたしたちは人を好きになったり
支えられたり
守られたり
自分にとって嫌なことを知れたりするんだと思います。



相反する人がいるからこその
この世界の醍醐味を
歯を食いしばって奪わなくてもいいのではないでしょうか?




あの人も素敵だけど

あなたも素敵なのだから。



本来の自分を
恐れで追いやったり
隠したりしないでください。



あなたにしかない魅力が必要なんですから。





自分を生きることで

誰かが自分を生きていく姿にも喜びを感じ

そんな自分と誰かとは

安心と信頼で繋がっていく。


誰かに合わせて
その誰か好みの自分を演じて繋がるより
はるかに心地よく幸福感がある




わたしたちが本当に味わいたいのは

仕事の手柄ではなく

そんな繋がりなのではないかなって感じています。




誰かにならねば!と辛くなったらね

自分ではダメなんだ!と泣きたくなったらね



みんなおんなじ顔、性格、考え方だったら?

って想像してみてほしいんです。

そんな世界に生きたいの?って。



そして

反対方向に頑張ってたなって気づいたら

じゃあ、どうしたい?

って自分に聴いてあげてください。


答えが出なくてもいいから聴いてあげて
反対方向に向かうって疲れたよねって
優しく声かけてあげてください。





最近、こんな内容のカウンセリングが続いたので、文字にしてみたくなりました。




わたしもそうだったから。



一生懸命自分にダメ出しして

誰かにならねばと歯を食いしばって頑張って

その歯を食いしばった経験を

人にまで押し付けて


わたしもやってきたから
あなたもやりなさい!みたいな気持ちで
人のお尻まで叩きたくなる…


そんなわたしが過去にいました。



その時の自分のこと
反対方向に向かって疲れ果ててたわたしのこと人を傷つけたかもしれないわたしのこと
今は自分が1番わかってあげられます。

反対方向はキツかったねって。




そこから少しずつ
方向転換してきた今
もー仕方ないなぁって言われながらも愛される喜びを知りました。

なーんだ
わたしでよかったんだってね。



わたしは合図に気づかずに
反対方向まっしぐらでした。


あなたには
今のその気持ち
反対方向に向かってるからじゃない?
って気づいてもらえたらうれしいし

楽になってもらいたいなって
心から思っています。






言わせてください。


あなたはあなたのままがいい。


あなたのままだからこそ味わえる幸せがあることを

これからも

伝えていけたらと思います。



長くなりました。


最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

b0345376_15110119.jpg





6月のご予約も受け付けています。

東京でのカウンセリングは、満席となりました。ありがとうございます!

お申込み、お問い合わせ

直接のお申込みお問い合わせは
haconori529@yahoo.co.jpまでどうぞ。



只今
★ココロのカウンセリングは120分 15000円
★お片づけサービスは1時間 4000円
となっています。

日田市外の出張に関しては
交通費が別途かかります。


土日にカウンセリングをご希望の方へ
日田市までいらっしゃれる方とゆっくりお話できるお気に入りの場所を見つけましたので
安心してお申込みくださいね☺️











by coharubiyori529 | 2019-06-01 13:48 | ■暮らしのカウンセリング | Comments(0)