暮らしのくふう工房 haco+の日々 haconori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

大分県日田市で、捨てることではなく、一緒に暮らしていきたいものを選らんでいくお片づけをお伝えしているnoriです。わたしの暮らし、片づけ、日々のことを綴っています。


by haconori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

昨日のblogを今年最後にしようと思っていたのに、なんだか綴りたくなったhaco+ののりです。

よかったら
お付き合いください。


今朝は晦日詣に行きました。
まだ静かで
空気がピーンとしてる中
長い階段を登る時
一段
一段登りながら
わたしの口から出てきた言葉は
「ありがとう」
でした。

ありがとうを唱えたらいい事がある
とか、そんなことを考えてやってた事があるわたしが

なんだかこの一年
本当にありがたかったんです!って言う報告をしたい気持ちが
自然とありがとうという言葉に繋がっているのには
ひとり階段登りながら
泣きそうになってしまいました。


今年一年を漢字であらわしてみようかなって
晦日詣の帰りの車の中で考えてみたら


でした。



よく泣いた一年でした。

それも
喜びの涙とか
感動の涙とか
感謝の涙とか
おめでとうの涙とか

そんな涙がいっぱいの一年でした。



仕事納めの日に
ある方から

充実した一年だっただろうね
お疲れさん

って声かけていただきました。


その方は
わたしの顔見れば
充実しているのがわかるって言ってくれた人。


無理して笑ってたら見抜くだろう人が言った言葉に

わたしから溢れてるものがあるんだなぁって

やっとここまで来たんだなぁって

飛び上がるほど嬉しかったことは
わたしの宝物です。




そんなわたしがこの年の瀬
母と二人の餅つきを終えた時

ずっと言いたかった
ごめんね
を言うことができました。



わたしには
もう自分のことで精一杯で
優しい気持ちになれなかった時期がありました。

母が病気で心細かった頃
優しくしたいのに
うまく優しくできなかった自分がいました。

いろんな想いが交差して
素直になれなかった時がわたしにはありました。


思い出したくもない気持ちから
ずっとココロの隅に追いやってきました。


その時の話を母とするのが
ずっと
ずっと
怖かったわたしです。



でもやっと
ちゃんとその時の自分と向き合える時が来たみたいでした。


やっと
あの時のあたふたしながらも
このままの自分では嫌だ!と必死だった自分を
受け入れる時が来たみたいでした。


あの時は
あれが精一杯だったでしょ!って
やっと
自分の肩を叩いてあげられたように感じた瞬間

母に

「あの時、今みたいに心から優しい気持ちになれなくてごめんね 」

って台所で洗い物しながら言えました。


自分を責める事なく受け入れてからだったからか

すごく落ち着いて言えました。



あの時のわたしを
母はこれまで一度も責めたことはなく
ごめんねの返事は

「誰だってそんな時もあるよ」

でした。



本当は優しくしたかったのに
優しくできなかったあの時があったからこそ

今の母との時間が
毎回
毎瞬
大切で愛おしい。



あの時
あたふたしながらも
自分の中から優しい気持ちが溢れる日が来ることを諦めなかったからこそ
今がある。



だから
大丈夫だったんだ、わたし。


だから
何にも無駄なことはなかったんだ、わたし。





心にもないごめんねや優しさを届けるより

心からのごめんねや優しさを届けたかった。



それが今年は
いっぱい叶ったように思います。



あぁ

やっぱり だ😢




わたし
心から母にごめんねが言えました!

心から…。





あなたにとって
今年はどんな年でしたか?

振り返るとき
あの時わたしは精一杯だったなぁって
声かけてあげてください。

喜びも
哀しみも
精一杯生きたアカシだから。



あなたの精一杯に

ありがとう!



お疲れさま!


花束を💐




今年も
沢山、沢山
ここを訪れてくださり
本当にありがとうございました。

わたしが綴る言葉たちが
いつか本になるのを楽しみに願ってくれる人たちがいることを知りました。


いつか
そんな日が来たらいいなぁと思いながら

2018年12月31日

いつも通り

心から溢れる言葉たちを綴らせていただきました。



お付き合いくださり
ありがとうございました。



b0345376_12321667.jpg

良いお年をお迎えくださいね。








# by coharubiyori529 | 2018-12-31 11:54 | ■わたしのコト | Comments(0)

今年もありがとうのご挨拶をたくさんいただいています。

本当にありがとうございます。



ゆっくり
ひとつ
ひとつ
お返事させていただいてたら

これは
みなさんに届けなきゃって気持ちが湧いたので

今から思いのままに綴りたいと思います。





わたしたちは

しあわせになるために生まれてきた。


オトナもコドモもみんなそう。



でも

なぜだろう?



いつの間にか

いつの頃からか



しあわせになるためではなく

しあわせそうに見えるため

とか

自分がイメージしたしあわせのカタチに当てはまるように

とか

そんなことに
自分のしあわせのものさしを与えてしまい


いつも
どこか
苦しくて
息切れすることがある。




みんなと仲良く遊びたい!

と思う人がいて

一人で静かに本を読みたい!

と思う人がいてもいいのに



みんなと一緒に遊ぶ方を
しあわせのカタチだと思いこみ
一生懸命
笑顔つくって

心から楽しむことより

一緒にいるという事実を大事に思っていたりする。



だから

誰かにも言いたくなるんだ。


みんなと仲良く遊びなさいって。




しあわせになるために生まれてきた


その言葉を信じられない時は


自分の気持ちに無理をしていない?

って自分に尋ねてみてほしい。




人と違う気持ちを持つこと

人と違う好きなことがあること

人と違う環境を好むこと



それらは


あなたを不幸せにする原因ではなく



あなたがしあわせになるために生まれてきたことを

ココロとカラダで感じて生きていくために

誰のアドバイスよりも大切なことなんだと

気づいてほしい。





人と違う…

おんなじ人なんていない。



顔だって

声だって

身長だって

生まれた場所だって

みんなそれぞれ。


わたしたちは
その違いには気づけるし
違っていいことも知っているのに



なのに

しあわせってことに関しては

人と違うことを恐れてしまう。



ねぇ

違っていいんじゃないのかな?




もし


しあわせになるために生まれてきた

と思えないとしたら


それは



これから

しあわせになるために生まれてきた

ということに気づいていくスタート地点に立っているだけなんだ。



ただ

ただ

それだけだから


これまでの自分を悔やんだり、責めたりせずに


スタートにふさわしい靴を選ぼうよ。




その新しい靴は

誰かと同じ必要はなく

あなたにとってのとびっきりで

あなたにとっての心地よさを選んでほしい。



その靴を履いた時

周りの人の視線ではなく

自分が自分を眩しく見つめているのに気づくはずだから。




もうすぐ2018年が終わり

2019年が始まります。



これまでの靴が心地よければ
それを磨いて新しい年をスタートすればいいし


これまでの靴が窮屈だと感じている自分に気づいたならば
新しい、自分にとってのとびっきりを準備して
スタートすればいい。






誰かにぴったりの靴ではなく

自分にぴったりの靴を履こう。





これまでの靴が好きか
これまでの靴が窮屈かは、
あなたにしかわからないから

どう?って
自分に聴いてみてほしい。




窮屈な靴に気づいたら
心地よい靴を探すだけ。

ただ
それだけで

反省も
罪悪感も必要ない。






心地よい靴がわからなくなったら
どうぞhaco+をノックしてみてください。

来年も
あなたが歩きやすい
あなたにとって心地よい人生を歩く靴を
一緒に見つけていきたいと思っています。




b0345376_21411560.jpg


必要な方に届きますように。




      暮らしのくふう工房haco+     のり



haco+へのお問い合わせ先

💌haconori529@yahoo.co.jp




# by coharubiyori529 | 2018-12-30 21:02 | haco+の想い | Comments(0)


叔母にもらったアポロを食べながら

haco+のお片づけについて綴りたくなりました。

年末、お片づけについて考えている方がいらっしゃるかなって。


b0345376_21312271.jpg



のりちゃんのお片づけってこういう事だよね!

って話してくれた人がいます。

家一軒一緒にお片づけして

今では常に心地よい空間で過ごし

どんどん美しくなり

どんどん一緒に暮らしていきたいモノと暮らしている人です。



娘がお弁当箱を欲しいと言ったの。

でも、家にはすでにある。

昔の自分なら絶対に買わない。



だけど今の自分は考えたの。

娘が欲しがっているお弁当箱は

自分もいいなぁって思うもので

このお弁当箱を買って

このお弁当箱に詰める自分をイメージしてみたの。

そしたらなんだか楽しそうでね。



だから買ってみたし

もっと娘も自分もうれしくなるように

お揃いのお箸も巾着も買おうって娘に提案してみたりしたのよ!




お弁当箱はすでにあったけど

新しいお弁当箱に詰めた時

あぁ、楽しいなぁって感じてる自分がいて

うれしそうな娘がいたの。

わたしも娘も最高に幸せだったと思うし

買ってからのお弁当作りが楽しくてね。




のりちゃんのお片づけって

こういうことでしょ?

それぞれの暮らしの中で

それぞれの幸せに繋がるモノがあるってことでしょ!

数とかマニュアルではなくて!




わたし、のりちゃんのお片づけを知らなかったら

こんな幸せな娘との瞬間を味わえなかったよ。








胸がいっぱいになりました。

わたしのお片づけの大事なとこを受け取ってもらえてることに。




お弁当箱はあるから買わない!

も素敵だし

新しいものに変えよう!

も素敵。




大事なのは

その先に

あぁ、幸せだなぁって感じているイメージができるか?




haco+のお片づけは

十人十色です。




みんな違う人間だから。




好きなモノも

大事にできる量も違う。




だから

みんな違ってみんないいし

同じはないんじゃないかなぁって思っています。




モノに振り回されるのではなく

自分の幸せにモノを合わせていこうよ!

って思うhaco+です。



# by coharubiyori529 | 2018-12-29 21:30 | haco+の想い | Comments(0)

haco+の仕事納め。


.

haco+に出会えてどんなに幸せかを

毎日のようにメッセージで届けてくださった人がいました。

.

お片づけに伺った日

手間暇かけて作られた精進料理を

「 美味しいものは元気が出るから 」

って準備してくださった人がいました。

.

おにぎりを握ってくれた人がいました。

.

毎日、blogを読んでくださった人がいました。

.

綺麗になった人がいました。

.

よく笑うようになった人がいました。

.

夢ができた人がいました。

.

遠い国でhaco+を見つけて会いに来てくれた人がいました。

.

片づけより今は休んでねって

片づけよりも大切な事があるよって

お片づけの依頼をお断りした人もいたりしました。

.

まだまだ書ききれないこと

まだまだ書ききれない出逢いがありました。








カルテを持たないわたしだけど

全ての出逢い

全てのやりとりを覚えています。








そして今年のある日

自分でつけた「くらすこと研究家」を

「暮らしとココロの研究家」と変えたりもしました。

haco+と暮らしとココロは繋がっていて

そこを切り離したお片づけもカウンセリングもできないし

そこが繋がっているのがhaco+らしさなんだって気づいたから。


.

.

暮らしのくふう工房haco+は

昨日を2018年の仕事納めとさせていただきました。

.




女性が思わず微笑むような瞬間を増やしたい。

その微笑みは

その人の周りの人たちの微笑みに繋がると信じてこの一年を歩んで来ました。






だけど実はわたしが

出会ってくださる方々に

思わず微笑む瞬間を沢山いただいた1年だったように思います。






昨日、今年最後のカウンセリングを終えた時

彼女の帰りを待つ人たちの笑顔を想像してふふっと笑った自分に

「あなた、幸せ者ね」

って心の中で声をかけました。

本当にわたしは幸せ者です。




届けたい想いがあり

受け取ってくださる方々がいてくれたからこそ歩めた日々。

わたしを見つけてくださりありがとうございました。


.


1月

2月

3月と


お片づけ

カウンセリング

お片づけレッスン

講演会

家づくりのご依頼をいただいています。


本当にありがとうございます。



わたし、まだまだhaco+でいさせてもらえるんだなって思うと…😢



遠くからのお問い合わせに応えることができていませんが


来年も対面にこだわらせていただき


会いに来てもらえる人になれるよう


精進したいと思います。






また来年も

よろしくお願いいたします。







暮らしのくふう工房haco+  みつひろ  のりこ

.

.

.

.

.

b0345376_14481235.jpg


# by coharubiyori529 | 2018-12-28 14:39 | ■ごあいさつ | Comments(0)

あの時

あなたは

哀しかったよね。


あの時

あなたは

必死だったよね。



あの時

あなたは

痛かったよね。



あの時

あなたは

今の最善は?って考えつくし

自分を守ることよりも

大切な誰かを守ることに

ココロもカラダも使いましたよね。



今、これを読んでくださっているあなたに
お尋ねします。



これが

あなたの家族やトモダチのことだったら

あなたは
この人に
何て声をかけますか?



あの時もっとやれたでしょ!

あの時もっと頑張れたでしょ!

あの時もっとうまくやれたでしょ!

あの時もっと我慢ができたでしょ!


そんな風に声をかけますか?




きっと

あなただったら



よう頑張ってきたね。

すごいよ。

大丈夫やった?

少し休もうよ。



そんな言葉をかけたくなるのではないでしょうか?




きっと

自分以外の人には
優しい言葉がかけられるあなた。



さぁ


その言葉や気持ちを


自分に向ける時が来ましたよ。




あの日
わたしと共に見つけた自分や
受け入れた自分に


1人になると不安になり

いやいや
甘えてはいけない!と
いつもの癖で

今の自分ではいけない!
変わらなきゃ!

って、自分を追い込むことが
今はまだあるかもしれません。



だけど

変わらなきゃ!の前に

やってほしいことがあるのです。




ふと

もっとうまくやれたのでは?
もっと頑張れたのでは?

と過去の自分に想いがよぎる時


その時のあなたは
確かに
その時のあなたの一生懸命で精一杯だったことを
思い出してほしいのです。



事が上手くいったとか
いかなかったの結果で見るのではなく


その時のあなたの気持ちを見つめてほしいのです。



泣きたくても泣かず

叫びたくても叫ばず

逃げたくても逃げずに

現実と向き合おうとした…



こうして綴っているだけでも
わたしは
あなたを抱きしめたくなります。


背中をさすって
髪を撫でて

えらかったねって。



あなたも
大切な誰かのことなら
飛んでいって
抱きしめたくなりませんか?

えらかったねって
声かけてあげるのではないですか?





その気持ちを


あなたが

あなたに向ける時ですよ。



変わろうとしなくても

あなたが

あなたを抱きしめ始めると

少しずつ

少しずつ

力が出てきます。

自然と力がわいてきます。


だから

まだ

変わろうとしなくていいんです。




今は

これまで知らんぷりしてきた自分のこと

ひとつ
ひとつ

抱きしめてあげる時ではないでしょうか?




世間では…

とか

あの人から見たら…

とか

そういう基準ではなく


あなたはその時どう感じたか?を
自分に耳を澄まし

「 うん、うん」

って聴いてあげるだけで

今は

いいように思います。




「こんな風にしたらよかったんじゃない?」
なんてアドバイスはいらない。


頭の中も心の中も
あなたの自由なキャンバスなのだから

誰かではなく

あなたはどう感じたか?

を大切にしてほしいのです。




なかったことにしなくてよくて


哀しかったやろ

痛かったやろ

投げ出したかったやろ


って

誰かにはかけたくなるであろう言葉たちを
自分にかけてあげてください。




こっそりでいいから
いっぱいかけてあげてください。



これまでの自分を
誰にも遠慮せず
結果なんかで判断せず
充分に受け止めてあげてください。




変わろうとなんて

自分を好きになろうなんて

今はしなくていいから


あなたが生きてきたこれまでを


わたしに話してくれた素直な気持ちを


何度でも

何度でも


抱きしめてあげてください。




よく頑張ったねって

すごいよ!って


誰にも遠慮せず
声かけてあげてください。





慌てないでほしいのです。



だって大丈夫だから。




変わる前に

自分を好きになる前に


まずは

自分を元気にしてあげましょう。



誰かを元気にする時に


うん、うん
大丈夫だよ

わたしがいるよ

あなたはよくやってるよ


そんな風に声かけてあげるあなたなら




自分に

いっぱい

そんな風に声かけてあげてください。




お願いします。

わたしから
お願いします。




変わらなくていいから

あなたのままでいいから


あなたが歩んできた道に


たくさん

たくさんの

自分がかけてもらってうれしい言葉と気持ちを

存分に

シャワーのように

浴びせ掛けてください。






ひとりで不安になった時


このblogを思い出してもらえますように。





前に進もうとするまえに

まずは

ゆっくり休もうよ。



変化しようとする前に

これまでの自分に

誰にも遠慮なんかせず

金メダルをあげようよ。




生きることに一生懸命だから

わたしに逢いに来てくれたその勇気にも



わたしからも

たくさん

たくさんの金メダルを!




あなたに届きますように…。




b0345376_18101822.jpg


思わず眠ってしまったら

そばには2人がいてくれて🐈🐈

誰かの役には立ってないかもだけど

なんだか力がわいてきた!

眠ってよかったぁ☺️









# by coharubiyori529 | 2018-12-18 17:31 | haco+の想い | Comments(1)